ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

クラッシュ…レンタルで鑑賞

2006-11-04 19:08:26 | 映画・DVD
一昨日「ダヴィンチ・コード」のDVD買ってきたことを報告させていただきましたが、でかいです箱
邪魔だなぁコレ
実は買うつもりなかったんですが、
高い方だけにしか追加映像入っていないなんて酷いです

このDVDもですが、年末に向け様々な商品が発売ラッシュとなっております

新しいパソコンとか、デジカメとか欲しいから、散財は控えめとしていたのですが、
なんだかお金は貯まりそうにないです


さて、本日は滞っていた映画の記事です。



「クラッシュ」
(監督:ポール・ハギス、出演:サンドラ・ブロック、ドン・チャーチル、マット・ディロン、2004アメリカ)

TSUTAYAさんで「サウンド・オブ・サンダー」と一緒にレンタル。
10/28の午後に鑑賞。



ストーリー
黒人刑事とその恋人、ペルシャ人の雑貨店経営者、白人に敵意を抱く不良黒人青年たち、地方検事とその妻、差別主義者の警官と相棒、裕福な黒人夫妻…彼らの人生は複雑に絡み合っていく。
詳しく書くと結構長くなりそうなので、詳しくはぜひ…http://www.crash-movie.jp/



ピロEK的感想&点数
このアカデミー作品賞受賞作品、基本的には面白い作品です
もしも、これから観る映画選定用として、映画系のブログを利用されている方がいたら、私からはオススメ作品

アメリカ社会の人種差別や偏見がテーマと思しきこの作品。

「多民族国家の人種差別・偏見の実態を凝縮したもの」と位置付けて鑑賞するのは、イイと思います。
色々考えさせられるしね。

ただ、啓発的なもの(?)として受け取っちゃうと…
…で、真に受けて、仮に登場人物たちみたいな環境下で、登場人物(の中の良い人)たちと同じセンスで生きようとする人が、出てきたと仮定した場合…

命がいくらあっても足らないんじゃないかなぁ

TV制作に携わってる黒人男性(テレンス・ハワード)なんか、
私の計算では4回ぐらい死んじゃってます

…啓発的には受け取らず、そういった背景の中でのドラマと割り切って鑑賞が正解かも…と思ったりもして

さて、内容についてチョイ触れますと、

差別主義者の警官(マット・ディロン)のエピソード
彼はキレてますなぁ
この映画の登場人物全体に言えることですが、自分の不遇の責任は他人にあると思っていて、更にはその矛先を限定しないと気がすまない。さらに矛先は向けやすいところに(で、それがこの人の場合、人種差別)。
この警官はその最たるセンスの持ち主。…こういう人、別に特殊じゃないんでしょうねぇ、多分。

彼はキレてますが…

それよりも…

…被害者だから責めづらいけど、黒人夫婦(テレンス・ハワード、サンディ・ニュートン)の方がキレるような気が…
私の場合、ああいった被差別側に立つ機会というのは少ないですから、彼らの立場を理解してのコメントは困難ですが、
夫婦ともに情緒が不安定気味で、それが原因で二人とも死にかけるし
気持ちが負に高ぶったときこそ深呼吸して、安全運転しましょう

鍵屋(マイケル・ペニャ)のエピソード
子供が絡むことで、私には気になるエピソードな訳ですが、
妖精からもらった透明のマント…
「この透明のマントは、何も通さない。銃弾も」って、
幼い娘を安心させるためとはいえ、そんなウソついて、真に受けたら…って心配してたら、
案の定!!!><
いや〜ん…って、思ったけど、
ふ〜
まぁ、安心したけど、涙を返せ。
…伏線に対するベタなオチでした。
ペルシャ人のオジサン(ショーン・トーブ)は「天使だ」とか…
そんな戯言はイイから、普通に自分の性格を反省してください
度々強盗にあってるという事で、人間不信なのは判ったけど、じゃあ自分でカギ修理すればいいじゃん
このオジサンは人種偏見以前の問題だと思いました。民族間の差別が消えた世界でも、このオジサンの問題は残ると思いますよ

残りは面倒だから書いていきませんが(飽きた)、

登場人物のみなさん、各々偏見を少しづつは払拭して、
少しは分かり合って(それは別の方向の思い込みじゃないなんて思う部分は多々ありましたが)
少しは成長していくんですが、

数人だけ、あんまり良い結果にならなかったですなぁ
ここまで散々奇跡みたいななんかイイ感じのオチみせておいて、
とある事件に関わるひとたちだけ、急に不幸

全てがハッピーエンドのドラマじゃなくて、う〜ん…
まぁ、面白いんですけどね

ということで点数は4点(5点満点中)。
差別がテーマだったりすると、
構えて観なくちゃなんて思って、避けてる方もいるでしょうが、
普通に群像劇として面白いですよ
登場人物たちの絡み方・相関図を単純に楽しめると思われます。



補足・蛇足
ラストシーンの主要な登場人物たちとは関係無い“クラッシュ”
あそこからパート2に続くの
なんて勘ぐってみたりして…それにしてはあの現場は知らない役者さんばっかりだったから、そんなことはないでしょうけどね。



ということで、今日はこんな感じ。
ではまた後日





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は何でもないのですが | トップ | ピーナッツ…内Pファンじゃない... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB、感謝します♪ (カゴメ)
2006-11-05 21:11:52
TB、感謝です♪♪♪

>散財は控えめとしていたのですが、なんだかお金は貯まりそうにないです

長期計画が“超長期計画”になりそうな勢いですな(笑)。

>黒人夫婦(テレンス・ハワード、サンディ・ニュートン)の方がキレるような気が…

カゴメが旦那なら、警官に食って掛かる女房を張り倒してますね。
ありゃあ、思慮が足りなさ過ぎる(起こるのは無理からぬが)。
下手すると撃ち殺されてますよね(苦笑)。

ハギスさんは脚本家としての名声の方が高いですが、
例の「父親たちの星条旗」(イーストウッド監督)はかなり評判が高いですね。
これまた楽しみであります♪
Unknown (PINOKIO)
2006-11-08 22:45:39
こんばんわー!
mixiではありがとうございましたw

これは色々と面白く見れました。
登場人物は多くてこんがらがってるけれど、混乱することもなく。

ペルシャ人のおじさんは私もどうかと(^^;
性格がもうひんまがってますもんw
それも長年の差別からくるもんでしょうけど。。。

★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(カゴメさん、PINOKIOさんへ))
2006-11-11 20:35:12
★カゴメさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>長期計画が“超長期計画”になりそうな勢いですな(笑)。

最近は結構、オタクアイテムとかDVDとか買っちゃいます。
しばらくは控えめにしてたんですけどねぇ
…まぁ、私は現代の日本人の基準で言えば、オタクではない気もするのですが(勝手な自己評価)、
客観的な脱オタまでの道のりは遠い感じです

>下手すると撃ち殺されてますよね(苦笑)。

ですよねぇ。
あの場面に関わらず、あの夫婦は、私の計算では各々何回か死んでます。

>「父親たちの星条旗」(イーストウッド監督)はかなり評判が高いですね。
>これまた楽しみであります♪

私も楽しみです。
その前に「ミリオンダラー・ベイビー」も観ていなかったりしますが…

では、また来てくださいね。




★PINOKIOさんへ★

いつもコメントありがとうございます
こちらこそ、mixiでは、私に紹介文までいただき感謝です。

>登場人物は多くてこんがらがってるけれど、混乱することもなく。

ですね。登場人物が多い割には、個性のある顔立ちの俳優さんが多かったからなのか、脚本が良いのか、わかりやすい話でしたね。

>ペルシャ人のおじさんは私もどうかと(^^;
>性格がもうひんまがってますもんw
>それも長年の差別からくるもんでしょうけど。。。

差別からくるんだろうけど、
そういうときこそ、冷静に社会に対応しないとねぇ…
命の危険に晒されたことも、警察にまじめに取り合ってもらえなかった事とかもあるんでしょうけど…
…にしても、自分の勝手な想像で人を撃ちにまで行くのは、やはり性格が曲がりすぎだと思いますよねぇ。

では、またきてくださいね。
こんばんは〜♪ (Aki.)
2006-11-13 04:33:53
TB有難う御座いました♪
どーも差別を扱った作品を観ると猛烈に気分が悪くなのるで、この作品もあまり好きなタイプではないのですが・・・
やっぱり出来は良かったですよね〜!
ポール・ハギス、只者じゃないです^^

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
ラスト? (kimion20002000)
2006-11-13 11:14:25
TBありがとう。
えーと、あんまり覚えていないけど、そんなラストあったけ?
黒人刑事の結局、弟が(警察官に)殺されて、靴が残って・・・。
つまり、頭のシーンとラストのシーンが、結局、円を描いているんじゃなかったっけ?
TBありがとうございます (マメマメコ)
2006-11-15 16:11:50
TBありがとうございますー。バラバラのピースが最終的に一つの絵を描くようなジグゾーパズルのような作りがとても面白い映画だったと思います。

ダ・ヴィンチコードのDVD買われたんですね。ここで明かされる謎があると宣伝にあったので気にはなっていたんですが…。また感想書かれるの楽しみにしていますねー!
こんにちは♪ (ミチ)
2006-11-16 09:02:13
あ、結構点数が高いじゃありませんか!
私はもともと群像劇が大好きなので、そこに時系列の変化などを入れられるとそれだけでポイント高くなってしまいます。
ハッピーに終わらない人がいたことが却ってリアルでしたよね。
後味はあまり良くなりませんが・・。
★★コメントありがとうございます〜その2〜★★ (ピロEK(Aki.さん、kimion20002000さん、マメマメコさん、ミチさんへ))
2006-11-19 10:44:34
★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>どーも差別を扱った作品を観ると猛烈に気分が悪くなのるで、この作品もあまり好きなタイプではないのですが・・・
>やっぱり出来は良かったですよね〜!

テーマは差別みたいなんで、聞いただけでは重い映画かと私も思っていたのですが、鑑賞しやすい良い映画だったというのが私の感想です。意外に気楽に観られたというか…

では、またきてきださいね。




★kimion20002000さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>えーと、あんまり覚えていないけど、そんなラストあったけ?
>黒人刑事の結局、弟が(警察官に)殺されて、靴が残って・・・。
>つまり、頭のシーンとラストのシーンが、結局、円を描いているんじゃなかったっけ?

ラストシーンじゃなかったかも??
鑑賞から時間経過があるので、記憶は定かじゃありませんが、最後のほうで道で車がオカマほられて、運転手同士で口論になってフェードアウトしていくシーンがありましたよ。

では、またきてきださいね。




★マメマメコさんへ★

コメントありがとうございます

>TBありがとうございますー。バラバラのピースが最終的に一つの絵を描くような
>ジグゾーパズルのような作りがとても面白い映画だったと思います。

時間軸や空間がずれているのに、いつか物語が混じりあっていく…。
それが上手く行ってる作品というのは、それだけで面白いですよね。私も結構好きです。

>ダ・ヴィンチコードのDVD買われたんですね。ここで明かされる謎があると宣伝にあったので気にはなっていたんですが…。
>また感想書かれるの楽しみにしていますねー!

まだ観れていないのえすが、観たら感想書きます。
そのときはまた来てくださいね。

では、こんごともよろしくお願い致します。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>私はもともと群像劇が大好きなので、そこに時系列の変化などを入れられるとそれだけでポイント高くなってしまいます。

この作品は、そういうとこ上手いですよね。
テーマは重いけど、それを気にしなくて楽しめる作品でもあったような気がします。

では、またきてくださいね。
TBありがとうございました (can)
2007-04-02 11:55:44
"ドラマ"として割り切って観てしまえば、とてもよくできた面白い作品だったと思います
が・・・・
いちいち「あれはないでしょう」とか「ひどいなぁ」なんて悪態つきながら観ていた私は、前半だけで、かなり疲れちゃいました

ん〜、もう一回観たらまた違うかも・・・って思っています
★★コメントありがとうございます〜その3〜★★ (ピロEK(canさんへ))
2007-04-08 12:25:28
★canさんへ★

たくさんのコメントありがとうございます

>"ドラマ"として割り切って観てしまえば、とてもよくできた面白い作品だったと思います

なまじ割り切れないつくりになっているのが困りものなんですよねコレ。
かといって人権啓発作品として観ちゃうと危険といいますか…

では、またきてくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クラッシュ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2004年 製作国 アメリカ 上映時間 112分 監督 ポール・ハギス 製作総指揮 アンドリュー・ライマー 、トム・ヌナン 、ジャン・コルベリン 脚本 ポール・ハギス 、ボビー・モレスコ 音楽 マーク・アイシャム 出演 サンドラ・ブロック 、 ...
クラッシュ (映画鑑賞★日記・・・)
『CRASH』公開:2006/02/11監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、 ブレンダン・フレイザー ☆story☆クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な ...
★「クラッシュ」、人の振り見て我が振り直せ、だな★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「クラッシュ」(2004) 米 CRASH 監督:ポール・ハギス製作:ポール・ハギス ボビー・モレスコキャシー・シュルマン ドン・チードルボブ・ヤーリ製作総指揮:アンドリュー・ライマートム・ヌナン ジャン・コルベリンマリーナ・グラシック原案:ポール・ハギ ...
クラッシュ (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
ぶつかりあう人間達。 それぞれが微妙に関係していく人間ドラマが面白い。 全く別々立場の人間が多く出てくるので、 人間関係やら混乱しないかなぁ、、と思ったけれど 何故かわかりやすく。
クラッシュ(映画館) (ひるめし。)
それはあなたも流したことのあるあたたかい涙 CAST:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 112分 本年度アカデミー賞主要5部門ノミネートしている本作。 そういうコト ...
「クラッシュ」 (the borderland )
キャスト知らずに観たら、またまたドン・チードル出てました。 最近では「ホテル・ルワンダ」、「ダイヤモンド・イン・パラダイス」に続き3作目。シリアスな役からコメディタッチまで、いつも存在感ありますね。モーガン・フリーマンの後を継ぐのは彼しかいない? ...
クラッシュ (シャーロットの涙)
連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。 ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。 監督はミリオンダラーベイビーの製作脚本でアカデミー賞ノミネートされたポ ...
クラッシュ その2 (シャーロットの涙)
なんとなくあとからじわじわくる作品「クラッシュ」 先日公開後まもなく見てきたのですが、なんとも又見たい気持ちに押されて見てきてしまった。ネタばれなしではありませんからご注意を・・・ 先日見たときの感想はこちら 群像劇だとどうしても印象の薄いものも ...
クラッシュ (pure's movie review)
2004年度 アメリカ作品 112分 ムービアイ配給 原題:CRASH STAFF 監督・脚本:ポール・ハギス 共同脚本:ボビー・モレスコ CAST サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ■STORY クリスマスを間近に控えたLA。黒人刑事グラハムとその同 ...
クラッシュ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★8点(満点10点)   監督:ポール・ハギス 主演:サンドラ・ブロック ドン・チードル マット・ディロン    ジェニファー・エスポジート 2004年 112min 人はぶつかりあう。 人は人を傷つける。 それでも、人は、人を愛 ...
★「クラッシュ」 (ひらりん的映画ブログ)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
クラッシュ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 何と、何と! こーゆー映画だったのですかぁ〜。 てっきり、もっと感動するよーな映画だと思ってましたよぉ。 えっとですねぇ、正直言ってしまうとあんまり好きなタイプの作品ではないです。 が ...
クラッシュ / CRASH (我想一個人映画美的女人blog)
"サンドラブロック主演"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督し ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
映画「クラッシュ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クラッシュ」★★★★★ クリスマス間近のロサンゼルスで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が交錯する群像劇。 舞台がロサンゼルスということがとても重要とのこと。ニューヨークでは街の性質や人口密度によって ...
クラッシュ (BLACK&WHITE)
【crash】2005年/アメリカ 監督:ポール・ハギス  出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/サンディ・ニュートン 人種差別問題、強盗、銃の悲劇など日本に住む私たちにはあまり日常的でない話が ロ
「 クラッシュ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ポール・ハギス 主演 : サンドラ・ブロック / ドン・チードル / マット・ディロン      公式HP:http://www.crash-movie.jp/ 各国の映画賞で22部門を受賞した作品です。 この作品の特執すべきは、あの 「 ミリオンダラー・ベイビー 」 ...
映画『クラッシュ』 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあ...
『クラッシュ』 (Sweet* Days)
クラッシュ 監督:ポール・ハギス CAST:ドン・チードル、マット・ディロン 他 第78回アカデミー賞 作品賞 脚本賞 編集賞 授賞 ロサンゼルス。様々な人種が行き交い、衝突し、それぞれに苦悩する様を描いた作品。 人種差別・・・決して解決し得...
「クラッシュ」 (月影の舞)
「クラッシュ」 都会では2月に公開されていたが、 高松では、やっと公開。 やっと逢えたね、ブレ〜ン。 ? アカデミー賞受賞作品なのに 単館映画館での短期間上映。 しかも、レディースディにも かかわらず館内はがらんがらん。 ...
シネマ日記 クラッシュ (skywave blog)
人の’こころ’に棲む、怒り、哀しみ、憎しみを切り取って、切ないほど悲しく見せてくれます。 人種の’るつぼ’アメリカ・ロサンゼルス。うまくいかない人生に、苛立っている人
クラッシュ (銅版画制作の日々)
今週は何と3本映画を・・・今までにない記録です昨日の夕方、3本目「クラッシュ」を観ました。アカデミー賞3部門獲得した映画です。ロサンゼルスの高速道路で起きた車の事故が思いもよらない方向に人々の運命を狂わせて行くというお話・・・。さまざまな階層・人種の人...
シネマ日記 クラッシュ (skywave blog)
人の’こころ’に棲む、怒り、哀しみ、憎しみを切り取って、切ないほど悲しく見せてくれます。 人種の’るつぼ’アメリカ・ロサンゼルス。うまくいかない人生に、苛立っている人
クラッシュ (映画を観たよ)
またまた重い、けど・・・ たくさんのエピソードは全てが繋がっている。 ほとんどが悲しみの連鎖でした。 誰もが主人公で本当に日常的な日々。 黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今でもある人種差別。 その時は人種差別を扱った映画なのかなぁっ...
クラッシュ (奥様的部屋)
人種差別をテーマにした群像劇DVD アカデミー作品賞を受賞しているし、世間の評価も高いそれだけにかなり期待して観た ん・・・・でも・・・・・ アメリカの現状を理解していないし、"差別"という問題に直面したことがない(しようとしたこともない)私の心にはそこま...
クラッシュ (平成エンタメ研究所)
 黒人が前を歩いていると身構える人々。  相手が懐に手をやれば、銃かと身構える人々。  鍵を掛ければ、果たしてその鍵は大丈夫かと気が気でない人々。  アメリカ・ロサンジェルスの現実がここにはある。  他人を常に警戒して身構えて生きて行かなくてはならない現...
クラッシュ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。』  2/11に公開されて現在も全国で順次公開されていっているコチラの映画。もうすぐ発表のアカデミー賞でも主要6部門にノミネートされている話題作ですね。 ...
『クラッシュ』 (cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー)
[DVDソフト]クラッシュさまざまな人種・立場の人々を登場させ、人種差別や歯車の狂っていくそれぞれの運命を描いたアンサンブルキャストの秀作だと思う。短い各々のエピソードの中に、無理のない程度に登場人物の特徴をにおわす演出。アンサンブルキャストの映画でこん....
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...