俺もか?中高年破産 (旧タイトル:実況! 経営改革)

中小企業の取締役を解任されてから、はや2年が過ぎようとしています。
カネなし、職なし、病なし、さてどうする?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日経平均下げ止まりはいつ?

2017-04-05 23:13:28 | 225先物トレード

今日4月5日は、ザラ場引け間際から浜松町の転職エージェントに出かけてきました。

稔ものなのか分かりませんが、ある中小製造業の工場長の案件紹介でしたので、迷わず応募してきました。年齢的にもとっくに限界なのは自認してますので、難しいとは思います。

さて相場は、基本は戻り売りということで、昨夜のNSで戻すのをじっと待ちましたが、ドル円がそれほど大きく戻らず、前日比ではマイナスに終わりそうでしたので、225先物も思いの外伸びませんでしたね。

朝5時20分頃目を覚まして、ナイト高値の18920に届きそうだったので、18920で指値で売って見ました。

少なくとも節目の19000までは戻るだろうと思っていましたが、意外に伸びませんでしたね。

そして、今日のザラ場では案の定後場から売られて前日比マイナス圏に突入してしまいましたね。18790で利確してから、返す刀の買いは入れずに、ノーポジで転職エージェントに出かけました。

ADPが予想外に良い数字だったこともあり、ドル円が一気に111.2を超えてきましたし、ダウも大幅なプラス推移です。・・・が、23時のISM非製造業は予想外に悪い数字だったようで、再び下落をはじめてます。

明け方にはFOMC議事要旨の発表もありますので、このナイトで現値付近の売り買いは止めておきます。明け方に大きく動く可能性がありますからね。

取り敢えずいつでも寝れるように、待ち伏せの売りを指値するだけしておきます。指値は19150です。から、余程のことがない限り約定しないとは思いますが、その時は逆指値を19300まで広げておけば、負けたときの諦めがつきます。

19150の指値にかからなければ、明朝いつものように相場データの点検をしてから売り場探しすることにします。

今日の予定されている指標などがそろってポジティブであり、且つ明日の寄り前外資系動向で大きな買い越しとなっていれば、明日は久しぶりに引けピンを期待したいですね。ただ、19150から上は19300までの中に色々な線が密集している状況ですから、ここは1回で上抜けるはずがないと考えています。

なので、待ち伏せなら19150、約定したら逆指値19300で負けて悔いなしでしょう。

逆に今日と同様に、寄り天となるようなら、寄り付き値の水準にもよりますが、19050より下で寄り付くのであれば、明日については寄り付きから売らずに下げ切ったところで買いを入れてみたいと思います。

昨日と今日の動きを見る限り、18900を割るようなところで買えば恐らくいくらかの利益を得ることができそうな気がします。

日経平均が明日で再び上昇トレンドに戻るとは考えにくいですが、余程のことがあれば少なくとも現物の日足一目均衡表の抵抗帯下限がの9115はブレイクできるのかも知れません。

6日と7日は米中首脳会談ですから、あまり派手な動きにはならないと思いますけど、どうなるでしょうかね。

 

 

 

 

 

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大失敗しました。 | トップ | めまぐるしい相場ですね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

225先物トレード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL