元レースクィーンのつぶやき

2005年S耐レースクィーン、野山ぴさかの日々を紹介。
現在はTwitterとPodcastで活動中♪

I need you.

2005年01月31日 00時17分53秒 | ぽ・え・む
IF I see you yesterday
HAPPY day
But ...cannot happy
You said "she is...."
Why?

I need you
You need her?
I hope you come
In my room
But you didn't come.
You don't come.

Do you need me?
...NO?
Your voice, Your word, Yourself...
NEED you now

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインに向けて

2005年01月26日 01時25分23秒 | I love chat.
バレンタインって、私の中では大イベントです。いつも思っている感謝の気持ちをプレゼントする日だから。それに、チョコレートが手作り出来るから。溶かして、混ぜて、固めるだけでオリジナルなんだもん。簡単で自分好みのおやつが作れる数少ない機会でもあります。
そんなバレンタインなので、いつもチャットに来てくれている皆さんにもチョコレートを送っちゃうつもりでいます。甘いものが苦手じゃない方、是非、もらってください。かなりフィーリングで作ってるので、ちょー美味しい!って保証はありませんが、いつもお世話になってるお礼です♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

※このカテゴリーはフィクションかも※Love002

2005年01月17日 02時43分55秒 | 擬似恋愛
 切ない気持ち、ちょっと苦くて甘い。ティラミスのケーキみたいな気分。どれだけ想っていても叶うことのない恋だって分かっているから、切ない気持ちだけが風船みたいに膨らんで、自分だけじゃ押さえられなくなってきてる。このままじゃ、酸欠になっちゃうよ。

 彼が相手にしてくれないと知っているのに、私は彼に媚を売る。お酒の席でも理由をつけて隣に座った。全てが計画だと分かっているのか、いないのか彼は私のことを避けている様にも見えた。ほんの少しだけ、近寄る事も許してくれませんか?数分の会話が私には宝物の時間なのに、他愛もないオシャベリだけが唯一の繋がりなのに。

 でも、一つだけ不思議な事があった。一次会で帰ると言っていたのに、結局、三次会まで一緒だった。私とは関係のない理由なのだろうけど凄く嬉しかった。もっと一緒に居たくて、送ってもらった。車の中でもいつもと変わらない会話しかできなかったのが心残り。ただ、彼の運転しているときの表情は好きかもしれないと感じた。

 車の運転が上手い男の人には憧れる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mail機能に感謝

2005年01月12日 22時05分43秒 | I love chat.
 チャットサイトのメール機能が大好きです。(その割には、あんまり使ってないんだけど・・・。汗)チャット後の事務的な感謝メールは最近はネタがなくってあんまりできていませんが、年賀メールとか、クリスマスメールとか、ちょっとテンションが高くなるとメールしてみたりします。ただ、コピーメールを送ってもつまらないので、一人一人、コメントを変えてあります。だから来ていただいた方、全員に送れるというわけでもありません。よく来てくださる方、伝えたい思いがある方、には頻繁にメールしてしまう感じです。差別的で良くないでしょうか?でも、事務的に心のこもっていないメールを送るよりは、好きなときに好きなだけ感謝の気持ちを伝えたいと思っています。勿論、ログインメールにも「お気に入り登録してくれてありがとう」って気持ちを込めてプチ日記を入れてたりします。たまに愚痴日記ですが。。。汗。
 メールを受け取ってくださる方、みんなみんな、ありがとうございます☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

※このカテゴリーはフィクションかも※Love001

2005年01月10日 02時50分15秒 | 擬似恋愛
 恋に落ちる感覚って分かる?全力で走った後に身体中が発熱しているような、風邪をひいて微熱が出ているような、ボーっとする感覚。今の私がそんな感じ。全く予想もしていなかった人に微熱を上げている。彼を想うだけで赤面してしまいそうな気持ちになる。彼には相手がいるのにね。絶対に奪えないと分かっていて、奪ってしまいたいと思う。自分のこんな性格が嫌だ。だって、彼はそんなこと望んでいないのだから。

 あの日、ちょっと寂しくて真夜中に電話をかけた。友人達のメモリを眺めながら通話ボタンを押した。誰だって寝ている時間だから、誰も出てくれなかった。そんなことは分かりきっていたし、期待なんてしていなかった。ううん、期待していないフリをしてた。でも、彼だけは携帯電話の通話ボタンを押してくれたんだ。優しい声に包まれて、独りぼっちだと思っていた心が落ち着きを取り戻した。声を聞けただけで嬉しかったのに、そのまま夜景を見に連れて行ってくれたよね。函館で見た100万ドルの夜景よりも綺麗に見えたよ。私の全てを捧げたくなるほど感動しちゃった。

 そう。先輩・・・、私は貴方に恋をしてしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電子の海で逢いましょう

2005年01月07日 01時58分47秒 | ぽ・え・む
名前しか知らないアナタ
顔も知らない私
電子の海で出会った二人
そのまま波に引き裂かれるの

再会できる保証もなく
海の中
ほんの少しの手がかり
薄れる記憶の糸
一方的な叫び声

アナタは気付いてくれますか
小さな私の居場所で
波に飲まれそうな私に

逢いたい・・・
ここにいる
私に気付いてほしい
傍に来てもらえたら
他に何も要らない

広い海の中で再び出会う
最高の奇跡をください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロフィールって読んでるぅ??

2005年01月06日 00時56分18秒 | ライブチャットと私
どこのライブチャットでも女の子のプロフィールってあると思うのですが、よく読んでますよね。私が書いたっけ?って思ってるような些細な事まで聞かれたりして。ちょっとビックリ。でも、「こんなこと書いてあったね」って言ってくれる人は少ない。だから、読まれてないのかな?と不安になる事もしばしば。逆にプロフについて話しをされると、その人のことをよく覚えてたりする。自分の事に興味を持ってくれたんだって勝手に思い込むから、いい印象が残るのだと思う。
とか、考えながらプロフィール大幅リニューアルしてみました。フレームつけたの。文字が動くの。そして、このblogへのリンクを一番上にもって来たの。(更新しろよって言う自分へのメッセージが含まれてることは内緒w)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

存在意義

2005年01月05日 02時55分53秒 | ぽ・え・む
誰かに見止めてほしくて
誰かの声が聞きたくて
誰かに優しくしてほしくて

IDを入れる
光の窓が開く

手を振ると繋がる
一方的な出会い
私を認知してくれている
実感できない時間
ただただ
窓を気にして

小さなノックの音がする
アナタの存在を見止める私
そして認知する
他人が他人でなくなる瞬間
アナタにも感じてほしい

独り善がりな窓の中
通じ合いたい
伝えたい
触れ合いたい
全て叶わず
カーテンを閉める

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加