ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【小説】チーム・バチスタの栄光(上)…文庫版

2010-04-05 11:22:07 | 本(小説)
本日から夜勤週のピロEKです。
夜勤は常勤と比べて通常業務が詰まりがち…なのに最近は何故か私しか出来ない特殊な業務が山積…夜勤の度に少し困っております
それにプラスして4月ってやる事が増えちゃうんだよね。更に…
この週末(4/3~4/4)は本来二連休の予定だったのに、全体的な不手際で土曜日はお仕事になっちゃったしなぁ

…と愚痴ってばかりいても仕方ないので、それなりに頑張ります



さて、本日は久しぶりに小説の読書記録
実に1年弱ぶり…この間当然小説を読んでいなかった訳ではないんだけど、なんとなく難しいんだよね記事にするの(記事にしたらしたで、大したことは書けていないんですけど)。

…まぁ、とりあえず



「チーム・バチスタの栄光(上)」
(海堂尊著、2007年11月26日初版発行<※文庫版>、宝島社)

これは嫁さんが文庫版をブックオフで探し出して買ったもので嫁さんが読み終えた後、2010年3月中旬ごろから主にお風呂で読んでいた一冊(否、上下巻なので二冊)。
ツイッターで9:47 PM Mar 16th
『今からお風呂に入る予定。今日から風呂で「チーム★バチスタ」シリーズを読む予定。←意味はありませんが、真中に星を入れて「チーム★アメリカ」っぽくしてみました。』
とか書いているから多分時期は間違いないです

で、その感想文なのですが…
小説の感想文(※私の中では感想・レヴューというよりもあくまでも読書した記録として設定)、特にこのようなベストセラー作品の場合はボロが出ないように出来る限りサクッと記事にしておきます



ストーリーですが…
東城大学医学部付属病院の有名な心臓手術チーム“チーム・バチスタ”…天才外科医桐生助教授を中心とする彼らは優秀なチームだったが、立て続けに術中死が3件起こってしまう。医療過誤の憶えの無い桐生は高階病院長を通じ、万年講師の田口公平に調査を依頼する。

というようなお話。



で、ピロEK的感想
評判通り面白い本でした
読んだ時点でも、この記事を書いている時点でも、映画もドラマも観ておりません…なのでストーリーは純粋に楽しめました

この小説、文庫本になる時点で上下巻になってまして…
上巻では事件が起こっているのかどうかもハッキリしませんからストーリーに大きな動きはありませんし、主人公の一人も未登場。
…そんな感じなのですが文章が面白く退屈しません

ここでの展開は主に、
登場人物に聞き取り調査をする主人公(の一人)田口医師、彼自身も含めて登場人物のキャラ各々がたってて、顔までが見えるよう
医学関連のミステリーという事で専門用語も沢山出てくるんですけど、それらが話を阻害する事も無く分かりやすい分かりやすいというよりもソコが寧ろ面白いという感じですかね

私の場合、嫁(※この本を買った本人)が医療関係者ということもあり知らず知らずに知識が増えていたのかも知れませんけどね


ということで兎も角面白いです。オススメ

個人的には解決編の下巻よりもこの上巻の方が何となく面白く感じました



この作者の海堂尊氏…最近はよくコメンテーターで出てますね。
この本読むと彼の発言がそのまま…あ~色々書きだすと結局長くなりそうだから、このネタは下巻の記事にとっておきます



ではまた
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この週末は… | トップ | 【小説】チーム・バチスタの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊 (【徒然なるままに・・・】)
アメリカ帰りの天才外科医・桐生が率いる<チーム・バチスタ>は、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門のエリート集団。難易度の高い手術にも関わらず成功率が高く、マスコミからも注目を集めている大学付属病院の花形的存在である。 ところが原因不明の術中死が立...
【本】チーム・バチスタの栄光 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
        『チーム・バチスタの栄光』     海堂 尊     宝島社         ~*第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品~【comment】1ページ1ページを読み進めるのが勿体無くて、1行1行に信じられない程の愛着を覚えた。私は、筆者が...
チーム・バチスタの栄光 (Yuhiの読書日記+α)
海堂尊作「チーム・バチスタの栄光(上)(下)」(宝島社刊)を読みましたー! 以前に映画版は見ていたんですけどね。(感想はコチラから) 原作本は、第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品で、映画化・ドラマ化もされている超人気作品。映画を見る前から小...
チーム・バチスタの栄光  海堂 尊 宝島文庫 (極私的映画論+α)
 いやぁ・・・おもしろかったっす(^^;)
「チーム・バチスタの栄光」 文庫&ドラマ (the borderland )
まずは原作。医療現場の事件なので、専門用語も多そうだし読みづらいのではないかという先入観は思いっきり覆されました。それどころか、先を読みたくて仕方なくなるほど面白かったです。普段は会社の昼休みにしか本は読まないのですが、家に帰ってきても読んでましたから...
本 「チーム・バチスタの栄光」 (はらやんの映画徒然草)
原作の上巻を読んで、映画観て、それからまた原作の下巻を読んで、というとても変則的
チーム・バチスタの栄光 (Akira's VOICE)
海堂尊 著
チーム・バチスタの栄光 (海堂 尊) (花ごよみ)
第4回“このミステリーがすごい!” 大賞受賞作品。 この作品が海堂 尊のデビュー作。 心臓手術を行う特殊チームに起こった、 術死を巡る疑惑。 その疑惑を解決すべく、 選ばれた二人の人物。 厚生労働省から来た、 情け容赦ない、 ロジカルモンスターの白鳥と、 ...
【BOOK】チーム・バチスタの栄光(上・下) (思いつくままに)
■著者:海堂尊 ■発行:宝島社 ■価格:上下各 476円+税 ■感想など: 面白かった! 映画のほうは既に観ていたので、大まかなストーリーも犯人も手口 すらも知っている状態で読んだんだけど、それでも面白かった。 映画を先に見てたから、登場人物のイメージはみん...
「海堂尊」の感想 (読書感想トラックバックセンター)
「海堂尊(かいどうたける)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:チーム・バチスタの崩壊(チーム・バチスタの栄光)、ナイチンゲールの沈黙、ジェネラル・ルージュの凱旋、螺鈿迷宮、他 書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記...
本『チーム・バチスタの栄光』海堂尊 (日々のつぶやき)
長いこと積んであったのですが、間もなく映画が公開ということで慌てて読みました。 「神経内科で講師の田口は、高階病院長とバチスタ手術のトップ外科医桐生恭一に依頼されて、連続して三件起こった術死を調べることになった。単なる不運の連続なのか、医療ミスか、意
海堂尊の『チーム・バチスタの栄光(上・下)』 (としちゃんの暇な一日)
52、53冊目、海堂尊の『チーム・バチスタの栄光(上・下)』。 えっーと、随分前にドラマや映画になりましたよね。 実はどれも観てないんです。でもドラマの方は一、二度観たような記憶が・・・ ちびノリダー(古っ!)と仲村トオルだったよね。 アメリカ帰りの天才外科...
チーム・バチスタの栄光 (みるき~うぇい)
宝島社より¥1680で発売中 第4回このミステリーがすごい!大賞大賞受賞作 <あらすじ> 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術である「バチスタ手術」の専門チームを作り、 次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。 し...
海堂尊  『チーム・バチスタの栄光』 (映画な日々。読書な日々。)
チーム・バチスタの栄光 \1,600 株式会社 ビーケーワン 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称&qu...