俺もか?中高年破産 (旧タイトル:実況! 経営改革)

中小企業の取締役を解任されてから、はや2年が過ぎようとしています。
カネなし、職なし、病なし、さてどうする?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大失敗しました。

2017-04-04 19:37:08 | 225先物トレード

昨日、4月3日ナイトセッションでは、下げ止まり風に見えた18940で買い建てをして、逆指値18750に入れたまま寝ました。

ナイト終盤では、ドル円が下げっぱなしだったにも拘わらず225先物だけはショートカバーの買いが入ったようで、5時20分に目を覚まして確認した時には、これでロスカットなしで行けそうだとほくそ笑んでいましたが、蓋を開けてみればとんでもない相場でしたね。

しかも、逆指値の18750は後場の急落であっさり通過してしまいましたので、仕方なく18700まで切り下げたところを、これまたあっさり刈り取られてしまいました。

日足逆張りしたときの、特にナイトセッションでは引けで決済しないとダメなようですね。

そして、今日の後場からの急落は、私としてはショックでしたが、冷静に見れば大分狼狽した感じの下げ方ですよね。

ここから先は、良くて底這いでしょうから、大きく戻るところは戻り売り、大きく突っ込んだところで突っ込み買いでしょうね。

因みに、今日はアメリカGDPがありますから、指標発表の21:30からロンドンFIXまでの間で、下に大きく突っ込むリスクがありそうです。

そうなれば、買っていきたいと思いますが、目安になる水準がはっきりしませんので、いくつか候補を検討しました。

①年初来安値18650 ②日足、週足マイナス3σの18500

思惑通りに突っ込んでも、特にドル円の下げ止まりをしっかり見極めることが必要でしょうね。

戻り売りのエントリーポイントとして考えられるのは、節目の19000、19100辺りでしょうかね。こちらは、NSより明日の日中の方が可能性がありそうですね。

ダウとドル円がダレ始めたところでエントリーしてみたいですね。

日足チャートでは、今日の下落でマイナス2σ付近まで下がりました。すべての外部要因がポジティブに変化するまでは、良くて底這い、普通ならジリ下げでしょう。

もう一段大きく突っ込んでくれた方が分かりやすいですね。

 

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モヤモヤはしばらく続くのか? | トップ | 日経平均下げ止まりはいつ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL