ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リバティーン…鼻カバー見たのは魁男塾以来

2007-02-12 10:39:27 | 映画・DVD
本日も予定がなく、ブログ更新に勤しむピロEKです

多分お昼からはショッピングに行くと思いますが、そちらも未定。
この三連休は外で遊ぶことも、家の用事(ちらかったオモチャの整理とかね)もせず、ダラダラ過ごしてしまいました。

年の最初のうちというのは、休みが多くてなにやら生活全般がダラダラになりがち。

このあたりで気を引き締めないとイカンです

ということで、今日の記事です。



「リバティーン」
(監督:ローレンス・ダンモア、出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、2004年イギリス)


TSUTAYAさんで「間宮兄弟」と一緒にレンタル。
2007年2月11日深夜(例によって12日にかけて)鑑賞しました。



ストーリー
17世紀に実在した英国の放蕩詩人、ロチェスター伯爵の半生を描いた作品。
1660年代のイギリス。その挑発的かつセクシャルでスキャンダラスな言動から国王チャールズII世(ジョン・マルコヴィッチ)の怒りを買い幽閉されていた詩人であり第二代ロチェスター伯爵、ジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は召還されにロンドンへと戻ってくる。ジョンはロンドンで訪れた芝居小屋で観客のブーイングを浴びていた女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)に目を留める。



ピロEK的感想&点数
とにかく私の理解不足。単純なんだけど、よく分かりません
大筋では放蕩詩人が梅毒になって死ぬだけのお話なんですが、良く分からないなりにも深いような気がする作品でした。本当に深いかどうかは未理解
外国人に「大奥」とか見せたら、私がこの映画を観たのと同じ印象を受けるのでしょうか(?)。
細かい設定でも、
「当時は芝居小屋=娼館なの?」
とか、
「なんでエリザベスばかりいるの?」
とか、
不明点・疑問点を挙げ始めればキリがない。
あんな危険人物に外交の要所を委ねる国王も不可解
何処までが現実で、何処からが演劇的な脚色なんでしょう。この作品。
セリフ回しも演劇的で、かつ劇中に演劇が織り交ぜられるから混乱して付いていけない感じ。
言ってることがわかんない訳じゃないんだけど、疲れました
時間の経過が分かり辛かったのも難解度を増します。

とはいえ、ストーリーの詳細よりも、
映像だったり、女性だったらジョニー・デップを楽しむ鑑賞方法が正解なんでしょうねぇ。
(ストーリー自体も大雑把には簡単すぎるぐらいですし)

映像的には、
キレイに撮られた汚い映像を見せてくれます。

伯爵の奥さん役で「プライドと偏見」でキーラ・ナイトレイのお姉さんだったロザムンド・パイク。
この人地味ですがキレイですねぇ
何となく日本人っぽい部分もあるお顔な気もします。

マルコビッチって、最近よく見かけるようになりました。しばらく見ていない気がしていたのですけど。
(私個人的には「銀河ヒッチハイクガイド」以降良く見かけます)
この作品の中では、彼、いつもより大きく感じたのですが、何故なんでしょうねぇ?
共演者の背丈が小さいのか?、衣装なのか?、素晴らしい演技力によって見せられている威厳なのでしょうか??。「クリムト」もまだ観ていませんが、楽しみな作品です。

さて、この「リバティーン」ですが、
淡々としている展開に感じましたが、面白くなかった訳でもないですし、
絵的には好きなタイプの映画(最後の病に冒されていく主人公は、少し観たくない感じもありましたが)。
点数は3.5点(5点満点中)という感じでしょうか。



補足・蛇足
今回、「間宮兄弟」と一緒にレンタルしたわけですが、モテる「リバティーン」の主人公(ただし太く短い人生)と、
モテない間宮兄弟。
どちらの人生が羨ましいか。究極の選択っぽいですが、
簡単に間宮兄弟の方が良い(あの部屋に住みたい)と思う私。
性愛よりもあの部屋。これは現代人特有の歪な感覚やもしれませんねぇ…
このグラデーションの先に引きこもり青年とかがいるのかなぁ…



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 間宮兄弟…モテナイ構図に共感しよう | トップ | 偏頭痛?風邪? »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2007-02-13 05:18:45
こんばんは~♪
正直、ワタクシには意味不明な映画でした。:゜(。ノω\。)゜・。
ジョニー・デップの演技は流石だなぁ~とは思ったんですけどね(^^ゞ
そんな事(えっ!?)よりも!
鼻カバー→男塾って発想が最高ですw
またしてもピロEKさまにワタクシの爆笑と言う名の経絡秘孔を突かれてしまいました(^^ゞ
次がどー来るのか、何気に楽しみですw

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

っと、追伸・・・
ご子息の高校合格、おめでとう御座います♪
ついでに・・・
別記事のセラムン話も最高でしたw
ジョニーを愛でる… (ちゃぴちゃぴ)
2007-02-13 18:32:00
これは12月に観ていたんで、何書いてたか見直しました。

はい、ようわからんとこがある…て書いてました。後は、ジョニーを愛でてました(笑)

そっ!エピローグよっ!

あれで、コロッとやられてしまいましたんで、ようわからん内容は帳消しになったようです(爆)

舞台からの脚本なので、わかりにくいのかもしれません。言葉が多くなりますからねぇ。

マルコビッチが、リバティーンを演ってたらしいですよ。

画面は、私も好きな風合いでした。
Unknown (PINOKIO)
2007-02-13 22:31:52
こんばんわ!
これはジョニーをただひたすら愛でましたw
鼻カバーしててもOKなのです(爆
ワンちゃんがウ●コしててもOKなのです!
確かに不明点は多すぎでしたけど・・・
こんにちは♪ (ミチ)
2007-02-15 12:07:18
ジョニーの熱演は分かるのですが、いまひとつノレないままでした(汗)
絶賛の方も多い中で肩身の狭い思いをした覚えがあります。
私が妻だったらロチェスター伯にはついて行けないなぁ。ロザムンドはよく面倒を見てエライですよね~。
★★コメントありがとうございます~その1~★★ (ピロEK(Aki.さん、ちゃぴちゃぴさんへ))
2007-02-17 10:09:42
★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>鼻カバー→男塾って発想が最高ですw

このネタも実はAki.さんが主なターゲットですよ。
ただ、病気を揶揄するようなネタなので少し書くかどうか悩みなましたが
…結局タイトルには残しました。

>次がどー来るのか、何気に楽しみですw

過度に期待されても困るんですけどね

>ご子息の高校合格、おめでとう御座います♪

お祝いのお言葉ありがとうございます。
志望校の試験はまだなので気が抜けませんが、とりあえずはひと段落という感じです。
…しかし、自分にもう高校生の子供がいるようになるなんて、
…時間の経つのって早いナァと思う次第。
まだまだ若いつもりなんですけどねぇ。

>別記事のセラムン話も最高でしたw

喜んでいただけて何より。
昨日、小松彩夏ちゃんのブログ読んでたら、
小松彩夏ちゃんの家に、沢井美優ちゃんと安座間美優ちゃんが来て鍋パーティーしたって書いておりました。
そのパーティー行きたかったです(妄想中)。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ちゃぴちゃぴさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ジョニーを愛でる…

女性のブロガーのみなさんは、みなさんこの映画にメロメロ(死語)な様子ですねぇ。
他にもジョニー・デップ作品ってたくさんあるのに特に盛り上がっておられる様子。
わからないではないですが…。逆の状況(男性がメロメロになる女優さんの映画)ってあんまり思い浮かびません。

>マルコビッチが、リバティーンを演ってたらしいですよ。

らしいですねぇ。
なんか、私としてはそっちの配役の方がらしいかなぁ…。
でも、映画の興行的にはもちろんジョニー・デップで正解な感じですね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(PINOKIOさん、ミチさんへ))
2007-02-17 10:11:37
★PINOKIOさんへ★

毎度コメントありがとうございます

>これはジョニーをただひたすら愛でましたw

ちゃぴちゃぴさんへのコメントでも書きましたが、女性ブロガーの方は概ねこの映画のジョニーにメロメロですよねぇ。
たまには否定意見聞きたいナァと思うくらい

>ワンちゃんがウ●コしててもOKなのです!

この事実はPINOKIOさんのブログ記事を拝見して知ったのですが、確認できなくて残念です。
って、わざわざ確認するようなことではないですかね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ジョニーの熱演は分かるのですが、いまひとつノレないままでした(汗)
>絶賛の方も多い中で肩身の狭い思いをした覚えがあります。

ほんと、特に特に女性の方々からは大絶賛の作品ですからね。
異を唱えるのはなかなか肩身が狭かったことだとお察しいたします。
…女性からすれば、嫌悪感とか感じながら観る方が、比較的普通な作品だと思いますよ。

>私が妻だったらロチェスター伯にはついて行けないなぁ。ロザムンドはよく面倒を見てエライですよね~。

今とは社会背景とかモラルが違うから、
ロチェスター伯の行動も現代人から見れば幼稚でも、当時からすれば先進的だったりするのかなぁ???
それに伴って、家族の受け取り方も現代人とは違うのかもしれませんねぇ。
+封建社会だから簡単に離縁できないというのもあるでしょうが。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
はじめまして (空海子)
2007-02-20 13:18:40
魁男塾って何ですか?
無知で申し訳ありません。

私は国王がロチェスター伯に甘かったのは
以前“デキてた”からだと想像しました。




★★魁!!男塾について★★ (ピロEK(空海子さんへ))
2007-02-21 12:26:29
★空海子さんへ★

はじめまして
コメントありがとうございます

>魁男塾って何ですか?

昔、「魁!!男塾」ですが、週間少年ジャンプに連載していたコミックで、
全国の男気のある男子生徒が集まる高校のお話です。
鼻カバーは、あくまでもイメージで、本当に出てきたかどうかは憶えていないのですが、
昔の不良学生漫画には、鼻カバーの悪役が付き物(?)だった訳です。

>私は国王がロチェスター伯に甘かったのは
>以前“デキてた”からだと想像しました。

そういう史実があるんですかねぇ??
それとも空海子さんの想像?????

では、また来てくださいね。今後も宜しくお願いいたします。
はじめまして。 (マロン)
2007-02-23 10:32:44
男性がこの映画を観た感想って、聞いてみたいと思っていたんです! 参考になりました。
夫は、このDVDを観ている私を見て
「コイツ大丈夫か?!コンナ映画オモシロイノカ?」みたいな雰囲気で近寄ってきませんでした・笑

破滅型人生のお手本みたいな人でした。こういう人は魅力的である一方、本人も周囲の人間も嵐の中で気が休まらないですね。

>どちらの人生が羨ましいか。
 簡単に間宮兄弟の方が良いと思う私

に、笑わせていただきました^^ (「大奥」も笑)
私も、少々退屈でも穏やか~な方がイイです。
でもロチェには、破滅型の人生を歩かずにはいられない理由があったのでしょうから、それを想像すると辛いですね。

ジョニーは素敵でした!!
題材が特異な映画だけど、ビジュアルでOKなファン多いと思います♪♪ では、おじゃましました!
★★コメントありがとうございます~その4~★★ (ピロEK(マロンさんへ))
2007-02-25 13:17:43
★マロンさんへ★

はじめまして。
コメントありがとうございます。

>男性がこの映画を観た感想って、聞いてみたいと思っていたんです! 参考になりました。

だらだら書いているだけの私の記事ですが、そういっていただけると嬉しい限りです。
でも、参考になるようなこと書いていましたかねぇ

>でもロチェには

ロチェスター伯を“ロチェ”って略すの一般的なんですか??
劇中でも言われているの???
それともマロンさんのオリジナル!!?
…私にとって、なにげに新鮮でした。

あと、マロンさんがどちらからいらしたか追跡できずにおります
私がTBを付けに伺った先の方かなぁとは思っているのですが、付けっ放しなこともありましてスイマセン
ブログなどお持ちであれば、コメントにて御挨拶などに伺いたいと思っておりますので、お知らせいただければ幸いです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
はじめまして (raya)
2007-03-03 21:06:29
トラバぁりがとーござぃました

確かにエリザベスさんばかりでしたょね;
ジョンとかジョニーとかもですけど、有りがちな名前なんでしょうか?

ぁと、キングダム・オブ・ヘブンの記事も拝見させて頂きました
自分はこの映画…と言うより、リドリー・スコット監督作品が好みなんですが、ディレクターズカット版はまだ見れてません
4枚組みが発売されることを待ってたんですが、感想を読ませて頂くとやっぱり今すぐ見たくなってしまぃました

では、ぉ邪魔いたしました~

★★コメントありがとうございます~その5~★★ (ピロEK(rayaさんへ))
2007-03-06 23:13:42
★rayaさんへ★

コメントありがとうございます

>キングダム・オブ・ヘブンの記事も拝見させて頂きました
>感想を読ませて頂くとやっぱり今すぐ見たくなってしまぃました

是非オススメ!!
といいたいところなんですが、4枚組み発売されたりするとショックですよねぇ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
ご無沙汰してました! (ミケ)
2007-03-17 08:41:34
おじゃまします。お久しぶりです!TB&コメントお返事大変遅くなってしまいまして申し訳にゃいです(汗)。
やっとパソコン買いまして、最近ネット出来るようになりまして!なので今後しばらくは積もった映画感想を徐々にじわじわとアップしていこうと思ってるので、良かったらまた遊びに来て下さいませ!!
今作は確かに、時間の経過が分かりずらかったですね^^;なのでまたいつか見直してみたいにゃぁと思いました。
★★コメントありがとうございます~その6~★★ (ピロEK(ミケさんへ))
2007-03-18 10:12:26
★ミケさんへ★

お~!ミケさん!!
お久しぶりです。お元気だったでしょうか。
コメントありがとうございます。

>やっとパソコン買いまして、最近ネット出来るようになりまして!

新規パソコン購入ですか。羨ましいです。
私も購入を考えてはいるのですが、なかなか先立つものも無い状況だしね。
でも、夏ぐらいには…なんて考えているところです。

>なので今後しばらくは積もった映画感想を徐々にじわじわとアップしていこうと思ってるので、

楽しみにしております。
ドンドン記事アップしてくださいね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくおねがいいたします。
TBありがとうございました (can)
2007-03-25 20:14:48
"キレイに撮られた汚い映像"

まさにそんな感じでした
また、ジョニー・デップはそういう役がとても似合うと思ってます(←かなり思い入れ強し)

確かに理解しがたい部分も多かったですが、なぜかすごく惹きつけられる作品でした
★★コメントありがとうございます~その7~★★ (ピロEK(canさんへ))
2007-03-28 21:12:54
★canさんへ★

コメントありがとうございます

>ジョニー・デップはそういう役がとても似合うと思ってます(←かなり思い入れ強し)

映画好きの女性の方は基本ジョニー・デップ好き(?)
canさんもご多分に漏れないご様子ですねぇ。
この作品は特にジョニー・デップファンの女性方の熱狂ぶりが激しい気がします。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リバティーン (とんとん亭)
「リバティーン」 2006年 英 ★★★★☆ 何となく暗そうで、DVD化になっても触手がのびなかった一本でしたが ジョニデ・ファンなら必見でしょう。 流石はジョニデ!! 特に彼の大ファンと言うほどでもない(普通にスキ^^)私でも彼の演技には 毎回...
リバティーン (メルブロ)
リバティーン 上映時間 1時間50分 監督 ローレンス・ダンモア 出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートン ジョン・マルコビッチ ロザムンド・バイク 評価 5点(10点満点) 会場 シネセゾン渋谷  この2年半で外で映画を見る習慣がすっかり身についてし...
リバティーン (rukorukoのMovie diary)
2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア 出演:ジョニー・デップ、サマン
リバティーン/The Libertine (我想一個人映画美的女人blog)
「どうか私を好きにならないでくれ....。」 なんて言ちゃって、一体どんなナルシストなんだ~。 と観たいリストに入れてはいたものの、 きっと眠くなるような作品なんだろうなーと気合いをいれて、 期待もしないで観たら。。。 なかなかつまらなかった(笑 どうつまらな...
リバティーン (knockin' on heaven's door)
The Libertine どうしてもこのタイトルはUKの某バンドを思い出してしまうんですが。 ともかく、これはジョニー・デップのための映画ですね。B級ビデオ作品チックに「J・デップの~」と邦題についていても何ら違和感はありません。もしくは副題に愛と○○の★★とかつ...
淋しい男の性。『リバティーン』 (水曜日のシネマ日記)
17世紀のイギリスを舞台に、破天荒な放蕩詩人の人生を描いた作品です。
リバティーン (映画鑑賞★日記・・・)
『THE LIBERTINE』公開:2006/04/08(2006.04.08鑑賞)監督:ローレンス・ダンモア音楽:マイケル・ナイマン出演:ジョニー・デップ     サマンサ・モートン    ジョン・マルコヴィッチ    ロザムンド・パイク1660年代、王政復古のイギリス。国王の親族...
リバティーン (BLACK&WHITE)
【The Libertine】2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ 公開初日の今日ジョニー・デップ主演の『リバティーン』を観てきました。
リバティーン (シェイクで乾杯!)
初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい どうか私を好きにならないでくれ・・・・・ 冒頭、美しい顔のジョニー・デップ演ずるロチェスター伯爵がこう語りかける。
★「リバティーン」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョニー・デップ主演。 今週は観たい劇場公開作が目白押しだったけど・・・ 時間の関係でジョニデの作品をナイトショウで・・・ 3~40人くらいは入ってたかなっ。
リバティーン (ぶっちゃけ…独り言?)
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ジョニー・デップが脚本冒頭の3行を読んだだけで出演を決めた作品です。 そーですかぁ・・・ 3行ですかぁ・・・ ・・・・・・・・・・・・何故っ!? Mr.デップ、脚本はちゃんと読んで熟慮してから出...
『リバティーン』 (京の昼寝~♪)
17世紀末イギリス。閃光のように現れ、燃え尽きた美しい男   ■監督 ローレンス・ダンモア■キャスト ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク□オフィシャルサイト  『リバティーン』 17世紀、王政復古のイ...
リバティーン (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
エロかっこいいジョニー・デップ。 R-15
リバティーン (晴れたらいいね~)
リバティーン 監督:ローレンス・ダンモア 出演:ジョニー・デップ , サマンサ・モートン , ロザムンド・パイク , ジョン・マルコヴィッチ 収録時間:115分 レンタル開始日:2006-11-24   Story『パイレーツ・オブ・カリビア...
映画「リバティーン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リバティーン」★★☆ 17世紀の英国ものと聞いただけで私の好み。しかもジョニデが放蕩詩人の貴族の役をやるなんて超期待していた。 この時代背景を知ることがまず重要。1660年代は“王政復古”の時代で、科学技術や芸術が急速に発展し、性に対する考え方も...
149.リバティーン (レザボアCATs)
これを見て自分を好きになれるか?とカメラ目線で語りかけるジョニー・デップ。大ヒットシリーズの『パイレーツ・オブ・カリビアン~』のシリーズの1と2の間の公開作品がこれっていうのが、なんだかとってもジョニー・デップらしいというか、何と言うか。“役者ジョニ...
映画「リバティーン」 (+Think)
 リバティーンとは、放蕩者という意味だそうですが、映画で描かれたロチェスター伯爵を見るに「そうでありたいと願い続け、そうはなれなかった人」のようでした。  17世紀イギリス。  チャールズ2世に愛された天才、2代目ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモ...
宇宙で止まって,自由な埋葬 (Akira's VOICE)
「銀河ヒッチハイク・ガイド」 「ステイ」 「リバティーン」 「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」
『リバティーン』 (Sweet* Days)
リバティーン CAST:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコビッチ 他 STORY:1660年、性の自由に対する考えが変化していった頃の王政復古のイギリス。詩人のロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は国王チャールズ二...
『リバティーン』観てきました! (Johnnyダイアリー)
 第二代ロチェスター伯爵、短くも激しいその半生 リバティーン2005年製作原題:The Libertine監督:ローレンス・ダンモアリバティーン 公式ホームページ【ロチェスター伯爵/ジョン・ウィルモット】ジョニー・デップ【エリザベス・バリー】サマンサ・モートン【チ...
リバティーン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★3点(満点10点) 2004年 110min   監督:ローレンス・ダンモア 主演:ジョニー・デップ サマンサ・モートン ジョン・マルコヴィッチ 1660年代。王政復古のイギリス。この頃は科学技術や芸術が 急激に発達し、性の自由に対する考...
リバティーン (ミケの映画生活)
ジョニーのみ光る? 評価:♡♡♡ 6月15日、公開終了間際に行きました。もちろん(?)ジョニーさんを見たくて。 内容:17世紀のイギリス。国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の恩赦を受け、3ヶ月の追放からロンドンに戻った詩人...
リバティーン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
リバティーン(liberine)=「放蕩者」「道楽者」の意 ジョニー・ディップが「脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐり合わない作品。」と絶賛して出演した作品です。 舞台は17世紀、王政復古期のイギリス。国王チャールズ?世の寵愛...
リバティーン (奥様的部屋)
ジョニー・デップの最新作 17世紀のロンドンを舞台に実在した作家の半生を描いた作品いかにもジョニー・デップが好んで演じそうな内容&役柄だ確かに決して後味の良い内容ではないし、途中目を背けたくなるようシーンもあったので世間の評価が両極端なのも当然だろうと思...
リバティーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『17世紀ロンドン。 天才詩人と舞台女優。 二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。』  コチラは4/8に公開されたんですが、ジョニー・デップが「脚本の冒頭3行を読んで、出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐり合わない作品さ。」とまで言っちゃ...