俺もか?中高年破産 (旧タイトル:実況! 経営改革)

中小企業の取締役を解任されてから、はや2年が過ぎようとしています。
カネなし、職なし、病なし、さてどうする?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1週間休みました。

2017-03-15 18:16:59 | 225先物トレード

長くブログをサボってしまいました。

3月9日のNSで、6月限の売り建てをしましたが、思惑通りに下がり始めたのを確認してから床に入ったところで翌朝のドル円チャートを確認して仰天させられてしまいました。

翌10日の日経平均は、明け方のドル円急騰を受けたギャップアップの上昇でしたね。

予め設定した逆指値はとっくに通り越してしまいましたので、仕方なく現物の新高値19700、6月限では19570を新たな損切値として再設定して今日までじっとして過ごしました。

ドル円は、10日の時点ではこのまま元気よく上を目指すと思える勢いでしたが、NSで押し込まれてしまいましたので、225も高値を更新できずに、現物で19600、先物で19500辺りを高値にした高止まり状態で火曜日まで過ぎてしまいました。

今日水曜日には、深夜のFOMCとオランダ総選挙といった大イベントがありますので、NSをノーポジでスタートさせたかったこともあり、日中取引で19390で損切しました。。。。利確じゃなくて損切ですよ。

但し、この後動きやすくするために売り玉の決済はせずに新規の買いを建てたので、両建て状態です。

ここまでくる間でも、何回も短期の買いで損失を減らすチャンスがありましたが、頭の中は、下落することだけしかありませんでしたから、全く手が出ませんでしたね。

今日のイベント通過後にどうなるのかはお楽しみになりますが、それは明け方のドル円の動き方を見てから考えれば良いだろうと思っています。

ドル円115.5から上抜けするか、現在値114.6付近から急転上昇があるなら買いでしょうし、ドル円の値位置に関係なく先物19500の上では、逆指値の売りでしょう。売りでエントリーした時は、逆指値は先物新高値19600辺りに設定すれば負けても擦り傷程度で済みそうですね。そしたら直ぐに途転ですね。

今夜全く動かずに引けてしまった場合は、明日日中取引で安くなったところを買うしかないでしょう。

 

私のデータは、先物の中心限月つなぎですから、今日掲載するデータからしばらくは、3月限と6月限の配当相当分の差額分が未調整のまま表示されてしまいます。

日足、週足については現物の配当権利がついている3月中だけ差額があることを念頭に置く必要があります。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とうとう水平移動に… | トップ | 妙な動き方でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

225先物トレード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL