ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね?

2009-03-01 16:00:00 | 映画・DVD
今日から3月ですねぇ。
1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略

夜勤明けの土日な現在なのですが、
以前夜勤をやっていた頃に比べると体調が戻りにくくなっているようです
昨日も今日も寝てばっかりで(今日も昼過ぎまで寝ちゃいました)…最低限の用事しか済ませられそうにありません

今日は随分と天気がいいけど、無理に出かけず家でブログの下書きでもしようかと考えております
…あ~、レンタルビデオ返却とちょっとした買い物には行かないといけないなぁ



さて、映画鑑賞記録です。



「イースタン・プロミス」
(監督:デヴィッド・クローネンバーグ、出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、2007年イギリス/カナダ/アメリカ)

TSUTAYAさんで「奇跡のシンフォニー」「西の魔女が死んだ」と一緒にレンタル。
2009年2月7日(土曜日)の夜に鑑賞致しました。
映画鑑賞記録ですが、仕事が忙しくなったことも手伝って以前に輪をかけて停滞気味です。この映画の後に5、6本溜まっていて、内容を忘れそうで怖いです
もっとサクっと早めに書くようにしないとイカンですかねぇ
…私の記事って内容が無い割にはダラダラですからねぇ



ストーリー
ロンドンの病院で働くアンナ(ナオミ・ワッツ)のもとに妊娠したロシア人少女が運び込まれる。出産の直後少女は息を引き取り、生まれた赤ん坊とロシア語で記された日記が残される。翻訳した日記の内容をもとに手がかりのロシア料理レストランを訪れたアンナは、そこでオーナーの運転手をしているニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)という男と出会う。
詳しくは…http://www.easternpromise.jp/





ピロEK的感想&点数
えーっと…
「クローネンバーグ作品を他にも観てみたい」
「みなさんオススメの作品を教えてください」
などと「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の記事を書いた時に言い放っていた私
で、優しい皆さんが本気で反応してくれ、いくつかのオススメ作品まで教えてもらっておきながら、結局次回作であるコレまで何も手を付けなかったイイカゲン人間な私
その節、お世話になった方々、こんな私でゴメンナサイ

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」以来となるクローネンバーグ作品鑑賞となったのですが…
こいつも面白かったですわ

ヴィゴの迫真の演技
ロシアン・マフィアの真に迫る描写(もちろん本物がどんなだかは知りませんけど
淡々とみせて行く犯罪描写の怖さ
評判だった素っ裸バトルも痛いわ、凄いわな名シーン
そんなこんなを総合して名作の貫録がある作品なんじゃないですかねぇコレ
お話自体は割と単純で、ストーリーのキモであるヴィゴ演じるニコライの正体にも割と早めに気がついちゃうんだけど、全体の見せ方が上手いから退屈させられず、惹きこまれながらの鑑賞となりました

デヴィッド・クローネンバーグとヴィゴ・モーテンセンのコンビってのは良い感じです。黒澤&三船的な貫録も出てきつつあるんじゃないですか(なんて言いながら黒澤作品はあんまり観たこと無い私だけどね


で、そんな風に面白いんですけど、

割と嫌なものばかりをずっとみせられる作品でもありまして、
エグい殺人シーンの数々…殺人以外でも最初に少女が助けを求めるシーンも含めて血はかなりの量見せられますねぇ…とか、死体処理だの、人身売買だの、売春強要だの、そしてフリチンとかね。
(この映画の内容を書いてたらトラックバック投げる際のフィルターに何らかの形で抵触しそうですねぇ

フリチンはモロに映ってるように思えましたが、こういうのっていつ頃から本邦でも解禁になったんですかねぇ
ボカシなんかをかけちゃうと滑稽&かえってのイヤらしさ増なので、モロ描写は個人的にはアリだとは思いますが

で、テーマは恐ろしい犯罪なのですが…
加害者も被害者も巻き込まれた人たちも、なんだか淡々としていて簡単には狼狽えない人ばかりっていう印象も…唯一感情を強めに表すキャラはいつもはフランス人の(ロシア人には見えない)バカ息子さんぐらいでしたからねぇ…一般人であるはずのアンナも含めて堂々とし過ぎている感じかな。
…こういう薄い感情描写が良いのか悪いのかは???ですが、
感情描写が最小限なお陰でか、観ている側にとってはニコライが心の裏側で考えている事が伝わってきやすかったり、妙に心理描写が多かったりしないからストーリーに専念出来たり…と、多分プラスに働かせるためのあえての演出なのかな
…ただマフィアの中だけだとこの淡々感も違和感が無いんだけど、一般人が心強過ぎるだろうという感はチョイあるかも(勝手に演出だと思っておりますが、ナオミ・ワッツに感情が無いだけなのかもしれないですねぇ


で、点数ですが5点(5点満点中)。
上記までで色々書いてるけど基本的には貶していないでしょ(プラスかマイナスか分からないけど気がついたポイントを羅列しただけですね)。
個人的には「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の方がチョイ上の評価だったりもするのですが、5段階配点だとこちらも満点

どうにも文章力がいつも以上にスランプで何も書けていない記事ではありますが、兎も角面白かったです
R指定に抵触しない方にはオススメ作品であります



補足・蛇足
今日は蛇足でも補足でも無いです
(蛇足は「フリチン」と「フルチン」の違いの話…この話題は広がりそうにないのでサブタイトルだけに留めました…以外には思い浮かばなかったので…)

で、普通の感想の続き…上記までに上手く織り込めなかったのでここで

この映画で分かりづらかった部分が一つ。

あの殺人床屋さんのポジションです。

サウナで殺し屋を誘導するのも彼ですよね

…何故最初に殺されるロシア人を甥に殺させたのか
…甥は誰から復讐されたのか(何故その矛先は床屋さん自体に向かないのか
…で、ニコライ暗殺未遂のバックグラウンドの詳細は
彼(床屋)の周囲が一番謎だと思うんだけどねぇ…一回の鑑賞では読み解けませんでしたわ
(結構重要な部分な気がしてるんだけどねぇ

何方か解説をお願いいたします


で、床屋で喉を掻き切られて殺されちゃうって…公開時期が近い、同じ80回アカデミー賞(主演男優賞)で競った別作品への当て擦りか何かだったりします
(最後にチョビットだけ蛇足っぽくなって良かったです



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全然更新できないですねぇ | トップ | 【映画】奇跡のシンフォニー…あ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~。 (kira)
2009-03-01 23:14:07
なぜ甥に殺させたのか<油断があるとみたから(笑)
甥は誰から復讐されたのか<ロシア人の従弟だか兄弟。
ニコライ暗殺未遂のバックグラウンドの詳細<パパが息子の身代わりにハメた・・んじゃなかったっけ?

一生懸命思い出そうとしましたが、
だいぶ忘れちゃってます
うーん・・・ (sakurai)
2009-03-02 08:32:34
頑張って思い出そうとしてますが、やはり↑と同じく、ほとんど中身忘れてます。
話の中身のインパクトは薄かったようです。
彼の作品にしちゃ、やっぱひねりがすくなかった?
普通のマフィアの物語の域を抜き出てなかった・・・のかもと思いかえしてます。
でも、もっかい見ようとは思わないしなあ。
目のやり場に困りますし
こんにちは♪ (ミチ)
2009-03-02 21:50:14
この作品ってどうしても素っ裸バトルに話題がいってしまいますよね~。
あれってモロに見えてましたか?
そうか~。
もっと目を凝らすべきだったか・・・。
ボカシが入るよりも絶対にイイですよね。
ボカシは変にいやらしく感じますから。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(kiraさん、sakuraiさん、ミチさんへ))
2009-03-21 22:59:15
★kiraさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>一生懸命思い出そうとしましたが、
>だいぶ忘れちゃってます

色々解説いただきまして、ありがとうございます。
お手数おかけいたしました。
何にしても、細かい事は重要なのに…多少説明不足…そんな感じの映画だと思いました。まぁこのくらいの塩梅が映画の雰囲気作りに一役買っている点もあるんですかねぇ(?)

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>頑張って思い出そうとしてますが、やはり↑と同じく、ほとんど中身忘れてます。

何か皆さんにお手数をお掛けしてしまってスイマセン。

>普通のマフィアの物語の域を抜き出てなかった・・・のかもと思いかえしてます。

主人公は普通に正義側のひとだったですしねぇ。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の方が何かと複雑なお話ではありましたね。

>目のやり場に困りますし

微妙なボカシが入っていたのか、どうなのかはハッキリ分かりませんでしたが、
ぷらんぷらんとはしておりましたからねぇ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>もっと目を凝らすべきだったか・・・。

多分ボカシは入っていないと思うんですけどねぇ…うっすらとボカシって可能性もありますが、ぷらんぷらんとはしておりました。
DVDだったら見えないけど、ブルーレイだったらクッキリハイビジョンってな可能性もありますねぇ。チェックする気は全く無いですけど

>ボカシは変にいやらしく感じますから。

普通の映画でボカシ入ると「そんなつもりじゃないんだけどなぁ」と余計な再認識させられてしまい、なんか変ですよね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2010-07-02 19:31:26
クローネンバーグ独特のバイオレンス感覚が非常にマッチした素晴らしい作品ではあるのですが
作品としては「ヒストリー~」の方が面白かったですね~
まぁもっと言うならやっぱりクローネンバーグは
SFバイオレンスホラー系の方が面白いので
またそういう作品を撮って欲しいです。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(ONE OF THE BROKENさんへ))
2010-07-10 15:34:04
★ONE OF THE BROKENさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>作品としては「ヒストリー~」の方が面白かったですね~

「ヒストリー~」は原作がグラフィックノベル(漫画?)というやつみたいなので、あちらのほうが漫画っぽい分、娯楽度が高いような気もしますね。こちらは、より真面目な感じかな。
私としても当時の記事を読むと「ヒストリー~」の方が評価高いようです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イースタン・プロミス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観...
イースタン・プロミス (to Heart)
ここでしか、生きられない。 製作国 イギリス/カナダ/アメリカ 上映時間 100分 脚本 スティーヴ・ナイト 監督 デヴィッド・クローネンバーグ 出演 ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール/イエジー・スコリモフ...
イースタン・プロミス (映画鑑賞★日記・・・)
【EASTERN PROMISES】R-182008/06/14公開製作国:イギリス/カナダ/アメリカ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザッ...
イースタン・プロミス (2ちゃんねる映画ブログ)
【クローネンバーグ】イースタン・プロミス【ヴィゴ・モーテンセン】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1211553583/ 11 :名無シネマ@上映中 :2008/05/24(土) 06:38:51 ID:mzToqVR6 イースタン・プロミス Eastern Promises 上映時間:100分 ...
イースタン・プロミス (ダイターンクラッシュ!!)
6月27日(金) 20:10~ 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:売り切れ ※パンフレットからプログラムと表記を改める 『イースタン・プロミス』公式サイト 近年、作風(芸風?)が変わったデヴィッド・クローネンバーグ先生の新作。前...
デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た! (とんとん・にっき)
「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、
イースタン・プロミス (迷宮映画館)
みんな、みんな怪しすぎる・・・。
『イースタン・プロミス』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニ...
「イースタン・プロミス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、10代の幼い妊婦が 運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で 書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を...
イースタン・プロミス (シャーロットの涙)
「イースタン・プロミス」…東欧組織による人身売買契約
イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・? (銅版画制作の日々)
  裏表の世界を生きる男女  出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる   7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり  マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところ...
イースタン・プロミス / Eastern Promises (我想一個人映画美的女人blog)
第32回トロント国際映画祭(9/15閉幕)で上映された全349作品の中から 観客の投票で最も支持を受けた、 最高賞となる観客賞(The People's Choice Award)ピープルズチョイスを受賞した作品。{/hakushu/} それは、、、、 デビッド・クローネンバーグ監督の最新作{/at...
イースタン・プロミス (小部屋日記)
Eastern Promises(2007/イギリス=カナダ=アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であってもー ...
イースタン・プロミス(映画館) (ひるめし。)
ここでしか、生きられない。
『イースタン・プロミス』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
『イースタン・プロミス』2008年(英)監督デヴィッド・クローネンバーグ オープニングから恐ろしく衝撃的なのである。陰気な理髪店。澱んだ雰囲気の中、十六歳の少年が男を見つめる。すると、彼はその男の喉をまるでパンを切るかのように酷く雑に力任せで切り裂き、...
【イースタン・プロミス】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 「助産婦のアンナは救急車で運ばれた身元不明のロシア人の少女の手術に立ち会った。少女は死亡、生まれたばかりの娘とロシア語の日記が遺された。 何とか
イースタン・プロミス (夫婦でシネマ)
クローネンバーグとヴィゴ・モーテンセンのタッグが、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の二匹目のどじょうを狙って成功しました!
『イースタン・プロミス』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:イギリス・カナダ  上映メディア:劇場公開  上映時間:100分  原題:EASTERN PROMISES  配給:日活  監督:デヴィッド・クローネンバーグ  主演:ヴィゴ・モーテンセン       ナオミ・ワッツ     ...
映画 【イースタン・プロミス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「イースタン・プロミス」 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組んだ犯罪バイオレンス。 おはなし:看護士アンナ(ナオミ・ワッツ)の勤める病院にロシア人の少女が運び込まれ緊急...
イースタン・プロミス (描きたいアレコレ・やや甘口)
このヴィゴを観れて私は幸運かも知れない、と思う。 決定的なネタバレはないが、未見の方は読まないほうが、よいかも。 『イースタン・プ...
イースタン・プロミス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
果たすべき約束がある、たとえ、あなたが何者であっても__。 一冊の日記が指し示す犯罪の行方。ロンドンの闇に呑みこまれた男女の運命が絡み合うとき、“秘密”が浮き彫りになっていく・・・。 物語:ロンドンの病院で助産婦として働くアンナ(ナオミ・ワッツ)は...
イースタン・プロミス/ヴィゴ・モーテンセン (カノンな日々)
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』という映画は興味があったけど、公開時は見逃しちゃって暫く経ってからWOWOWでの放送で観ました。バイオレンス物という事で内心ヒヤヒヤしてたけどノワールな物語でなかなか見応えのある作品でした。(感想日記には書いてません)。で、...
『イースタン・プロミス』 (ラムの大通り)
(原題:Eastern Promises) ----この映画、ヴィゴ・モーテンセンが アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたんだよね。 「うん。だけど、 もっと多くの賞にノミネートされてもよかったんじゃないかな。 デヴィッド・クローネンバーグの、 これはいい意味での成熟を感...
当たんねぇかなジャガー・ルクルト (宇宙のめいぐると)
「イースタン・プロミス」
「イースタン・プロミス」 (或る日の出来事)
ナオミ・ワッツさんが出ているので、それだけで、観るのは決定していた映画。 でも、某「この映画がすごい!」誌で、ヴィゴ・モーテンセンの...
イースタン・プロミス (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 病院で助産師として働くアンナの下に、意識を失った一人の少女が運び込まれます。彼女は妊娠をしており、病院で女の子を産み落としますが、彼女自身は息を引き取ります。彼女が持っていたバッグにはロシア語で書かれた日記らしいものが...
★「イースタン・プロミス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、珍しくバイオレンスモノを3本取り揃えてる「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目(2本目は「リボルバー」、見逃したのは「シューテム・アップ」)。
イースタンプロミス (シネマ日記)
デビッドクローネンバーグ監督、ヴィゴモーテンセン、ナオミワッツ。お~魅力的な監督にキャスト、とは思っていたけど、劇場まで見に行くつもりはなかったこの作品。が、「美しすぎる母」を見に行ったときに予告編を見て、これは見に行くべしな作品に格上げされました。ロ...
イースタン・プロミス (心のままに映画の風景)
クリスマスを控えたイギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、ロシア人少女の妊婦が運び込まれてきた。 少女...
イースタン・プロミス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
果たされる事の無い、「東方の約束」 デビッド・クローネンバーグが前作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のヴィゴ・モーテンセンと再び組...
「イースタン・プロミス」 (てんびんthe LIFE)
「イースタン・プロミス」シャンテシネで鑑賞 映画館で作品をみるにあたり、1800円の正規料金を払ってみることは1年のうちでも数回しかありません。 特に韓フェスなど割引がきかない企画ものをぬいたらほとんどないんですが、これはシャンテ上映の前売りがとうと...
Eastern Promises 「イースタン・プロミス」 (表参道 high&low)
変化する身体に興味があったDavid Cronenberg(デビッド・クローネンバーグ)が大きな組織にフォーカスを移し制作した2作目がEastern Promises(イースタン・プロミス)。 ロンドンのロシアン・マフィアと偶然接点を持つ看護婦のストーリーは全体的に暗くてゆったりとし...
『イースタン・プロミス』@シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが書かれており、少女がロシア人であることが分かる。手術に立ち会ったアンナは、少女の身元を確認する...
「イースタン・プロミス」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:EASTERN PROMISES)デイヴィッド・クローネンバーグ監督作品にしては“鬼畜度”が不足しているように思えるが(爆)、これはこれで良くまとまった暗黒街映画の佳作である。英国におけるトルコ移民の問題を描いた「堕天使のパスポート」の脚本担当スティーヴ・...
イースタン・プロミス (あーうぃ だにぇっと)
監督: デヴィッド・クローネンバーグ キャスト ニコライ☆ヴィゴ・モーテンセン アンナ☆ナオミ・ワッツ キリル☆ヴァンサン・カッセル セミオン☆アーミン・ミューラー=スタール 他 【ストーリー】 ロンドンの病院で産婦人科医をしているアンナ(ナオミ...
イースタン・プロミス (だらだら無気力ブログ)
ロンドンに巣くうロシアンマフィアの暗躍を描いたバイオレンス映画。 ロンドンの病院で働くアンナの元にロシア人少女が運び込まれる。 しかし少女は子供を出産した後、亡くなってしまう。少女の遺品の 日記帳からアンナの少女の身元を探そうとして、日記帳に挟まれて いた...
185「イースタン・プロミス」(イギリス・カナダ) (CINECHANの映画感想)
心臓の上に星を二つ見た  クリスマスを控えたイギリス・ロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれる。少女は女の子を産んだ直後に息をひき取る。少女のバッグにあった日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ん坊のために少女の身元を調...
密やかな闇~『イースタン・プロミス』 (真紅のthinkingdays)
 EASTERN PROMISES  クリスマス間近のロンドン。出産直後に死んだ少女を看取った助産師のアンナ (ナオミ・ワッツ)は、ロシア語で書かれ...
イースタン・プロミス (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞イースタン・プロミス/EASTERN PROMISES 2007年/イギリス、カナダ、アメリカ/100分 監督: デヴィッド・クローネ...
イースタン・プロミス (rambling rose)
クローネンバーグ×ヴィゴ・コンビの第二作。ロンドンの裏社会の話だけど・・残酷だけど・・
イースタン・プロミス (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
デヴィッド・クローネンバーグ監督のロシアン・マフィアを描いた映画です。主演のヴィゴ・モーテンセンがアカデミー主演男優賞にノミネートされています。 ロンドンのある病院に身元不明の妊娠した少女が運び込まれ、女の赤ん坊を出産して死亡する。助産婦のアンナは少女...
『イースタン・プロミス』:シャンテ シネ (Rabiovsky計画)
『イースタン・プロミス』公式サイト 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン 、ナオミ・ワッツ 、ヴァンサン・カッセル    アーミン・ミューラー=スタール 、シニード・キューザック 2007年/イギリス・カナダ・アメリカ/100...
映画 『イースタン・プロミス』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンス。出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なマフィア...
イースタン・プロミス (とりあえず、コメントです)
デヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作です。 ヴィゴ・モーテンセンが出演しているというくらいしか知らなかったので、 ハードな暴力描写にビックリでした(^_^.) ロンドンのドラッグストアにひとりの少女が助けを求めてきた。 彼女はそのまま血を流して気絶してしま...
イースタン・プロミス (5125年映画の旅)
助産師・アンナが勤める病院に妊娠した14歳の少女が運び込まれる。少女はそのまま息を引き取るが、赤ん坊は一命を取り留めた。少女の残した日記からアンナはあるレストランに辿り着くがそこはロシアン・マフィアの拠点だった。そこでアンナは、マフィアの運転手・ニ...
『イースタン・プロミス』マジメドラマbyクローネンバーグ (@KOBAのムービー!ムービー!)
『イースタン・プロミス』 EASTERN PROMISES(2007年カナダ、イギリス、アメリカ)  監督 デビッド・クローネンバーグ  脚本 スティーヴン・ナイト  出演 ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スティール、シ...
イースタン・プロミス■暴力の中の異形の愛 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画に登場する街、つまり舞台のロンドンであるが、常に曇天のどんよりとした空模様。そして冷たさを感じる。この空気感がこの作品のムードを支配している。そういえば、「告発のとき」もまた、曇り空と寒色系の街中の色が、戦争による哀しみと残酷さに彩られた社会と...
99●イースタン・プロミス (レザボアCATs)
グッと来る重さに満足。ヴィゴ・モーテンセンの演技の渋さに心魅かれまくり。“クライム・ムービー”と覚悟して見たら、意外や今までのこのジャンルの映画に、決して引けを取らない佳作だったのでした。アッパレ。
イースタン・プロミス (こんな映画見ました~)
『イースタン・プロミス 』 ---EASTERN PROMISES--- 2007年(イギリス/カナダ/アメリカ) 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ 、ヴァンサン・カッセル、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック ロン...
映画 「イースタン・プロミス」 (英国日記)
ロンドンのロシアンマフィアの世界が 生々しく描かれています。 全体的に暗めのトーンで描かれている中、 時折鮮やかな色が効果的に使われていて はっとさせられます。 血はもちろん、ベビーベッドに置かれた花束、 そしてセミオンが飾り付けているケーキは 特に印...
イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...
イースタンプロミス (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「痛いッ!!!」「痛かったわねえ~~」「みなさんこんにちは」