ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】ジーン・ワルツ…映画はヤッツケ風味。皺修正には尽力?

2011-10-27 14:48:02 | 映画・DVD
「ハイペリオン」と「ハイペリオンの没落」を読み終え、昨日「エンディミオン」に突入したピロEKです

ちょっと前の記事でちょこっとだけ触れましたが、先日我が家ではパナソニックのジョーバを購入しました(※先週の月曜日2011年10月17日納品)。
どうにも運動不足なのにインドアな趣味の数々に追われる私は、こういうものでも無けりゃあエクササイズ出来ないだろう…と判断。地元の家電屋さんで買う事にしました(お値段はネットで調べたりするよりも結構高く付いたのですが、これもお付き合いという事で…ネットだと何かあったら面倒だし、家電量販店とは値段があんまり変わらないですからね)。
で、毎日少しづつ(飽きてしまわない程度に)乗っているのですが…

…なんか体重が増えちゃったんだよね

運動らしきことをした事で食べる量まで増えてしまったのか
はたまた脂肪が筋肉に置き換わっているのかは定かではありませんが…果たして

まぁもうちょっと様子を見てみます



以下は映画観賞記録です。



「ジーン・ワルツ」
(監督:大谷健太郎、出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、2011年邦画)

TSUTAYA DISCASさんから「塔の上のラプンツェル」と一緒に届いた一本。2011年7月28日(水曜日)の夜に観賞しました(DVD)



ストーリー
海堂尊の同名小説の映画化。
産婦人科医にして帝華大学医学部助教でもある曾根崎理恵(菅野美穂)。彼女は自分の思想からか医学生たちの前で体外人工受精や代理母出産の必要性を説く事も多く、厚生省との関係がある上司・屋敷教授(西村雅彦)からは要注意人物とみなされていた。准教授・清川吾郎(田辺誠一)は屋敷教授に従いながらも理恵の事も気にかけている人物。…理恵と清川の二人はかつて産科医院・マリアクリニックで共に医学を学んだ仲間だったが、マリアクリニック院長・三枝茉莉亜(浅丘ルリ子)の息子で医師の久広(大森南朋)が医療過誤で逮捕され、また理恵自身の体を襲った悲劇を切欠に進む道を違え始めていた。理恵は大学の助教を務めながら、そのマリアクリニックで院長代理として数人の患者をあずかっていた。
詳しくは…http://gene-waltz.com/





ピロEK的感想&点数
原作は途中で読むのを止めているこのお話。映画の方を先に観てしまいました。
展開が原作どおりなのかどうかは知りませんが、日本では違法である代理出産を行う経緯を淡々と(途中、台風と出産が3件同時に重なるというアクシデントが起こるとはいえ)語っていくだけのお話。
海堂尊は本物の医者ということもあって、多分原作は(他の小説同様)そっち系ウンチクと偏った医学に関する考え方の読み物として、それなりに面白いのだとは思いますが…
映画にしちゃうと実に盛り上がりにかけるダラダラ物になっており…正直面白く無かったです

なんだか白けてテンポの悪い映像とストーリーがダラダラ続いていく映画という体で…コレは1970年代頃から発展していないのではと思う日本映画の古典的(で私の嫌いな)絵ズラだなぁとかも思わされたなぁ…肝心の(?)台風の最中でも盛り上がらないというか…。
菅野美穂の演技力もアレで学芸会みたいな部分まであって…とても賢いお医者さんに見えず

兎も角、ヤッツケ仕事な映画にしか思えなかったんですよねぇ
割と人気作家な海堂尊の一本を、映画化企画した時点で仕事が終わってる…そんな感じ
前述で原作はそれなりの読み物かもとは書きましたが、元々面白いのとそうでもないものにムラのある作家と(私としては)思っている海堂尊のハズレを引いたというか、女優・菅野美穂が主演できそうな題材を無理矢理選んできたというか…そういう感じなのかも知れません

こういうのが大々的に宣伝されて結構動員しちゃうんでしょ…だから(私の)日本映画への不信感が薄まらない訳です(もちろん面白い日本映画も多々ありますが、私としてはそちらが偶々だという認識


ということで点数は2点(5点満点中)
そんな中、1点じゃないのは、一応、起承転結がある…というのと、実は菅野美穂が好みだから…です
「ダーリンは外国人」の後に観た邦画がコレ…ねぇ…しばらく邦画は観なくていい気がしています(この後、別の邦画も観たけどね)。


…あと、オマケでDVDに入っていたスピンオフドラマ(矢田亜希子主演)が、まさかのオカルト作品だったので少しビックリしました



補足・蛇足
冒頭近くで菅野美穂のアップシーンがありますが…
あれは、かな~り修整されておりますね(ポスターも同様)。ホルモンタンクが何処に行ってしまったのかは謎です。一応、画像修整がらみの知識を持つ私には見抜けます(というよりも修整前の彼女の写真をちょっとだけ見たことがあるだけなのかもしれませんね)。
確かに最近経たって来た感も否めない菅野美穂ですが、それはそれで嫌いじゃないのになぁ(修整しなくても)。



では、今日はこのあたりで
夜勤頑張ってきます





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】塔の上のラプンツェル…... | トップ | 頭痛 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年 (sakurai)
2011-10-28 16:29:19
一番ですわ!
2月の時点で決まりました!
あ、ワーストね。
まだTVドラマの方が辻褄合ってましたが、これは作った時点で、だれか「変だよ!」って、言ってやるべきだったと思いますわ。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2011-11-06 23:56:50
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます。

>あ、ワーストね。
>まだTVドラマの方が辻褄合ってましたが、これは作った時点で、だれか「変だよ!」って、言ってやるべきだったと思いますわ。

TVドラマってのは「マドンナ・ヴェルデ」の事ですかね(?)…そちらは観ていませんけど。
私の昔からの感覚として、日本は映画よりもTVドラマの方がパワーがありますし上手い気がします。同じ話でも映画になると一気にダメというか、そういうのは多いですね。もちろん例外もありますけど。
何にしてもこの映画は酷かったです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジーン・ワルツ (LOVE Cinemas 調布)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品だ。主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂、共演に『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 』の...
ジーン・ワルツ (いやいやえん)
菅野美穂、田辺誠一共演。このキャストだけでも観る価値あったわ。 出産を中心としたヒューマンドラマ。海堂尊さん原作の小説を映画化したものだけれど、どうやら方向性がだいぶ違うようで? 実際に産婦人科が廃院したり、産婦人科医が少なく受け入れ拒否する場合もあ...
ジーン・ワルツ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら、『ジーン・ワルツ』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本年の出だしは、ここまで邦画でよさそうなものが少ないため、逆に洋画の方でいい作品・面白い作品が目白押しということもあって、邦画対洋画の比率が酷く洋画の方に偏ってしまっています。そうした....
『ジーン・ワルツ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
帝華大学病院で産婦人科の医師として働き、教鞭をもとる傍ら、閉院間近の小さな産婦人科医院マリアクリニックで院長代理を務める曾根崎理恵は、上司である保守派の教授からは煙たがられていた。 教授への昇進を確実視されている清川吾郎は、そんな彼女を複雑な想いで見つ...
『ジーン・ワルツ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、       濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ...
ジーン・ワルツ (だらだら無気力ブログ)
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方...
ジーン・ワルツ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/02/05公開 日本 111分監督:大谷健太郎出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子 天才医師<遺伝子(ジーン)の女神>が仕掛ける、禁断の奇跡。 医療の最高峰....
ジーン・ワルツ (迷宮映画館)
あまりに乱暴な作りに目が点・・・
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 (はらやんの映画徒然草)
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い
ジーン・ワルツ(2011-014) (単館系)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。 産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品。 主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂。 「...