ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】アイアン・スカイ(の観賞記録をやっつけた…というよりほぼ近況報告)

2014-11-09 02:18:43 | 映画・DVD
まずは近況から。
(近況と言っても二週間前ぐらいの事

2014年10月25日(土曜日)…この日は、朝一に、ずっと行きそびれていた、かかりつけの病院に行った後、娘の学校の学院際に。娘とはタイミングが合わず会えずに、学院際からは直ぐに退散
その後、HOBBYBOX(※模型店)に模型雑誌を買いに寄って、そこで商工会議所で、がらくた市をやっているという情報を聞き、そちらに移動。商工会議所には駐車場とか無さそうだったので、リバーウォーク北九州に車を止めて、そこから徒歩で移動(ほど良い散歩距離)。がらくた市では特に何もゲットせず
リバーウォーク北九州に戻った後、駐車場料金対策として、福屋書店にてSF小説を3冊…伊藤計劃著「虐殺器官」と、その続編らしき「ハーモニー」、サイコパスの槙島も『紙の本を読みなよ』とオススメのウィリアム・ギブスン著「ニューロマンサー」を購入。
…という一日

翌日、2014年10月26日(日曜日)は、家族三人で、朝7時から家を出発して、山口県まで散髪に
散髪は10時頃までに終わり、そこから少し行った道の駅で早めの昼食(刺身とイカのてんぷら定食を頂きました)。まだ11時過ぎで時間があったので、今度は…衝動的に…鳥栖まで行く事に決定
目的地(鳥栖プレミアムアウトレット)には休憩も含め3時間ぐらいで到着。私はティンバーランドのアウターとシャツ、リーガルのベルトを購入。
北九州に戻ったら、今度はゲオで(結局)モンハン4G一式購入。
…散在と長距離移動の一日でした(350キロ位を走破)。

その数日後、10月30日(水曜日)の明け方、夜勤帰りに速度超過で覆面パトカーに捕まるという不幸が発生。そんなにスピード出していたつもりも無かったのですが…運の悪い事です。
散在の後には、思わぬ無駄な出費が待っている…というのが私の運命のようです



以下は映画観賞記録(ヤッツケ版)です。



「アイアン・スカイ」
(監督:ティモ・ヴオレンソラ、出演:ユリア・ディーツェ、クリストファー・カービイ、ゲッツ・オットー、2012年フィンランド/ドイツ/オーストラリア)

TAYA DISCASさんから「ロック・オブ・エイジズ」と一緒に届いた1本。
2013年2月24日(日曜日)の夜に観始めて一旦就寝、翌日2013年2月25日(月曜日)の日中に観終わりました(BD)。



あらすじ&概要
2018年、46年ぶりに月面に着陸したアフリカ系アメリカ人のモデル ジェームズ・ワシントン(クリストファー・カービイ)は、月の裏側でナチスの基地を発見する。
詳しくは…http://www.presidio.jp/movies/iron-sky/



ピロEK的感想&点数
想像通りの映画…といった印象
所詮は出オチでしか無い『ナチスが月面で生き延びていた』という設定を、何とか映画に成り立てようとして頑張っている映画。
もちろん(想像通り)安っぽいし
出オチゆえに、後半は(派手な展開に反して)退屈でイマイチ。

…アメリカ批判めいたコメディをフィンランドが作っている事にも少し違和感
宇宙戦艦をフィンランドだけが持っていなかったのは、フィンランド映画だから…って事で良いのだろうか


そんな感じで、点数は3点弱(5点満点中)というところです。
世界中のSFファンから好意的に見られている映画のようですが、(この記事前半の近況報告でSFファンっぽさを垣間見せた)私にとっては、そうでもない映画でした。



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】コロンビアーナ(の... | トップ | 【映画】ロック・オブ・エイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アイアン・スカイ (銀幕大帝α)
ナチスが月から攻めてきた!! -感想- 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台詞...
『アイアン・スカイ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた!アメリカをはじめ世界各国の首脳たちが...
アイアン・スカイ (いやいやえん)
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏...
『アイアン・スカイ』をトーホーシネマズ六本木4で観て、おおおごめんよおふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★もちっと単純な笑いを加えてほしかった】    単純にゲラゲラ笑えるコメディーが見たかったけど、 ニヤっと笑えるエスプリの方が強めだった。 ただ、金髪 ...
アイアン・スカイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カ...
アイアン・スカイ (だらだら無気力ブログ!)
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。
アイアン・スカイ (銀幕大帝α)
ナチスが月から攻めてきた!! -感想- 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台詞...
「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり (はらやんの映画徒然草)
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい
アイアン・スカイ (佐藤秀の徒然幻視録)
もしサラ・ペイリンがアメリカ大統領になったら 公式サイト。フィンランド=ドイツ=オーストラリア。原題:Iron Sky。ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オッ ...
「アイアン・スカイ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Iron Sky」2012フィンランド/ドイツ/オーストラリア この映画にアメリカ人俳優は出演していないと思うし、その地で撮影もしていないと思う。これほどアメリカ合衆国をバカにした映画は私的に初めて観た。世界の中心で、世界のリーダーはアメリカ合衆国の大統領…な...
映画「アイアン・スカイ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『アイアン・スカイ』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 第二次世界大戦で完全に敗北したはずのナチス「第三帝国」の一部のエリートたちは、密かに月の裏側へ...
アイアン・スカイ (心のままに映画の風景)
2018年。 再選を目指すアメリカ大統領の人気取り政策によって、月面へ送り込まれた黒人モデルのジェームズ・ワシントンは、ナチスの残党によって築かれた第四帝国の月面秘密基地を発見する。 地球侵略の機会を窺っていたナチス軍に捕らえられたジェームズは、地球へ...
アイアン・スカイ (迷宮映画館)
なんつか、こんな映画を作れる心の広さが欲しい!