ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね?

2009-08-22 23:55:59 | 映画・DVD
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです

17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業
…(チョイ愚痴ですが)私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ…人の後始末みたいな残業でしたわ

18日(火曜日)は、仕事自体はそこまで逼迫しなかったんですけど、ソコソコに忙しく残業も少し。
で、この時点で延滞してたレンタルDVDを返却に行ったりして、翌日は早朝に起きないといけなかったので少しでも早寝もしないと…と、自分の時間は皆無

19日(水曜日)は、早朝(AM5:00起床)から就職試験を受ける先の職場見学で神奈川まで行くという息子を駅まで送ってから、自分の会社に出社。仕事量もソコソコ沢山。
ついでに毎週楽しみな「あらびき団」の録画も忘れていました(※8/31追記:後で気がついたのですが、この週「あらびき団」の放送は無かったみたいです)

20日(木曜日)は…今度は深夜に息子を迎えに行かないといけなくて

翌日21日(金曜日)は寝不足気味
仕事も沢山ありましたよ

で、本日22日(土曜日)も出勤でした。お仕事はヤッパリ沢山

来週から変則的なシフトで働かないとイカンかったり、通常の業務以外での仕事も持ってたりと…休み明けも少し憂鬱ですわ



そんな珍しく(?)書いてみた愚痴はさておき
本日は溜まった映画鑑賞記録消化です。



「ブーリン家の姉妹」
(監督:ジャスティン・チャドウィック、出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、2008年アメリカ/イギリス)

TSUTAYAさんで「ICHI」「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE~総統は二度死ぬ~」「ミーアキャット」と一緒にレンタル。
2009年7月26日(金曜日)集中豪雨の夜に鑑賞。



ストーリー
フィリッパ・グレゴリーの小説の映画化。
16世紀のイングランド。国王ヘンリー8世は世継ぎとなる男児に恵まれていなかった。そんな頃野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人候補に仕立てる。しかし王はアンの妹メアリー(スカーレット・ヨハンソン)を見染め後宮に招く。やがてメアリーは王の子を身籠るのだが、姉のアンは王妃の座を狙って策略を巡らせていた。
詳しくは…http://blog.cinemacafe.net/boleyn/(公式ブログしか見つかりませんでした)





ピロEK的感想&点数
比較的間口の広い単純な娯楽作品ならまだしも、こういう文学作品だか歴史作品だかみたいな少し重めの作品の場合、鑑賞から一ヶ月経過しての記事アップってのは多少キツイものがありますね

そこは何とか頑張って思い出しつつ記事にしてみようかと思います


この時代のイングランドって…王様ともなれば下半身で物事を判断してもよろしいみたいです
…現代人のセンスで見れば、ブーリン家や母方のナンヤラ家の策略はさておき一番の混乱要因は王様の暴虐無人な下半身だと思うんだけどねぇ
あてがわれてもいない人の嫁を求めたかと思えば
次に気になったお姉さんの方の言いなりになって王妃様を出家させ
で、そのお姉さんも最後は斬首刑に…ってねぇ
再婚がらみで国教までも変えたんだよね

こいつは私の勝手な思いなんですけど…
中世でこのように…性欲に根ざした権力の乱用が大っぴらになされるのはイングランドぐらいに思えるのですが、お国柄なんですかねぇ(あくまでも私が観た他のコスプレ映画等の範疇です)。たしか「ブレイブ・ハート」でも初夜権なんてものが出てきますしねぇ。世界中に同じような性モラルがあったとしても映画の中ではイングランドだけが特に目立つような印象です…(逆にフランスとかイタリアあたりが舞台の話になると男色とかが目立つ気が…そう考えるとイングランドは比較的普通なのかな


映画としてのつくりですが、
長い期間の話を2時間前後の尺にまとめているせいか、なんだか話が飛ぶような印象も少し。
そのくせ出演者が老けメイクをしてくれるわけでもないので、時間経過がピンと来ません元々中世ヨーロッパが舞台のコスプレ劇は嫌いじゃない私なので、脳内で補完できないレヴェルではないんですけどね。

最後は家の野望に付き合わされた挙句、公平とは言い難い裁判を受けて死刑になっちゃうアン・ブーリン。
彼女の描写というかキャラクター設定というか、はたまたナタリー・ポートマンの演技力ゆえなのか、アン・ブーリンが悪なのかそれとも普通の人なのか…ってな描写がイマイチハッキリしないようにも感じて、なんだかモヤモヤってな印象も(どううけとったら良いのかモヤモヤ)。
まぁ…近親相姦はしていなくても他人の人生は随分と狂わせた人物なので、時代に翻弄された不幸な人というよりも、人を呪わば穴二つとも言いますし、ああなっちゃうことが順当な人物で…ああいう生き方は良い評価できませんよ…という教訓と受け取るべきなんでしょうね。ラストには他の策略か連中も罰受けたように言ってたしね。

…ただ、教訓だとすれば下半身王はどうなんだよ…ってところに話は戻っちゃうんですけど



あとは主役の姉妹が双方とも私の好みの女優さんで無かったのでその点でのテンションアップならず
まだ観ていない映画ですが「ある公爵夫人の生涯」の予告のキーラ・ナイトレイなんか凄くきれいでキーラ・ナイトレイって最初はナタリー・ポートマンの影武者役だったのに、今ではスッカリ元影武者の方が高ランク女優な気がします
そんなナタリーはさておき、スカーレット・ヨハンソンってのも実はあんまり好みじゃなくて…彼女の美人度って正直微妙じゃないですかい


ということで乱文乱筆甚だしい記事になっちゃいましたが、上手く再構築する時間も無いのでこんな感じです


ここまで書いていないことも含めてまとめる(?)と…
コスプレ劇としては衣装や舞台で楽しめず
歴史物というよりも、愛憎劇、昼のメロドラマ的な展開は…個人的に好みとは言えない
割と好きな俳優エリック・バナも、今回はあまり魅力的な役柄でもなく。
女優さんらもあんまり好みじゃない…マイナスポイントは主にそんなところ。
…要は全体的に私の好みとはチョイずれてる感があったという事かな。

逆に良かったところは、先に書いたように話が飛ぶような気がしたり、時間経過がピンとこない部分があるとはいえ(あるにもかかわらず)ストーリーは破綻無く、わかりやすかった事…ですかね。
歴史も原作も知らないから正確なところはなんとも言えませんが、歴史の事件を正確に追いかけてしまってストーリー展開を停滞させたり混乱させるようなことは省いてあるような感じ…なんじゃないですかね。多分。



点数は4点(5点満点中)というところでしょうか。
ここまで何故かほとんど褒めてはいませんがキチンと作られてる良作かとてなわけで総合的にはそんなに小難しい事もなく、普通に楽しみやすい一本だとは思います



補足・蛇足
ブーリンって…
なんかこの姉妹、スーパーヒロイン的なブタに変身しちゃいそうな名前ですナァ。
そっちのコミカルな少女漫画の方が、ブーリン家から取ったんでしょうけどね



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週は…ナンだか忙しいです | トップ | 【映画】秘密結社 鷹の爪 TH... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2009-08-29 21:03:44
一ヶ月前にご覧になった割にはかなり詳細にいろいろ覚えておられますよね~。
記憶力抜群ー!
私は翌日になるともうダメです。

下半身王には呆れますが、なんせ「王」ですから何でもアリ。
世継ぎを残すためにはなんだって許せるんでしょうね。

>キーラ・ナイトレイって最初はナタリー・ポートマンの影武者
懐かしいですね~。
そういえばそうだった!
ナタリーはちょっと背が低いので、キーラの方がコスプレが映えます。

>スカーレット・ヨハンソン
金髪で得してますよね。
彼女もグラマーなんだけど体のバランスが悪いというか、スタイルがいいってかんじじゃないの。
お顔は、口元に品のない感じが好き嫌いを分けるかも~。
下半身王!! (sakurai)
2009-08-31 08:43:43
中世ヨーロッパのイギリス国教会の設立過程というのは、その辺りの中では一番劇的、面白く、私も授業やってて、力の入るとこなんですが、なんか覇気のない、下半身王・・・にされてましたね。
ま、いまどきの女性目線の話の作りだなあ・・とも感じましたが。

初夜権というのは、中世の封建領主が持っていた権利の一つで、イングランドだけの固有のもんでもないです。
ひどかったのは、ドイツの領主あたりだったようですよ。
ちょっと衝撃的な権利ですから、クローズアップさせたくなりますが、他にもとんでもない権利を持っておりおりました。まあ、農奴といわれる所以ですな。

息子さん、遠くに行っちゃうんですか。
まだ決定ではないか。でも、さびしいですね。うちのも、遠い名古屋で、滅多に帰ってこないです。
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-09-04 20:46:55
「とんでブーリン」に反応しておられる記事にやっと出会えました。

「ブーリン」と聞いて「とんでブーリン」を思い浮かべる人はいないかと思っていましたが、「とんでブーリン」もそこまでマイナーではなかったんですね。

ちょっと嬉しくなってコメントを残させていただきました。
TBありがとうございました (KGR)
2009-09-06 09:36:21
エリザベス1世の母として名を遺すアン・ブーリンに比べ、
メアリーは姉とも妹とも言われ、誕生年すら定かでない。
そんな姉妹にもドラマがあったと言うところでしょうか。

時間軸や細かい部分ではかなり脚色があるようで、
エリザベス1世の面倒を見たのはメアリーではないようです。
アンの処刑時はエリザベスは赤ちゃんじゃなかったし。

「とんでぶーりん」は全く知りませんでした。
「なーんとなくブーリン」と言う漫画もあるんですね。
(Wikiで知りました)
とんでブーリン・・(笑) (tsurubara)
2009-09-23 18:01:37
こんにちは。
いつもTBをありがとうございます。

「とんでブーリン」!
そんなマンガありましたよね!(笑)
乙女チックな顔立ちのピンクの豚だったような・・?(記憶さだかでないですが)
でも、それでブーリンって聞いて、なんか懐かしい様な気分になった訳だぁ~(爆)

王室の特権とか、イマでは信じられない様なのってありますよね。
私はちょっと興味わいて、この後にビデオで「1000日のアン」見たんですけど、
描き方が、より個人に向けられていたので、
「ブーリン・・」よりも、王やアンの感情が理解出来て良かったですよ。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさん、sakuraiさん、にゃむばななさん、KGRさん、tsurubaraさんへ))
2009-10-25 09:35:42
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>記憶力抜群ー!
>私は翌日になるともうダメです。

記憶力はさておき、本来はミチさんのように即日レヴューってのが正解なのでしょうねぇ。そこで思った感動なんてものも時間が過ぎれば変わっちゃうだろうし、このブログも本来は「今日はこんな映画を見たよ」ってな覚書きが趣旨だったわけだし。
一ヶ月後に…ってのは何とか改めないとだめですねぇ。
…そんな事言いながら、このコメントの返事もどれだけ放置だよという感じでスイマセン。

>下半身王には呆れますが、なんせ「王」ですから何でもアリ。

“王”と“玉”って漢字は似てますからねぇ(って下ネタ!?)

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>中世ヨーロッパのイギリス国教会の設立過程というのは、その辺りの中では一番劇的、面白く、私も授業やってて、力の入るとこなんですが

そうなんですね。
sakuraiさんのお勉強コーナー楽しく拝見させていただいております(そこのカテゴリーだけ個別におきにいりに入れさせていただいております)。私は今後もあのコーナーの更新希望をする一人でありますよ。

>初夜権というのは、中世の封建領主が持っていた権利の一つで、イングランドだけの固有のもんでもないです。

ためになるコメントありがとうございます。
サルの群れのボスと感覚的に変わらないですなぁ初夜権なんて…。
なんて否定しながら、私が最高権力者であれば行使しないかどうかは保証できませんけどね(領民の美人度合いによるかなぁ)

>息子さん、遠くに行っちゃうんですか。

sakuraiさんからは息子に対してお祝いのコメントなどいつも頂き、嬉しく思っております。
息子は結局遠くに行っちゃいますが、今の世の中で長男が親と一緒に暮らしてゆくゆくは面倒みるなんていっても厳しい時代。
受け継いでやるべき家督なり財産なりなんて無い私が一方的な要求をする事も出来ず、ここは祝福のもとに送り出してやるのが筋なんでしょうねぇ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★にゃむばななさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>「とんでブーリン」に反応しておられる記事にやっと出会えました。

私もくだらない蛇足に反応してくれる方がいらして嬉しいです。
今後もこのようなツマラナイ事をたくさん書いていきますので、気になったらコメントくださいね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>時間軸や細かい部分ではかなり脚色があるようで、

私もウィキや上記コメントを頂いているsakuraiさんのブログなんかで読んだのですが、そうみたいですね。
これはこれで単なる創作小説の映画化だと考えた方がいいのかなぁ(?)

>「なーんとなくブーリン」

「なーんとなくブーリン」を原案にした…ということに後でした…アニメ化作品が「とんでぶーりん」って事みたいですね(このあたり何かややこしい事情があるようですなぁ)。ウィキによると。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★tsurubaraさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>乙女チックな顔立ちのピンクの豚だったような・・?(記憶さだかでないですが)
>でも、それでブーリンって聞いて、なんか懐かしい様な気分になった訳だぁ~(爆)

皆さんが割と「とんでぶーりん」に反応してくれたので嬉しいですなぁ。
そんな私ですが当の「とんでぶーりん」の事はあんまり憶えていなかったりして。
既に大人だったので、あんまり真剣には観ても居なかったですしね

>1000日のアン

ちょっと興味が湧きました。
機会があったら観たいと思います。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

89 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
ブーリン家の姉妹 (to Heart)
愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。 原題 THE OTHER BOLEYN GIRL 製作年度 2008年 上映時間 115分 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハン...
映画 【ブーリン家の姉妹】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブーリン家の姉妹」 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。 おはなし:16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポー...
ブーリン家の姉妹 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ライ...
ブーリン家の姉妹 (だらだら無気力ブログ)
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが...
『ブーリン家の姉妹』 (Sweet*Days**)
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン...
ブーリン家の姉妹 (迷宮映画館)
かなり薄味に仕上がったかな。
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
ブーリン家の姉妹 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト原題:The Other Boleyn Girl. フィリッパ・グレゴリー原作、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・トレント、マーク・ライランス。原題の「別の娘」は...
「ブーリン家の姉妹」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ブーリン家の姉妹」公式サイトイングランド王ヘンリー8世とアン・ブーリンの結婚秘話&エリザベス1世誕生秘話。ナタリーとスカーレットの競演てだけで楽しみにしてましたー。正反対の姉妹役が二人ともほんとハマリ役。野心家のアン。王をじら...
『ブーリン家の姉妹』@シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
16世紀、イングランド。20年にわたる夫婦生活で王女メアリーしかもうける事が出来なかったヘンリー8世はの目下の関心事は、立派な男子の世継ぎをあげる事。一族の富と権力を高めるため、新興貴族のトーマス・ブーリンは自慢の娘アンを差し出す。しかし、王が目をとめたの...
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
ブーリン家の姉妹 (悠雅的生活)
 愛された女と、勝ち取った女。
ブーリン家の姉妹 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
「エリザベス」(1998)や、「エリザベス:ゴールデンエイジ」(2007)を両方見たわてにとって、この「ブーリン家の姉妹」という映画は非常に興味があるものだ。なんといっても、スペインの無敵艦隊を破った大英帝国の基礎を作った、エリザベス1世の父ヘンリー8世や生母ア...
ブーリン家の姉妹 (猫の毛玉 映画館)
『ブーリン家の姉妹』 The Other Boleyn Girl 2008年・イギリス/アメリカ イングランドの女王エリザベス一世を産んだ王妃アン・ブーリンとその妹メ...
ブーリン家の姉妹 (いやいやえん)
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン共演の愛憎史劇。メアリーとアンの容貌にあわせてなのか役者としての資質のせいなのか、一般にセクシーな役どころの多いスカ嬢を天使のようなメアリーに、知性的で正統派美人のナタリーを気丈でしたたかなアンに振り分け...
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
『ブーリン家の姉妹』 (ラムの大通り)
(原題:The Other Boleyn Girl) ----ブーリン家って、どこの家のこと? 「家?(笑) でもそうだよね。 この名前、ちょっと日本にはなじみないものね。 ところがなんと、 これはかの有名なヘンリー8世の話だった」 ----その人、有名ニャの? 「うん。有名も有名。 なに...
【ブーリン家の姉妹】 (日々のつぶやき)
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 「イギリス16世紀、後継ぎの男児を授からなかったヘンリー8世の夫婦仲は冷えていた。貴族のブーリン家は一族の権力の為に一家で相談のうえ長女のアンを差
「ブーリン家の姉妹」ゆかりの地を訪ねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
せっかくイギリスの各地を観光しているのだから、何か関係のある映画を観たい♪と思っていた矢先、たまたま訪れたスードリー城も、ロンドン塔も、どちらもアン・ブーリンと係わりがあることが判明。 それなら絶対見なくちゃ!
ブーリン家の姉妹 (キューピーヘアーのたらたら日記)
「女たちがどうやってわめかずに男を操るか、観察なさい。  男に主導権があるように思わせる、それが女の奥義よ。」 姉妹の母のセリフですが、この映画のテーマとも言えるんじゃないでしょうか? 「女の奥義」がどこまでも通用するか?ちゅうと、 これがしないんだよ...
ブーリン家の姉妹 (ダイターンクラッシュ!!)
2008年11月3日(月) 10:30~ シャンテシネ1 料金:1450円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:600円(未購入) 『ブーリン家の姉妹』公式サイト 前売り購入時、間違って「ブーリン家の三姉妹ください。」と言ってしまった。「ブーリン...
「ブーリン家の姉妹」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Other Boleyn Girl」2008 UK/USA イングランド王ヘンリーに愛されたブーリン家の二人の姉妹による愛と葛藤の歴史ドラマ。 アン・ブーリンに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」のナタリー・ポートマン。 メアリー・ブーリンに「私がクマにキレた理由(わけ)/200...
『ブーリン家の姉妹』 (めでぃあみっくす)
なんともおぞましい物語。事実は小説より奇なりとはまさにこのこと。しかし映画としては凄く見やすく、嫉妬や裏切り・近親相姦未遂まで描いているのに嫌な感じを全く受けない演出の丁寧さに驚きました。 そしてこの映画を見て確信したことはナタリー・ポートマンの「脱マ...
*ブーリン家の姉妹* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                 2008年  イギリス 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたの...
ブーリン家の姉妹 (ふぴことママのたわ言)
公開されている劇場が少なく、いつものシネコンではやっていないけど観たかった作品。 観て来ましたよ~ 150席の劇場で前3列くらいは空いていたようですが、ほぼ満席。 レディスデーではありませんが、そのほとんどが女性でした。 男性は、3人ほどお見かけしまただけ。{/f...
ブーリン家の姉妹 (2ちゃんねる映画ブログ)
【ナタリーがアン】 ブーリン家の姉妹 【スカーレッがメアリー】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1223551347/ 1 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 20:22:27 ID:4jLWpGji ブーリン家の姉妹 The Other Bo...
★「ブーリン家の姉妹」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
ブーリン家の姉妹 (2008) (肩ログ)
THE OTHER BOLEYN GIRL イギリス/アメリカ 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、 これまた劇場で見逃した作品です。 16世紀、イングランド。国...
ブーリン家の姉妹 (心のままに映画の風景)
16世紀、イングランド。 国王ヘンリー8世(エリック・バナ)は、王妃キャサリンとの間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。 そこに目...
野望に取り憑かれた魔女。『ブーリン家の姉妹』 (水曜日のシネマ日記)
王の愛を巡り、16世紀のイギリスの宮廷を舞台に描かれた作品です。
「ブーリン家の姉妹」 The Other Boleyn Girl (俺の明日はどっちだ)
時は、まさにイギリスが時代の表舞台に登場してくる16世紀(日本では室町時代、安土桃山時代!)。 イングランド王室史上最高のインテリであるとされた(らしい)ヘンリー8世が君臨していたその時代の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史&愛憎ドラマ。 正直言って、さほ...
【映画】ブーリン家の姉妹 (新!やさぐれ日記)
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を...
映画 『ブーリン家の姉妹』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。どちらも国王の寵愛を受けながら、まったく異なる道を歩むことになる美しい姉妹の劇的な人生を鮮やかに映し出す。16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなか...
ブーリン家の姉妹 (Blossom)
ブーリン家の姉妹 THE OTHER BOLEYN GIRL 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン エリッ...
『ブーリン家の姉妹』 2008-No74 (映画館で観ましょ♪)
こんな風にたくさんの映画を観るようになって思うこと。 英語が分かったら....歴史をきちんと学んでいれば.... 社会科が嫌いで英語が苦手...
『ブーリン家の姉妹』(2008)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:THEOTHERBOLEYNGIRL監督:ジャスティン・チャドウィック原作:フィリッパ・グレゴリー出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント公式サイトはこちら。<Story>16世紀...
「ブーリン家の姉妹/THE OTHER BOLEYN GIRL」感想 面白かった (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ナタリー・ポートマンと、スカーレット・ヨハンソンが姉妹役。 ヘンリー8世が、エリック・バナ!これは、見たかったんですよ! 感想は、面...
ブーリン家の姉妹 (小部屋日記)
The Other Boleyn Girl(2008/イギリス)【劇場公開】 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/ジム・スタージェス/マーク・ライランス/クリスティン・スコット・トーマス/デヴィッド・モリッ...
ブーリン家の姉妹 (シネマ大好き)
16世紀のイングランド。政略結婚が当たり前だった時代に生きた二人の姉妹の物語。 ブーリン卿は、娘のうち、妹メアリー(スカーレット・ヨハンセン)を裕福な商人と結婚させる一方、王子が生まれないことに焦る王に姉アン(ナタリー・ポートマン)を近づけて一族の出世...
試写会「ブーリン家の姉妹」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/9/25、神保町、一ツ橋ホールでの開催。 ここは後方の席は、前席の頭がかなり気になるので、 いつものように前から数列目に陣取る。 今回の試写会は、hyoutan2005さんから譲り受けたもの。 ありがとう、hyoutan2005さん。 **   16世紀初頭のイングランド王家に...
ブーリン家の姉妹 (とりあえず、コメントです)
王女エリザベス一世の母・アンとその妹メアリーの愛と数奇な生涯を描いた作品です。 観終わった瞬間「面白い!でも怖~い…」と友達と顔を見合わせてしまいました(^^ゞ イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には王妃の度重なる死産のため、男子がいなかった。 ...
ブーリン家の姉妹 (2009 映画観てきましたっ!)
観てきました。公開初日に。
ブーリン家の姉妹/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
歴史的にも有名なヘンリー8世のお世継ぎを巡る物語。そしてエリザベス1世の誕生のエピソード。今日の英国王室にも影響を与えてると言われてるこの物語をナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナを主演に愛憎劇たっぷりな宮廷ラブサスペンスとし...
「ブーリン家の姉妹」 (或る日の出来事)
私の彼女ナタリー・ポートマンと、ほぼ同世代の人気若手女優スカーレット・ヨハンソンの共演というので、楽しみにしていた作品。
「ブーリン家の姉妹」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
イギリスの国教が何故カトリックじゃないのか?それが分かる映画です。じゃ、あんまりなので、ぷち感想を。一応役柄上はスカーレット・ヨハンソンが妹でナタリー・ポートマンが彼女の姉役なんですけど、表情とかはどうみても、逆の役柄にした方が宜しかったのではと個...
ブーリン家の姉妹 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
大英帝国の礎を築いたエリザベス1世の母、アン・ブーリンと、歴史上は無名だったその妹、メアリーを主人公とするフィリッパ・グレゴリーの同名小説を映画化した作品です。 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリンは、一族の繁栄のため、才気溢れる美しい...
ブーリン家の姉妹 (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日は、語学や芸術にも造詣が深く、体格も立派ならスポーツ万能、歴代英国王きってのすっごいハンサム......というヘンリー8世を描いてみまし...
ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました~【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
ブーリン家の姉妹 (5125年映画の旅)
16世紀のイングランド。国王の世継ぎが生まれない事から、ブーリン家は娘のアンを世継ぎを生むための愛人として国王と引き合わせる。しかし、国王が選んだのはアンの妹メアリーだった。メアリーは無事に妊娠するが、体調の悪化から、部屋に閉じ込められる。国王がメ...
ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL (銅版画制作の日々)
 これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。 豪華キャストです。姉妹を...
ブーリン家の姉妹 (Diarydiary!)
《ブーリン家の姉妹》 2008年 イギリス/アメリカ映画 - 原題 - THE
*『ブーリン家の姉妹』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ共演。
英国版大奥~『ブーリン家の姉妹』 (真紅のthinkingdays)
 THE OTHER BOLEYN GIRL  16世紀、ヘンリー8世が統治するイングランド。ブーリン家の美しい姉妹、野心 家で切れ者の姉アン(ナタリー・ポー...
『ブーリン家の姉妹』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【The Other Boleyn Girl】 2008年/英・米/ブロードメディア・スタジオ/115分 【オフィシャルサイト】 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・ト...
映画「ブーリン家の姉妹」 (<花>の本と映画の感想)
ブーリン家の姉妹   映画館にて鑑賞 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン  エリック・バナ  デヴィッド・モリッシー  クリスティン・スコット・トーマス  ...
ブーリン家の姉妹(映画館) (ひるめし。)
愛は、分けられない。
ブーリン家の姉妹 (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日は、語学や芸術にも造詣が深く、体格も立派ならスポーツ万能、歴代英国王きってのすっごいハンサム......というヘンリー8世を描いてみまし...
「ブーリン家の姉妹」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  見事なキャスティングによる重厚な歴史ドラマでした。史実に基づいた英国王室の愛憎劇。英国国教会は、こうやって生まれたのか…と、“歴史の陰に女あり”とはよく言ったものです。ナタリー・ポートマン演じる悲劇の王妃アン・ブーリンの...
「ブーリン家の姉妹」 (てんびんthe LIFE)
「ブーリン家の姉妹」シャンテシネで鑑賞 日本人が大好きなおどろおどろしい、王様をめぐる女性たちの攻防。 これはみるしかない! しかし~、イギリスの王室にもこんな恐ろしい史実があったんだよねと思うことしきり。 これって、一体何なんだろう。 男の身勝手な...
ブーリン家の姉妹 (ルナのシネマ缶)
このBのイニシャルのネックレスが印象的だったのですが 肖像画にも描かれていたんですね~。 ヘンリー8世とアン・ブーリンの映画と言えば、 「1000日のアン」ってのがありましたが、 今回は、かなりリアルに再現って感じでした。 それに、姉妹の愛憎も見所です。...
ブーリン家の姉妹・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
16世紀のイングランド王宮を舞台に、国王ヘンリー八世と彼の寵愛を受けたブーリン家の二人の姉妹を巡る愛憎劇。 強大な権力を持つ者を巡って...
ブーリン家の姉妹 (2008・イギリス/アメリカ) (白ブタさん)
美しい姉妹の壮絶な闘い{%王冠webry%} ようやく見てきました(^^)
ブーリン家の姉妹 (tomozoのうれし★たのし★大好き)
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。どちらも好きな女優。まずはこのキャスティングに惹かれて見にいった歴史物は、あっという間に終わってしまった。もっと
ブーリン家の姉妹 (レンタルだけど映画好き)
愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。 2008年 イギリス/アメリカ 日本公開日2008/10/25  レンタル開始日2009/04/01 ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション 監...
映画 「ブーリン家の姉妹」 (英国日記)
映画「ブーリン家の姉妹」を一足早く試写会で観てきました。 会場は英国大使館! イギリスに住む前にヴィザ取得のために 一度だけ門をくぐったことがありますが、 その時に行ったのは別棟の事務手続き専門の建物でした。 でも今回はメインの建物です。
『ブーリン家の姉妹』 (・*・ etoile ・*・)
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしよう...
ブーリン家の姉妹 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン__。世界を変えた美しくも哀しい運命の恋の物語。 物語:16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む...
『ブーリン家の姉妹』 (千の天使がバスケットボールする)
今から500年前のイングランド、ヘンリー8世(エリック・バナ)が統治していた時代。 5歳年上の王妃キャサリン・オブ・アラゴンの度重なる流産と死産で、世継ぎの男子に恵まれないことから、ヘンリーはこの結婚が呪われているとまで思いつめるようになっていた。ノー...
ブーリン家の姉妹 (こんな映画見ました~)
『ブーリン家の姉妹』 ---THE OTHER BOLEYN GIRL--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソン 、エリック・バナ、ジム・スタージェス、 マーク・ライランス ヨーロッパの歴史を大き...
ブーリン家の姉妹 (菫色映画)
ブーリン家の姉妹 [DVD]ナタリー・ポートマン, スカーレット・ヨハンソン, エリック・バナ, ジム・スタージェス, ジャスティン・チャドウィックポニーキャニオン 2009-04-01by G-Tools ふたりの姉妹。 時の王に最初に愛されたのはメアリー。けれど王妃になったのは姉...
「ブーリン家の姉妹」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
運命を変えたのは、やはり男たちの私利私欲。ぼくは本当に歴史に疎い。そのお陰でこういう作品を観た時の驚きが大きいという、これはいいことなのか?政略結婚という言葉を聞くと、いま絶賛放映中のNHK「篤姫」が思い浮かぶ。ブーリン卿も島津斉彬も、自分の手持ちの駒か....
148●ブーリン家の姉妹 (レザボアCATs)
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの組み合わせ・・今のハリウッドを代表する、美貌と実力を兼ね備えた、まさに理想的な二人の女優のカップリング、というだけで注目に値する作品。ハリウッド歴史大作モノはさすがに、重すぎることはなく。ドロ沼人間ドラマ...
●ブーリン家の姉妹(77) (映画とワンピースのこでまり日記)
メアリーの夫はどこへ・・・?
后 ~「ブーリン家の姉妹」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ジャスティン・チャドウィック監督作品、ナタリー・ポートマン主演の、 映画 「ブーリン家の姉妹」を観た。 愛は、分けられない。 感想。 ?とんでぶーりん!(すみません、無視して下さい・・) ?女(娘)は出世や快楽の道具かぁ・・。(時代が時代だから仕方無い...
ブーリン家の姉妹 (Memoirs_of_dai)
キャラと実質は逆? 【Story】 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛...
『ブーリン家の姉妹』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
やっぱり英国史って、面白いですね。世界史は全般的に好きなんだけど、なぜか不思議と特別な魅力のあるのが英国の歴史ですね。十六世紀以降世界制覇した国の歴史ですからね。『エリザベス』、『キング・アーサー』、『トリスタンとイゾルデ』、『クィーン』などなど、最近...
ブーリン家の姉妹 (シネマ日記)
公開前から楽しみにしていた作品です。スカーレットヨハンソンだし、ナタリーポートマンだし。二人とも、最近別の作品を記事にしたばかりです。こういう歴史物も好きだし。日本の歴史は苦手なんですが、西洋の歴史物は好きです。さて、このお話。イングランドにゴールデン...
ブーリン家の姉妹 (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞ブーリン家の姉妹/THE OTHER BOLEYN GIRL 2008年/イギリス、アメリカ/115分 監督: ジャスティン・チャドウィック ...
「ブーリン家の姉妹」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ、イギリス  監督/ジャスティン・チャドウィック  出演/ナタリー・ポートマン      スカーレット・ヨハンソン      エリック・バナ  ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの人気女優二人の共演も話題になった作品。 ...
★ブーリン家の姉妹(2008)★ (CinemaCollection)
THEOTHERBOLEYNGIRL愛は、分けられない。最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン。世界を変えた華麗で激しい愛の物語。映時間115分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2008/10/25ジャンル歴史劇/ドラマ/....
ブーリン家の姉妹 (郎女迷々日録 幕末東西)
 書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。  1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。  ブーリン家の姉妹 公式サイト  もともと、コスチュームプレイが好きですし、いまちょ...
ブーリン家の姉妹 (CASA GALARINA)
★★★★ 2008年/アメリカ・イギリス 監督/ ジャスティン・チャドウィック <TOHOシネマズ梅田にて鑑賞> 「ため息のDNA」
ブーリン家の姉妹 (rambling rose)
16世紀の英国。ヘンリー8世の世継ぎを巡る政略結婚にのみこまれた姉妹の物語。
『ブーリン家の姉妹』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
歴史モノはかなり好きなので、これも予告を観て公開を待ちかねていました。イギリス史は特に、同じ名前の○世が多くて、どうにもややこしいのですが!ここで一つ勉強できました。.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+ (C)2008ColumbiaPicturesIndustries,Inc.andUniversalCit...
ブーリン家の姉妹 (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画ナタリー・ポートマン&スカーレット・ヨハンソン出演ということで気になっていた『ブーリン家の姉妹』を見てきました。イギリス文学史をかじったことのある人なら、「あー、あれね・・」と思い当たるであろう、イギリス国教会がローマ・カトリック教会...
ブーリン家の姉妹 (Recommend Movies)
愛したのは同じ“一人の男” 妹はただ王を愛し、姉は王妃という地位を望んだ…。 【感想】 王位継承者である男児に恵まれないイングラ...
ブーリン家の姉妹 (mama)
THE OTHER BOLEYN GIRL 2008年:アメリカ・イギリス 原作:フィリッパ・グレゴリー 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、エリック・バナ、ベネディクト・カンバーバッチ、オリバー・コールマン、エディ・レッドメイン、ジム・スタージ...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...