ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察

2014-12-25 06:02:55 | 映画・DVD
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期
最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです



そんな訳で映画観賞記録



「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
(監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン)

TAYA DISCASさんから「300 〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~」と一緒に届いた一本。2014年12月20日(土曜日)の午後観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
桜坂洋による日本のライトノベル「All You Need Is Kill」を原作にしたアメリカ映画。
近未来の地球は隕石と共にヨーロッパに現れた“ギタイ=Mimics”と呼ばれる宇宙からの侵略者との戦争状態にあった。歩兵用パワードスーツの投入でギタイに対抗する人類だったか、敵の強大な力の前に劣勢を強いられていた。アメリカ軍軍属の報道官ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、ヨーロッパにおける大規模な殲滅作戦を立案しイギリスに赴くが、ブリガム将軍(ブレンダン・グリーソン)から戦場の現地取材という任務を命じられるが、危険な任務から逃れたい一心でそれを拒否、報道官としての立場を乱用して将軍を脅迫しようとしたため、地位を剥奪され二等兵として最前線に送られてしまう。ケイジは最初の出撃でギタイと対峙し、殺される寸前に地雷を使って相討ちとなり死んでしまうが、次の瞬間に、出撃前日の前線基地に配属された時点で意識を取り戻す。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/





ピロEK的感想&点数
原作小説は未読。
…ライトノベルというジャンルは幼稚というイメージがともなうためか、最近では敬遠しがち(ハヤカワばっかり読んでいる私などに言われたくも無いでしょうが)。
同じように“幼稚なジャンルだから読まない”と思っている人は多いだろうに、わざわざライトノベルのレーベルが分けられているのは利点の方が多いという事なのでしょうか
一部の結構優れてると感じる作品(「十二国記」とかね)に対し、名作なのにライトノベル括りとは勿体無い…とか思うのは、利点=シェアとは反対側からの一方的な意見なのでしょうね恐らく

小畑健作画のコミック版は購入して読みました。
原作小説との差異は分かりませんが、こちらがほぼ原作忠実なのだろうと仮定して、映画版との比較をする事にします。

コミック版とハリウッド映画版のどちらが面白かったかというと…
私としては映画版の方が好み
コミック版は…経験を積んで歴戦の戦士となって行く感じ。
対してハリウッド映画版は…無数のループを続ける事で状況を記憶、対応して行く。
…と根本のテイストが微妙に違っているのも、映画版の方が描き方が面白くなっているように思えて好きでした

コミック版では可憐な少女風キャラだったのに、ハリウッド版では顎が割れているエミリー・ブラント演じるリタ・ヴラタスキ。
彼女の設定がコミック版と違ってループ能力を失っている時点で、あの切ないエンディングの可能性が薄れて、ハリウッド的大団円に向かってんだろうなぁ…と容易に想像でき、結局そのとおりに
まぁ、このあたりはキッチリ落してくれるんなら、どちらでもいいかという感じ。
(※この点、恐らく原作小説もコミック同様の設定だと思われます)

オチに向かってやり直しのできない普通のエイリアンとの戦いものになってしまい、仲間との信頼が築かれ、仲間の犠牲と、いつものハリウッド風ご都合で終結(ループ)。

とはいえ、お利口で悪くないオチが付いたのではないでしょうか(褒めています)。


点数は4点強(5点満点中)
面白いけどリピートして見るほどの映画では無いという程度でしょうか。



補足・蛇足
で、得意の()タイムスリップ理論で考察。

【主人公を何度か撃ち殺してループを繰り返させるリタ・ヴラタスキさんについて】

私が色々なところ(※Newton別冊等)で聞きかじって理解している時間旅行の正しいとされている理論は以下の二つ。

(1)時間軸は1本のパターン。
そのため、実は歴史の改変は出来ない。
時間移動できる者が、歴史を改変しようと試みても絶対に失敗。
タイムパラドックスは生じない。
時間移動までが1本軸の時間に織り込み済み。
映画だと「サマータイムマシン・ブルース」とか「タイムライン」がコレで、主人公たちは歴史は改変できると思っているけど、実はそうはいかないって部分が、上手く描けば面白いけど、脚本は高度で難しくなる(であろう)もの。ちなみにココで挙げた2本は良作

(2)時間軸は無限大。
時間を遡った人が歴史改変を試みれば改変される事もある。
過去に行って自分自身を殺す事も可能。
但し、過去の自分が死んじゃったからといって自分が消えてなくなるわけではない
過去の自分が死んだ時間軸(※時間軸A)と、その時点で殺されず、その後過去に自分が遡れた時間軸(※時間軸B)は、時間移動によって交差しちゃったけど別軸(パラレルワールド)。
未来に戻れる能力があるとして、自分が死んだ未来(A)に戻った場合ビックリされて、元々自分が居た未来(B)に戻った場合は何事も無かった…となる(※「ドラゴンボール」でトランクスが戻る未来はこのパターン)。
大概のタイムスリップものは、この(2)のパターンか、もしくは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」みたいに過去の行動で自分が薄っすら消えかかるような、科学的では無い第3のデタラメパターン。

で、お話を「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に戻します。

リタ・ヴラタスキさんは主人公をループさせるために、場合によっては主人公を銃殺します
で、その場合、主人公は時間を巻き戻します。
(時間を記憶だけが遡るという事なのでしょうかね)
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」での時間移動が、ある程度科学的な規則に則ったものと仮定(期待)した場合、歴史の変更はバンバン起こっちゃっているので(1)では有り得ず、自ずと(2)のパターンという事になります。
主人公にとっては新しい時間軸(パラレルワールド)に移動出来たので何も問題ないのですが、主人公を銃殺した側のリタ・ヴラタスキさんの前には主人公の死体が転がっており、翌日のノルマンディー上陸作戦で人類は大敗します…その後は恐らく人類滅亡
映画に描かれていないから分からないだけで、そちらのリタ・ヴラタスキさんにとっては結局意味のない行動(別の並列世界だけでも幸せになってね…とか願っているのなら、まぁ良いですけど)。

これは、そもそも、この機能を戦争に活用しているギタイ(αさんとωさん)にとっても同様で。
作戦が失敗しないように、人類の手の内を探ったり、ミスリードさせるために時間を巻き戻してるとしたら、良く分からない作戦です
ギタイさんらの場合、宇宙から来たので、宇宙と時間旅行とが絡むと私にも理解出来ない何かがありそうですから、先遣隊ギタイの活躍で、エイリアン向きテラフォーミングが上手くいった時間軸の地球に、本来地球を狙っている連中が上手く到着するとかいうことが可能なのかも知れません。だとすれば主人公たちの足掻きがどうであれ、エイリアンの企みは既に(何百回も)成功しています。
最終的に主人公たちがωさんをやっつけた時間軸に対し、ギタイ側が更にタイムループ能力を使ってリベンジかけちゃうんじゃないか(?)とか、それで映画のパート2作っちゃうんじゃないか(?)とか思いがちですが、そもそもギタイ側の作戦は何度も成功しているので、リベンジかける必要も無いんじゃないかと思われます。



【ギタイのタイムループ機能がαが死んだときにだけ発動したり敵に能力奪われちゃったりと中途半端なものの訳】

そういう機能にしか作れなかったというテクノロジーレベルの話、もしくはギタイにはその戦術的機能しか与えなかったという事なのでしょう。
遠くの宇宙にいる黒幕エイリアンが、前述のように、侵略が上手くいった時間軸に到着出来る方法を持っているとすれば、能力を敵が奪おうが、どうでもいいことなのかも知れません。
反面、先遣隊として地球を任され、それなのに上手くない時間軸に移動しちゃったωさんからすれば面白くない訳で、頑張って主人公らをやっつけようと(自分らの手の届く時間軸で挽回しようと)主人公らと同じスタンスで足掻いているだけなのかも知れません。



【輸血でタイムループ出来なくなったと語るリタ・ヴラタスキさん】

一番分からない(ともすればイイカゲン)なのがコレ
大量に輸血されたおかげで、ギタイαから受け継いだループ機能が失われた…という説明。
…私が何か重要な説明を聞き逃しているんですかねぇ
死んでからしかループ出来ないのに、生きているリタ・ヴラタスキさんが、何故ループしなくなった事実を知りえているのか
あの元科学者の整備兵あたりが研究して何かを掴んだのでしょうか

…ここは納得の出来る説明できる人、お願いいたします



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してくださ... | トップ | 【映画】300〈スリーハンドレッ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
異次元の世界 (iina)
2014-12-30 10:40:08
新作映画も、いまや半年たつとDVDになるのですね。

漫画ゆえ、殺される旅にスキルアップして強くなるなんて許されるのですね。
それにしても、発想としても面白いです。

最近に観た「インターステラ―」では、5次元の世界を描いていて、妙に納得させられました。
次のような理論です。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/8e6ee8949c3aa5cea1957f81068191bb

ゲーム感覚 (メビウス)
2014-12-31 18:44:47
ピロEKさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そいえばヤンジャンで小畑さんが漫画化した作品がありましたね。自分はそっちも未読にしたまま映画に臨みましたが、トライ&エラーを繰り返しながらもその経験を積んで攻略に結び付けていくという流れはゲーム攻略そのものに見えてしまって、イチゲーム好きとしてはツボにはまりました。

途中ケイジが小屋で少し弱気になってしまう場面とかは、作業ゲームが苦行に感じてしまって嫌になるあの時の気持ちを彷彿としてるようで変に共感してしまいました(笑
★★あけましておめでとうございます(1)★★ (ピロEK(iinaさんへ))
2015-01-01 03:18:17
★iinaさんへ★

いつもコメントありがとうございます
&あけましておめでとうございます

>最近に観た「インターステラ―」では、5次元の世界を描いていて、妙に納得させられました。

「インターステラ―」は、時間が無くて映画館に行けないのですが、観るのを楽しみにしている1本です。
5次元ですか…理解できるかなぁ?

では、また来てくださいね。
今後とも宜しくお願いいたします。
★★あけましておめでとうございます(2)★★ (ピロEK(メビウスさんへ))
2015-01-01 03:19:06
★メビウスさんへ★

いつもコメントありがとうございます
&あけましておめでとうございます

>ゲーム感覚

元ネタはゲームのリセット、やり直しですよね…「ファイヤーエムブレム」とかが一番近いかも。

>作業ゲームが苦行に感じてしまって嫌になるあの時の気持ちを彷彿としてるようで変に共感してしまいました

この後に観た「ゲームセンターCX」とかは正にそんな感じ。
私も諦めてしまったゲームは無数にあります…後で考えると勿体無いなぁ。

では、また来てくださいね。
今後とも宜しくお願いいたします。
あけ (sakurai)
2015-01-06 20:56:26
おめでございます。

年末からこっち、いろいろとありまして、ブログ放置状態でした。
やっと通常モードに戻りつつあります。
今年も細々とよろしくお願いいたします。

これは結構面白いなあと感じた作品でした。リピートしちゃいました。てか、息子も見たいと言ったもんで、既に見ていたけど、もっかい見るか・・みたいな。
映画としての結論としては映画の方がいいし、物語自体としては小説の方が完成度が高いと思います。
マンガ版は読んでないですが、小説はすんなり納得いきました。
エミリーさんの二の腕見て、鍛えなきゃ!と痛感したおばさんでした。
★★あけましておめでとうございます(3)★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2015-01-10 15:22:55
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
&あけましておめでとうございます

>年末からこっち、いろいろとありまして、ブログ放置状態でした。

私など年中ブログ放置状態です。
それでもsakuraiさんのブログはチョコチョコ拝見させていただいてはいるのですが、大変そうだと推し量ったり、量らなかったり…。

>映画としての結論としては映画の方がいいし、物語自体としては小説の方が完成度が高いと思います。

原作小説は、映画化が決まる前に気になっていた一冊なのですが、ライトノベルコーナーから買うのが恥ずかしいお年頃のためスルーしました。マンガは舞台が沖縄になっているぐらいで、多分原作と同じ話かと思われます。

では、また来てくださいね。
本年も宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本のラノベ(桜坂洋作)をハリウッドで大作映画した作品で、ワンアイデアがダグ・ライマン(リーマンから表記が代わった)監督の演出と、トム・クルーズのはまり方があいまり、なかなかできた娯楽作に。SF好きなら見て損はしない傑作です。  作品情報 2014年ア...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」IMAX、3D、字幕 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/7/6、109シネマズ木場。 良い席は早々と満杯で、中央通路2つ前の列を選択。 前過ぎず、迫力は倍増。 *    トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン。 * 近未来。 ヨーロッパ等に落下した隕石、と思ったもの....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月13日(日) 19:20~ 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト」...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル (to Heart)
原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリー...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダグ・リーマン 【出演】トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/シャーロット・ライリー 【公開日】2014年 7月4日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を109シネマズ木場1で観て、トムちんのSFは難し目ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (風に吹かれて)
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
オール・ユー・ニード・イズ・キル (迷宮映画館)
最近のトムちんは、本当にいい!
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ここなつ映画レビュー)
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...