ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】レポゼッション・メン…2010年の観賞映画は2010年のうちに(2)

2010-12-22 23:59:22 | 映画・DVD

明日の休みは年賀状を作ろう…と今は思っているピロEKです

年賀状と言えば…
今朝出勤途中、いつも行かない郵便局前のポストに郵便物を投函しようと車を歩道に乗り上げ停車。
郵便局前では郵便局員さんが朝の清掃をしておりました…んこの人知ってる人…その郵便局員さんはいつも割と会ってる中学の時の先輩(※更にマイミク)でありました。こんな所で働いていたのですね…おはようございました
先輩曰く『歩道に思いっきり乗り上げて、図々しい車だと思ったら君か』的な発言。…どうもすいませんでした多分またやります



さて以下は映画観賞記録
毎年押し迫った時期恒例の『今年の鑑賞映画は今年のうちに』の2010年度版…と銘打ってから「9 ~9番目の奇妙な人形~」に続く第2弾です(第2弾とかいっても私が勝手に区切ってるだけですけど)。
こういうシリーズにする利点は記事のサブタイトルを考えなくてすむ事と、ヤッツケ気味の記事内容でも良い気がしてくる点ですかね



「レポゼッション・メン」
(監督:ミゲル・サポクニック、出演: ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、アリシー・ブラガ、2010年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんから「9 ~9番目の奇妙な人形~」と一緒に届いた映画。2010年11月14日(日曜日)の夜に観賞しました(ブルーレイ)。



ストーリー
エリック・ガルシアの小説「レポメン」を原作とした作品。
人工臓器の技術が発達した近未来。その恩恵で延命できる一方、高額の人工臓器をローン購入しその支払いが滞るという事態も多く発生していた。督促を重ねても支払いに応じない顧客に対してはレポ・メンと呼ばれる回収屋が赴き、生きたまま臓器を取り出すという強引な方法で負債が回収されていた。腕の良いレポ・メンの一人であるレミー(ジュード・ロウ)は仕事中に事故に遭い、自分が人工心臓を埋め込まれ、高額な借金を背負ってしまう。





ピロEK的感想&点数

(※今回は、ほぼネタバレなので映画未鑑賞の方はご注意)

「攻殻機動隊S.A.C.」を観て『サイボーグ技術が確立したらサイボーグ化して長生きしたい…まぁお金はかかるだろうけど延命するんだから長期ローンで払えるだろう』ってな事を簡単に考えてた私。
この映画はその私のような馬鹿な短絡思考への警告なのでしょうか

臓器移植をした方がローンを払えなかったらブツを差し押さえ…まぁ当然と言えば当然。
現代日本の臓器移植が必要な方だと、海外に渡米手術するための募金だの署名だのと助け合い運動が行われますが、映画のように手術自体が簡単になっちゃうとそうもいかないでしょうね…患者にとって病気や事故に遭ったという事実は変わらないであろうに

映画ではその差し押さえ人が主人公。
人口臓器を取り出すためにお腹を切ったり、延命のための人工臓器を取り上げちゃえば、その方は死んじゃう訳ですからその職業は合法的な殺し屋、しかも彼らはそんな仕事を楽しんじゃっているという体裁。そんな主人公が任務中に事故で自分自身が人工臓器を使う体になって…と、映画での描き方は今風な感じでしたが、これまた今流行りのちょい古SF短編風味なお話でした。

今までターゲットにしてきた立場に自分も陥り、
こういう社会システムの問題点に気が付いた主人公が、大企業や社会と戦う壮大なお話か…と思いきや、そうではなくて自分は何とか助かろうという感じの展開

で、結局は…だしな。

途中から…アレ夢みたいな変な展開になってきたぞ本社に押し入る辺りは前半とは作風さえズレちゃってる感じになって
これは夢オチ方向か
はたまた作品崩壊
…そのどちらでも嫌だなぁ…なんて考えていたら…作品崩壊では御座いませんでした

そんな感じに着地

伏線シーンも含め、観客をオチに向かってちゃんとリードして行くつくりはある意味誠実ではありますが、面白い映画を観たい立場からすれば、どういう方向に進んでも残念な映画じゃんという絶望も伴うんだよなぁ

で、そんな残念なラストは…
「パンズ・ラビリンス」の具象版とも言えなくも無いです。
とはいえ「パンズ・ラビリンス」みたいに何か深く考えさせられたりはしないし、そもそもそんな比較なんてやっぱり「パンズ・ラビリンス」が勿体無い


ということで点数は3点弱(5点満点中)
私としては正直イマイチと思える作品

ジュード・ロウは亡くなった友人を助けている場合じゃないのかも知れません



補足・蛇足
今回の記事はなんかダラダラ書いてて自分でも読みづらいです。
蛇足もSF設定なんかについてダラダラ書いていたのですが、全部削って以下のものだけ残しました。

で…

【そこは発達していないんだ】
…よりホンモノらしい人工の生え際とかは開発されていないようですね。主要登場人物の髪型を見る限り。
それともあれらの髪型はポリシーゆえなのでしょうか?



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】9 ~9番目の奇妙な人... | トップ | 【映画】バウンティー・ハン... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本インターネット映画大賞 (日本インターネット映画大賞)
2010-12-24 00:32:03
突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
髪型は (KGR)
2010-12-25 01:02:16
思いつきませんでした。

そういえば「サロゲート」では綺麗な金髪だった方がおられましたね。
そっか! (sakurai)
2010-12-25 20:40:16
髪かあ!
でも、髪はかつらという古典的なものがありますからねえ。
私も最後の方はちょっと・・??になってきました。
こう来たか・・よりは、そっち?みたいな感じだったです。
ジュードのアクションは光ってましけどね。
★★コメントありがとうございます(1)★★ (ピロEK(日本インターネット映画大賞さんへ))
2011-01-02 01:28:17
★日本インターネット映画大賞さんへ★

コメントありがとうございます。
毎度お誘いいただくのですが、お役に立てず申し訳ありません。
気が向いたら投票するかも知れませんので懲りずにまた誘ってください。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(KGRさん、sakuraiさんへ))
2011-01-02 01:30:34
★KGRさんへ★

あけましておめでとうございます。

>そういえば「サロゲート」では綺麗な金髪だった方がおられましたね。

もしかすると人口毛根とかも開発はされているけど、前歯みたいに保険適応外なのかも知れないですね…毛が無くても死ぬわけじゃないから。
「サロゲート」の方は、多分ソコを気にしてい無いのでツッコむ甲斐は無い感じです。

では、また来てくださいね。本年も宜しくお願いいたします





★sakuraiさんへ★

あけましておめでとうございます。


>でも、髪はかつらという古典的なものがありますからねえ。

でしたねぇ…ハイテクな人工臓器な人口毛根を想像し、普通にあるモノを失念しておりました。
仮に、ちゃんと伸びて定期的に切らないといけない人口毛根とかあっても…そんなの自己満足ですよね。

>こう来たか・・よりは、そっち?みたいな感じだったです。

まぁ作品崩壊では無くて、ああいう筋書きだったので最悪の評価とせずに済みました。

では、また来てくださいね。本年も宜しくお願いいたします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レポゼッション・メン (Repo Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 ...
「レポゼッション・メン」 ご利用は計画的に (はらやんの映画徒然草)
タイトルにあるレポゼッション・メンとは人工臓器回収人のこと。 作品中で描かれる近
レポゼッション・メン (だらだら無気力ブログ)
ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が...
レポゼッション・メン(2010) (銅版画制作の日々)
真実をレポ(回収)せよ。 公開初日に鑑賞しました。ジュード・ロウがアクションに挑む?多分初めてではないでしょうかね?こんなにアクティブなジュー...
映画「レポゼッション・メン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/7/7、シネマ・メディアージュ。 ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーブ・シュライバー。 他にもたくさん出ていますが、この3人だけわかれば十分。 * レミー(ジュード・ロウ)は、ユニオン社で働く回収屋(Repo ma...
レポゼッション・メン (心のままに映画の風景)
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。 レミー(ジュード・ロウ)はレポ・メンだったが、ある出来事によ...
レポゼッション・メン (迷宮映画館)
うーん、こう来たか・・。
レポゼッション・メン (LOVE Cinemas 調布)
ベストセラー作家エリック・ガルシアの原作小説「レポメン」を映画化。高額な人工臓器のローン返済が滞るとレポメンによる強制的な回収が待っている…という近未来SFサスペンスだ。主演はジュード・ロウ。共演にフォレスト・ウィティカー、『X-MEN ZERO』のリーヴ・シ...
レポゼッション・メン (映画的・絵画的・音楽的)
 『レポゼッション・メン』を新宿武蔵野館で見ました。といっても、単に、待ち合わせの時間まで2時間近くあって、うまく当てはまるのがこれしかないという理由で見たにすぎませんが。 (1)ちょっとした近未来物ではないかと思ったのですが、そうには違いないものの、かな...
レポゼッション・メン /Repo Men (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
レポゼッション・メン (小部屋日記)
REPO MEN(2010/アメリカ=カナダ)【劇場公開】
レポゼッション・メン (chibiaya日記)
ジュード・ロウ主演。 他に、フォレスト・ウィテカー、 リーブ・シュレイバー。 自
レポゼッション・メン (RISING STEEL)
レポゼッション・メン / REPO MEN 2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ミゲル・サポチニク 製作:スコット・ステューバー 原作:エリック・ガルシア 脚本:エリック・ガルシ...
レポゼッション・メン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:REPO MEN。ミゲル・サポチニク監督、ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ。ウィリアム・シェイクスピアの「ヴェニ ...
【レポゼッション・メン】 (日々のつぶやき)
監督:ミゲル・サポチニク 出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ    たった一度の回収が、運命を変える・・・。 「近未来、人工臓器人間のお陰で人間の健康と自由と延命が確保されていた。 高額な人口臓器を
レポゼッション・メン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 開腹シーンなどのグロさは、観てる方が痛みで失神しそうな凄さ!(R15+)
『レポゼッションメン』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 最後の最後にある映画のタイトルを引き合いに出しています。 ご覧になるご予定の方は もうしわけありませんが、 公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Repo Men) 「いやあ、これはなかなかよくできた映画だわ。 やはり映画は観て...
レポゼッション・メン / Repo Men (勝手に映画評)
ネタバレあり。 人工臓器が実現化され、一般に販売されている近未来が舞台。ジュード・ロウが演じる主人公レミーは、その人工臓器購入のための非常に高額なローンの支払いが滞った購入者から人工臓器を回収するという人工臓器回収人であるが、回収作業中の事故で、自らも...
レポゼッション・メン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レポゼッション・メン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]人工臓器によって長寿を“買う”人類の欲望に手痛いしっぺ返しをクラわせる異色SFだが、終盤にどんでん返しが用意されて ...
レポゼッション・メン (キノ2)
 冒頭いきなり「シュレーディンガーの猫」の講釈から始まったりするあたり、なんだかウキウキしてしまったのですが、観終わって思うのは、シュレーディンガーによって提唱された量子論的思考実験の命題(ラジウムとガイガーカウンターを起動スイッチとして、観察者の...
『レポゼッション・メン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レポゼッション・メン 』 (2010)  監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...
レポゼッション・メン (映画鑑賞★日記・・・)
【REPO MEN】 2010/07/02公開 アメリカ R15+ 111分監督:ミゲル・サポチニク出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ ...
「レポゼッションメン」 (Con Gas, Sin Hielo)
物語も回収。 はじめは結構ダメダメな要素が蓄積していた。 妻のキャロルが仕切りに「販売員に」と促すが、それは家庭を顧みない父親を戒めたのか、REPO-MENという職種自体に嫌悪感を抱いていたのか。 前者ならレミーの立場への理解がなさ過ぎだし、後者であれば販売....
レポゼッション・メン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
レポゼッション・メン 貯金しとこ~ (労組書記長社労士のブログ)
【=34 -10-】 昨日、期日前投票に行ってきた~みんなもちゃんと投票に行くんだよ!  人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回収」してい...
レポゼッション・メン (SUPER BLOG.JP)
原作が「マッチスティック・メン」と同じなんだって。 そういやタイトルがよく似ているぞ。 原題は「REPO MEN」。 作品中では「回収屋」と訳されてましたね。 主演はボクの記憶に残ってるのは「シャーロック・ホームズ」のワトソン君だったジュード・ロウ。 それと名...