ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。

2012-09-29 16:52:55 | 映画・DVD
本日2012年9月29日(土曜日)レンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです
…ヤバかったなぁ



早速ですが、以下は映画観賞記録
もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆☆☆

今まで説明して無かったけど。の数が私の記事書く上でのイイカゲン度合いです。今回は5分の2
で、最近はこのヤッツケ度と映画評の点数を、ふたつ書いてるために、一部に混乱が生じてる感もあり。
ココに書いてるヤッツケ度は、映画の配点とは全く無関係なのでご注意ください



「ゴーストライター」
(監督:ロマン・ポランスキー、出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、2011年フランス/ドイツ/イギリス)

TSUTAYA DISCASさんから「ツリー・オブ・ライフ」と一緒に届いた一本。2012年3月18日(日曜日)の深夜から、日付が変わって19日(月曜日)にかけて観賞しました(DVD)。ニコラスの頭が燃えている映画ではありません。



あらすじ&概要
ロバート・ハリスによる同名小説の映画化。
元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。条件が様々課せられた厳しい仕事であり、前任者がフェリーから転落死したという事も有り、気乗りしない彼だったが、いつの間にかこの仕事を引き受ける事になっていた。ラングの滞在する東海岸の島へ着いた彼は、専属秘書のアメリア(キム・キャトラル)、ラングの妻ルース(オリヴィア・ウィリアムズ)らと対面、前任者のマカラが使っていた部屋を与えられた彼はラングの過去やマカラの死に関する手掛かりを見つけて行くが…。
詳しくは(公式ウェブサイト)…http://ghost-writer.jp/





ピロEK的感想&点数
この映画は観賞から時間が経過し過ぎて、詳しいオチが思い出せません
記憶を懸命に手繰ると…
元首相じゃ無くて、奥さんの方がアメリカの諜報員か何かなんでしたっけ
でも、それが国家に関わるスキャンダルにどうやって結びついたのか
主人公(ユアン・マクレガー)がどうやって謎解きしたのか
…等々、全く思い出せない始末

例によって草稿には…

面白いけど地味。

左脳で思うほど右脳はハラハラしない。

“島”というベタな恐怖ロケーションの割に、恐怖度は薄め。
むしろ協力的に話してくれるジイさんとか居たり、簡単に脱出可能だったりもして、ストレス小。
…そういうストレスは苦手なので、むしろ嫌いじゃない。

等書いています。

総じて、観やすくて退屈もしないけど、爆発的におもろい事は無い。
…ぐらいの塩梅って事だったのでしょうか


草稿によれば点数は4点(5点満点中)。
らしいです。


ソコソコ憶えてるのは…

ラストが何故かバットエンドだったということ

折角この陰謀から逃れられたのに、ジャーナリスト魂が疼いたのか、敵地に潜入…までは良いんだけど、最後は、あんな感じに…勝ちかかってたのになぁ

なんか、このバットエンドに持ち込まれた部分が釈然としない感じの映画でした。



補足・蛇足
洋画では“島” で秘密とか調べるとロクな目に遭わないものなのに
各々の映画の主人公達は簡単に首をつっこみますねぇ。



では、このあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】コンテイジョン…こんな... | トップ | 【映画】ツリー・オブ・ライフ…... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釈然としない (sakurai)
2012-10-01 19:52:23
バッドエンドでしたね。
そうです。
悪くはないし、水準以上のものだったと思うのですが、やたら凄い映画ぞ!とあおられてしまい、ハードル高すぎて、乗り越えられなかった・・・・てな感じ。
監督のアメリカ恋し・・・も出てたような作品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴーストライター (いやいやえん)
元英国首相の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになった「ゴーストライター」が主人公です。 身の危険を感じながら、偶然(?)見つけた「疑惑」を調べ始めるというお話ですが、古典的なサスペンスの中に現代的な事件が絡む。テンポよ...
「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる? (はらやんの映画徒然草)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
ゴーストライター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが〕....
ゴーストライター (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GHOST WRITER】 2011/08/27公開 フランス/ドイツ/イギリス 128分監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン 知りすぎた、男(ゴースト)――。 英国の元...
『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽し...
サスペンスのお手本のような (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いやー、サスペンス ミステリーを堪能 まさに 監督の職人技、演出の...
映画レビュー「ゴーストライター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ゴーストライター [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆重層的な仕掛けと丁寧な演技で魅せる政治ミステリー。主人公に名前がないのが象徴的だ。 【70点】 元英国首相アダム・ ...
【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン ジョン・バ...
ゴーストライター (to Heart)
知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストライター』((講談社文庫刊) 脚本 ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポラン...
ゴーストライター(The Ghost Writer) (シネマクマヤコン)
イギリスの元首相アダム・ラングの自伝執筆をすることになったゴーストライターが、ア
映画評「ゴーストライター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年フランス=イギリス=ドイツ合作映画 監督ロマン・ポランスキー ネタバレあり
「ゴーストライター」The Ghost Writer (事務職員へのこの1冊)
冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。
■『ゴーストライター』■ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:フランス+ドイツ+イギリス合作映画、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウイリアムズ出演。
<ロマン・ポランスキーの新作、公開> (テアトル十瑠)
ツイッターに書きましたが、どちらかというとブログ向きの話題のような気がしたので、コチラにも載っけます。予告編動画付きです。
映画『ゴーストライター』 (健康への長い道)
『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督の新作は、なかなか面白いという噂のミステリー&サスペンス。 Story 元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。出版社が用意した条件は、米...
ゴーストライター (キノ2)
★ネタバレ注意★  ロバート・ハリスの小説『ゴーストライター』を、ロマン・ポランスキー監督が映画化。    英国の元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)は、回顧録の出版を目前に控えていたが、実際に執筆にあたっていたライターである長年側近を務め...
ゴーストライター・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
隠された陰謀を知った時、名も無き“幽霊”は、生き残れるのか? 「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「戦場のピアニスト」など、映画史を彩る数々の傑作を生み出してきた巨匠、ロマン・ポランスキー監督による...
ゴーストライター/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
巨匠ロマン・ポランスキー監督がロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス・ドラマ。予告編を何度も目にしましたし、大作風に感じたのでてっきり全国展開する作品とばかり思 ...
ゴーストライター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) かなり地味だけど上質なミステリー映画に惹き込まれた。
『ゴーストライター』 (ラムの大通り)
(原題:The Ghost Writer) ----これは、観たときから スゴク気にっていた映画だよね。 ロマン・ポランスキーだっけ? 「うん。 1960年代に大活躍していた監督たちは、 そのほとんどが鬼籍入りしちゃったけど、 彼は『水の中のナイフ』デビューしたのが20代。 というこ...
ゴーストライター (銀幕大帝α)
THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス『ゴーストライター』 脚本: ◆ロバート・ハリス ◆ロマン...
ゴーストライター (だらだら無気力ブログ!)
これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。
ゴーストライター (心のままに映画の風景)
元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。 政...
映画:ゴーストライター The Ghost Writer 濁流のような状況に一気に巻き込まれる男 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。 このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。 サスペンスものとしては上々か。 まんまとうまく騙されてしまった(笑) 前任の急死によって、突然巻き込まれる主人公(ユアン・マグレガー) スキ....
ゴーストライター (映画の話でコーヒーブレイク)
ロマン・ポランスキーの最新監督作。 なんの前知識もなく見てきました。 2010年ベルリン映画祭で金熊賞は逃したものの、ポランスキーが銀熊賞(監督賞)を獲得した作品です。    **********************           ゴ ー ス ト ...
知り過ぎた男~『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
ゴーストライター (風に吹かれて)
秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ
ゴーストライター (The Ghost Writer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言...
「ゴーストライター」上質なサスペンス (気楽にMyway)
ヒッチコック風のドキドキさがいい!「ゴーストライター」
ゴースト・ライター (迷宮映画館)
あの、アメリカっぽいところはどこかなあ~?などと思いながら、懐かしの俳優さんたちに萌えてた。
「ゴーストライター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Ghost Writer」 2010 フランス/ドイツ/UK ゴーストに「ブローン・アパート/2008」のユアン・マクレガー。 アダム・ラングに「あぁ、結婚生活/2007」のピアース・ブロスナン。 アメリア・ブライに「セックス・アンド・ザ・シティ/2008」のキム・キャトラル...
ゴーストライター (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン...
ゴーストライター(2010)◆◇THE GHOST WRITER (銅版画制作の日々)
 知りすぎた、男(ゴースト)――。 評価:+5点=65点 MOVX京都にて鑑賞。 どんよりした灰色の空に、荒れる海・・・・。まさにサスペンスの臭いがプンプンしています。浜辺の波打ち際に倒れている男性の姿が見える。そうこの人はラングの大統領時代の補佐官であり...
ゴーストライター (Peaceナ、ワタシ!)
知りすぎた、男(ゴースト)ー。 ユアン・マクレガー主演の『ゴーストライター』を観てきました! (…本当は『ライフ』のつもりでいたのだけれど、時間の関係等の諸事情により…ちなみに先週の話!) この映画、宣伝すら観た事がなかったので、タイトルから何となく想像で...
『ゴーストライター』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
ゴーストライター [DVD]ユアン・マクレガー,ピアース・ブロスナン,キム・キャトラル,オリヴィア・ウィリアムズ,トム・ウィルキンソンHappinet(SB)(D) 『ゴースト・ライター』2010年(英・仏・独)監督ロマン・ポランスキー ●ポランスキー流、迷宮的ミステリー  元...
「ゴーストライター」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
映画って本来こういうものだったんじゃないの。 どういう意味? ムリのない話の展開、ムダのない描写、ムラのない演技、そこから醸し出される空気感・・・もう「映画」としか言いようがない。久しく失われていた、匂い立つような映画的感覚。 たしかに。鬼才ロマン・ポラ...