ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか?

2012-09-16 07:33:11 | 映画・DVD
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。

数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で…
『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』
『どうもホラー映画のようです。』
という事を書きましたが、一部にガセ情報が紛れていたことが判明しました

“ホラー映画らしい”という情報は、娘がどこかから仕入れてきたのですが(書道教室の先生からの情報とか言ってた)…
実際にはホラー映画でも恐怖映画でも無く田中慎弥の小説「共食い」の映画化、それの撮影という事のようです…確かにホラーっぽいタイトルとは思いますし、最近出た同名、別作家の小説はホラーとか表紙に書いてあったけど…世の中の人はそれほど芥川賞とかに興味が無いようです。

監督は「サッド ヴァケイション」(※私は未鑑賞)の青山真治監督…まぁホラーじゃないのなら観てやらない事も無い。実家の前以外にも知ってる場所が数か所出てくるみたいだしね。



で、以下は上記とは全く関係ない映画の観賞記録です。
…自分では、意外とヤッツケでも無いかもとか思ったので、今回はヤッツケ記事カウント外



「猿の惑星:創世記」
(監督:ルパート・ワイアット、出演:ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス、フリーダ・ピントー、2011年アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「コンテイジョン」と一緒に届いた1本。2012年3月11日(日曜日)の夜に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
1968年の映画「猿の惑星」の前日譚を意識して作られた映画(新しい「猿の惑星」シリーズの起点となる話との事)。
アルツハイマー型認知症の治療薬を研究していた薬物研究者ウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、実験台であるメスのチンパンジーに新薬の試作品を投与していた。チンパンジーは目覚ましい知能の向上を見せるが、突然凶暴化し警備員に射殺されてしまう。チンパンジーは死ぬ直前に出産していたことが分かり、ウィルはその赤ん坊を引き取り、シーザー(モーションキャプチャー:アンディ・サーキス)と名付け育てる事にする。数年後成長したシーザーは人間に近いような知性を身につけていき、新薬の効果を確信したウィルは、その薬をアルツハイマー病の父、チャールズ(ジョン・リスゴー)に投与する。
詳しくは(公式ウェブサイト)…http://www.foxmovies.jp/saruwaku/





ピロEK的感想&点数
アルツハイマー治療薬を作っていたら、猿の進化と人類の衰退両方の原因になって行く…というSF映画。
SFとして面白かったです

もちろん、今後「猿の惑星」っぽい世界になって行くということが前提の映画で、そこを含んでの楽しさがある映画である事も否定はできないのですが、その本家「猿の惑星」がらみの設定がちょびっと邪魔にも思えましたかねぇ(控え目ではあったけど)。
今後、人類に蔓延する殺人ウィルス(?)とかも、映画の流れからすれば、ちょっとズレてる感があるし(というか、なんか唐突…ラストシーンとかね)、行方不明になる惑星探査船とかも、有人惑星探査船という設定自体が、現代劇っぽいこの映画を現実世界とはパラレルワールドでしかないものに格下げもしてたりして。で、その有人惑星探査船が行方不明になっている間に、ウラシマ効果だか、他の何かの拍子だかで未来の地球に行っちゃう…なんて想像すると、この猿が賢くなっていく過程の映画とはベクトルの違うSF設定での話だなぁとも。

単なる、賢くなる猿の話に絞る事が出来れば、もっと締まった感じになったかもなぁ(「猿の惑星」と銘打つ以上、それは無理でしょうけど)。
「猿の惑星」の枷が全く無ければ、更に好みの映画だったかもしれないし、そうじゃないかも知れません


出演は、モーションキャプチャーといえば声がかかるアンディ・サーキスがシーザー役。
モーションキャプチャー演技の善し悪しが分かるほど私の眼は肥えておらず、良く分からない部分。
昨今のCGは進化しましたね。賢く無い猿を同じ技術で描いたら、もしかしたら作りモノの絵と気がつかないかも知れません。

ジェームズ・フランコはTSUTAYAレンタル映画としては「127時間」から連続して観させてもらった俳優。
最近、ノッて来てるようですね彼。もっと箔が付いて来ても意味不明なカメオ出演は止めないで欲しいところ

フリーダ・ピントーは、見え方によって好みだったり、そうじゃ無かったりするんだけど、この映画の中では好み寄り。


という感じで、色々とチャチャは入れましたが、面白くて概ね満足だった映画
猿絡みのシーンは、良く出来ていたと思うし、枷がある脚本にしては良くまとまっていると思うし、退屈すること無く観れる映画でした
ティム・バートンのアレより断然良い


点数は…まぁ5点でいいや(5点満点中)


で、続編があったら…観たいか観たくないかは微妙。
この映画の雰囲気が妙に崩れるようだったら、封印した方が良いかもね。
(突然世紀末になる「マッド・マックス2」みたいな雰囲気ならば特に味わいたくないなぁ…と)



補足・蛇足

【ブロンド】
映画の舞台は現代的で、主人公の男性が、ちょっと人種のちょっと違うっぽい彼女と付き合ったりする多民族国家アメリカンな雰囲気。
でも、イカルス号が戻って来る未来の地球では、ブロンド白人中心に生き残ってたりして。
続編では、金髪グラマー美女はウィルスに感染しづらい…みたいな設定があると評価したいです。


【猿の軍団】
チンパンジーは本来凶暴な生き物なので、パン君にも注意。
そういえばツイッターでshinopooさんが、パン君は犬の方だと思っていたと言ってた
「猿の軍団」の話は色々、書いたけど面白く無かったので、ほぼ割愛。アレでもチンパンジーが凶暴気味だったなぁ多分



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】スペース・カウボー... | トップ | 【映画】コンテイジョン…こん... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サルのわーーくせい (sakurai)
2012-09-17 09:24:03
よりも、青山監督の映画撮影の方に興味深々。
いいなあ。
もともと九州が舞台の映画を撮られるようですから、ありですねえ。
ぜひ見てみたい。
「サッド・バケイション」は、普通・・でしたが、その前の「ユリイカ」はすさまじかったですね。
機会があればどうぞ。

意味不明なカメオにさらっと出るフランコ君は粋ですよね。
大好きです。
このシリーズに出る主人公は、やっぱサル系?
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2012-09-17 21:29:26
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>よりも、青山監督の映画撮影の方に興味深々。
>いいなあ。

今回の映画は、私が子供の頃から毎日見ていた風景が出てくるようなので、観てみようと思っております。
撮影に使ったというアパートも、噂では、多分チョイ遠い親戚が大家さんの所。そこには今は亡くなった父親のお兄さん(オジサン)が老後に住んでたりもした場所(と思う)っぽいです。
ただ、青山監督の映画ってのは今まで観た事が無く、私にとって未知数。好みだと良いのですが。。。

>「サッド・バケイション」は、普通・・でしたが、その前の「ユリイカ」はすさまじかったですね。
>機会があればどうぞ。

「Helpless」「EUREKA」「サッド ヴァケイション」で北九州サーガ、三部作というらしいですが、どれも未見。
多分、北九州はバイオレンスな都市に描かれているんでしょうねぇ…まぁ、そうだとしても、嘘でも無いのですけど。

>意味不明なカメオにさらっと出るフランコ君は粋ですよね。
>大好きです。
>このシリーズに出る主人公は、やっぱサル系?

カメオ王がダスティン・ホフマンならば、カメオ王子はジェームズ・フランコですからね。今後も急に出てきて欲しいところ。
って、ジェームズ・フランコってサル系?

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
たとえ別作でも・・? (メビウス)
2012-09-18 20:12:54
ピロEKさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

オリジナルに上手く繋げている内容は、本物と見間違うほど不気味なデジタルモンキーズの力もあってか個人的には凄く面白かったんですけども、ただ上手く繋げようという狙いが制約のようにもなっているのは確かかもしれませんね。作品の自由度が狭まっていると言いますか・・^^;

でもやっぱり猿の惑星というタイトルを抜いたとしても、その猿が活躍するとなると映画ファンの方々が往年の名作を比較対象として思い浮かばないはずもないとは思いますから、どっちにしろ猿をを扱った時点で方向性は決まってたのかもしれませんね(おろ~^^;
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2012-09-23 22:11:19
こんばんは~♪
一作目に猛烈に思い入れがあるので、この作品に対して思うところも色々とあったのですが・・・
観たら観たで思ってたよりもずっと面白かったです^^
思うところは未だに色々とあるんですけどねw
少なくともバートンのアレよりは数倍楽しめました(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(メビウスさん、Aki.さんへ))
2012-10-06 15:52:07
★メビウスさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>でもやっぱり猿の惑星というタイトルを抜いたとしても、その猿が活躍するとなると映画ファンの方々が往年の名作を比較対象として思い浮かばないはずもないとは思いますから、

映画の出来不出来に関わらず、「猿の惑星」の関連作という事で製作が決まった映画なのでしょうから、私の意見は本末転倒ですね。
似た感じの作品でヒットして、数本続編を作っているうちに、実はこの話、猿の惑星だった…とか出来ればカッコイイのかも知れませんが、それは難しいだろうなぁ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>観たら観たで思ってたよりもずっと面白かったです^^
>思うところは未だに色々とあるんですけどねw
>少なくともバートンのアレよりは数倍楽しめました(^^ゞ

ファンの人に認められるって事は、本物の良作なんでしょうね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリ...
猿の惑星:創世記 (我が頭に巣くう映画達)
37点 2011年のアメリカ映画で、 監督はルパート・ワイアット、主演はジェームズ・フランコです。 ジェームズ・フランコは「スパイダーマン」シリーズで 主人公の友人役をしている人ですね。 アルツ...
猿の惑星:創世記 ジェネシス (映画の話でコーヒーブレイク)
前回の「セヴァンの地球のなおし方」を見た後に本作を鑑賞。 環境問題のドキュメンタリーを見た後でこの映画の鑑賞は、ちょっときつかったです。 子供の頃見た1968年制作チャールトン・へストン主演の「猿の惑星」。 ここはどこなんだろう?と思っていた「惑星」が実は地...
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/10/19、109シネマズ木場。 ジェームズ・フランコ、トム・フェルトン、ジョン・リスゴー、 ブライアン・コックス、フリーダ・ピント。 * 製薬会社GENSYSの研究員ウィル・ロドマン(ジェームズ・フランコ)は、 アルツハイマー新薬の研究をしてい...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...
映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」@TOHOシネマズ日劇1 (新・辛口映画館)
 公開初日の夜の回。客入りは2~3割くらい、客年齢は高い。     【送料無料】猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組 ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイ...価格:3,100円(税込、送料別)   映画の話  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (いやいやえん)
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんても...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て (kintyre's Diary 新館)
11-68.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (心のままに映画の風景)
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし!
映画「猿の惑星 創生期」、知恵ざるの誕生と人間との戦い。 (ひろの映画日誌)
アルツハイマー病の新薬開発に猿を使っていた。 その猿が知恵を付け、突然暴れだし、警備員に射殺されてしまう。 だが、彼女は妊娠しており、赤ん坊は生まれた。 その赤ん坊は、母の血を引き知恵を持つ。 アルツハイマーの父がいる研究所員が、家で飼っていた。 その...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
 『猿の惑星』は、オリジナルシリーズは本当に最初の作品以外は見たことがないのですが、中学生か高校生の頃にテレビで見たと記憶していますが、とにかくあのラストの自由の女神が衝撃的でした。なぜ地球が「猿の惑星」になったかというのが気になっていましたが・・・例...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (銀幕大帝α)
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ...
ここから始まる・・・ (笑う社会人の生活)
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性....
猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや今年のベスト入り決定!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (538ねん。)
今見てきたばかりで、かなり興奮してます 106分たるむことなく、一気に見ることができました こんな面白い作品とは思ってもいなかった ヒットしてますよねぇ80%の客の入り 客層も様々って時間的にお子様はいませんでしたが 広い観客層を集めているようです 40年....
猿の惑星 創世記 (迷宮映画館)
フランコ君を堪能はしたんですが・・・・
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 (銅版画制作の日々)
 これは人類への警鐘! 評価:→90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (みんなシネマいいのに!)
 「猿の惑星」はその話の面白さ、特に最後のオチ、さらには猿のメイクのリアルさで話
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の...
「猿の惑星:創世記<ジェネシス>」Rise of the Planet of the Apes(2011 FOX) (事務職員へのこの1冊)
「要するに(ピエール・ブールの)原作は人種差別や文明の奢りを糾弾する左翼小説で、
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ルパート・ワイアット 【出演】ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン/アンディ・サーキス 【公開日】2011/10.7 【製作】ア...
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
猿の惑星:創世記 ジェネシス  監督/ルパート・ワイアット (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームス・フランコ  フリーダ・ピント  アンディ・サーキス 【ストーリー】 アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011)  RISE OF THE PLANET OF THE APES 106分 (極私的映画論+α)
 ドラコ・マルフォイ・・・やっぱ憎たらしい(笑)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (rambling rose)
アルツハイマーの新薬を投与され驚異的に知能が発達したチンパンジー。だが突然凶暴になり警備員に射殺されてしまう・・が、そのチンパンジーのお腹の中には赤ん坊がいた。
猿の惑星:創世記 (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 言うまでもなく、歴史的名作『猿の惑星』の前日譚、エピソード0的な作品で御座います。 で、予告編などから大まかなプロットは情報として入っていたのですが・・・ ぶっちゃけ、結構なサルノワクセイス....