ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】スカイ・クロラ The Sky Crawlers…の記事&新型インフルエンザとか

2009-05-30 21:00:23 | 映画・DVD

まぁ色々あったこの数週間もちょびっと落ち着いて普通の週末を迎えているピロEKです

まずは、ここんところブログに書き損ねていた近況(?)報告、思い出しながらダラダラと綴ってみます

少し前(2週ぐらい前かな)、娘の通う中学校では3年生が学年閉鎖になっておりました(娘は2年)
関西に修学旅行に出かけた3年生が新型インフルエンザに感染していないかと安全策を取っての事
例の「関西は汚染地域だとでも言うのか」と批判された北九州市教育委員会決定の学年閉鎖です
結果、何も無かったようですが…熱の出た生徒さんもいるとか…病は気からなんて言いますからねぇ

他では…

最近職場では割と余裕の少ない私でして
先週頭まではレポートに追われ、先週後半からは職場で同じ勤務シフトの方のご家庭で不幸が(ご家族を亡くした同僚の年齢は私とひとつ違い。無くなったのはお父様。私の父親はまだ割と若いですが、なんか自分の年齢的に色々と思うところもありますねぇ
…で、基本一人でお仕事するハメに…まぁ周囲の協力と、偶々お仕事の少ない時期だったので何とかなりましたが…他にも今週は前々から予定されていたイレギュラーなお仕事が重なったりして
…明後日からの夜勤では今度は忙しい時期に突入。来週末の土曜日出勤も決まってたりして…ちょい厳しいですねぇ



では、ここからは映画の記事です。



「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」
(監督:押井守、声の出演:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、2008年邦画・アニメーション)

TSUTAYAさんで「落下の王国」「ウォンテッド」「幸せの1ページ」「愛の伝道師 ラブ・グル」と一緒にレンタル。2009年5月5日(火曜日)から日付が変わってすぐの5月6日(水曜日)に鑑賞しました。



ストーリー
森博嗣の同名小説シリーズのアニメーション映画化。
恒久平和を実現し、その平和を実感させるためショーとしての戦争が行われている世界。戦争請負会社のロストック社に所属する戦闘機パイロットカンナミ・ユーイチ(声:加瀬亮)はヨーロッパの前線基地ウリスに配属される。カンナミはそこで自分と同じ “キルドレ(思春期のまま年をとらず永遠に生き続ける人間)”である女性指揮官クサナギ・スイト(声:菊地凛子)と出会う。
詳しくは…http://sky.crawlers.jp/tsushin/





ピロEK的感想&点数
こいつも随分前の鑑賞ですが、こいつも頑張って思い出しながら記事にしてみますね


これは面白い…ような気がしました
良い感じの雰囲気の作品…なような気もしております。
押井守作品の中では一番好き…かもしれません
原作が読みたくなってきた…気もしています
(今、原作に手を出す余裕は無いんですけどね

なんかそんなハッキリしない感想を持ってしまう作品…多分良い意味で
ストーリーが淡々と、特にオチに向かう訳でも無く進んでいくのもそういったハッキリしない要因の一つなのでしょうが、これは原作もこんな雰囲気で進んで行くんですかね…だとすれば如何にも説明不足脚本が得意な押井守向きな作品ってことになる訳ですが…。
それとも映画だけがこうなっちゃってるんでしょうかどっちなのでしょう
このあたり原作を読んでいない私には判別付けかねるところなのですが押井守は、なんだか原作のチョイスがナイスですねいつもながら

この良い感じの世界感以外のキモであるのが、プロペラ戦闘機同士の戦闘シーン
この部分、カッコイイし迫力もあって悪くは無いんですけど…
良く出来たビデオゲームのムービーっぽさは否めず
戦闘中の交信では日本語じゃなくなるのも手伝って…(何故か私の中では)ビデオゲーム風味は強化
(もしやこう…ゲームみたいだと…思わせること自体が演出
もし、この部分が手描きのアニメだったら、松本零士の「わが青春のアルカディア」みたいに熱い戦闘シーンになったでしょうなぁ…良くも悪くも

最近の劇場版アニメではお決まりの普通の俳優を起用した声優配役はこの映画でも健在だったわけですが…押井守作品にしては珍しいですね…心配したほどでも無くそんなに悪くは無いです
菊地凛子や加瀬亮の淡々ボソボソな話し方は、この空虚な世界感作りにも一役買ったのではないでしょうか。
でも、榊原良子の声が聞こえてきたらヤッパリしまる訳で…結局、プロ声優での配役中心の方が、より良かったのかもしれませんね



点数は5点弱(5点満点中)。
ハッキリ良いと言わせない何かが“弱”と付けさせましたが、まぁオススメです
…っても相変わらず言葉を知らない私の文章では全く良さが伝わっていないんでしょうねぇ



補足・蛇足
この作品のキャラクターの名前が“草薙”だの(しかも“素”の字も付いてるし)、“ジンロウ”だの、過去の押井作品とリンクしている気がしたんですが…、
原作でも同じ名前なようで、原作者が最初から押井守を何らかの形で意識していたってっことなんですかねぇ
情報求むです


あとは…
ちょっと前の散在報告に“スカイ・クロラのピンキーが欲しい”的な事書いています。今でも模型屋さんに行くと函南だけは在庫が…買いませんけどね…その在庫を見かける度、毎回一応悩む私です。
…今日も悩みました



今日はもう一本記事をアップの予定です
とりあえずはこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追悼(?)・栗本薫さん | トップ | 【コミック】鋼の錬金術師(2... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あみか)
2009-05-31 06:54:25
こんにちは。
スカイ・クロラ、いい作品ですね。
原作も映画と近い感じです、まったく状況説明も何もありません。キャラクターの性格もちょっと違った感じですね。
またこの映画は押井さんがぜひやりたいと願ったものでは無く頼まれて引き受けたものです。攻殻機動隊やパトレイバーなどもそうですが押井さんが本当にやりたい企画とは異なっています。そこが逆にいい雰囲気を出しているのでしょう。
登場人物の名前に関してはあくまで噂ですが原作者の森さんが単に好きなのでそれをもじって付けている、という事らしいです。はっきりはしません。
水素と素子、二人の共通点、相違点を探し出すのもまた一興かもしれません。
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-05-31 22:53:06
「宇宙戦艦ヤマト」以来アニメから遠ざかっているので(どんだけ~~!)押井守も声優も全く知らないのですが、この作品の世界観はなんだか好きでした。
声に俳優を持ってくるのはいまひとつ反対です!
Unknown (Ageha)
2009-06-09 11:22:55
コレは珍しく映画公開を待っている間に
原作読んでえらいハマったもんで
逆に押井作品としての期待度がふくらみすぎて
映画のほうはイマイチ乗れませんでした。
原作とオチが異なることも理由のひとつなんですけど。

商業映画としてどんなパーツでも
ひとりでもたくさんの観客動員をあげるための
コレは戦略なんだとしても
普段こういうアニメを見ないひとたちを巻き込むために
起用される俳優さんってきっといて
それはそれで仕方ないのかもしれません。
もっと言うなら
その映画にコレはあわないよっていう主題歌も
最近多いです。
その俳優さんやその歌手が好きにもかかわらず。

声優さんに関しては
有名なアニメがあればあったで
そのキャラにしか聞こえなくて
それはそれで困っちゃったりするんですけど
それにしても声ってもっと大事にしてほしいなって
最近それは特に思います・・・。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(あみかさん、ミチさん、Agehaさんへ))
2009-07-19 13:46:35
皆様、毎度のことではありますが頂いたコメントへの反応が遅くなってしまい申し訳ありません。
今回は特に、特に遅くて…スイマセン

★あみかさんへ★

はじめまして(ですよね?)、コメントありがとうございます
コメントへの反応が遅くなってしまい申し訳ありません。

>またこの映画は押井さんがぜひやりたいと願ったものでは無く頼まれて引き受けたものです。

そうなんですね。
私は全ての押井守作品を観た事がある訳ではないのですが、原作付き作品の場合ソースを殺すことなく、かつ自分の雰囲気の作品に仕上げるのが上手い監督だナァ…というのがなんとなくの印象です。職業監督としての腕と芸術家としてのセンスが上手くバランスが取れてるっていう感じですかね(?)

>登場人物の名前に関してはあくまで噂ですが原作者の森さんが単に好きなのでそれをもじって付けている、という事らしいです。

解説ありがとうございます。
後でウィキ等で調べたら、なんかそんな感じみたいですね。
監督も原作者ご指名だったみたいな…

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>「宇宙戦艦ヤマト」以来アニメから遠ざかっているので(どんだけ~~!)

そういえば、ミチさんが邦画のアニメレヴューって書かれているのは確かにめずらしい(?)ですよね。
「宇宙戦艦ヤマト」以来って事は、あの“熱くてキモイ”時代を知らないという事で何よりです
もしも、これでアニメに興味をいだかれたのでしたら、最近のオススメは「スカイ・クロラ」と同じプロダクションI.Gの「東のエデン」ですね。
…もう放送は終わっちゃいましたがそろそろレンタル開始ぐらいじゃないですかね(?)。
「ボーン・アイデンティティー」と「ライヤー・ゲーム」と「イーグル・アイ」を混ぜたような設定のお話で実に面白いです。しかも主人公は映画マニアだったりして、主題歌がOASISという優れもの。お暇があれば是非。

>声に俳優を持ってくるのはいまひとつ反対です!

俳優やタレントさんでも普通に声優が出来る才能のある方はいると思うのですが、そういう方でも要求されるものは違ったりして…
ジレンマがあったりするのかも知れませんね。
最近酷かったのは「ウォンテッド」のDAIGOですかね

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★Agehaさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>普段こういうアニメを見ないひとたちを巻き込むために
>起用される俳優さんってきっといて
>それはそれで仕方ないのかもしれません。

通常声優が本業では無い俳優さん、芸能人さんらの起用って、それはそれで味に繋がったりもするでしょうし、プロ声優よりも新鮮味が…なんてこともあるんでしょうけど、目的は…話題づくりでしかないでしょうね。
そういうのも客寄せにはなりえなくなってくると淘汰されていくんでしょうけど…タイアップ曲とかは未だ衰えないから、消えない可能性もあるんですよね。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2009-08-01 23:59:48
いつもお返しが遅くなってしまい申し訳ありません。
久しぶりの押井アニメ、楽しみました。
もともと森 博嗣さんの小説は大好きだったので、押井アニメとのコラボの話を聞いたときは嬉しかったです。
絢香さんが歌うエンディング・テーマも作品の切なさをよく伝えていて良かったです。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(hyoutan2005さんへ))
2009-09-20 22:02:09
★hyoutan2005さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>いつもお返しが遅くなってしまい申し訳ありません。

遅いのは私の方でございます。
長い間の放置、本当に申し訳なく思っております

>もともと森 博嗣さんの小説は大好きだったので、押井アニメとのコラボの話を聞いたときは嬉しかったです。

森博嗣の小説って読んだことが無いのですが、特にお薦めな作品とかあったら教えてくださいませ。
(というよりまずはスカイ・クロラですか?)

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スカイ・クロラ The Sky Crawlers<ネタバレ感想> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:押井守 演出:西久保利彦 原作:森博嗣 脚本:伊藤ちひろ 脚本監修:行定勲 企業によって、ショーとしての戦争が行われている世界。草薙水素が司令を務める前線基地に、戦闘機パイロット函南優一が赴任してくる...
映画 【スカイ・クロラ The Sky Crawlers】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 森博嗣による全5巻完結の小説の第1巻を押井守監督が映画化。 おはなし:もうひとつの現代。“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。そんなキルドレの一人カンナミ・ユー...
『スカイ・クロラ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「スカイ・クロラ」□監督 押井 守 □原作 森 博嗣 □脚本 伊藤ちひろ□キャスト(声の主演) 菊地凛子、加瀬 亮、栗山千明、谷原章介■鑑賞日 8月15日(金)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は...
スカイ・クロラ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
映画『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』 (健康への長い道)
梅田ブルク7にて森博嗣原作・押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』。森作品の映像化って、初めてじゃないですかね?好きなシリーズなので、映画化が決まってから楽しみにしていたのですが、予告編で菊地凛子さん、加瀬亮さんのセリフまわしを観たときは不安...
スカイ・クロラを見る前に。 (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、やっぱり映画の話になっちゃうAgehaさんです。 どうも~~。押井守監督の最新作は、はずせない~♪ エド・はるみじゃないですが、 アンチエイジング~~~♪ なんてことをやらなあかんような 年齢になってしまった自分にとっては、 「思春期のまま...
キミは生きろ!何かを変えられるまで。~「スカイ・クロラ」~ (ペパーミントの魔術師)
マッチ棒を折る、新聞をキチンとたたむ。 そんな何でもないことに彼らは気がつく。 ああ、誰かが死んだと。 そして「永遠に生き続ける」宿命からは 逃れられないのだと。 クサナギのいた部屋においてあった でかいでかいオルゴール。 なにやら彼らの宿命にも似て 物悲...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。森博嗣原作、押井守監督。普通に考えて「キルドレ」とは“Killed Children”の略あるいは合成語なのだろうか。「殺された子供たち」、というかあらかじめ存在しなかった子供たちとでもいうのか。
2008-57『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-57『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(更新:2008/08/08) 評価:★★★★☆ 押井守監督作品です。 この物語はもの凄く切ないですねぇ。 草薙水素(クサナギ・スイト)(声:菊地凛子)...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (5125年映画の旅)
戦争がショーとなった世界。戦場に駆り出されるのは、「キルドレ」と呼ばれる歳をとらない少年少女だった。日本人部隊の基地に新たに配属となったキルドレの函南優一は、基地指令の草薙水素と出会う。彼女もまたキルドレの一人だった。戦争という日常の中で、二人の関...
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』@新宿ミラノ座 (映画な日々。読書な日々。)
ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめ...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2004年の「イノセンス」以来となる、押井守の新作アニメーション映画。 彼は意外と寡作な作家で、劇場用アニメーションに限れば、監督として...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers(映画館) (ひるめし。)
キルドレ もう一度、生まれてきたいと思う?
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:押井守 ショーとし
スカイ・クロラ (Akira's VOICE)
茨の空で生きる。  
劇場鑑賞「スカイ・クロラTheSkyCrawlers」 (日々“是”精進!)
「スカイ・クロラ」を鑑賞してきましたアニメーション作品としては「イノセンス」以来4年ぶりとなる押井守監督作。戦争が娯楽として求められる世界を舞台に、その戦闘要員である永遠に死なない子供たち、キルドレの運命を描く。原作は森博嗣の同名ベストセラー小説で、「...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (いい加減社長の映画日記)
「インクレディブル・ハルク」もかなり気にはなってたんですが。 とりあえず、押井守監督の「スカイ・クロラ」を選択。 「UCとしまえん」は、。 「スカイ・クロラ」は、中くらいのスクリーンで、7割程度? 【ストーリー】 靴のサイズは、ずっとこのままだろう。 な...
スカイ・クロラ (時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館))
 今日紹介する「スカイ・クロラ」(森博嗣:中央公論新社)というのは、ちょっと変わった小説のようである。このシリーズは、全五巻であり、本作品は、その第一作目だ。しかし、時間的な流れから言えば、この作品は、最終章に当たるとのことである。すなわち、しょっぱな...
グラン・トリノ (悠雅的生活)
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (猫の毛玉 映画館)
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』 2008年・日本 森博嗣の小説5部作+番外編のシリーズ1作目にして、作品内時間的には最後の部分『スカイ・ク...
『スカイ・クロラ』 (めでぃあみっくす)
押井守監督が是非若い世代に見てもらいたい映画として公開前から宣伝されていたこの作品。押井作品らしく叙事詩的な内容の為どれだけ若い世代に受け入れられるか、理解してもらえるかは未定ですが、キルドレと呼ばれる永遠に大人にならない主人公たちを通して描かれていた...
スカイ・クロラ (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
『攻殻機動隊』『イノセンス』の押井守監督のアニメーション映画。原作は森博嗣の小説です。(未読です)  平和が訪れた世界。平和を実感するために「ショーとしての戦争」が行われていた。戦うのは「キルドレ」と呼ばれる、年をとらない少年たち。戦闘機「散香」のパイ...
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 (或る日の出来事)
冒頭の空中戦。すごいと思った。 飛行機のシーンは3DCGIアニメーションである。平面(2D)ではない。音も、すごい。このシーンだけで感動も...
『スカイ・クロラTheSkyCrawlers』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:押井守原作:森博嗣脚本:伊藤ちひろ声の出演:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、竹中直人、榊原良子、栗山千明公式サイトはこちら。<Story>ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に...
映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 (<花>の本と映画の感想)
スカイ・クロラThe Sky Crawlers     映画館にて鑑賞 監督 押井守 声出演 菊地凛子 加瀬亮  栗山千明 2008年 ? スカイ・クロラ [DVD] ¥3,300 Amazon.co.jp ここは、キルドレと呼ば...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers ジャパンプレミア (メルブロ)
スカイ・クロラ The Sky Crawlers 218本目 2008-24 上映時間 2時間1分 監督 押井守 出演(声) 菊地凛子 加瀬亮 栗山千明 谷原章介 竹中直人 会場 国際フォーラム ホールA(試写会 163回目)  ジャパンプレミアということで、菊地凛子さん、加瀬亮...
『スカイ・クロラ』・・・前翼プッシャー機に魅せられて (SOARのパストラーレ♪)
『スカイ・クロラ』に注目し始めたのは、登場する戦闘機がプッシャータイプであるという情報を得てからのこと。プッシャータイプとは機体後部にエンジンとプロペラを搭載する航空機で旧海軍の「震電」があまりに有名だが、これは実戦投入されることのなかった幻の戦闘機で...
映画[ スカイクロラ The Sky Crawlers ]終わらない生と死の物語 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ スカイクロラ The Sky Crawlers ]を渋谷東急で鑑賞。 アニメ界の巨匠2人による作品が、ほぼ同時期に公開されるとなりゃ、観ないわけにはいかないでしょ。ということで、まずは押井守監督の[ スカイクロラ ]でおます。原作は森博嗣の人気シリーズ第一巻...
映画「スカイ・クロラ」を試写室を鑑賞 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素(菊地凛子)と...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (だらだら無気力ブログ)
森博嗣原作の同盟小説を『攻殻機動隊』の押井守監督が映像化 した長編アニメーション。 歳をとらず永遠に子供の姿をした「キルドレ」と呼ばれ、 戦闘機パイロットとして戦争に従事する彼らの運命を描く。キルドレと呼ばれる彼らが生存する世界では、平和を実感する ために...
★「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
押井守監督作って、独特の世界観が感想を難しくさせるので、 観ようかやめようか悩んだけど、チネチッタのポイント貯まってたので、タダ見で鑑賞。
スカイ・クロラ、悲しいキルドレ達 (オヤジの映画の見方)
押井守監督のスカイ・クロラは悲しい映画だ。永遠の命を与えられながらパイロットとして死に急ぎ、再生されるキルドレ達。彼らには繰り返し撃墜される生き方しか無い。ただ一人草薙水素を除いては。
スカイ・クロラ 本気の日本アニメにはついてけない・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【24 -12-】 ちょうど一月前の波乗りの時に、膝の靱帯を痛めた{/m_0144/}(2008-06-07の記事) で、もうなんとか痛みもなくなったし、走ったり{/body_run/}跳んだり{/body_jump/}、普通にしていたけど。 しかし昨日、久しぶりにティップネスで泳いだら、平泳ぎのキックで...
スカイ・クロラ (えいがの感想文)
2008年 監督:押井守 声:菊地凛子   加瀬亮   谷原章介 原作小説を読んで間を空けなかったので、 変えてきた設定やストーリーを間違い探しするかのように観てました。 世界観も想像してたのとちょっと違った。 意外に古めかしい未来、フーコや笹倉のキ...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (とりあえず、コメントです)
森博嗣氏原作のシリーズを映画化した作品です。 全体的に静かな雰囲気の中で、飛行シーンがとても綺麗で印象的なアニメーションでした。 戦争が企業によってビジネス化された世界では、 日々の戦争は通常の市民生活とは離れた、遠い空の出来事のように報じられていた。 ...
スカイ・クロラ◆終わらない生の「だるさ」の物語 (好きな映画だけ見ていたい)
     「スカイ・クロラ」 (2008年・日本) 子どものころから空が好きで、よく屋上に出ては雲を眺めていたっけ。たえまなく移り変わる光の色はあまりにも神々しくて、あそこにはきっと崇高な何かがあるとわけもなく信じた。航空機、なかでも戦闘機の美しさに魅了さ...
「スカイ・クロラ」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
映画館で観た方が良い映画というのは今でも確かに存在する・・これもそのひとつだろう。あの爆音の震えをこの身で感じる事で、その中で永遠に生きる事を強いられた彼らが、心の震えに耐え切れず徐々に壊れていく様を、どこかで擬似的に実感出来るかもしれない。川井憲次の...
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008/押井守) (愛すべき映画たち)
押井守監督最新作、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』観て来ました。 少し前に書いた10ジャンルNo.1映画バトン!で、アニメのNo.1に『イノセン...
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』('08初鑑賞101・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 8月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:25の回を鑑賞。
「スカイ・クロラ」ジャパンプレミア (第1学区 学級日誌)
 「スカイ・クロラ」のジャパンプレミアに行ってきた。日テレ菅谷アナの司会で、押井守監督とメインキャスト4人(菊池凛子・加瀬亮・谷原章介・栗山千明)の舞台挨拶つき。2階席だったから舞台の人は2cmくらいかしらねー。まず舞台のせり上がりから1/2スケールの散華(劇中....
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』 (ラムの大通り)
----おおっ、ゴールデンウィークの 最後の邦画にアニメを持ってきたか----。 「うん。 でもこの邦画アニメというのは苦手分野だから、 それを前提にちょっと違う観点で話を…」 ----うん。ニャにから話すのかニャ。 「そうだね。 まずチラシのコピー表現から。 『それは、...
映画レビュー「スカイ・クロラ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
『スカイ・クロラ』 [DVD]◆プチレビュー◆伝えたいのは希望。難解さを排除したストーリーは、押井アニメ初心者にもおすすめだ。 【85点】 思春期のままで永遠に生き続ける子供“キルドレ”により、ショーとしての戦争が行われる時代。戦闘機のパイロットで...
218「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」(日本) (CINECHANの映画感想)
戻ってくる場所がある  現代に似たもう一つの世界。平和を享受する人々は?ショーとしての戦争?を求め、それがビジネスとして成立していた。  戦争請負会社ロストック社に所属する戦闘機パイロット・カンナミ・ユーイチはヨーロッパの前線基地・兎離洲(ウリス)に配属...
「スカイ・クロラ」:千歳三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}東京にもまだ昔ながらの銭湯があるんだな。 {/hiyo_en2/}そういえば、子どものころ、ときどき銭湯に行ってたのを思い出すわ。 {/kaeru_en4/}「スカイ・クロラ」の少年たちみたいにか? {/hiyo_en2/}は?「スカイ・クロラ」の少年たちって、銭湯になんか行っ...
いつか世界が変るなら~「スカイ・クロラ」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『スカイ・クロラ/The Sky Crawlers』 (2008年・日本/121分) 公式サイト ★ジャパンプレミア試写会 ★押井守監督ティーチ・イン
『スカイ・クロラ TheSkyCrawlers』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた・・・。感想『マトリックス』に影響を与...