ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】宇宙人ポール…コミコンと宗教がツボ

2013-02-25 14:34:56 | 映画・DVD
まずは近況報告から…

2013年2月21日(木曜日)には、修理に出していた車が戻ってきました
既に代車に慣れて、自分の車の操作でチョイチョイ悩むのは困りモノです

2013年2月23日(土曜日)は、朝から一人で山口県の理髪店まで散髪に行ってきました。
凄く天気が良かったので、角島あたりまで足を延ばして、写真撮影でもしようかと考えたのですが、溜まっているアニメの録画とかもあるので、散髪後直ぐに帰宅「獣電戦隊キョウリュウジャー」の1話をチェック(今回の戦隊はモロに子供向きですなぁ)の後、「ROBOTICS;NOTES」を2話分、「PSYCHO-PASS」を2話分観賞。この2本のアニメは佳境に向かって再盛り上がり中。「仮面ライダー ウィザード」も観ました。特撮は「仮面ライダー ディケイド」ぐらいから再燃して、ずっと録画して惰性で観ていますが、そんなに面白いものでも無く(所詮子供向け)、そろそろ離脱しようかと思っている次第。
夕方、嫁さんが仕事から帰って来た後、嫁さんのお母さんが入院している病院までお見舞い…この日は、そんな一日でした。

2013年2月24日(日曜日)は、午後ぐらいから活動。
美容院に行くという嫁さんと娘を連れて、リバーウォーク北九州まで。行く途中、ホビーボックスさん(※模型屋)に寄って、模型雑誌を2冊購入。
リバーウォーク北九州に着いて、個人的にはビクトリノックスにて、ベストと長袖Tシャツを購入。家庭的にはSAKODAでロバート馬場ちゃん似の店員さんに勧められて、前から欲しかったネスカフェのバリスタを購入…こいつは結構優れモノかも知れないです(他にポールハンガー等も購入)。後はソフトバンクに行って、携帯電話の乗り換えを検討。まだ変えませんでしたが、結構悩み中です。
嫁さんと娘の美容院予約の時間を上記の雑誌(+持って行った小説)でも読みながら過ごして、気がつけば19:30過ぎ。
そこから食料品の買い出しにサンリブシティまで移動。そんな一日。



で、時間は巻き戻って「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の記事で書いた近況報告の続き。

2013年2月2日(土曜日)
博多駅前で元ちとせさんの歌を堪能(?)した後、100円バス(初めて乗りましたに乗って(本来の目的地だった)キャナルシティ博多へ移動。色々なお店を回ったけど、結局キャナルでは、ビクトリノックスでピーラーを2個買っただけの私達。あとはラーメンスタジアムの中の“金沢濃厚中華そば 神仙”でラーメンを食べたぐらいかなぁ。
北九州に戻ってから気がついたのですが、ビクトリノックスはキャナルのお店よりもリバーウォークのお店の方が店舗も大きく品揃えが豊富でした

キャナルシティから、今度は博多の駅ビルに行こうと徒歩で博多駅に。
歩いてみて気がつきましたが、キャナルシティ⇔博多駅間って、私の家から最寄りのバス停までよりも断然距離が短いのな。なので、10分程度で博多駅に到着。博多駅前では、元ちとせライブの本番がいよいよ始まるという時間でしたが、こちらは『先程聴いたからもう良いか…』というノリでスルー(よくよく考えてみれば、元ちとせライブが無料で聴けるってのは結構得な出来事だったんじゃないでしょうか)。
博多駅では駅ビルを散策するも何も買わず。

で、夕食は何処にしようかとノープランな夫婦はダラダラ歩いた結果、博多駅筑紫口側にある“博多よかたい総本店”なる居酒屋に行きました。ビールはアサヒでは無く、基本エビスという好感の持てる(?)お店。割と美味しそうなメニューが沢山あったのですが、キャナルシティで食べた神仙のラーメンが効いており、注文は少なめ。アンチョビポテトと、砂ずりとエビのアビージョは美味しゅうございました。焼き鳥は普通、刺身は北九州の店の方が美味いという塩梅のお店。注文が少なかったため、二人で4,000円弱しか掛からず安上がり
出発当初は、次の店に移動して飲む計画でありましたが、ナニブンにもキャナルシティで食べた神仙のラーメンの満腹効果は大きく、徒歩でホテルに戻りました。

で、翌日…ですが、こちらは後日書きます。
引っ張る程の内容では有り得ないのですが、長くなったので



以下は映画観賞記録(半年前)です。



「宇宙人ポール」
(監督:グレッグ・モットーラ、声の出演:セス・ローゲン、出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、2011年イギリス/アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」と一緒に届いた一本。2012年7月14日(土曜日)の夕方から観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
オタクのイギリス人のクライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)とグレアム・ウィリー(サイモン・ペッグ)は、サンディエゴ・コミコンとUFOスポット巡りを目的にアメリカを訪れていた。その途中立ち寄ったネバダ州のエリア51付近で暴走車の事故現場に遭遇する。事故現場の車内を恐る恐る伺う二人の前にポールと名乗るグレイ型宇宙人(声:セス・ローゲン)が現れる。
詳しくは…http://paulthemovie.jp/





ピロEK的感想&点数
予告や事前情報(王様のブランチとかな)で、ほぼ完全にネタバレしていた、この映画でしたが、それでも楽しめました。私が宇宙人や映画にもっと精通していれば()、更に楽しめたんでしょうかねぇ

スピルバーグが声で出演して、「E.T.」の裏話()が聞けるシーンも楽しかったですし(※コメディは日本語で派の私は、この映画も日本語で観賞していたのですが、スピルバーグのシーンだけは英語でリピート)、日本語で鑑賞した為に気がつかなかった(と言っても後半は薄々…シガニー・ウィーバーも面白かったです。

私の個人的なツボは、サンディエゴ・コミコンと、あの創造説を信じるキャンプ場経営親子

サンディエゴ・コミコン(コミコン・インターナショナル)は、10年ぐらい前のスポーン(&アメコミ)ブームの頃からずっと、ローマのコロッセオを上回って、行ってみたい海外第一位な場所(というかイベント)。…まぁ実際に行っても、英語の分からない私がどれほど楽しめるかは、甚だ疑問ではありますが…アメコミやSF系のハリウッド映画の情報が逸早く公開され、多分想像以上のオタクアイテムが即売でもされているんじゃないかと思われる次第
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」でも、主人公の少年が母親に、『コミコンに行って来る』と嘘をついて出かけるシーンがありましたが、あちらはニューヨークなので、それは別のイベントなんでしょうね。

で、キャンプ場経営親子。
あの娘さんは(文字通り)盲目的に、キリスト教の創造説を信じ込んでいる訳で、この映画ではそれをコミカルに描いている訳ですが…日本でこの描写を観る限り、ただ笑って観れば良いんですが、アメリカだとナカナカ勇気のある描写なのかも知れません
以前、情報番組で観たのですが、アメリカには(福音派だったかな)進化論を信じていない宗派の人が1/3もいるらしく、子供を学校に通わせると『進化論なんていう嘘を教える』とかいって、学校に行かせない親御さんもいるとか
…テレビで観た情報が本当なら、正直バカな国だなぁとも思う次第

なので、あの親子の描写は、特別変な親子を描いてるんじゃなくて、社会風刺に近いものなのかも知れません。日本だと規模は違うのかもしれませんが、○○○会を真っ向から笑いモノにしたような感じなのかも
そんな女性が、神様でも治せなかった片目を、宇宙人から治してもらったり…と色々あって今まで信じてきた宗教を全否定。まぁ私はアメリカの宇宙人に関する陰謀説も、勿論信じていないので、このあたりの描写は何とも言えないところですが

と、こんなものだと分かっていたし、基本出オチみたいな映画にしては、まぁまぁ面白かったです。
点数は5点弱(5点満点中)という感じです。



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ものすごくうるさく... | トップ | ああ、最近全然ブログいじっ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-02-26 02:25:36
もっとハチャメチャな単純なドタバタコメディかと思っていたら、何気に面白かったですよね♪
観終わった後はちょっと得した気分☆

『E.T.』の声がスピルバーグって知りませんでした(汗
字幕版で観たのにもったいな~い。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2013-02-26 11:39:57
こんにちは~♪
いや~、面白かったですね!
おバカ全開、小ネタ満載で隅から隅まで楽しめました^^
ま、一番笑ったのはまさに出オチのシガニーでしたが(^^ゞ
にしても、サンディエゴ・コミコンが海外行きたい場所No.1だなんて、流石はピロEKさまです!
ブレてないw

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
ちょっと (sakurai)
2013-03-02 18:03:57
遠出をすると、山口まで行けるんですか!
いいなああ。
なんか、ものすごく遠くまで行った気分。

この映画は、とっても気に入って、二度見してしまいました。
二回目は、最初っからあの人ね~と思って見ると、またちょっと違った見方ができましたです。
セス・ローゲンがいいですよね。
「50/50」はご覧になりましたっけ?
ぜひ!
サイモン・ペグ (KGR)
2013-05-06 16:12:52
はやっぱりコメディで光ります。
MI:3/4やスター・トレックはなんか違和感です。
ニック・フロストとの息もぴったり。

次回作の「The World's End」も期待しているんですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
宇宙人ポール (いやいやえん)
サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビが帰ってきましたよ! SF作家とイラストレーターの二人がコミコンの帰りにUFO関連の観光地巡りをしていたところ、なんと宇宙人と遭遇。ポールと名乗るその彼はめちゃくちゃ人間らしくて可笑しい。帰星するためヒッチハイ...
「宇宙人ポール」Paul (2011 米=英=仏) (事務職員へのこの1冊)
イオンシネマ三川のラインナップも変わってきたなあ。 SC内のシネコンだからどうし
宇宙人ポール (銀幕大帝α)
PAUL/10年/米/104分/SFコメディ/PG12/劇場公開(2011/12/23) -監督- グレッグ・モットーラ 過去監督作:『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 -脚本- *サイモン・ペッグ *ニック・フロスト -出演- *サイモン・ペッグ…グレアム 過去出演作:『スタ...
宇宙人ポール / PAUL (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で人気のコンビ、 サイモン・ペッグ&ニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディーで帰って来た 全米で今年の3月公開。日本ではしたコメ映画祭で秋に...
宇宙人ポール (風に吹かれて)
SFオタクの夢かなう公式サイト http://www.paulthemovie.jp1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が、愛犬
宇宙人ポール (だらだら無気力ブログ!)
期待通りで面白かった!
宇宙人ポール (本と映画、ときどき日常)
監督 グレッグ・モットーラ 出演 サイモン・ペッグ     ニック・フロスト     セス・ローゲン コミックオタクの二人が旅行中に脱走した宇宙人と遭遇。 その宇宙人を目的地まで送ることに。 ロードムービーのドタバタコメディです。 これは!これは! も...
宇宙人ポール (心のままに映画の風景)
SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。 途中、ネバダ...
映画:「宇宙人ポール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年2月3日(金)。 映画:「宇宙人ポール」。 【監  督】グレッグ・モットーラ 【脚  本】サイモン・ペッグ 、ニック・フロスト 【音  楽】 デイヴィッド・アーノルド 【字  幕】種市譲二 【キャスト】 サイモン・ペッグ (Graeme Willy)・...
宇宙人ポール (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) B級感丸出しすぎて、やらかすかなぁ~と思いつつも、きっとそのB級感もあくまでも”感”であって狙ったものなんだと、だから観ても大丈夫、やらかすはずなんてないさっ、観れば分かるさっ、と思い切って観...
「宇宙人ポール」 これこそスピルバーグLOVE、宇宙LOVE (はらやんの映画徒然草)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
宇宙人ポール(2010)★☆PAUL (銅版画制作の日々)
 ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!?友情は星を超える! 評価:=90点 わあ~このコンビものがとても好きなんです!それに+人間みたいな宇宙人ポールが絡んで最高で~す! ただコミックオタクとかにはまったく興味もないしそのあたりはよくわ....
宇宙人ポール (Paul) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 グレッグ・モットーラ 主演 サイモン・ペッグ 2011年 アメリカ/イギリス映画 104分 コメディ 採点★★★★ そのむかしの宇宙人っていえば、子供心にトラウマを植え付けさせられたフラットウッズモンスターや、警官が撮影したとかいうアルミホイルを巻き付け...
宇宙人ポール (迷宮映画館)
あぁぁ、面白かった!
宇宙人ポール (rambling rose)
アメリカにやってきたイギリス人グレアムとクライヴ。SFオタクの彼らはUFO関連の名所巡りの途中に車の事故現場に遭遇・・と思いきや、それは正真正銘、未知との遭遇・・であった!?
宇宙人ポール  PAUL (映画の話でコーヒーブレイク)
DVDの発売を待ってました。 サイモン・ペグのファンなんです。 最近は「スター・トレック」や「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコール」など ハリウッド大作にも出演しています。 しかし「ショーン・オブ・ザ・デッド」のおバカコメディーなんだけど何だか....
宇宙人ランゴ (Akira's VOICE)
「宇宙人ポール」 「ランゴ」 
宇宙人ポール (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙人はつらいよ 公式サイト。原題:PAUL。グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライ ...
映画「宇宙人ポール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/12/21、ユナイテッドシネマ豊洲。 サイモン・ペグ、ニック・フロスト、セス・ローガン(声)、ジェイソン・ベイトマン。 ** サンディエゴのコミコン会場にやってきた、イギリス人でSFオタクの作家、 クライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)と、 そ...
「宇宙人ポール」 これこそスピルバーグLOVE、宇宙LOVE (はらやんの映画徒然草)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
宇宙人ポール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。 そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が 愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。 この不可解な出来事から60年。イギリス人のSF作家クライヴ (ニック・フロスト)とイラスト...
『宇宙人ポール』をユナイテッドシネマ豊洲3で観て、あははははふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おもろい。欠点がない、ような気がする】 おもろい。 欠点がない、ような気がする。 まあ、オタクが主役で、その描かれ方がちゃんとしてる映画は 前提 ...
宇宙人ポール (映画的・絵画的・音楽的)
 『宇宙人ポール』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)コメディタッチのSF物ながら、なかなか評判がいいというので、見に出かけた次第です。実際にも、実に楽しい作品でした。  イギリスからやってきたSF作家クライブ(ニック・フロスト)とイラストレーターのグレア....
『宇宙人ポール』 (ラムの大通り)
(原題:PAUL) 「いやあ。これは聞きしに勝るオモシロさ。 70年代SF、とりわけ『未知との遭遇』に心を奪われた人は必見の作品だね。 冒頭から、あの映画そっくりの風景が、そのまんまの雰囲気で出てくるし、 しかも今年公開された『SUPER8 スーパーエイト』と同じくブ....
宇宙人ポール (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PAUL】 2011/12/23公開(宇都宮:2012/02/11) アメリカ PG12 104分監督:グレッグ・モットーラ出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、シガーニー・....
宇宙人ポール (心のままに映画の風景)
SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。 途中、ネバダ...
宇宙人ポール (2010) (肩ログ)
PAUL アメリカ 監督:グレッグ・モットーラ 出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、セス・ローゲン、他 近くで上映してなくてDVDスルーかぁ~なん...
宇宙人ポール・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ナードに栄えあれ。 スティーブン・スピルバーグによって生み出された、SF映画史上の金字塔「未知との遭遇」「E.T.」に影響された映画関係者は数多い。 この夏に公開された「SUPER 8/スーパー・エイト」も...
宇宙人ポール・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ナードに栄えあれ。 スティーブン・スピルバーグによって生み出された、SF映画史上の金字塔「未知との遭遇」「E.T.」に影響された映画関係者は数多い。 この夏に公開された「SUPER 8/スーパー・エイト」も...
宇宙人ポール  PAUL (映画の話でコーヒーブレイク)
DVDの発売を待ってました。 サイモン・ペグのファンなんです。 最近は「スター・トレック」や「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコール」など ハリウッド大作にも出演しています。 しかし「ショーン・オブ・ザ・デッド」のおバカコメディーなんだけど何だか....