Club  Atletico  Pistachos ぴすたちお  フッサル!  

いつかは競技フットサルに足を踏み入れたい、そんな人たちです。

やはり吉田麻也と川島はもっとフットサルて遊んだらいかがか。

2017-06-14 08:19:07 | 日々の活動
あの気候のなかで引き分けは御の字とも言えますね。昨日のサッカー。

相当選手はきつかったと思います。

私がピッチにいたら2分と持たないでしょう。

惜しいのは失点シーン。あれはよくある失点シーンとも言えます。


あそこまで吉田麻也が時間がある場合は、チーラするかゴールから離れるドリブルをするかだと思います。

それが川島を呼んで手で取らせるか。

ただしフットサルではイチゲーム中に、2回くらいはああいうシーンはあります。

相手はもちろん詰めてくるし、キーパーは躊躇。かくいう私も多くの試合で失点してきているわけです。

だからこそよくわかる失点シーン。ただしディフェンダーに分かって欲しいのは、あれをセーブに行く場合はディフェンダーと相手のフォワードと接触し3人つぶれてこぼれをあとからきたのに入れられる可能性が非常に高い、ということ。

よくあるシーンなだけに惜しい。

川島は外側に弾くタイプのキーパー。吸収するタイプでないことはわかっているはず。

あれはディフェンダーがチーラするかドリブルしてサイドいくかですね。バックパスでキーパーがキックでも良いくらい。

ディフェンダーに余裕があると判断してから慌ててキーパーが前にでていくからあのような感じに。

とにかく、簡単な練習で防げそうな失点ですので、もう出ないといいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ本日の参議院委員会強行... | トップ | 共謀罪が参議院委員会すっ飛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL