ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】インランド・エンパイア…モニター調整は是非実行をオススメ(DVD鑑賞限定)

2008-06-21 23:25:05 | 映画・DVD
今週は記憶が週頭の記憶が残らないぐらい働きました
今週の頭に何か映画観た記憶があるんだけど…なんだっけかなぁ(※借りてきてるレンタルビデオ確認したら「バタフライ・エフェクト2」でした…鑑賞のご報告は後日)…で、更に明日の日曜日も出勤な私です
…こういう忙しい時期を過ぎれば自分にご褒美として無駄遣いのひとつもしたい所ですが…現在、ありえないぐらいの金欠…早くボーナス出ないですかねぇ(出るんかナァ


あと、今日なんですけど、買い物に出かけたショッピングモールで「カンフー・パンダ」(着ぐるみ)を目撃。特にカンフーアクションはしておりませんでした
中国では「カンフー・パンダ」の上映禁止らしいですねぇ…


さて、以下は鑑賞したことすらあんまり記憶していなかった「バタフライ・エフェクト2」…より、更に前に鑑賞した映画の感想です。



「インランド・エンパイア」
(監督:デヴィッド・リンチ、出演:ローラ・ダーン、ジェレミー・アイアンズ、ハリー・ディーン・スタントン、2006年アメリカ/ポーランド/フランス)

TSUTAYAさんで「アレックス・ライダー」と一緒にレンタル。
2008年6月11日(水曜日)の深夜(翌12日にかけて)鑑賞しました。
『「蟹工船」と「罪と罰」』という記事を書いた日にほとんどまとめていた記事ですが、忙しい日々に突入。今日記事が完成いたしました


ストーリー
インターネット上の映画紹介サイトとかDVD販売しているネット通販サイトの紹介によるストーリーは…
“豪邸に暮らす女優ニッキー(ローラ・ダーン)。新作映画の主演に抜擢された彼女。しかし、その作品「暗い明日の空の上で」は、とある曰く付きポーランド映画「47」のリメイクだった…。”
ということですが…実際にはそういうストーリー映画だったかなぁコレ???
私にはストーリー説明は無理です
詳しくはこちら等でお調べください…http://www.inlandempire.jp/index_yin.html





ピロEK的感想&点数
私もブロガー諸氏のご多分にもれず(?)、RSSリーダーで皆様のブログ記事がアップされるのをチェックさせていただいている訳ですが…とある方のブログでこの映画の記事がとても凄いボリウムで…第何弾みたいな感じでアップされていました。
鑑賞前に、その記事内容は全く拝見していないのですが、RSSリーダーにその映画のタイトルがドンドン!!ってな感じで積み重なっていくのを見たピロEKが「これは何やら凄い映画なんだ…多分」「是非観ないといかんなぁコレは」と中てられてしまったという訳です
他のDVDに入っている予告編でも気になっていた映画ではあったのですが、決定打はその方のブログですねぇ

で、TSUTAYAさんで手に取ってみた次第なのですが…
(TSUTAYAさんでも何故か普通の新作・準新作コーナーに無くてチョイ探しました)


え~、
鑑賞中は何かの修行(苦行?)のようでした

超大人向き作品(って感じ)。
前回の映画記事で「アレックス・ライダー」を子供向きなんて言ってた自分が恥ずかしくなるような映画です。

難解というか…

…こういう作品…不条理劇っていうんでしょうか。
過去に観た不条理劇は、不条理なりにもオチに向かって話が進んで、何らかの収束をみる訳ですが(不条理の要因がつきつめられたりしてね)…私としても、そのようなオチ(着地点)を期待して一所懸命に観た訳です…が、最後まで分からず仕舞い

納得いかないオチを突きつけられるわけでもなく…
出鱈目かというと、伏線と結果はあったりもしますし…

とはいえ…う~ん…とにかく分かりません
この映画に答えはあるのだろうか
…兎に角、私には分からなかった訳です


早めに点数を記入しちゃうと…
残念ながら私にとっての価値は0点(5点満点中)。
このような(自分が理解出来なかった)映画に1点とか2点とか3点とか中途半端な点を付ける方が逆に失礼というもの。
伝わったか伝わらなかったかで言うと、良いところも悪いところも伝わらなかった訳でして、ホント困りました
解かりもしなかった映画にグラデーションな点数を付けて評価しようなんて愚の骨頂なので、「採点不能」なんて書こうかとも思ったけど、それは逃げかなぁ…なんて思ったりもしたのであえての“私にとっては0点”。
当ブログ初の0点映画です。
ゼロの概念を確立させたインド人にも感謝です。



でも、DVDで鑑賞する場合に限って、私にも解説できるオススメポイントもあるんですよねこの作品

この映画のメニュー画面内にあるモニター調整機能がソレです
「モニターは出荷時の設定では輝度が高く設定されており、この作品も含めた映画鑑賞に適切な設定にするにはこの機能を使用せよ…」というもの。

実は私の仕事は、この作業に非常に近いものでして、色温度とか、RGBとか、L*a*b*…etcとか本気で語りだすと、もうひとつ別のブログを立ち上げないといけないぐらいの文章量になってしまうのですが…さて、この画面調整メニュー…

製作者側の親切心とエゴイズムが同居する(?)メニューとなっております。
自分たちが作った映像を、観客の勝手な環境ではなくて、作っているつもりの色やコントラストで観てほしいというね…(単純に暗い映像が多いから、「調整しないと見れないよ」ってことなのかもしれないですけど)

色調整を生業とするピロEKとしては、
「そんな簡単に素人観客が製作者側の思い通りの調整なんか出来るわけないじゃん
と、思うと同時に…
「こんな簡易的なメニューで一般家庭のTVモニターをすべて管理しようという意気込みに感銘」

とも感じさせられたものです。

で、言われるとおりにやると…
ほほう。割と凄いねコレ

設定を完了すると、我が家のモニターで、デフォルト(もしくはいくつかの画質モード)の設定では何が起こっているのかも分からなかった暗いシーンも…見えます。何が起こっているのかわかります
…というかヤッパリ設定しないと「インランド・エンパイア」の正しい鑑賞は無理ですわ多分。
必ず最初に実行することをオススメします(精密には多分無理なんですけどね)。


「インランド・エンパイア」サイドとしては、他の映画もこの設定で鑑賞することをオススメな様子でして…
子供のころに観たけど、ほとんど何も見えなかった「ガメラ」の夜戦シーンなんかもキチンと見えちゃいそうです(多分見えます)。

「戦闘メカザブングル」の後期主役メカ“ウォーカーギャリア”の色が緑なのか(?)、エメラルドブルーなのか(?)、はたまた水色なのか??
40歳前後のオタク諸氏は必ず揉めたことのある論議ですね(?)
…私も友人の家のTVで観たウォーカーギャリアが必要以上(!?)に青っぽかったので違和感があった覚えがございます。
…最近の模型誌の作例でも両方の色があって…ヤッパリそうなんだ…トリニトロンとかそうじゃないとかで(?)全国的に違ってたんだ…とか思わされた私。これもこの機能を駆使すれば統一見解を導かせることも可能!(※実際には色相に関してはこの程度のメニューでは無理と思われます)…ちなみに私はウォーカーギャリア緑色派です。

「千と千尋の神隠し」のDVD版の色が赤っぽかったなんていう話題も記憶に新しいところ。
これも、この機能を少し感良く弄れば、映画館と近い色合いの「千と千尋の神隠し」をご自宅でも観れます(この場合、間違っているのはソフトなので、観終わったら設定を戻さないといかんですけどね


兎にも角にも…この機能を、専用の装置とアプリケーションを使って行うのでは無くて、DVDソフトに仕込んで、観る人全員に実行してもらって正しく鑑賞してもらいましょう(という意気込み)は評価です
このメニューの存在で、作り手の「この映像はこう観てほしい」という意志を感じたピロEKであります。
…ということはストーリーとかテーマとか訴えたいこととかも、理解してほしい(伝わってほしい)んでしょうねぇ(?)…私には無理だった訳ですが



補足・蛇足
裕木奈江ってデビュー当時比較的萌系だと思ったんだけど、萎えっていう名前なんだね(ホントに蛇足だ…



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スター・ウォーズ/クローン・ウ... | トップ | 【小説】ベルカ、吠えないのか? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-06-22 16:38:43
この映画のことを何か思い出そうとしても何も思い出せません(爆)
同監督の「ツイン・ピークス」はその不条理さが大好きであんなに楽しめたドラマだったのに。
監督自身どんどん難解にしているのか、自分でもワケわかんなくなっているのか、とにかく観客に不親切極まりないです。
「おまえ分かるか?分かんないだろー!?」って監督に言われている気がしました。
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 19:04:47
ピロEKさま

TBありがとうございました。

私も…疲れましたというか?眠っちゃったので?どれ位観たかは?まったく不明ですので、あまり語ることが出来ません。

ですが…裕木なえだけは、ちょっと笑いました(苦笑ですが)。

リンチさん、どこが気に入ったのかな?
ウサギ人間と裕木奈江。 (BC)
2008-06-22 19:31:00
ピロEKさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

私もこの作品内容理解出来なかったんだけど、
昨年観た映画では一番インパクトあってなんか忘れられない作品です。
ウサギ人間が妙に印象に残っています☆
裕木奈江は健気に頑張っていましたね。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさん、moriyuhさん、BCさんへ))
2008-06-29 09:48:53
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>同監督の「ツイン・ピークス」はその不条理さが大好きであんなに楽しめたドラマだったのに。

実はデヴィッド・リンチ作品ってほとんど観たこと無いんですよね。
「ツイン・ピークス」も「マルホランド・ドライブ」も未見。
観たことある作品って「デューン/砂の惑星」まで遡らないと…
なので、私の場合は先入観も持たず…に鑑賞だったのですが、
とにかく分んなかったです。
でも色々なブログなんかを鑑賞すると、結構評判良かったりもするんですよねぇ「インランド・エンパイア」

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★moriyuhさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ですが…裕木なえだけは、ちょっと笑いました(苦笑ですが)。

私の場合、裕木奈江とは久々の再開でした。
「硫黄島…」は観ていないので「北の国から'92巣立ち」以来(多分ウソ)。
誠意って何ですかねぇ????

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★BCさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>昨年観た映画では一番インパクトあってなんか忘れられない作品です。

確かにインパクトはありました。
芸術的な作品なんだよね…ともわかりましたが…
如何せんストーリーが難解ってほうが大きくて、そういう部分を楽しむ余裕がなかったです。

>裕木奈江は健気に頑張っていましたね。

私の場合、裕木奈江とは久々の再開でした。
「硫黄島…」は観ていないので「北の国から'92巣立ち」以来(ウソ)。
誠意って何かね?(byシベリヤ文太)

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2008-07-01 01:08:58
古いブログのほうにTBをいただきましたが、新しいほうからお返しさせていただきますね。
公開時に劇場で鑑賞しましたが、一回観ただけではさっぱり。
DVDでもう1度・・・と思いながらそのままになっています。
DVD鑑賞の折には調節して明るくして観ることにします(笑。
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(hyoutan2005さんへ))
2008-07-26 00:36:33
★hyoutan2005さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>古いブログのほうにTBをいただきましたが、新しいほうからお返しさせていただきますね。

毎度お手数をお返して申し訳ございません

>DVD鑑賞の折には調節して明るくして観ることにします(笑。

ちなみに調整の効能はやはりあるようで「ベオウルフ」の沼のシーンとかも観やすかったですよ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「インランド・エンパイア」 (或る日の出来事)
理解不能。 リンチ監督の劇場用映画の前作「マルホランド・ドライブ」(2001年)では、かなりの部分で、話は分かったのに、今回は、よく...
『インランド・エンパイア』 (ラムの大通り)
(原題:INLAND EMPIRE) 「うう~む。この映画は何から喋ったらいいのやら。 デイヴィッド・リンチ、もうやりたい放題。 あんたには負けました。 好きにしてちょ~だいって感じ」 ----結局、えいの手には負えなかったってわけだ(笑)。 「そう見られても仕方ないね。 こ...
インランド・エンパイア (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
例えば左の写真⇒は主演のローラ・ダーンが室内に佇むシーンで、黄金色のカーテンで外光を遮っているだが、一見、暗鬱な曇り空の下の荒涼とした原野に佇んでいるようにも見える。内と外が反転してエッシャーの騙し絵のようだ。こういうシーンが結構ある。さすが製作期間が...
インランド・エンパイア (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
悪夢を見ているような作品でした。 町の実力者と結婚し、優雅な生活を送る女優のニッキーは、ある日、見知らぬ老婦人の訪問を受けます。その老婦人に不思議な話を聞かされるのですが、その話の通りに、ニッキーは、新作映画の主役に決まります。その映画は、主演の二人...
『インランド・エンパイア』 -- 深読みの必要がない(癒しの)リンチ映画 (L'ATALANTE)
私は、現在公開中のデビッド・リンチ監督最新作『インランド・エンパイア』(INLAND EMPIRE)の音と映像を前に、語るべき言葉を無くしている...。(って、単に理解できなかっただけか...)  あ、ア、ァ、Axxe゜NNnn・・・-->.. ...言葉を無くしているわりには今から本作を...
映画「インランド・エンパイア」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 5月初旬、紀尾井町の角川試写室にて「インランド・エンパイア」を鑑賞した。 この作品はデイヴィッド・リンチの最新作と言う事で、試写室にはリンチがプロデュースしたコーヒーが用意されているのだが、3時間の長尺作品の前にコーヒーを飲むのは何だが話の種に一口だ...
インランド・エンパイア・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
デビット・リンチの悪夢的迷宮。 「インランド・エンパイア」は、女優志望のヒロインが迷い込んだハリウッドという幻想を描いた傑作「マルホ...
インランドエンパイア (映画) (をとなの映画桟敷席-ほぼ毎日が映画館)
映画「インランド・エンパイア」 デヴィッド・リンチの「インランド・エンパイア」を遅ればせながらDVDで観ました。映画館で観てもいいんだけど、色々チェックしながらじっくり観たかったので今回はパスしておりました。 前作「マルホランド・ドライブ」が、なぜか熱...
リンチ新作、インランド・エンパイア2枚組DVD!! これはこれで、かなり楽しめた! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログの記事、観たゾ! インランド・エンパイア Inland Empire =リンチ新作(2007-07-22) 以降、この3時間の悪夢に改めて向き合うか、迷っていたのですが... <Q: また映画館に行くか? <A: 即答はできない。もう少し時間を置いて考える。 <一方、米国で間もなく...
スター・メイクス・ドリーム、ドリーム・メイクス・スター (CINECHANの映画感想)
231「インランド・エンパイア」(アメリカ)  ハリウッド女優ニッキー・グレイスは、夫で街の有力者ビオトルケ・クロールと豪邸に暮らしている。ある日訪問者から不気味な予言を聞かされる。  そのニッキーは女優としての再起をかけ、キングスリー・スチュワート監...
インランド・エンパイア 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
『冒険ロックバット』のミミーちゃんは目が怖い 公式サイト 今や天才を通り越して遥か遠い世界へ行ってしまった感の強い異才、デヴィッド・リンチの最新作。 主観と客観、別の主観、劇中劇に空想、妄想、と、様々な世界が入り乱れて進んでいく本作の内容は、女優を...
映画 【インランド・エンパイア】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インランド・エンパイア」 鬼才DAVID LYNCH監督最新作。ベネチア映画祭で栄誉金獅子賞を受賞。 おはなし:ニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は、映画監督キングスリー(ジェレミー・アイアンズ)の手がける映画に出演する事に...
インランド・エンパイア (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
 最近、忙しくてなかなか余裕がないのですが(この前の台風のときも、早く帰ったけど疲れて寝てしまったし…)、なんとか時間を作って映画を観ています。今回は『インランド・エンパイア』です。落ち目の女優、ニッキーは町の実力者の夫と豪邸に暮らしている。ある...
インランド・エンパイア 見てきました (スターウォーズ好きOL)
6年待ったかいアリ!リンチの最新作が公開されました。3時間、どっぷりとリンチワールドに浸れます。マルホ以上の難解度ですが、ファンならぜひ!
インランド・エンパイア を観ました。 (My Favorite Things)
鬼才デビット・リンチは私の好きな監督のひとりです…。 でも?相変わらずワケわかんないのですが、今回は見事にやられました。
『インランド・エンパイア』... ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:アメリカ映画、デイビット・リンチ監督最新作、ローラ・ダーン主演、裕木奈江もちょこっと出演しています。
インランド・エンパイア (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: 呪われた作品に迷い込んだ女優の顛末を描いたミステリー。 お手上げです(^_^; 難解だと思っていた「マルホランド・ドライブ」が判りやすい作品のように思えてきます。 ハリウッド女優ニッキーは、映画「暗い明日の空の上で」の主演を見事射止めま
インランド・エンパイア((+_+))ディヴィッド・リンチ (銅版画制作の日々)
   わたしも、世界も、乱れていく。   9月になりました。暑さも一段落でしょうか?涼しくなりましたね。今月も色々な作品が公開されますね。書けていない8月の鑑賞作品があるので、引き続き書いていきたいと思います。   8月17日、京都シネマにて鑑...
インランド・エンパイア (ネタバレ映画館)
ミコちゃんキュート♪
★「インランド・エンパイア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
観ようか観まいか、悩んでた作品。 あの、「マルホランド・ドライブ」のデビット・リンチ監督だし・・・ 3時間超の長編だし・・・ でも、何故か裕木奈江出てるみたいだし・・・一応観ておく事に。
インランド・エンパイア:他人の見た夢を、延々3時間・・・ (犬儒学派的牧歌)
★監督:デヴィッド・リンチ(2006年 アメリカ・ポーランド・フランス作品) 京都シネマにて。 ★あ...
『インランド・エンパイア』 (映像と音は言葉にできないけれど)
前作『マルホランド・ドライブ』に引き続きハリウッドを皮肉っぽく扱ったタイトルですけど、これは5年ぶりのデヴィッド・リンチの新作。
INLAND EMPIRE (Brain Construction)
デヴィッド・リンチ監督の新作『インランド・エンパイア』を観た。 初日に行ったが、長蛇の列というのを久々に見た。映画館からあふれていた。 私はリンチ監督のファンではなかったし、きちんと作品を見たのはこれが初めてだと思う。(『マルホランド・ドライブ』も一...
*インランド・エンパイア* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2006年  アメリカ 夫が町の実力者である女優のニッキーは、ある日、見知らぬ老婦人の訪問を受ける。その時受けた予言通りにニッキーは新作映画の主役に決まるが、その映画は主演の二人が撮影中に殺されたと...
★ 『インランド・エンパイア』 (映画の感想文日記)
2006年。StudioCanal/etc. "INLAND EMPIRE". デヴィッド・リンチ監督・脚本・製作。  ローラ・ダーン、ジェレミー・アイアンズ、ジャスティン・セロー、ハリー・ディーン・スタントン、ウィリアム・H・メイシー、スコット・コフィ、マイケル・パレ、裕木...
「インランド・エンパイア」 カリスマ熟女ローラ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
一応自分ではリンチ・フリークのつもりやったんですが、早々にストーリーについていけなくなったんで、ローラ・ダーンの熟女っぷりを眺めてました。 いかにもええとこに嫁いだ感じで、子供なし、お手伝いさん付きの高級マダムは、持て余した時間をヘアースタイルや化粧の...
「インランド・エンパイア」 (prisoner's BLOG)
インランド・エンパイア 通常版角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 映画の内容そっちのけで5.1chから9.1ch(らしきもの)にした音響効果の確認ばかりしていた。 それでちょうどいいみたい。内容が「わかる」とは期待していないし、デヴィッド・リンチの映画...
インランド・エンパイア (シネ吉の運命などない!)
 一度映画館では見たんですが、ひさしぶりに観てみました!デビッド・リンチの新作「インランド・エンパイア」。  前々から見直したいな、と思ってはいたんですがなにしろ上映時間が3時間なのでなかなか手が伸びず、やっとのことで見直すことができました。  ただ...
インランド・エンパイア (シネ・ガラリーナ)
2006年/アメリカ 監督/デヴィッド・リンチ <京都シネマにて鑑賞> 「抜け出せぬ迷宮」 リンチと言えば「倒錯」の世界なんだけども、今回は100%「迷宮」。見終わった瞬間は、何が何だかさっぱりわからない。1週間ほど前に見に行って、なんとか思考をまとめよう...
難解!降参!~インランド・エンパイア (ひょうたんからこまッ・Part2)
『インランド・エンパイア』 INLAND EMPIRE ?(2006年・アメリカ・ポーランド・フランス/180分) 公式サイト 2007年度全米批評家協会賞 実験的映画賞受賞 うさぎ人間の不思議。 その映像を見守る女性の瞳に浮かぶ涙。 繰り返し流れるそのシーンが意味す...
#108.インランド・エンパイア (レザボアCATs)
キましたねぇ、リンチワールド!かなり今回、キテます。まさにド真ん中な感じ。現実なのか、悪夢なのか・・・。一言で言えば、リンチの大好きな悪夢の世界。濃度の濃いリンチファンにも、ずっしり来ること間違いナシな作品だ。
曲がり角恐怖症 『インランド・エンパイア』 (我楽多・雑記)
私、デヴィッド・リンチの映画好き。 「インランド・エンパイア」観賞@新宿ガーデンシネマ。 具体的にどこが好きかというと不思議で不気味なところです。←小学生。 でも、自分はその時何を思ったか分からない。そうしているうちに1週間経過。 この映画でネタバレっ...
映画「インランド・エンパイア」を鑑賞しました。 (e-mono select)
   映画の話  ハリウッド女優ニッキー・グレース(ローラ・ダーン)は未完のポーランド映画『47』のリメイク『暗い明日の空の上で』の主演で再起を狙うも、映画の展開とリンクするように、私生活でも相手役デヴォン・バーク(ジャスティン・セロー)と不倫をし、現実...