ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】曲がれ!スプーン…たしかに、透視ぐらいなら出来そうな気がする

2010-10-19 14:48:59 | 映画・DVD
今日の昼食はロイヤルホストで大人さまランチを食べたピロEKです

最近PCのキーボードが調子悪いです
コピペでよく使う“c”のキーが調子悪い気がします。なのでコピーによく失敗するようになり、ブログ記事書くときとかにちょい不便。トラックバック送るときは更に不便です。…1000円のキーボードですからねぇ、長く使えた方だと考えるべきなんでしょうか



本日も映画観賞記録です



「曲がれ!スプーン」
(監督:本広克行、出演:長澤まさみ、三宅弘城、志賀廣太郎、2009年邦画)

TSUTAYA DISCASさんから「月に囚われた男」と一緒に届いた作品。2010年9月16日(木曜日)の夜に鑑賞しました。



ストーリー
劇団ヨーロッパ企画の舞台作品「冬のユリゲラー」を基にした作品(らしい)
超常現象を取り上げるバラエティ番組「あすなろサイキック」のAD桜井米(長澤まさみ)は、超能力の存在を信じ続けていた。上司の命令で本物の超常現象を探して日本全国を歩き回る米だったが、インチキばかりに行き当たりっていた。一方「カフェ de 念力」という喫茶店では毎年クリスマスイブになると本物のエスパー達が集いパーティーが行われていたが、そこに最後の取材のため米がやって来る。





ピロEK的感想&点数
過去に観た邦画の中で私が一番楽しんだ作品が「サマータイムマシン・ブルース」
で、これは監督の力かというと、同じ本広克行の作品では「少林少女」なんていう実にダメ(クソ)な作品もあるわけで…「サマータイムマシン・ブルース」の面白さの本質は監督では無くて劇団ヨーロッパ企画とその脚本だな…と理解していた私。
そこに来て「サマータイムマシン・ブルース」と同条件でつくられた作品がこの「曲がれ!スプーン」だったので、期待は大きかった映画です。

で、期待に添っていたかというと…

まぁソコソコ

良い部分は
ストーリー、セリフのやり取り等、面白い部分は多いです
透視能力が軽く見られているところとかナイス
「サマータイムマシン・ブルース」とか「UDON」とのリンクも楽しめます。
脇役の豪華さも評価できるポイントかも(こういうパターンは飽きちゃった部分もあるんだけどね)。

イマイチな部分は
ほぼ無名な色々な劇団員がメインの配役で出演…各配役を一般の芸能人(ん、表現が変か)に置き換えて観やすくなっていた「サマータイムマシン・ブルース」とは違う選択肢…逆に…ってヤツなんだろうけど、この配役は制作側の一方的な思いが実は間違ってた感じかな。世間の評価は確認しておりませんが、個人的にはもうちょっと有名人で再設計して欲しかったですかね
…あと、ラストの不思議風景を見つめる日本中の人々な描写が退屈

(良い悪いの)どちらでもないけど気になった部分は
長澤まさみのモッサリ具合
あんまり可愛く無く描かれていて本人的にはアリなんですかね


点数は4点(5点満点中)
普通に面白かったですが、期待の大きさゆえにかイマイチ感も有り。
より楽しみたいなら過去の本広克行監督作品は観ていた方が良いかも…但し「少林少女」は不要です



補足・蛇足
あいかわらず蛇足とサブタイトルで悩み続ける当ブログの映画観賞記録
今日もかなり無理やりに引っ張り出してみました

…え〜、この映画がテーマというか元ネタとする超能力モノ作品って何って考えてみました。
「サマータイムマシン・ブルース」のネタが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だったり「タイムマシン」だったり「ドラえもん」だったり…と盛りだくさんなのに対して、
超能力モノってあんまり無い気が…「幻魔大戦」とか「七瀬ふたたび」とか…最近では「HIROS」とかかかな…あってもパロディネタとしては薄いというか
…で、どれにも主要能力として“透視”は出てきていないような気がします。これがこの映画の中で“透視”が軽く見られている理由かな

「七瀬ふたたび」と言えば、新しく映画になってるんでしたっけ。
芦名星が主演の本編もちょっと観て観たいですが(ウルトラマンの監督だからなぁ…興味はあるけど期待は薄め)、ショコタンが監督で多岐川裕美が出てくるという「七瀬ふたたび〜プロローグ〜」っていうのが凄く気になっている今日この頃です(レンタルDVDには収録されるのかどうか心配…オタク相手の商法は信用できませんから)。



では、今日はこのあたりで…
出勤までの間マンガでも読んで過ごそうかな





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】第9地区…宇宙人は当然隔... | トップ | 【映画】月に囚われた男…当ブロ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
故郷映画 (sakurai)
2010-10-20 07:59:45
ヨーロッパ企画の腕がこの話の出来のほとんどだと思いますが、本広監督の故郷郷愁映画だと思ってます。
ド派手な映画より、こっちのタイプの方が好きですわ。
ま、こういうタイプの映画を撮れるのも、ド派手な奴で、名前を売れたからなんでしょうが。
緩めのさっぱり役に立たなそうな超能力って、いいですよね。スプーンもまるでそうですが。
とにかく舞台的 (KGR)
2010-11-06 22:18:06
展開は変ではないのに、なんか違和感がありました。

なんでだろな、と思ったら演出がいかにも舞台的で
映画らしいアングルが少なかったように思います。

エスパーカードを使うシーンなんか、
台詞ではなく手元のアップで表現してもよかったし。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、KGRさんへ))
2010-11-23 21:59:16
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>本広監督の故郷郷愁映画だと思ってます。

大林宣彦監督の尾道三部作よろしく、「サマータイムマシン・ブルース」「UDON」とコレで本広監督の○○三部作という感じなのでしょうか?
ただ善通寺三部作なのか丸亀三部作なのか、もっと広域で香川三部作なのか?…どう呼んだら良いんでしょうねぇ??

>ド派手な映画より、こっちのタイプの方が好きですわ。

ド派手なヤツはオチなかったり、後半がグダグダしたりしますからねぇ。
あの有名な最新作はまだ観ておりませんが…面白いのでしょうか??

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>展開は変ではないのに、なんか違和感がありました。
>なんでだろな、と思ったら演出がいかにも舞台的で

本広監督は自分自身を信用していないのかもしれません。
私は本広監督の作品のうち「サマータイムマシン・ブルース」は面白いですが、他はイマイチと思っております。
「サマータイムマシン・ブルース」にあって他に無い要素は…原作の舞台。
もし本広監督が私が思うことを自覚していたら、舞台に過度に頼りきろうという判断をしたのかもしれないですね。 

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★「曲がれ!スプーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その1本目。 ホントはクドカン系の「なくもんか」を観ようと思ってたけど、 時間が合わず、本作を見ることに・・・ 昨日、本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」観といて良かったぁ。
曲がれ!スプーン (だらだら無気力ブログ)
劇作家・上田誠率いる劇団ヨーロッパ企画の「冬のユリゲラー」を原作に、 『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が映画化。 超常現象バラエティー番組の女性ADがエスパーを探して全国を旅して、 ある喫茶店で本物のエスパー達に出会って巻き起こる騒動を描いたコメ...
曲がれスプーン (LOVE Cinemas 調布)
『踊る大走査線』の本広克行監督と亀山千広プロデューサーの名コンビが送る最新作。劇団ヨーロッパ企画の戯曲「冬のユリゲラー」が原作の、シチュエーションコメディだ。主演は『群青 愛が沈んだ海の色』の長澤まさみ。共演に三宅弘城、志賀廣太郎、寺島進、松重豊とな...
曲がれ!スプーン (迷宮映画館)
サマータイムマシーン・ブルースの続編みたいなもんだったわけですね。
曲がれ!スプーン エスパーも笑いも微妙過ぎておもろい(汗) (労組書記長社労士のブログ)
【 69 -13- 1ヶ月フリーパスポート=18 】 で、「東宝シネマズ1ヶ月フリーパスポート」は12月1日に一ヶ月(30日)を迎...
曲がれ!スプーン (銀幕大帝α)
09年/日本/106分/劇場公開 監督:本広克行 出演:長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎 <ストーリー> 超常現象を扱うバラエティ番組のダメADと、“カフェ・ド・念力”に集う個性豊かなエスパーたちが繰り広げる大騒...
曲がれ!スプーン (キューピーヘアーのたらたら日記)
同じスタッフで製作された『サマータイムマシン・ブルース』が良かったので期待していた。 あらすじ 湾岸テレビに勤める桜井米(長澤まさみ)は超能力バラエティー番組: 「あすなろサイキック」のADを担当していた。 ある日、...
試写会「曲がれ!スプーン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
20069/11/11、有楽町朝日ホールでの開催。 どの程度になるとそう呼ばれるのか分からないが、 いわゆる試写会マニアは存在する。 何かで読んだが、試写会マニア=ただで映画を見る人たち、との認識が 映画関係者にあって、あまり好意的に捉えら...
『曲がれ!スプーン』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:本広克行原作・脚本:上田誠出演:長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 7本目)公式サイト...
曲がれ!スプーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。本広克行監督、長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎、寺島進、松重豊、甲本雅裕、三代目魚武濱田成夫、ユースケ・サンタ ...
『曲がれ!スプーン』 ('10初鑑賞130・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 10月13日(水) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
曲がれ!スプーン (映画道)
超常現象番組のAD・桜井米は、幼い頃から超能力の存在を信じていた。 番組の企画で視聴者からの情報を基に、エスパーを見つけるために全国を飛び回る米。 しかし、どれもガセネタばかりだった。世間がクリスマス・イブで浮かれる中、最後にたどり着いたのは喫茶店“カフェ...
《曲がれ!スプーン》 (日々のつぶやき)
監督:本広克行 出演:長澤まさみ、ユースケ・サンタマリア、寺島進、村重豊、甲本雅裕 「クリスマスイブ、カフェ・ド・念力という名前の喫茶店に集まった人たち。 彼らは本物のエスパーだった。 ところがそこに迷い込んできたのは、超能力番組のAD米と出演したい
曲がれ!スプーン (とりあえず、コメントです)
本広克行監督&長澤まさみさん主演のコミカルなハートフルドラマです。 放送局のADとして超能力を持つ人を探していた主人公が出会うクリスマスのミラクルを 優しくて温かい視線で描いていました(^^)
「曲がれ!スプーン」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:ROBOT=東宝/監督:本広 克行) 快作「サマータイムマシーン・ブルース」と同じ上田誠・作、劇団ヨーロッパ企画の舞台「冬のユリゲラー」を、前作と同じ本広克行監督により映画化。 前作の出