ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】コンテイジョン…こんな事態の時、医療関係者の嫁とか居ると実に困るだろうなぁ

2012-09-24 12:45:47 | 映画・DVD
まずは週末の近況報告。

2012年9月22日(土曜日)は、午前中は買い物に小倉まで、その後、自家用車の半年点検を受けて、午後から私の実家で母親の誕生会をした一日。…もう母親も70歳です。

その翌日23日(日曜日)は、またまた嫁さんが買うモノがあるとかで昨日と同じ小倉へ…何故一度に済まさないんでしょうねぇ

と、実は書くほどの事は、特に無かった週末



以下は映画観賞記録です。
長々と書いていますが実はヤッツケ(ヤッツケ度★☆☆☆☆



「コンテイジョン」
(監督:スティーブン・ソダーバーグ、出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、2011年アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「猿の惑星:創世記」と一緒に届いた1本(パンデミック系が同時に)。2012年3月13日(火曜日)の夜に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
香港出張から戻ったベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は、謎の感染症で死亡。同じような症状の人間は、香港、ロンドン、東京でも現れ次々に亡くなっていた。世界保健機構=WHOのレオノーラ・オランテス(マリオン・コティヤール)達は調査に乗り出し、続いてアトランタの疾病予防センター=CDCもエリス・チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)やドクター・エリン・ミアーズ(ケイト・ウィンスレット)らが同じく調査を始める。
と、簡単にあらすじ書いたら、マット・デイモンもジュード・ロウも出てこない文章になっちゃいました
詳しくは(公式ウェブサイト)http://wwws.warnerbros.co.jp/contagion/index.html





ピロEK的感想&点数
監督がスティーブン・ソダーバーグ、
出演がマット・デイモン、
この組み合わせで思い出したのは、近いところでは「インフォーマント!」
正直、楽しむのが難しかった映画だったなぁ「インフォーマント!」

そういう前例がある場合、この「コンテイジョン」も「インフォーマント!」みたいに小難しいばっかりでエンターテイメント性に欠けるのではないか…(というよりも「インフォーマント!」は、酷く勝手な作りのエンターテイメントという感じでしょうか?)…と警戒。
「コンテイジョン」と「インフォーマント!」って、各々が難しい言葉なのにムリヤリに邦題付けられないところとか、言葉自体の響きとかも似てて、警戒と懸念は高まる一方

だったのですが…面白かったです「コンテイジョン」

ストーリー自体は、過去にも何回か観た事あるような伝染病ものだったのですが…

こういうテーマではありがちな、人情やお涙に偏り過ぎる事も無く(※もちろんそういう描写もある)
恐怖とか人間の汚さを描き過ぎる訳でも無く(※もちろんそういう描写もある)
ワクチン開発ばっかりに焦点を当てる事も無く(※もちろんそういう描写もあるし、ワクチンは完成する)
群像劇なのに描写が薄いキャラがいるわけでも無く

全体的に、個人的には過不足無く思う良いバランスで描かれていて、丁度いい塩梅
引き込まれて観ちゃう映画でした(私はホントに褒めるのが苦手。とにかく面白かったです)。

キャストも豪華。
「オーシャンズ11」ではジョージ・クルーニーの口利きでキャストが集まったみたいに“クルーニーが”吹聴していましたが、いやいやナカナカ、スティーブン・ソダーバーグって良いキャストを集められる監督だったんですね

医者が何人も出てくるのはリアリティ重視ゆえか、思いの外集まり過ぎた豪華キャストの割り振りなのかは分かりませんが、各々がキャラ立ってて良い感じの役に付けた感じ

マット・デイモンはいつもの安定感。

マリオン・コティヤールは如何にも、ああゆう行動とっちゃいそうなナマッチョロイ、ヒューマニズムに目覚めそうな感じの人に見えた(そう思わせるという事は演技が上手いんだろうなぁ)。

ジュード・ロウも胡散臭くてイケスカナイ野郎に見えたし。
日本人はアメリカ人や中国人ほど、何とも知れない漢方薬の事は信用しないと思うよ。

グウィネス・パルトローに至っては、如何にも浮気しそうな死体役にピッタリ
死体で、あんな恐怖解剖されちゃう死体役をグウィネス・パルトローだなんて特に豪華。
あの脳解剖シーンは怖すぎ
「アベンジャーズ」観てても、アレ思いだしてペッパー秘書に萌そこなった程(というか「アベンジャーズ」のペッパーは、なんか奥ゆかしさを減らしてて魅力的じゃ無い気がしたな

ケイト・ウィンスレットも彼女の真面目顔にピッタリの殉職演技

ワクチン作る人は、知らない女優さんでした…重要ですが出番は薄
彼女が中心の話じゃ無くて、あくまでも他の俳優の様々な立場の演技を見せるところが上手いところに思えたし、そのあたりが「アウトブレイク」とは違う部分かな。

ローレンス・フィッシュバーンは…まぁ、あんなもんだろう。


マット・デイモンとジュード・ロウの共演が少し話題になっていたようですけど、二人に絡みは全く無いのですね。


点数は5点(5点満点中)です。
普通に楽しめたし、特に大きなマイナスポイントも見当たらないので満点としました(※5点満点とか言いながら、テンションが上がったら7点とか付けるブログなので、5点は最高点というわけでは無いようです)


と…特にマイナスポイントも見当たらない…とか言ったけど、やっぱりマイナスも書いときます(といっても微マイナス)。
アルダーソン社が伐採した森林が原因で、アルダーソン社の人が感染…ってラストシーンは、特にメッセージ性を読みとれず。あの森林伐採が、その因果応報でパンデミックというほどの開発にも見えなかったしね。『実はこんな事が原因』とか、サービスの如く見せられても、映画自体病気の原因解明がテーマじゃなかったジャン、どうでもいい気がする…とか思ったりして。
…まぁ、大きなマイナスでは無いですけどね。



補足・蛇足
私もこの映画と同じ事態になったら、マット・デイモンのように家族だけを守ろうと思います。病気はやってるのに娘に会おうとするボーイフレンドなんてロクなやつじゃないに決まってるし。

…でも、嫁さんは医療関係者だから、引き籠るって訳にもイカンだろうしなぁ…嫁だけ家に入れずに、病院に泊ってもらおうかなぁ



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】猿の惑星:創世記…猿の... | トップ | 【映画】ゴーストライター…島で... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中身に (sakurai)
2012-09-25 07:46:24
無駄はないけど、無駄に豪華な配役陣でしたかね。
それはそれでいいんですが。
さすがソダーバーグってところが随所にあって、うまいなあと思いました。
「インフォーマント」は同様に感じます。
結局、録画したのを見きれずに消してしまいました。
途中まで見たけど、頭にさっぱりとどまらなかったです。

今年は受験生が二人いるんでとりあえずインフルのワクチン受けないと・・・ですが、二人なんで高くつく。。
淡々と展開 (KGR)
2012-09-26 10:51:48
いまいち盛り上がりに欠ける展開でしたが、
それも監督の思惑通りだろうなって感じでした。

>マリオン・コティヤールのナマッチョロイ、ヒューマニズム
おっしゃる通りで、あまりにも自分勝手でしたが、
本当にそうしそうでした。

ラストはコウモリからの感染をしめしていたと思います。(エボラ出血熱を意識?)

>ワクチン作る人
ジェニファー・イーリー。
メリル・ストリープを若くしてキーラ・ナイトレイを足した感じ。
さっき気づきましたが「英国王のスピーチ」でジェフリー・ラッシュの奥さん役だった人です。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、KGRさんへ))
2012-12-09 14:22:02
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>さすがソダーバーグってところが随所にあって、うまいなあと思いました。
>「インフォーマント」は同様に感じます。

ソダーバーグ作品の中で特に「インフォーマント」が楽しみ辛い映画だったのでしょうが、一本ああいうのを観ちゃうと信用できなくなるモノです。人の評価ってマイナスの方が印象に残っちゃう例なんでしょうねぇ。

>今年は受験生が二人いるんでとりあえずインフルのワクチン受けないと・・・ですが、二人なんで高くつく。。

そういえば、そろそろそんな季節ですねぇ。
子供が受験とかだと特に気を付けないとイカンです。
私んちでは、過去の実績からいって予防接種は効果大きいと思われます。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>>マリオン・コティヤールのナマッチョロイ、ヒューマニズム
>おっしゃる通りで、あまりにも自分勝手でしたが、
>本当にそうしそうでした。

ああいう役がピッタリだということを、本人は、どのように評価してるんでしょうかねぇ。
自分だったら、なんか複雑な感じに考えちゃいそうです。

>>ワクチン作る人
>ジェニファー・イーリー。
>メリル・ストリープを若くしてキーラ・ナイトレイを足した感じ。

「英国王のスピーチ」の奥様役はちっとも思い出せませんが、メリル・ストリープにキーラ・ナイトレイを足しちゃうんですか。
なんか、ピンと来てませんが、メリル・ストリープからプラス方向に行ってると理解で宜しいでしょうか?

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
コンテイジョン (Akira's VOICE)
思ったより緊迫感が無かったなぁ。  
コンテイジョン (いやいやえん)
パンデミックもの。なんちゅう豪華なキャスト!それを惜しげもなく女優を殺しちゃうんだからまた凄いや。 新種ウィルスの感染拡大は怖い。またも世間ではインフルエンザが流行ってますが、もっと感染症状が酷くて感染源が不明なもので、情報操作だってされてるんじゃ...
コンテイジョン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【CONTAGION】 2011/11/12公開 アメリカ 106分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニ....
『コンテイジョン』 今これを観る意義 (映画のブログ)
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18~20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年~19年に猛威を振るったスペ...
コンテイジョン (映画的・絵画的・音楽的)
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。  でも、その期待は大...
コンテイジョン  監督/スティーヴン・ソダーバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ケイト・ウィンスレット  ローレンス・フィッシュバーン  ジュード・ロウ 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他....
映画:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 その後、撮る映画の方向性が2方向に別れる。 「アウト・オブ・サイト」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィッ...
コンテイジョン (銀幕大帝α)
CONTAGION/11年/米/106分/感染パニック・サスペンス/劇場公開 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 過去監督作:『オーシャンズ13』 出演: ◆マリオン・コティヤール…ドクター・レオノーラ・オランテス 過去出演作:『インセプション』 ◆マット・デイモン…...
コンテイジョン (だらだら無気力ブログ!)
『感染列島』なんか足元にも及ばない!!
コンテイジョン (心のままに映画の風景)
ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港の出張から帰国するや体調不良を訴え、死亡してしまう。 香港、ロンドン、東京でも同じような症状で亡くなる人が続出し、世界保...
コンテイジョン (迷宮映画館)
うーん、これはお見事。あまねくきっちり描かれている秀作。
コンテイジョン (風に吹かれて)
感染より怖いもの公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/contagion 監督: スティーブン・ソダーバーグ香港出張からアメリカミネソタ州に帰国したベス(グウィネス・パ
コンテイジョン (2011) (肩ログ)
CONTAGION アメリカ 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニファー・イーリー、サナ...
接触感染という恐怖 (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「コンテイジョン」を鑑賞しました。 未知の致死性ウイルス感染が地球規模で発生 果たして どうなるのか・・・ ウイルスによるパニック映画なのだが 非常にリアルに徹して作られてますね まさに、シミュレーションのような しかし ストーリーは....
「コンテイジョン」 情報パンデミック (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「コンテイジョン(CONTAGION)」は「接触感染」という意味らしい
コンテイジョン (キノ2)
★ネタバレ注意★   『トラフィック』のコンテイジョン版とも言うべき、あくまでリアルを追及したヒーロー不在のパンデミック・サスペンス。監督はスティーヴン・ソダーバーグ、主演がだれとは絞り難く、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フ...
敵意の宿らぬ右手 (MESCALINE DRIVE)
2011年10月31日、よみうりホールで試写会が催され、「コンテイジョン」を観た。 よみうりホールはビックカメラ有楽町の七階。開場まで階段で並んで待っていると、クライマックスシリーズのさなかとあって読売ジャイアンツの応援歌がエンドレスで繰り返される。応援セール...
コンテイジョン (とりあえず、コメントです)
スティーヴン・ソダーバーグ監督がオールスターキャストで描いた社会派ドラマです。 予告編を観て、新型ウイルスの流行で世界がどんなふうになっていくのか気になっていました。 ウイルスの対応に追われる人々の姿と共に、ネット情報の信憑性の怖さが印象に残る作品でした...
試写会「コンテイジョン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/10/31、よみうりホール。 最近では珍しく開場20分以上前に着く。 列の最後尾は2階と3階の途中だった。 列の後ろの方の話が面白かったので待ちは大して気にならなかったし、 10分もしないうちに列が動き始めた。 開場は予定よりも15分ほども早かっ...
コンテイジョン CONTAGION (映画の話でコーヒーブレイク)
予告篇を見た時に 「なんなの~?このラインナップ~?」 「主役級の有名どころがこんなに~?!」っと驚くと共に、「どんな映画?」と映画に興味を持ちました。 でも・・・「カウボーイ&エイリアン」の例もあるし、有名どころが出たからといっていい映画かどうかは別の....
コンテイジョン(2011)■□CONTAGION (銅版画制作の日々)
 【恐怖】は、ウイルスより早く感染する。 評価:=70点 ソダーバーグ監督の最新作は、感染パニックサスペンス。確かに冒頭のグネス・バルトロウー嬢の口から泡ふき、痙攣して亡くなるシーンは本当にビビりました(汗) 誰でも感染って聞くだけで、わお~!と思っ...
映画「コンテイジョン(デジタル上映)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『コンテイジョン(デジタル上映)』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。キャパ112名に20名弱とは意外に?多いかも。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点にします...
コンテイジョン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:CONTAGION(接触感染)。スティーヴン・ソダーバーグ監督、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス ...
映画評「コンテイジョン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督スティーヴン・ソダーバーグ ネタバレあり
【コンテイジョン】生き残るためにはレンギョウ (映画@見取り八段)
コンテイジョン~ CONTAGION ~ 監督: スティーヴン・ソダーバーグ    出演: マット・デイモン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニファ...
コンテイジョン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港出張の帰り、 夫のミッチ(マット・デイモン)が待つミネソタの自宅に向か わず、シカゴで元恋人と密会する。だが、ベスは咳と熱を発症 しており、同じような症状の人間が香港、ロンドン、東京など 各地で次....
『コンテイジョン』『タイム』を新橋文化で観て、ええ組み合わせやねふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『コンテイジョン』 五つ星評価で【★★★★しまった。面白い】 スティーブン・ソダーバーグとは相性が悪いんだけど、 何でだか、今回だけはムチャクチャ面白かった。 グ ...