ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【小説】チーム・バチスタの栄光(下)…文庫版

2010-04-07 14:14:42 | 本(小説)

今月は3の倍数で更新を休んでいる夜勤週のピロEKです
夜勤といえば…今日の夜勤は忙しいみたいで少し憂鬱
今日だけじゃなくて今週はやる事が多くて…会社行きたくないなぁ



そんなネガティブな心もちはさておき、以下は読書記録です。
(あ、丁度TVドラマ「チーム・バチスタの栄光」の再放送やってる



「チーム・バチスタの栄光(下)」
(海堂尊著、2007年11月26日初版発行<※文庫版>、宝島社)

先日記事にした「チーム・バチスタの栄光(上)」の下巻で解決編。
こちらも嫁さんが文庫版をブックオフで買ったもの。
私は3月下旬ごろから前半をお風呂で読んでいたんですが、半分から後ろは…面白くて一気に寝床で。
短時間づつですが読み始めから2~3日で読み終えたと記憶(上下巻あわせて一週間ぐらいかな)。
前回の記事にも書きましたが、医療専門用語が沢山出てくるにも関わらず、読みやすかったです
なので、意外とサクサク読める感じです



この下巻のストーリーですが…
田口の目の前で4例目の術中死が起こってしまう“チーム・バチスタ”。自分の手に余ると判断した田口は高階病院長にリスクマネジメント委員会の招集を求める…その要請を受けた高階は“火喰い鳥”と呼ばれる厚生労働省の変人役人・白鳥がやって来る。白鳥は独自の手法で現場をかき回しながら田口と共に事故(事件?)の調査を進める。

というような感じ。



で、ピロEK的感想?
この下巻になって、主人公の一人白鳥圭輔が登場。

田口公平がワトソンで、白鳥圭輔がホームズ。そういう感じらしいです。
ホームス相当(解説・あとがきによればそれ以上の人物)の白鳥は、ホームズ相当キャラのご多文に漏れず、なんでも分かっているかの如くの人物

映画での白鳥は阿部寛なんですよね…それ知っちゃうと榎木津礼二郎(姑獲鳥の夏)とか上田次郎(TRICK)とかの変人っぷりがカブってしまって困ったことに脳から離れてくれませんでしたが…文章内の描写読むと小太りでオシャレが似合わず下品に見えちゃう人物…との事。そう考えると全然阿部寛ではありませんね

話は阿部寛から白鳥圭輔に戻しますが
上巻を読んでいた時は、神経内科医の田口公平って何でも分かって最強…と思っていたのに、あっけなくそれ以上の人物が登場してしまいます
森羅万象を見通し、勝手な行動・発言を繰り返すも結局結果に結び付くある意味憧れの人物、白鳥ですが…まぁ変に憧れて真似はしない方がいいでしょうねぇ…普通

白鳥の登場で、この下巻は上巻と結構雰囲気が変わってしまいます…ちょい強引かなぁ?
…このあたりで賛否両論ありそうですね。私が上巻の方が少し面白いと思ったのもそういう部分だし。

で、犯人はちょっと意外なほどベタな人物
…この犯人も古いタイプのミステリー小説だったらモリアーティ教授になのかも知れませんけど…そこまでの人物ではない…ってな感じなんでしょうか。まだ他の本は読んでいないから何とも言えませんけどね



で、前回の記事で書こうとした作家・海堂尊氏のお話。
最近、報道系バラエティ番組のコメンテーターとして良く見かけるこの方ですが…
(何となくの見た目は…白鳥の外見に田口の中身が入ったような方
TVで彼が話してる内容って、ほとんどこの本に書かれてる内容なんですね。
「たかじんのそこまで言って委員会」等で話していた検死率の問題とか、オートプシー・イメージング(Ai)の話とかね。「死因不明社会」(※私は未読)とか読まなくても、「チーム・バチスタ…」を読んでたらその概略はつかめるんじゃないかなぁ



(当ブログ内の関連記事)
2010年04月05日 【小説】チーム・バチスタの栄光(上)…文庫版


では、今日はこんな感じで
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【小説】チーム・バチスタの... | トップ | 私のロト奮闘記 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しのぷ~)
2010-04-07 21:20:34
お久しぶりです。
下巻になると田口の愚痴みたいな上巻とは打って変わってテンポが良くなりますよね。僕的に上巻は苦痛だったんですけど、下巻で楽しめました。
ドラマ (みゆみゆ)
2010-04-07 21:30:51
昨夜から始まった『ジェネラル・ルージュの凱旋』は今まで読んだシリーズの中で一番好きなのですが・・・すっかり忘れていて最後しか見ていませんでした・・・。
もしよければ続編シリーズも読んでみると面白いですよ。
(主人公は違うことはありますが、みんな登場人物はリンクしていますので)

さて、
<<白鳥の外見に田口の中身が入ったような方
確かにそうですよね(笑)
白鳥の外見といっても原作のイメージで(笑)
ドラマも映画もかっこよすぎかな?(^^;
★★コメントありがとうございます(1)★★ (ピロEK(しのぷ~さんへ))
2010-04-23 14:45:53
★しのぷ~さんへ★

コメントありがとうございます
しのぷ~さんって、某模型店のしのぷ~さんですよね??
あちらでもこちらでもお世話になっております。
あちら(※某呟く場所)から、URL辿って来ていただいた感じでしょうか(?)…わざわざありがとうございます。

>僕的に上巻は苦痛だったんですけど、下巻で楽しめました。

私とは逆方向の感想なんですね。下巻のテンポアップも面白いですが、上巻のキャラクターの掘り下げや心理学的な田口調査は個人的にはポイント高いんですよね。私の嫁さんが医療関係者だからなのか?、はたまた私が「たかじんの…」ファンだからなのか?

では、是非是非また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(みゆみゆさんへ))
2010-04-23 14:46:44
★みゆみゆさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>昨夜から始まった『ジェネラル・ルージュの凱旋』

TVドラマはほとんど観ていないです。
再放送している『チーム・バチスタ…』はチラ見程度はしていますが…なんか全然違いますねぇ原作とは…。

>もしよければ続編シリーズも読んでみると面白いですよ。

現在「ナイチン・ゲールの…」を読んでいるところです。
こっちは確実に事件が起こっていて、一般的なミステリーって感じですかね。今のところ。

>ドラマも映画もかっこよすぎかな?(^^;

ですねぇ。
原作のイメージだと…たとえば田口浩正とかじゃないですか?…白鳥役が田口だとちょっとややこしいですけど

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『チーム・バチスタの栄光』 (みゆみゆの徒然日記)
海堂尊/著  文庫化されて割りとすぐに手に入れたものの放置していて、今頃になって読みました。映画はまだ見ていませんが、ドラマの第1話だけ見て読もう!ということで読みました(笑)    大学病院が舞台。それも難関手術であるバチスタ手術(心臓移植の代替手術)...
【本】チーム・バチスタの栄光 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
        『チーム・バチスタの栄光』     海堂 尊     宝島社         ~*第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品~【comment】1ページ1ページを読み進めるのが勿体無くて、1行1行に信じられない程の愛着を覚えた。私は、筆者が...
チーム・バチスタの栄光 (Yuhiの読書日記+α)
海堂尊作「チーム・バチスタの栄光(上)(下)」(宝島社刊)を読みましたー! 以前に映画版は見ていたんですけどね。(感想はコチラから) 原作本は、第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品で、映画化・ドラマ化もされている超人気作品。映画を見る前から小...
チーム・バチスタの栄光  海堂 尊 宝島文庫 (極私的映画論+α)
 いやぁ・・・おもしろかったっす(^^;)
「チーム・バチスタの栄光」 文庫&ドラマ (the borderland )
まずは原作。医療現場の事件なので、専門用語も多そうだし読みづらいのではないかという先入観は思いっきり覆されました。それどころか、先を読みたくて仕方なくなるほど面白かったです。普段は会社の昼休みにしか本は読まないのですが、家に帰ってきても読んでましたから...
チーム・バチスタの栄光 (Akira's VOICE)
海堂尊 著
チーム・バチスタの栄光 (海堂 尊) (花ごよみ)
第4回“このミステリーがすごい!” 大賞受賞作品。 この作品が海堂 尊のデビュー作。 心臓手術を行う特殊チームに起こった、 術死を巡る疑惑。 その疑惑を解決すべく、 選ばれた二人の人物。 厚生労働省から来た、 情け容赦ない、 ロジカルモンスターの白鳥と、 ...
【BOOK】チーム・バチスタの栄光(上・下) (思いつくままに)
■著者:海堂尊 ■発行:宝島社 ■価格:上下各 476円+税 ■感想など: 面白かった! 映画のほうは既に観ていたので、大まかなストーリーも犯人も手口 すらも知っている状態で読んだんだけど、それでも面白かった。 映画を先に見てたから、登場人物のイメージはみん...
「チーム・バチスタの栄光」(海堂尊) (モコモコ雲を探しに♪)
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/58/0c/happy6mama77/folder/1370653/img_1370653_24881380_1?20060130041836.gif {{{     チーム・バチスタの栄光                  海堂尊   宝島社     }}} 随分前に、ブロ友さんの記事で知...
「チーム・バチスタの栄光」【本】海堂尊 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
成功率100%を誇る『チーム・バチスタ』の3件の術中死は 不運な偶然なのか医療ミスなのかそれとも・・・。 海堂尊「チーム・バチスタの栄光」
海堂尊の『チーム・バチスタの栄光(上・下)』 (としちゃんの暇な一日)
52、53冊目、海堂尊の『チーム・バチスタの栄光(上・下)』。 えっーと、随分前にドラマや映画になりましたよね。 実はどれも観てないんです。でもドラマの方は一、二度観たような記憶が・・・ ちびノリダー(古っ!)と仲村トオルだったよね。 アメリカ帰りの天才外科...
チーム・バチスタの栄光 海堂尊 宝島社 (おいしい本箱Diary)
「このミステリーが凄い!」大賞受賞作です。 いわゆる医療ミステリーですが、デビュー作とは 思えない大作。 医療の場というのは、警察と並んで小説にした時に ドラマチックですね~。生と死という根本的なテーマ が常に転がっている、という・・。医者であり小説家...
海堂尊  『チーム・バチスタの栄光』 (映画な日々。読書な日々。)
チーム・バチスタの栄光 \1,600 株式会社 ビーケーワン 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称&qu...