ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈

2013-04-29 20:55:41 | 映画・DVD
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました
感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした



早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに



「J・エドガー」
(監督:クリント・イーストウッド、出演:レオナルド・ディカプリオ、アーミー・ハマー、ナオミ・ワッツ、2011年アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「戦火の馬」と一緒に届いた一本。2012年7月29日(日曜日)の夜に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
アメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官、ジョン・エドガー・フーヴァーをモデルにした映画。
1960年代。FBIのジョン・エドガー・フーバー長官(レオナルド・ディカプリオ)は、老齢となった彼は、部下に命じ、自らの回顧録を書き取らせていた。
1919年、アメリカでは、ソビエト連邦の建国を受け、共産主義者や労働運動家の過激派によるテロが活発化。司法省は、過激派を逮捕し、国外追放する特別捜査チームを編成、24歳のフーヴァーがその責任者となる。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover/index.html





ピロEK的感想&点数
アメリカの政治家やら、官僚やらが主人公の昔話映画というのは退屈な話が多いというのが、私のいつもの感想です
そもそも(私にとって)興味が無い話なのからかも知れませんね

アメリカの昔話といえば、いつもならデ・ニーロあたりが好き好んで出演したり、作ったりするパターンが多いのですが、この「J・エドガー」は、そんなデ・ニーロ・スタンダード(?)なものとは違って、ハズレ映画の少ないクリント・イーストウッド監督と言う事で仄かな期待もあったのですが…
ヤッパリ、良く分からない=あんまり楽しめなかった…というのが、正直な感想。

特殊メイクで若い頃から年をとるまで同じ役者が…ってのは、途中で役者が変わって何となく興ざめするのを防いではいるかもとも思いましたし、一目では特殊メイクとは分からず、ディカプリオの声の老人が出演している…とも思わされるいう高度なものでしたが、ディカプリオが自然に年をとった顔では無いんだよなぁ…ということでヤッパリ不自然感は拭えず。

あと、ホモジジイのコントを観ているみたいでしたな
イーストウッドがどのような意図でJ・エドガー同性愛者説にスポットを当てたのかは分かりませんが、基本的にこういうのは、コミカルに写るようになっているらしいです


点数は4点弱(5点満点中)
映画としての出来はさておき、好みじゃない話だったです。



補足・蛇足
特にありません。









今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】戦火の馬…お利口映画... | トップ | ブックマークの名称を変更【★... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イーストウッド (sakurai)
2013-05-04 22:37:04
だと、みんな傑作・・と思いこまされてるような。。
そういう眼鏡をなかなか外せないでいるかなあと。
彼のアメリカに対する思いの深さなんでしょうかね。
どっちにしろ、デカプリオのキャラが濃すぎるのが、映画の邪魔をしてるような気がしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
J・エドガー (佐藤秀の徒然幻視録)
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
『J・エドガー』 2012年1月18日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。 フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・ 【ストーリー】  1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴...
J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...
『J・エドガー』 (こねたみっくす)
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
J・エドガー (いやいやえん)
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な...
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
『J・エドガー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
J・エドガー (本と映画、ときどき日常)
監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ     ナオミ・ワッツ     アーミー・ハマー FBI長官J・エドガー・フーヴァーの栄光と生涯を記した物語。 共産主義者の過激派のテロリストに始まり、J・エドガーが駆け巡ったのはリンドバ....
J・エドガー (キノ2)
★ネタバレ注意★  クリント・イーストウッド監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーの生涯を描いた映画。  フーヴァー長官と言えば、巨大な権力を背景に政治家や社会活動家やその他有名人に対して諜報活動だの恐...
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった!  FBI初代長官とし...
J・エドガー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ....
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
J・エドガー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
J・エドガー / J. EDGAR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
J・エドガー (迷宮映画館)
一人の男の人生と、アメリカの歩んだ道のりが哀しくクロッシング。
J・エドガー (映画の話でコーヒーブレイク)
デカプリオの「エドガー」、見てきました。 本編に入る前に・・・、 今回の予告編で見ました!阿部ちゃん主演の「テルマエ・ロマエ」。 阿部ちゃんと言っても、サダヲじゃなくて、ひろし(寛)で~す。 ヤマザキマリさんの漫画原作で古代ローマ人が日本のお風呂に突如タイム...