ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味

2008-02-02 13:20:14 | 映画・DVD
もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。

一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況
短時間でたくさんのトラックバックをgooブログに送ると、スパムと判断されてフィルターに引っかかるとの説明だけど…そんなに送った憶えもない
例えばネットが何らかの要因で重いと、送ったトラックバックが反映されなかったり、送信ボタンの反応が遅かったり…そういう時に二度押し、三度押し…ってなったりするでしょ(?)
おかげで同じトラックバックを同じブログに送ってしまう場合も(御迷惑をおかけしている方もたくさんいると思われます。ここでお詫びを…いつも迷惑かけてスイマセン)。
そんな程度で、たくさん送り過ぎって言われてもなぁ…

症状についてgooさんには対応していただいたのですが、
未だ「ホリデイ」の記事のトラックバックについては、何故か不調が続行中
「ホリデイ」のトラックバックは、数日開けて送ってみます。


さて、今日の記事ですが先日予告(?)した「スウィーニー・トッド」のレビューです。



「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」
(監督:ティム・バートン、出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、2007年アメリカ)

有給を取って三連休にした2008年1月28日(月曜日)。
ワーナーマイカルシネマズ戸畑にて劇場鑑賞しました。今年最初の劇場鑑賞作品(といっても年1回ペースでしか映画館に行っていないんですけどね)。
本当はそんな予定では無かったのですが、近くに用事があって空き時間が出来たので映画でも観ようかと…メンズデイだったしね



ストーリー
ブロードウェイミュージカルの映画化。
19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は彼の妻の美しさに目をつけた悪徳判事タービン(アラン・リックマン)の策略で無実の罪で投獄される。スウィーニー・トッドと名乗り、15年ぶりにフリート街に戻ってきたバーカーはタービンに妻と娘までが奪われた事実を知り、タービンへの復讐を誓い理髪店を再開。階下のパイ店の店主、ミセス・ラペット(ヘレナ・ボナム=カーター)と共謀し、狂気の殺人理髪師となって行く。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/





ピロEK的感想&点数
このミュージカルの存在は、過去に何度か聞いたことがあったし、
「世界で一番パパが好き」の劇中…娘の学芸会(?)で周りの親子が何故か「CATS」ばかりを演じる中、主人公親子がコレを演じていましたねぇ。
19世紀イギリスの都市伝説(?)をブロードウェイでミュージカル化したとのことですが…
こんな話(都市伝説)を語り始めた人も、
ブロードウェイでミュージカル化って言い出した人も、
人が悪いというか、悪趣味というか…
他と違う奇抜な脚本を書こうと思った(?)んだろうけど、あんまり気分の良いお話ではないですねぇ

ティム・バートン&ジョニー・デップで映画化と聞いたときには実に“らしい”なぁ…
とは思って、割と期待もしていた作品でしたが、
ティム・バートン風味だから面白くなった…というより、
ティム・バートン風味だったから、この話の悪趣味さを緩和できているだけ
って感じを受けちゃったんですよね…私の場合
このような題材でも、恐怖映画として作らずにコメディ風ミュージカルとして作れば全く怖くない作りにも出来るものなのだなぁ…と、作り手の能力に感心する部分もありますが、
…あえてコレじゃなくてもいいんじゃないかナァ
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
「コープス・ブライド」
「スリーピー・ホロウ」
なんかも“死”を面白おかしく描いた、ある意味不謹慎な作品だったわけですが、
それらとは一線を隔しちゃってると、個人的には思うんですよね
(これが原作付きじゃなくてティム・バートンの創作で用意した脚本だったら、もうちょっと貶すところですね

とはいえ(実に悪趣味とはいえ)、ティム・バートン風味は楽しめましたけどね


点数は4点(5点満点中)。
ここまで結構貶しておいてナンですけど、4点なりには堪能もしたかも(?)。
久しぶりの映画館鑑賞がテンションを高めたこともあるでしょう。
ミュージカルってミュージック度合いが高まると割と苦手なのですが、これはかなりミュージック比率お高めにも関わらず鑑賞しづらいことも無く、苦手ジャンルの割には楽しめたかな。
観て損したと思うことも無く…。
映画館に行かなかったら、DVDソフトを買っている可能性が高いから、むしろ得したのかもね(?)

でも、
ミートパイを暫く食べたくないテンションにはさせられる映画ですので注意。カニバリズムが絡む話はイヤ~ンです
それと、今回のジョニー・デップはそんなにカッコよく無かったとも思うよ(そんなことないですか)。




補足・蛇足
【究極の選択(かつタイムリーネタ?)】
毒が入っている冷凍餃子

人肉が入っているミートパイ
どちらかを食べないといけません。さてどちらが…
って質問が悪趣味だ…ヤッパリ答えないでください


あと、
この映画「スウィーニー・トッド」は映画館で(一人で)鑑賞したわけですが、前の席に美男・美女の若いカップルが着席。特に彼氏の方が美男子…と思ってたら…二人が話し始めて…アレ
「入口で本日はメンズデイですから…って言われちゃった。黙ってたら安くなったのかなぁ??」
との会話。二人とも声は女子。…女性同士でした。チケット売り場の人と同じ間違いをしてスイマセン


トッド・ギネスのことも書こうかと思ったけど、広がりそうにないので割愛。そういうの好きな人スイマセン



悪ピロ蛇々足
※いつもは最低限の良識は持ち合わせた(?)ピロEKさん。そんな彼ですが…言ってはいけない、でも言いたい。そんなネタをいくつか思いつくことも…そんなことを記入する新コーナー(継続予定は未定)。この部分で仮にお叱りを受けても謝るのみ。場合によっては削除です。…っていってもそんなに大したことを書くわけでもありませんよ。

で、今回は…

この映画「スウィーニー・トッド」は映画館で(一人で)鑑賞したわけですが、斜め左後ろの席に加齢臭お強めの紳士が着席。最初は少しイヤだったんですけど…紳士の社交場、理髪店が舞台の映画だから…雰囲気出てナカナカ良かったですよ

って、こんな程度です。斜め後ろのオジサン加齢臭とか思ってスイマセン



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (160)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう1月も終わりですね…あと... | トップ | 【映画】レミーのおいしいレ... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (いとっち)
2008-02-03 08:57:54
TBありがとうございました。

学芸会(?)の映像は頭の中にしっかり浮かぶのに、
思い出せなかったあの映画・・・
「世界で一番パパが好き」だったんですね。
こちらに伺って『スッキリ!』しました~♪

こんにちは♪ (ミチ)
2008-02-03 11:17:51
もう二月ですよ、時間が経つのが早すぎる~~!
こう感じるのも加齢の証拠ですね(泣)

ジョニー&バートンがドル箱コンビだというのは分かるのですが、バートンはまだまだジョニーに化粧をさせるつもりかなぁ?
メイクなしのジョニーが見たいです。
こんにちは! (アイマック)
2008-02-03 11:28:39
gooはセキュリティは激しいですよね。
スパムよけだと思うけど、普通に送っていても反映されなかったり・・
あとは禁止ワードもあるので、気をつけないとね。。
バートンの世界観は素直に楽しめました。
殺し過ぎでもありますが^^;

TBありがとうございます (HIROMI)
2008-02-06 22:29:30
毒入り冷凍ギョーザで騒がしいこのごろ、人肉パイの映画はタイムリーだったかも。どちらもほんと怖いですね~。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(いとっちさん、ミチさん、アイマックさん、HIROMIさんへ))
2008-02-09 22:05:38
★いとっちさんへ★

はじめまして(ですよね?)。
コメントありがとうございます

>思い出せなかったあの映画・・・
>「世界で一番パパが好き」だったんですね。

でした。
私は「世界で一番パパが好き」のストーリーあんまり憶えていないのですがそういう部分だけ何故か記憶にあって、
「スウィーニー・トッド」の映画化が発表されたとき、すぐに「世界で…」のアレだ!と思い当たりました。
スッキリしていただいて幸いです。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>こう感じるのも加齢の証拠ですね(泣)

子供の頃って1年間が気の遠くなるような長さだったのに、
大人になると早いですねぇ。

>メイクなしのジョニーが見たいです。

そう言われると最後に観たメイク無しジョニーって「ネバーランド」ぐらいまで遡らないと…ですねぇ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★アイマックさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>スパムよけだと思うけど、普通に送っていても反映されなかったり・・

禁止ワードを公開してくれている訳でもないから、毎回苦戦するんですよねぇ。
スパムが来づらいのは有難い訳だけど。

>殺し過ぎでもありますが^^;

途中の無実の人たちを殺す理由ってなんだったんでしょうねぇ(?)
深く考えるべきじゃないのかなぁ?

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★HIROMIさんへ★

はじめまして。コメントありがとうございます

>毒入り冷凍ギョーザで騒がしいこのごろ、
>人肉パイの映画はタイムリーだったかも。どちらもほんと怖いですね~。

毒入り餃子は時期が違えば食べてる可能性ってあったんですよね私。
以前は某生協にも入ってたし。
でも、中国製の冷凍食品って少し前から避けるようにしてました。あの国が輸出製品を軽く考えてる国って印象だったし、奇形家畜の肉使ってるって噂もあったもんで…
まぁ私の印象と噂が正解かどうかは別として、お陰でもしかして命拾いした可能性もある我が家でした。
怖いですねぇ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました (KGR)
2008-02-12 00:52:37
劇場内の様子、
手に取るようで思わず笑っちゃいました。

メンズディって、東京にはないんですよ。
うらやましいです。
TBありがとうございます (けい)
2008-02-13 01:06:59
はじめまして。
結構ショッキングな内容のはずなのにそう感じさせず、
なかなか最後まで楽しめた映画でしたね。
でもミートパイは・・・食べる機会があればその度に思い出しそうです
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(KGRさん、けいさんへ))
2008-02-17 15:16:36
★KGRさんへ★

どうもコメントありがとうございました。
お久しぶりです(以前「キング・コング」の際にお世話になりましたよね)。

>メンズディって、東京にはないんですよ。

メンズデイはレディスデイのように映画館全てではなくて、各シネコンが設定しているみたいです。
今回行ったワーナー系のシネコンは月曜日がそうでした。東京でも映画館によってはやってるかも(?)ですよ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★けいさんへ★

はじめまして。コメントありがとうございます。
“けい”さんっていうお名前には親近感が…というか、私の名前も実は“けい”だったりします。

>結構ショッキングな内容のはずなのにそう感じさせず、

ショックは受けなかったですが、良い気持ちもしなかったですわ。
楽しめたかといえば…まぁ楽しかったんですけどね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました (can)
2008-03-06 23:18:13
昔からのジョニー・デップ好きとしては、こういうカッコよくないジョニー・デップもカッコいいのです(意味不明)
ジャック・スパロウあたりからのジョニー・デップファンが引いちゃうのを見るのがちょっと楽しいイヤなオバさんは私です
TBありがとうございます。 (hyoutan2005)
2008-04-11 17:31:22
面白いレビュー、特に後半の数行で笑ってしまいました。
臭い経験、私もあります。
真後ろに座った「うら若き女性の足の臭い」に悩まされたことが・・・。
夏場のことで参りました。
臨場感?を味わったピロEKさんと違って(笑)集中力が無くなってしまって最後まで映画を楽しむことが出来ませんでした。

私もカニバリズムの物語は苦手中の苦手です。
この作品も最初から最後まで片目で観ているような感じでした(笑
ティム・バートン&ジョニー・デップだから何とか鑑賞できたのですが、それを思うとやはり二人は凄いですね。
こんばんは (happy)
2008-04-11 23:06:35
お返事遅くなってしまってすみませんでした。
TB有難うございました(^^)

私の知り合いもパイが食べられなくなった人多かったです。
確かにカニバリズムものはキツイですよね(^_^;)
こちらからもTBさせて頂きますね~
★★コメントありがとうございます~その3~★★ (ピロEK(canさんへ))
2008-04-20 08:42:50
★canさんへ★

うわ~、本気でスイマセン何かの拍子に見落としてコメント2カ月弱も放置してしまいました

>こういうカッコよくないジョニー・デップもカッコいいのです(意味不明)

この度40歳になったオジサンの私から見てもジョニー・デップがカッコよくて女性に人気があるのは理解できます。

>ジョニー・デップファンが引いちゃうのを見るのがちょっと楽しいイヤなオバさんは私です

ジョニー・デップは「それでもいいんでしょ?」といった確信犯的なことをやり続けているのでしょうかねぇ。
役者の幅を狭めないように(?)来た仕事を拒まないってのが本当のところなのでしょうけど。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます~その4~★★ (ピロEK(hyoutan2005さん、happyさんへ))
2008-04-20 09:40:02
★hyoutan2005さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>特に後半の数行で笑ってしまいました。

映画レビューといいながら、映画の内容にはたいして触れていない私のブログ。
そういう部分に反応していただけると嬉しいです。

>うら若き女性の足の臭い

足の臭いはイタイですねぇ映画館で…
横の巨漢男性の普通以上の発汗と、尋常じゃない上映中の食事という経験は私にもありますが…
そういうマナーって、タバコマナーと同じぐらい世の中が言えばいいのにねぇ。

>私もカニバリズムの物語は苦手中の苦手です。

不思議と「羊たちの沈黙」は大丈夫だった私ですが、他の映画で観るとしばらく肉が食べられなくなったりします。苦手です。
悪趣味です。この映画でももうちょっとコミカルなのを期待していたんだけど割とグロかったですから意気消沈でした。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★happyさんへ★

はじめまして(ですよね?)
コメントありがとうございます

>私の知り合いもパイが食べられなくなった人多かったです。

そうなりますよねぇ…といっても、ミートパイなんてめったに食べるもんでもないですけどね

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました。 (マダムよう)
2008-04-24 09:59:53
辛口なのに好評価で、うれしかったです。

私もこの映画をジョニーがやると聞いたときは、「かんべんしてよ」と思いました。
でも、市村正親さんと大竹しのぶさんの舞台を見て、この作品がなぜみんなに好まれるか、よくわかりました。
そして、いかにもティム・パートンが好きそうだなあと。
舞台はブラック・コメディーですが、映画はスプラッターホラーになっていましたね。
でも、役者が歌うミュージカルで、役者の力量も問われる作品ですが、私もよくできていたと思いました。

加齢臭ー私も経験があります。
忘れもしない「ラストサムライ」の試写会でした。
隣の方が…あれって、慣れない臭いなんですよね。
お察し致します。
★★コメントありがとうございます~その5~★★ (ピロEK(マダムようさんへ))
2008-05-04 19:42:41
★マダムようさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>舞台はブラック・コメディーですが、映画はスプラッターホラーになっていましたね。

そうなんですか、なんとなくそんな気はしておりました。
私の中で、映画を観る前のこの話に対しての印象ってコミカルだったので、そういうの期待して観にいったら…うげって感じで

>加齢臭ー私も経験があります。

このときにいらした紳士はそこまで酷くはなかったんですけど、キツイ方はキツイですもんねぇ
食事のときに近くにいたら逃げ出したい場合とかもあったりして…
…でも、私もそんな年齢に差し掛かっているので、これ以上のコメントは控えさせてくださいませ

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

160 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (ラムの大通り)
(原題:Sweeney Todd THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) -----この映画って、ミュージカルなんでしょ。 ティム・バートンにしては少し珍しくニャい? 「そうだね。 でも、その内容からしてバートン向き。 確かに“歌”はあるものの、 そのベースはサイレント期のユニ...
スイニー・トッド  フリート街の悪魔の理髪師 (映画の話でコーヒーブレイク)
先週涙を呑んだ、スイニー・トッド。 今週火曜日、行ってきました! もちろん通常スクリ~ン。 いつもは映画を見ながら飲み食いはしないんだけれど、 お昼を食べる時間が無かったので おにぎりにコーヒー(合わんなぁ~)買って入ろうとしたら、 「外でお求めになったも...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (B級パラダイス)
さすがに初日だけあって大混雑でした。やはりジョニー人気なんでしょうか。
SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET (銅版画制作の日々)
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。   1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルです...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (Sweet*Days**)
監督:ティム・バートン CAST:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボトム=パーカー、アラン・リックマン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞 ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007) 117分 (極私的映画論+α)
 ジョニー・デップの最高傑作だと思います。 原題はSWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ネタバレ映画館)
観る前に床屋へ行くか、観てから床屋へ行くか・・・
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ SWEENEY TODD (我想一個人映画美的女人blog)
ティム・バートン×ジョニー・デップ 6度目となるコンビ最新作{/ee_1/}はミュージカル{/ee_2/} "スウィーニートッド"はイギリスで150年以上も語り継がれ、 これまでにも何度か舞台やミュージカル、映画、小説の題材になっている殺人鬼の物語を映画化したもの。 199...
映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (うっかりはんぞう)
おはようさん! 日曜日に2作品観賞の2本目。 1本目のシネコンでも上映していたの
スウィーニー・トッド/血の罪は、血でないとあがなえないのか。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
ただの、ブラックユーモアやティムバートン式のシュールな復讐劇だと思っては観ていていけませんよ。ちゃんと、人間のお勉強しましょうね!
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』:傑作誕生!かと思いきや:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
オープニングの理髪店二階の屋根窓を俯瞰で撮るあたりから、『ファントム・オブ・パラダイス』を思い出したりして、スティーブン・ソンドハイムの重厚で人間の歌声さえも楽器としてしまうような多層的な楽曲、それに凝った美術にメイクアップ、陰影に富んだ画面づくり...
[映画『スウィーニー・トッド 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼てな訳で、いつものMOVIX昭島に『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を、女子中学生と観に行きました。 ここで言う女子中学生とは、私が通勤中にすれ違う<佐藤寛子似>ではなくて、姪っ子である。 早朝にネット予約したのだが、職場の昼休憩に見...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Diarydiary!)
《スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師》 2007年 アメリカ映画
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」みた。 (たいむのひとりごと)
包丁もカッターもカミソリも使うケド、少しばかり刃物恐怖症&先端恐怖症の気がある。幼きころのトラウマ。痛さと出血を知ってるからなんだろうなぁ。・・ということで、怖いもの見たさのみでの鑑賞。けれど喉元がな
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 を観ました。 (My Favorite Things)
よく考えたら悲惨な作品です。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (BLACK&WHITE)
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】2007年/アメリカ 監督:ティム・バートン  出演: ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、ア...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観る (紫@試写会マニア)
みんなのジョニデこと、ジョニー・デップと奇才ティム・バートンが三度タッグを組んだ話題作、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。 ジョニデ初披露の歌声!との振れ回りですが、「ショコラ」での流浪の民・ルーも「コープスブライド」...
[Review] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Diary of Cyber)
史上最強と言っても過言ではない、ティム・バートン監督と名優ジョニー・デップのコラボレーション。これまでもダークなのに不快感がほとんど無く、且つコミカルにキャラクターが躍動する映画はいくつかありますが、この作品はその真骨頂と言えるのかもしれません。 第56...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観る (紫@試写会マニア)
みんなのジョニデこと、ジョニー・デップと奇才ティム・バートンが三度タッグを組んだ話題作、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。 ジョニデ初披露の歌声!との振れ回りですが、「ショコラ」での流浪の民・ルーも「コープスブライド」...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Yuhiの読書日記+α)
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演のミュージカル仕立てのスリラーです。ジョニーが初めて歌声を披露するというので、結構話題になってましたね。でも、まさかここまで歌いまくってるとは思ってもみませんでした{/face_hohoemi/} <あらすじ> 19世紀、ロンド...
スウィーニー・トッド  フリート街の悪魔の理髪師 (ふぴことママのたわ言)
いつもなら絶対に観たくない類の内容だけど、{/down/} 主演がジョニーで監督がティムなら どうしても観たくなりますよね~{/up/} 出だしはいつもの重い感じで 暗めの映像が、ダークなイメージに合っています。 血の赤が、ちょっと不気味に目を引きます・・ でも、それよ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (レンタルだけど映画好き )
いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 2007年 アメリカ 本格的な歌声を初披露したジョニー・デップ。狂気さは今まで以上。流石にR15指定なだけあって血・・また血・・・血しぶき・・・。そして不気味な笑顔 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
いかにもティム・バートンぽいダークな世界、ほとんどモノクロの中に真っ赤な血が鮮烈に強烈に吹き出す。 まともに目を開けてみていられなかったけど、ジョニーの怪演ぶりはさすがでした。 それにヘレナ・ボナム=カーターのしたたかな女主人ぶりが最高。 生きていく為...
感想/スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(試写) (EDITOREAL)
ジョニデ、唄うのか! 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』1月19日公開。美しい妻と娘と暮らしていたベンジャミンは、その妻を見初めた悪徳判事の謀略により無実の罪で投獄される。15年後、脱獄した彼はスウィーニー・トッドと名乗り、かつてと同じ場所で...
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (eclipse的な独り言)
 映画好きの方も「70年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に投票を!  
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (まぁず、なにやってんだか)
R-15指定だけあって血なまぐさいシーン続出で、観ていて体が硬直しますが、とても面白く引き込まれる映画でした。 冒頭から流れるオーケストラの曲も迫力があって私好み。劇場で観る価値ありだわぁ~と感激。そして、スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)の歌...
映画『Sweeney Todd』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
Tim Burton監督とJohnny Deppによる黄金コンビの最新作、『Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(邦題:スウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師)』を観て来ました。 このコンビの作品は個人的に好きな作品ばかりなんですが、その中で一番衝撃を受...
★スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)★ (CinemaCollection)
SWEENEYTODD:THEDEMONBARBEROFFLEETSTREETいらっっしゃいませ、そして永遠にさようなら製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/01/19ジャンルサスペンス/犯罪/ミュージカル【解説】おなじみとなったジョニー・デップとティム・バートンの名コンビが贈....
2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のMOVIE 映画を鑑賞しました。秊 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(更新:2008/01/26) 評価:★★★★☆ そこは、二度と出られない悪魔の理髪...
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (2008 映画観てきました♪)
いんや~ ここまでグロイとは・・・ 同じR=15指定の「300」なんて 比じゃありませんよ! のど 掻っ切るシーンは このワタシでも 正視できませんでした~ だから 数え切れないほど スクリーンから目を離しましたっ!
至高の髭剃り体験を (CINECHANの映画感想)
21「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(アメリカ)  19世紀ロンドン。フリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に横恋慕したターピン判事の陰謀で、無実の罪を着せられ、投獄さ...
★「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ひらりん的映画ブログ)
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。
血まみれジョニー~『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』 (真紅のthinkingdays)
 SWEENEY TODD:  THE DEMON BARBER  OF FLEET STREET  ロンドン・フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、悪徳判事 ...
劇場鑑賞「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (日々“是”精進!)
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞してきましたティム・バートン監督が盟友ジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐...
<スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師>  (楽蜻庵別館)
2007年 アメリカ 117分 原題 Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 監督 ティム・バートン 原作 スティーヴン・ソンドハイム  ヒュー・ウィーラー 脚本 ジョン・ローガン 撮影 ダリウス・ウォルスキー 衣装デザイン コリーン...
『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 2008-No4 (映画館で観ましょ♪)
オープニングの赤い雨のしずく・・・ココがもう好きです! こういった色使いの映像は大好きです! 「すごい話だね」  「やっぱ...
「スウィーニー・トッド」:有明二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この辺りって、倉庫街ばかりだと思ったら、こんな立派なマンションができてるのね。 {/kaeru_en4/}時代の変化だよ。時がたてば、街は変わり、人も変わる。 {/hiyo_en2/}街は変わらないのに、人が変わったのが「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (そーれりぽーと)
待望の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をロードショー当日に観てきました。 が、気合を入れすぎて、記事書くのにえらい時間がかかりましたw ★★★★★ 2008年もまだ始まったばかりだというのに、今年はこの映画を上回る映画はあるんだろうか。 舞...
映画 【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 トニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 おはなし:19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (小部屋日記)
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン いらっしゃいませ。 そして、永遠...
映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  終盤から貧血気味で、気分が悪くなってしまった。銀のカミソリと真っ赤な血、そして人肉の塊をミンチに切り刻む。そしてゴキブリとネズミがところかまわず徘徊する。        これでもかとばかりに、残酷シーンのオンパレードが続き、不快感で胸が悪くなる
スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師 (とんとん亭)
「スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師」 2008年 米 ★★★ 映画ブロガー様の間でも超のつく人気を誇るジョニー・デップの新作!! 「パフューム」と雰囲気が似ていて、200年ぐらい前のヨーロッパの古めかしい ダークな映像は独創的で良...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber (2008)」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開 ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(映画館) (ひるめし。)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、他 *監督:ティム・バートン ...
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (happy♪ happy♪♪)
舞台は19世紀の英国・ロンドン。 無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、 名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。 15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、 殺人理髪師スウィーニー・トッド。 胸には復讐、目には狂気、手にはカ...
スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。■ストーリー19世紀のロンドン、フリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーは、美しい妻をもつ悪徳判事タービンに嫉妬をもたれていた。やがて、無実の罪を着せられて投獄させられる。15年後、脱獄した彼は”...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞 (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞レビュー! 原題::::SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 2007年 アメリカ 全米公開::::2007年12月21日 日本公開日::::2008年1月19日(土) 上映時間::::117min...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画通の部屋)
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」SWEENEY TODD:TH
スウィーニー・トッド 08012 (猫姫じゃ)
スウィーニー・トッド Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 2007年   ティム・バートン 監督ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム・カーター アラン・リックマン ティモシー・スポール ジェイミー・キャンベル・バウアー ローラ・ミシェル・ケリー...
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」公式サイト首スパッ! 血じゃばじゃば~~。これを歌いながら 何人も!結構ヘビーと聞いてたので 席も後ろめに座ってみたけど・・いやあ期待を裏切らない(?)ティム・バートンやりたい放題...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (シャーロットの涙)
伝説の殺人理髪師スウィニー・トッド
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月19日 日本公開 肉まんに段ボールってのは聞きましたけど ミートパイに・・・・ほにゃららが使用されてるとはねぇ (|||_|||)オエーッ "はさみ"から今度は"カミソリ"に持ち替えて さすが&qu...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ティム・バートンとジョニー・デップといえば、90年代から数々の傑作を物にしてきた名コンビ。 毎回変わった趣向を打ち出す彼らの最新作は、...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (りらの感想日記♪)
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】 ★★★★☆ 試写会(1) 2008/01/18 ストーリー 19世紀のロンドン。フリート
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007・米) (雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー))
ジョニー・デップ主演のミュージカル映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会に 行ってきました。 映画の公開日は1月19日(土)です。 場内は、空席を見つける方が難しいほどの混雑ぶり。 いいのかなあ……ミュージカル映画なのに。 扱...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠であるスティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが手掛けた同名舞台を映画化。 19世紀のロンドン。フリート街で...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ぷち てんてん)
この映画と『28週後・・』を一緒に見ようかと思っていたんですが、時間の都合で今日はこれ一本。でも、それでよかったのではないかと思った私です^^)どちらも血みどろ~~ですもん~~~^^;)☆TBは確認後にアップします、しばらくお待ちくださいませ(m。_。)m☆☆....
映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
もとはミュージカルですから、ミュージカルが苦手・嫌いな人は見ない方がいいですよ。 最初から最期までセリフもありましたがほとんど歌って...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画鑑賞★日記・・・)
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】R-152008/01/19公開(01/19鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ティム・バートン原作:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (えいがの感想文)
2007年/アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ    ヘレナ・ボナム=カーター 猟奇的だけど、コミカル。 ダークな世界なのだけど、コミカル。 悲劇的なんだけど、コミカル。 これぞティム&ジョニーの世界。たっぷりと堪能できま...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (C note)
1月公開映画の中ではたぶん一番の話題作。さっそく行っときましたー <あらすじ>
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
スプラッタ系は苦手のjesterですが、どうしてもジョニデとアラン・リックマンのデュエットが聞きたい! と覚悟を決めて「SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET」をみてきました。 ところところ目をつぶりつつ、ティム・バートン・ワールドに浸りきって、☆☆...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Sweeney Todd-The Demon Barber of Fleet Street-”作詞・作曲=スティーヴン・ソンドハイム。オリジナル台本=ヒュー・ウィーラー。監督=ティム・バートン。脚本=ジョン・ローガン。衣装=コリーン・アトウッド。美術=ダンテ・フェレッティ。撮影=ダリウス・ウォル...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (或る日の出来事)
期待はずれ。 バートン=デップのコンビだから期待しすぎなのかもしれないが、ただ原作をこなしていった、だけのような印象を受けた。 舞台...
映画「スウィーニー・トッド」 (Serendipity !)
 映画「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」の試写会に出かけた。  
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』in梅田 (☆えみたんの日記帳☆)
ついちょっと前に映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 を観て来たよぉ~ヽ(=´▽`=)ノ いやぁ~相変わらずジョニーデップはメイクで全然雰囲気変わるよねw 今回の映画はまたパイレーツとは全然違ったキャラだしね(○'ω'○) しかもこの映画は...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (シュフのきまぐれシネマ)
1月19日(土)ユナイテッドシネマ豊洲 観るなら夜中と決めていたのでナイトショーで初日鑑賞 これで終わりっぽいけど、これからどんな展開にするのかなーんて思ってたらホントに終わりでした。 いえね、せいぜい一時間いったかいかないか程度だと思ってたので、
映画『スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師』(2007年... (-bluescreenlife-)
原題:SWEENEYTODD:THEDEMONBARBEROFFLEETSTREETトニー賞受賞のブロードウェイミュージカルを『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートンが映画化。出演はジョニー・デップ(アカデミー賞主演男優賞ノミネート!)とヘレナ・ボナム=カーター。ゴールデングロー....
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2007 アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン ストーリー:舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Sweeney Todd Demon Barber of Fleet Street )観終わった後に釈然としない気分が残るのは、主人公の行動に関する説明がスッポリ抜けているからだ。  実直な理髪師だった男が、悪徳判事の陰謀により流刑になった挙げ句に妻子と職を失い、15年後にスウィー...
スウィーニー・トッド (RAKUGAKI)
危険。デンジャラス。エンターテイメント指向ながら、生々しい殺戮。でも殺伐とはして
★映画スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~★ (しろくろ!~城黒猫のヲタ日記~)
劇場版最新作映画 スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~ を試写会で見ました。 <ストーリー・あらすじ> 19世紀のイギリス・ロンドン。 無実の罪で投獄され、その首謀者であるターピン判事に 妻も娘も奪われた男ベンジャミン・バーカーが、...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (まじめにふまじめ★)
数年前にもやはり同名映画が公開されて観に行きました。 調べてみたら97年に製作さ
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 @新宿ミラノ座1 (映画な日々。読書な日々。)
舞台は19世紀の英国、ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカ...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』('08初鑑賞11・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 1月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。{%saiaku%}
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
久々にダークな演出の冴えるティム・バートン作品を観たなーって感じで、結構満足できる作品が観られました。ダークって表現では表現が難しい、この監督の独創美と毒は観ていてクセになりますよねー。コミカルな要素が強いものより、こういうシリアスな作品の方が個人的に...
★★ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (映画の感想文日記)
2007年。DreamWorks."SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET". ティム・バートン監督。  ジョニー・デップにもティム・バートンにも大した興味はなく...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」鑑賞 (BIGLOBE平主任ブログ)
フリート街の平主任。 石塚です。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (八ちゃんの日常空間)
だから、八ちゃんはスプラッターが、ダメなんだってば!
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師☆いらっしゃいませ。 (☆お気楽♪電影生活☆)
そして、永遠にさようなら。
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ビター☆チョコ)
19世紀ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は美しい妻と生まれたばかりの娘に囲まれ、幸せに暮らしていた。しかし、その幸せはある日無残に砕かれる。ベンジャミンの美しい妻に魅せられた悪徳判事ターピン(アラン・リック...
[映画]スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (落とし穴には気をつけろ!)
グロ~ この迷いのない残酷さは凄いなあ。見ながら一々ビクッとしていたので、終わった時には非常に疲れました 悪徳判事(アラン・リックマン)のせいで妻子を奪われ、無実の罪で15年投獄されたベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)が、スウィーニー・トッドと名...
スウィーニーとミートパイ工房の秘密 ティム・バートン 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (SGA屋物語紹介所)
「どうしてもやるんですか」 「やる。わたしほどひどいヤツは見たことがない」 ぶし
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/サシャ・バロン・コーエン/ティモシー・...
●スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(11) (映画とワンピースのこでまり日記)
挽肉見たらしばらく思い出しそうだわ・・・特に粗挽きなんか・・・
愛と狂気と人肉パイ (Ondul Blog ver.β)
『スウィーニー・トッド』感想 @2008.1.26 理髪師にして殺人鬼(復讐鬼)。 不謹慎ながら「これほど相性の良いものがあるだろうか!」と真っ先に思ってしまいました。手には研磨された鋭い切れ味のカミソリ。客は何もしなくても自分から急所の喉下を晒してくれる。「さ...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2007/米/ティム・バートン)  【期待度】★★★・・ 【満足度】☆☆☆☆・   【激しい流血描写&シュールな死体遺棄描写には・・・何故か笑ってしまう度】★★★★★
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画を観たよ)
さぁ、色々楽しみ!
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 恐ろしい共生関係 (はらやんの映画徒然草)
刃物と血が、容赦なかったですね。 僕は痛いのや、血がたくさんのものは苦手なので、
「スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
ティムバートン、等身大。J.デップもT.バートンもすっかり大御所になりました。前作「チャーリーとチョコレート工場」も大ヒットし、2人の作品というだけである程度の成功は約束されたようなもの。実際、今回の題材もブラックな要素に満ちていて、まさにこのコンビのため....
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 31日「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」@TOHOシネマズ川崎スクリーン6。 客入りは映画の日の前日と言う事で非常に悪い。335席のキャパに若い女性客を中心に30人弱。 映画の話  19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻...
スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師 (シネマ大好き)
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「スウィニー・トッド 悪魔の理髪師」。 無実の罪で投獄され、妻子を奪われたベンジャミン・バーカーは、15年後、復讐の鬼と化したスウィニー・トッドとしてロンドンに帰還。元自分の家ではミセス・ラベットが売れない...
■人肉ミートパイいかがですか?~ジョニーデップ&ティムバートンのスウィーニートッド (AKATUKI DESIGN)
先週末にジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督の”スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師”を見てきました。 これは、有名なミュージカルの映画化で私は原作を良く知らないのですけど、恐らくストーリーには特別な味付けはしていないのではと思います。...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (古今東西座)
血、血、血、血 な映画。救いのないくらいの酷い物語なのだが、白黒に近いくらいな極端に色彩を抑え光を抑えてスタイリッシュに見せられると、何か高尚なものを鑑賞しているような錯覚に陥るのだが、実際はロクデナシしか出てこない荒んだ映画である。 と書くと貶している...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (que sera sera♪ riのお気楽生活)
   《劇場鑑賞》    今年最初の映画が、  結局『スウィーニー・トッド』。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 SWEENEYTODD:T... (映画に恋してる)
この街に残る思い出はつらすぎる。深く立ち込める霧がたとえすべてを塗りつぶしたとしても時間は戻せない。15年ぶりに降り立ったロンドン。長く苦しい月日は彼のすべてを変えてしまった。誰も彼だと気づく人はいないだろう。幸せにあふれていたまるで咲き乱れる花のよう...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (なんちゃかんちゃ)
ブロードウェイの傑作ミュージカルを、監督ティム・バートン&主演ジョニー・デップの黄金コンビで映画化したスリラー。実在した理髪師の復讐劇を、ときにコミカルに描く。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (Johnnyダイアリー)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師監督:ティム・バートン 【スウィーニー・トッド/ベンジャミン・バーカー】ジョニー・デップ【ミセス・ラベット】ヘレナ・ボナム=カーター【ターピン判事】アラン・リックマン【役人バムフォード】ティモシー・スポー...
スウィニー・トッド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実は、去年の1月に舞台で観ました。その時の主演は市村正親さんと大竹しのぶさん。ミセス・ラベット演じた大竹しのぶさんの怪演(?)がかなり印象強かったんだけど(笑)ってことで、ストーリーは把握しちゃっての鑑賞ですがオープニング映像から、思わずにんまりしちゃっ...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 ぎょえ~ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
すっかり、バートン印と化したタイトルバック映像に期待が高まり、雰囲気も悪くない。 ところが、船に乗った青年が唄いだし、さらに白塗りのジョニデまでも唄いだし、本格ミュージカルの兆しが・・・。 歌が多めやったり、踊ったりするミュージカル映画ならなんとかなるん...
『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
今年一本目はこちら『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』です。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
今年やっと4本目。 試験ウィークと言うこともあってどうしても1月は出遅れるが、 何とか月4(≒週1)は達成。 予告は、いろいろあったな。 「ライラの冒険」「バンテージ・ポイント」「紀元10000年」 「ナルニア物語 第2章」「すし王子 ニューヨークへ行く」...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007・アメリカ) (白ブタさん)
ホラー映画だった{%saiaku%}
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ひめの映画おぼえがき)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ジョニー・デップ主演) 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム...
「シャンプー台のむこうに」「スウィーニー・トッド」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
奇しくも2日続けて、イギリスの「理容美容院」の映画を見てたんです。しかも両方にアラン・リックマンが出てる@@ 「シャンプー台」では...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007) (シネマ・コネクション)
ストーリーも微妙だし、ジョニー・デップの歌声も微妙。それから、印象に残る曲が無いってのもミュージカル映画としては致命的。好きなシーンは結構あるけどティム・バートンっぽいのはオープニングだけ。グロいだけの中途半端な作品。 設定だけもらってストーリー(オ...
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (オモヒノママニ)
ティム・バートン&ジョニー・デップの最強コンビの作品、そしてジョニー初のミュージカル。期待いっぱいで劇場へ! モノクロに近い独特な色彩がスクリーンいっぱいに広がって、それだけでティムの世界に入り込んだことを実感できました。 ミュージカルは苦手ですが、台...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 貴方ハ ... (お習字帳(ヲシュウジチョウ))
※ネタバレしちゃったらごめんなすって。m(__)m火曜日に観た映画の話をいたしませう。観るまえにBLのコミック雑誌を開き、おそらく腐女子店員さんが仕掛けたであろう己が萠えポイントを見せつけられ、全身に雷を打たれたような衝撃が走った話は、先日記事にいたしました通...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
ひさしぶりに試写会です(日記が公開してからですが)ヤクルトホールにて鑑賞♪(ゆりかもめの通路を行けば信号も雨なども平気です)残念ながら?本人が登場するプレミア試写会ではありません。さて、ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビ。理髪店主の復讐劇+...
最近寝た映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (腹黒い白猫は見た!!)
2008年24本目「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪店」いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。ストーリー19世紀のロンドン。フリード街で理髪店を営んでいたベンジャミン・パーカーは、ある日突然すべての幸せを奪われる。彼を妬む悪徳判事ターピンによ...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」ジョニー・... (コレ、いいかも☆)
19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007) (けいのよりみち)
ご存知ティム・バートン&ジョニー・デップが組んだホラー・ミュージカル。 昨日観てきました! ジョニーはこの作品でやっとゴールデン・グローブ賞とりましたね。 おめでと~! 残酷なシーンが多くて 「子どもに見せたい映画」ではないなぁ・・・と。 やっぱりこ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。今回は大きくネタバレ有りの為、要注意オープニングからいきなり 血が流れ出して進んでいくのがもうかなり おえっぷでやんす~( ̄ω ̄;)そしてミンチ製造機。。。 おぉぉぉ ヤバイ かなり怖い妻子と幸せに暮らしてい...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (tomozoのうれし★たのし★大好き)
待ちに待った「スウィーニー・トッド」は初日に鑑賞。のっけからなんだけど、ティムの作品の中でも、この作品はかなり上位に入る良さなんじゃないんだろうか。なるほどゴー
映画「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」 (<花>の本と映画の感想)
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アラン・リックマン 2007年 妻と子どもを奪われ、無実の罪で投獄されていた理髪師ベンジャミン・バーガーが、15年...
映画「ボルベール」 (<花>の本と映画の感想)
ボルベール 帰郷 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス 、カルメン・マウラ 、ロラ・ドゥエニャス 、ブランカ・ポルティージョ 、ヨアンナ・コボ 、チュス・ランプレアベ 2006年 (映画館にて鑑賞) ライムンダは、娘バウラと姉ソーレ...
スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 (何書☆ねくすと)
 評価:☆           血に染まる凶刃度:90% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまら...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジャミー・キャンベル・ボーウェン...
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」試写会 (猫とHidamariで)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師HPシネマトゥデイ↓チェックブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バー...
海賊から転職!? スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (風我)
“いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。” 2008年のジョニー・デップは・・・悪魔の理髪師!? 舞台はイギリス、19世紀―。悪徳判事の陰謀により、無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)。やがて彼は、名も姿も変えてロンドンの...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠であるスティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが手掛けた同名舞台を映画化。 19世紀のロンドン。フリート街で...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 先に言っておきます。辛口です。 いや、ほら、結構褒めてる人多いみたいだから。 10年くらい前の映画も見たし、ミュージカルも知ってるから、ストーリーについてはあんまり感想がないんだな~。 こういうモノだって見てるから。 ミュー...
んー。血が流れすぎ・『スイニー・トッド』 (気まぐれキネマ&ダイアリー)
久しぶりのミュージカルです。といっても、数年前の舞台を最後に観てないし、ミュージ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (knockin' on heaven's door)
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 陰鬱な空の広がるロンドンで、黒い煙を吐き出す理髪師の悪魔の歌声が聴こえて来る。その階下の店で作り上げられるのは極上のミートパイ。 悲哀と愛情、皮肉を血で染め上げて、ティム・バートンが生み出したクラシッ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (おたむ’ず)
★★★☆☆byおたむ   ジョニー・デップのセクシーな歌声にメロメロメロ(*'ω'*)   原題☆SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 製作☆2007年☆...
映画『スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師』を観て... (KINTYRE’SDIARY)
11.スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師■原題:SweeneyToddTheDemonBarberOfFleetStreet■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■日本語字幕:佐藤恵子■鑑賞日:1月25日、セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□....
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (奥様的部屋)
ティム・バートン&ジョニー・デップ <公式サイトへのリンク> 血生臭いのは苦手だし、ミュージカルも時々着いていけないことがある私だけど、ジョニー・デップが出ているというだけでもう満足(今回のReviewはかなり個人的趣味が強いので、これから観ようとしている...
映画[ スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 ]悪魔の理髪店へようこそ (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 ]を吉祥寺で鑑賞。 これでもか、これでもかと、やたらめったら人が死ぬ。決して、ガキどもには見せられない。こんなアンチハリウッドな雰囲気がたまらなく素敵である。さすがティム・バートン監督でござる。
映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (Mr.Bation)
おっと、旧作ばかり追っかけているのでまたしても危うく観たい新作を逸するところであった。というわけで、やっと観てきました。{/face_tehe/} 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」2007年 アメリカ 監督:ティム・バートン 期待通りのダーク・サイド・...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (the borderland )
小学生の頃、立ち読みした雑誌に載っていたホラー漫画。 床屋のオヤジが頭がおかしくなって、ヒゲ剃る時にめった切りするってのが、あったんですけど、それ見てから、床屋でヒゲ剃ってもらう時は身構えるようになったんですよ。あの瞬間って、完全おまかせ状態でしょ、本...
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (てんびんthe LIFE)
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 正月早々一番みたかった作品。 「ジェシー・ジェームズ」よりこっちのが興味ありました。本当です。 だってミュージカルなんだもん。 「ジェシー・ジェームズ」はなんだか難しそうだ...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』2008・1・27に観ました (映画と秋葉原と日記)
? 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を...
スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★映画よりも、自分が怖くなりました。わかっていたけど…。★以前、映画「キャリー」のブログ記事を書いた時に『お化けの出てくるホラー映画は好きじゃない、理由は怖くないから。人間の方が怖い。』って感じの文章を書いた記憶があるのですが…。そんな自分にはうってつ...
殺人鬼の歌声は美しく響く~スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ひょうたんからこまッ・Part?)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 SWEENEY TODDSWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET (2007年・アメリカ/117分)R-15 2008年1月8日(火)ジャパンプレミア試写会にて鑑賞 ジ...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (シネマ横丁へいらっしゃい)
監督 ティム・バートン(「シザー・ハンズ」、「ビッグフィッシュ」) 出演 ジョニー・デップ(スウィーニー・トッド) ヘレナ・ボナム=カーター(ミセス・ラベット)     アラン・リックマン(ターピン判事) ティモシー・スポール(バムフォード) ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ルナのシネマ缶)
今回のジョニーは 初の殺人鬼役、 そして初のミュージカル! 久々に待ちきれず 初日に鑑賞してきました。 ジョニー&ティムのコンビ作品は やはり面白いです。 しかし・・・かなりグロイ場面も ありです。(~_~;) 理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デッ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [監督:ティム・バートン] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
私なりのヘレボナ讃歌的エッセイみたくしてしまいました。
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ティム・バートン&ジョニー・デップ 天才的な表現者である二人がそろったからこそ作れた映画だと思いました。 二人ともがお互いの才能に感謝しあっている事でしょう。 どの場面もアートとしての美しさをそなえ ジョニー・デップの歌声は歌詞...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(初日) (マダムようの映画日記)
ースウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師ー 2007年 アメリカ 監督 : ティム・バートン 出演 : ジョニー・デップ 、 ヘレナ・ボナム=カーター 、 アラン・リックマン 、 サシャ・バロン・コーエン 、 ティモシー・スポール 、 ローラ・ミシェル・ケリー 、 ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画!That' s Entertainment)
●「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 "Sweeney Todd,The Demon Barbar of Fleet Street" 2007 アメリカ Warner Bros.Pictures,DeamWorks,SKG 117min. 監督:ティム・バートン 原案:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィラー 出演:ジョニー...
剃 ~「スウィーニー・トッド」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ティム・バートン監督作品、ジョニー・デップ主演の、 映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観た。 19世紀のイギリス。 無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、 名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる! 感...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (★Mooooovie★)
19世紀。ロンドン。フリート街で理髪師をしていたベンジャミン・バーカーは愛する美しい妻と娘と幸せな人生を送っていた。しかし、妻に一目惚れしたターピン判事は、無実の罪をバーカーに着せ、妻と娘と離れ離れにさせ投獄した。15年後、フリート街に戻ってきたバーカー...
映画DVD:「Sweeney Todd(スウィーニー・トッド)」 (時評親爺)
忙しさとネタ切れにかまけたサボリ気味の更新ネタは、先日DVDリリースされた『Sweeney Todd』である(R-15指定)。これ当初は”ミュージカル映画”と言うことでかなり購入を悩んだのである(笑)。と言うのもかつて『シカゴ』という映画DVDを購入し...
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (悠雅的生活)
ようこそ。フリート街のこの店へ。
「スウィーニー・トッド」 (のほほん映画鑑賞)
ベンジャミン・バーカー(スウィーニー・トッド)の不運で悲惨な人生物語。 (ネタバレあり) ベンジャミンの美しい妻を奪おうと、彼を嵌めて投獄したターピン判事。 ベンジャミンは逃亡の果てに15年経って、スウィーニー・トッドと名乗り復讐を胸に再びロンドンに戻...
DVD『スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師』 (オタマ・レベルアップ)
DVD『スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 117分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2008/01/19 ジャンル サスペンス/犯罪/ミュージカル 映倫 R-15 解説・・・ おなじみと....
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007/アメリカ) (虫干し映画MEMO)
SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 監督: ティム・バートン 出演: ジョニー・デップ    スウィーニー・トッド    ヘレナ・ボナム=カーター    ミセス・ラベット    アラン・リックマン    ターピン判事    ティモシー・スポー...
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (キューピーヘアーのたらたら日記)
茫然自失
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (☆A・B・CINEMA☆)
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」≪Story≫物語の舞台は19世紀のロンドン、フリート街。理髪店を営むベンジャミン・バーカーの幸福な日々は、ある日突然打ち砕かれた!彼の幸せを妬んだ悪徳判事ターピンによって仕掛けられた卑劣な罠。無実の罪を着せら...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (こんな映画見ました~)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 ---SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET--- 2007年(アメリカ) 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ 、 ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン 19世紀のロンドン。 フリート街で...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (mama)
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 2007年:アメリカ 原作:ヒュー・ウィーラー 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、アラン・リックマン、ヘレナ・ボナム・カーター、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン 19世紀のロンド...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (てんびんthe LIFE)
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 正月早々一番みたかった作品。 「ジェシー・ジェームズ」よりこっちのが興味ありました。本当です。 だってミュージカルなんだもん。 「ジェシー・ジェームズ」はなんだか難しそうだ...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」フリート街にあったもの (ノルウェー暮らし・イン・London)
ゆかりの地を訪ねてシリーズ(勝手に命名)第2弾は、ジョニー・デップとティム・バートンの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 随分前に見ていながら、まだレビューを書いていなかった。 ホラー好きなパパンですら、「絶対に見たくない!」と言い張るこ...