ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船…飛行船は特に必要ではないと思った。

2013-02-04 13:15:56 | 映画・DVD
本日2月4日(月曜日)は曇り。


まずは近況報告(週末の過ごし方)から…

先週から娘が高校の修学旅行(スキー旅行)に行っていて、この週末(2月2日から3日)は夫婦二人だけ。
こういう機会もあんまり無いし、結婚記念日も重なっていた事も有り、旅行にでも行こうかという話が出ていたのですが、私の2月1日(金曜日)の勤務が夜勤で、下手すれば朝まで(場合によってはソレ以降まで)の仕事になっちゃう…という状況だったので、細かい計画は立てていませんでした。

で、2013年2月2日(土曜日)
夜勤自体は定時に終了、睡眠も朝までにソコソコ取れたのですが、やっぱり計画なしのところからは、良い感じの旅行企画など立てられるはずも無く、結局『博多に買い物でも行こうか』という話に。で、飲酒込みの食事(夕食)でもして、飲んだら帰られないから宿泊して帰ろう…という安近短な計画を立て、とりあえず福岡に向けて(自家用車)で出発。

まぁ(場合によっては関西方面まで足を伸ばそうかとか考えていた分の)旅行代金も浮いた事なので、その分、高級ホテルにでも予約を入れようと、まずは福岡に向けての移動中にスマホで調査。
目を付けたのは、キャナルシティ博多にある、グランドハイアット福岡だったのですが、まぁ色々あって(というか名称が似てるから間違って)、ハイアットリージェンシー福岡に予約を入れてしまった私ら。慌てなければ良かった…まぁ、更に間違ってグランドハイアット福岡に行っちゃう前に、間違いに気がつきはしたので、変な恥はかかなくて済みました

で、予約した方のホテルにチェックインした後、本来の(?)目的地だったキャナルシティ博多へ向けて(まずは徒歩で)移動。途中の博多駅(博多口)で、大音量で聞こえる“元ちとせ”の歌。“奄美音楽祭 in 博多駅”というイベントやってて、そのステージ上には、歌っている女性がいたんだけど、“元ちとせ”本人が歌っているにしては集客がイマイチだったので、実に上手いコピーの人かとも疑ったのですが…近くにいるスタッフに聞くと、リハーサル中の本人(+横にいる人は中孝介)との事。
言われてみれば、本人だろうがコピーな人だろうが、本番のステージ衣装が、実用メガネ+ダウンジャケットって事も無いでしょうから納得。結構間近で「BLOOD+」の歌(タイトル知らない)とかも聴けて、なんか得した気分でした

…と、長くなったので、続きは次回に持ち越し



以下は、映画観賞記録です



「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
(監督:ポール・W・S・アンダーソン、出演:ローガン・ラーマン、マシュー・マクファディン、ルーク・エヴァンス、2011年アメリカ合衆国/イギリス/フランス/ドイツ)

TSUTAYA DISCASさんから「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と一緒に届いた一本。2012年7月4日(水曜日)の明け方5:00頃までにかけて観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「三銃士」を原作とした映画。
17世紀。ある任務でヴェネチアに潜入していたフランスの三銃士アトス(マシュー・マクファディン)、ポルトス(レイ・スティーヴンソン)、アラミス(ルーク・エヴァンス)の三人は、アトスの恋人だったミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の裏切りに会い、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたと言われる設計図を奪われてしまい、ミレディは敵国イギリスのバッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)へそれを渡す。それから3年後、フランス南部の田舎からパリに向かった青年ダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、道中で眼帯の男ロシュフォール(マッツ・ミケルセン)達から侮辱を受ける。その後パリに着いたダルタニアンは、その喧嘩早い性格からアトス、ポルトス、アラミスに別々に決闘を申し込むが、その後、ロシュフォールの男に再会、成り行きから三銃士と協力し、ロシュフォールと護衛隊兵士たちを打ち負かす。
詳しくは…http://34.gaga.ne.jp/





ピロEK的感想&点数
インドと違って、日本ではポピュラーな「三銃士」の何度目かの映画化(※インド云々は「スラムドッグ$ミリオネア」の記事を参照下さい)。

個人的に原作は読んでいませんが、チャーリー・シーンキーファー・サザーランドが出てた(今思えば濃いキャスティングの)ヤツも観たし、日本では何度かアニメ化とかもされているので(犬のヤツとか、NHKのヤツとか)、ソコソコ話は知っているつもりですが、今回のポール・W・S・アンダーソン版も、その知ってる話の範疇から大きくズレている感は無く、ダ・ヴィンチだの、飛行船だの、バイオハザードばりのアクションだのと、色もの雰囲気を表に出している割には、割と原作に忠実な(本当は真面目な)つくりだったんだろうという印象。バッキンガム公が悪役だったり、王妃との恋愛が策略上の事だったり…てのが、大きく違う点という所でしょうか。

出演者は(基本バカ映画の体裁の割には)豪華目かつ良い感じで

悪役バッキンガム公のオーランド・ブルームも(嫌な感じが出てて)悪くない感じ。彼はこういうコミカル込みな悪役向きなのかも知れません。

リシュリュー枢機卿のクリストフ・ヴァルツも、笑いが出るぐらいピッタリな配役

他では、ルイ13世の人もバカっぽい演技が絶妙

もちろん三銃士も、(私の持っている印象と)ピッタリ過ぎる配役で、こちらも笑いが出るレベル。

ダルタニアン役のパーシー・ジャクソンは、まぁあんなものかな。

ミレディ役の人だけが、濃いと言うか、悪女ミレディだとしてもチョイ下衆い感じがするというか、好みじゃ無かったかな。まぁ、基本的にミラ・ジョヴォヴィッチは好きじゃないらしいです…私。


と、まぁまぁ満足できたこの映画。
点数は4点強(5点満点中)
個人的には、飛行船の要素を排除して、さらに正統派に作った方が良かったようにも思いますが、どうでしょう



補足・蛇足
特にございません。

【2013/2/17追記】
そういえば、オーリーがローリーみたいだった。



では、このあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】スラムドッグ$ミリオ... | トップ | 【映画】ものすごくうるさく... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
続編 (sakurai)
2013-02-05 15:22:22
あるんでしょうかね。
聞こえてこないなあ~。
しっかし、「スラムドック・・」の答えは、すっかり失念してました。
スゴイなあ・・・記憶力。
もしや、しばらく寝かせてから書くというは、記憶力を鍛えているのですか?

中国の大気汚染が騒がれてますが、いかがですか?
空には、塀は立てられませんもんね。
困ったもんだ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (いやいやえん)
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を大胆にアレンジして映画化。娯楽大作としては全体に軽いタッチの作品になってます。 ダ・ヴィンチが設計した飛行船が実際に作られていたというのが面白い設定ですよね。なんか...
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)(The Three Musketeers) (Kathura West)
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D) 原題:The Three Musketeers 2011/フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ 原作:アレクサンドル・デュマ 監督:ポール・W・S・アンダーソン 撮影:グレン・マクファーソン 音楽:ポール・ハスリンジャー キ...
三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船 (本と映画、ときどき日常)
監督 ボール・W・S・アンダーソン 出演 ローガン・ラーマン     ミラ・ジョボビッチ     オーランド・ブルーム いや~、ミラ・ジョボビッチ、妖艶で格好良くて素敵でした。 峰不二子そのまま(笑 国王を陥れようと盗んだ首飾りを取り戻すべく立ちあがっ....
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (迷宮映画館)
まったく新しい「三銃士」・・なんじゃなくって、結構原作に忠実で、オーソドックス!
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 原作と違う理由 (映画のブログ)
 高校時代、『ダルタニャン物語』に熱中した私は、まさしく巻を措くあたわずという状態だった。この長大な物語の先を早く読みたかったので、とうぜん授業中も読みふけった。  国語の授業でのこと、先生は教...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (風に吹かれて)
ONE FOR ALLALL FOR ONE公式サイト http://34.gaga.ne.jp 監督: ポール・W・S・アンダーソン  「バイオハザード」シリーズ17世紀。まだ若いルイ13世が王位を
『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (@KOBAのムービー!ムービー! )
『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』THE THREE MUSKETEERS(2011年フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ) 監督          ポール・W・S・アンダーソン 脚本          アレックス・リトヴァク              アンド...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船2D (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Three Musketeers。アレクサンドル・デュマ 原作、ポール・W・S・アンダーソン監督、ローガン・ラーマン、オーランド・ブルーム、ミラ・ジョヴォヴィッチ、クリスト ...
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」□監督 ポール・W・S・アンダーソン□脚本 アレックス・リトバク、アンドリュー・デイビス□原作 アレクサンドル・デュマ □キャスト ローガン・ラーマン、ミラ・ジョボビッチ、、オーラ...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (Akira's VOICE)
シンプル・イズ・ベスト!  
映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』  (よくばりアンテナ)
いつもの映画館では、 3D・字幕、3D・吹き替え、2D・字幕の3つの選択肢。 最近は3Dの意味あるんかなぁと思うことも多いですし、 2D・字幕で観賞。 ここのところ3Dの映画って、2D版を選択で...
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D字幕版/ローガン・ラーマン (カノンな日々)
予告編の音楽がなんとなく『パイレーツ・オブ・カリビアン』に似て聴こえるのは気のせい?「三銃士」を「34」にかけるなんて日本でしか通用しない洒落ですよね?そっか、オーラン ...
試写会「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」3D (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
渋谷のTOHOシネマズ渋谷。 最も大きいスクリーン3で3Dでの上映。 TOHOシネマズの3DはMasterImageのはずだが、 配られた3Dメガネはちょっと違った。 どちらかというと形はRealDのメガネに似ている。 (左がMasterImage、....
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 想像していたよりオーソドックス (はらやんの映画徒然草)
三銃士の物語はけっこう好きで、映画や本も読んでます。 映画だと1993年の「三銃
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://34.gaga.ne.jp/ お馴染みの三銃士を『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督が映画化した作品。 今回は、3Dの吹き替え版を鑑賞。 17世紀フランス、銃士にあこがれを抱きパリにやってきたダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、....
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
何やら邦題はサブタイトルがゴチャゴチャしてますなあ。原題は”THE THREE MUSKETEERS”とシンプルなのに。 勿論これは大デュマの傑作「三銃士」の最新映画ヴァージョン。 ポール・W・S・アンダーソンが監督し、監督夫人のミラ・ジョヴォヴィッ...
「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」The Three Musketeers (事務職員へのこの1冊)
三銃士のお話を初めて読んだのは小学校の低学年ぐらいだと思う。偕成社かポプラ社のジ
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
【初回限定生産】三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D&2Dブルーレイセット [Blu-ray]クチコミを見る21世紀の三銃士の物語「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 ...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 17世紀。まだ若いルイ13世が王位を継承したフランスでは、 リシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)が、権力掌握の ために暗躍していた。 その頃、ヴェネチアでは三銃士のアトス(マシュー・マクファディン)、 ポルトス(レイ・スティーヴンソン)、ア...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (こみち)
JUGEMテーマ:映画の感想   中世のフランスが舞台だけど、なんだか現代もののような兵装や   兵器のようなものが出てきてSFチックな三銃士でした。ミレディーは現代の女性のように自分の赴くままに大胆に行動するセクシーな女性。 &...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (心のままに映画の風景)
17世紀フランス。 野心家のリシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)は、若くして王位を継いだルイ13世(フレディ・フォックス)の実権を掌握しようとしていた。 その頃、ヴェネチアでは三銃士のアト...
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (うろうろ日記)
試写会で見ました。3D上映です。TOHO系なので、眼鏡お持ち帰りです。試写会の方
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (銀幕大帝α)
THE THREE MUSKETEERS/11年/仏・米・英・独/111分/アドベンチャー・アクション/劇場公開(2011/10/28) -監督- ポール・W・S・アンダーソン 過去監督作:『バイオハザード IV アフターライフ』 -製作- ポール・W・S・アンダーソン -出演- ◆ロー...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (だらだら無気力ブログ!)
『三銃士』なのに三銃士は脇役なんだ・・・。
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (beatitude)
17世紀。まだ若いルイ13世が王位を継承したフランスでは、リシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)が、権力掌握のために暗躍していた。その頃、ヴェネチアでは三銃士のアトス(マシュー・マクファディン)、ポルトス(レイ・スティーヴンソン)、アラミス(ルーク・エ...
映画:「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年11月4日(金)。 映画:「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」。 【監  督】ポール・W・S・アンダーソン 【原  作】アレクサンドル・デュマ 【撮  影】グレン・マクファーソン 【キャスト】 ローガン・ラーマン (D'Artagnan) オ...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)☆伝説よりも、ハデにいこうぜ。 (☆お気楽♪電影生活☆)
   "One for All, All for One"
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE THREE MUSKETEERS】 2011/10/28公開 フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ 111分監督:ポール・W・S・アンダーソン出演:ローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツ、マシュー・マクファディン、レイ・スティー...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月29日(土) 16:00~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1650円(チケットフナキで購入した前売り1250円+3D料金メガネ付き400円) パンフレット:未確認 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト 3D方式が同じTOHOシネマズの日劇や川崎で使わ...
★三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE THREE MUSKETEERS 伝説よりも、ハデにいこうぜ。 映時間 111分 製作国 フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2011/10/28 ジャンル アクション/アドベンチャー 映倫 G 【解説】 アレクサンドル・デュマの...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」監督:ポール・W・S・アンダーソン(『バイオハザード IV アフターライフ』)出演:ローガン・ラーマン(『パーシー・ジャクソンとオ ...
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 ('11初鑑賞148・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 10月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 11:00の回を鑑賞。
[映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら、見て来ましたよ^^  きっちりとではあるけど、「チャッチャッと現代風に作りましたよ」てな作品だと思いきや、  極上の出来だったので驚いています。  3点で優れている。  一つに、「三銃士」の活躍する時代の絢爛豪華たる舞台美術の秀逸さ…...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D字幕版 (映画の話でコーヒーブレイク)
19世紀に発表されたアレクサンドル・デュマ原作の「三銃士」がこんなになっちゃいました~。 3Dでかなりの奇想天外ぶり。大冒険活劇です。 「カウボーイ&エイリアン」の奇想天外ぶりはかなり無理がありましたが、本作はとっても楽し~い。 ダ・ビンチだの、飛行船だ....
『三銃士・王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (ラムの大通り)
(原題:The Three Muskteers) ----この映画、久しぶりにオーランド・ブルームが出ているんだよね。 数あるオファーの中からこの役を選んだのだとか…。 「それは確かにそうなんだけどね。 これが、なぜか悪役。 でも、それが一つの問題。 彼が演じると、 そんなに悪人...
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 (ここはここ)
映画3D 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」           THE THREE MUSKETEERS (日本語吹替版)を観ました      ポール・W・S・アンダーソン監督 2011年 フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ 公開始まって間もないのに、ご・め・ん・よ...
映画「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆REFLEC)
伊達男達の活躍を楽しもう!!詳細はメインブログにて☆http://plaza.rakuten.co.jp/avene/diary/201111090000/
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (メルブロ)
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(原題: THE THREE MUSKETEERS) 383本目 2011-43 上映時間  1時間51分 監督 ポール・W・S・アンダーソン 出演 ローガン・ラーマン(ダルタニ ...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (Diarydiary! )
《三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船》 2011年 フランス/アメリカ/
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (rambling rose)
17世紀フランス。政治に無頓着な若きルイ13世の傍でリシュリュー枢機卿は実権を握るべく画策していた。その頃、無鉄砲な若者ダルタニアンが故郷からパリへとやって来る。