ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】スラムドッグ$ミリオネア…マダオドックで知っていた

2013-01-14 23:56:03 | 映画・DVD
(夜は
先週の頭からインフルエンザを発症して苦しんでいたピロEKです

2013年1月7日(月曜日)のどに異変を感じるも、マスクを着けて出社。日中は特に悪化の兆しも無かったのですが、夜になって38.5度の発熱が続く。
なのに…翌日1月8日(火曜日)は、そのまま出社。発熱でぼーっとはするも、そこまで辛く無かったので一日仕事。仕事の後、まぁ薬ぐらいもらっておこうと病院に行くと、検査の結果インフルエンザA型陽性の診断、体温も39度ぐらいに。そのままお医者様の指示により5日間の出社停止となり、今に至ります。
療養期間中は真面目に寝ておりました。1月10日(木曜日)ぐらいになると、やっと発熱が抑えられて来て、いくらか楽に…。予防接種をしていても油断してはイカンみたいです。



以下は映画観賞記録です。



「スラムドッグ$ミリオネア」
(監督:ダニー・ボイル、出演:デーヴ・パテール、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピントー、2008年イギリス)

スターチャンネルで無料放送されたもの(だったと思う)をHDDに録画していました。そちらを2012年7月2日(月曜日)〜3日(火曜日)にかけて観賞しました。



あらすじ&概要
インド人外交官のヴィカス・スワラップによる小説「ぼくと1ルピーの神様」の映画化。
インドのスラム街に生まれ育ったジャマール・マリク(デーヴ・パテール)は、人気テレビ番組「コウン・バネーガー・カロールパティ(クイズ$ミリオネア)」に出演していた。司会者のプレーム・クマール(アニル・カプール)の挑発やミスリードにも反応せず問題をクリアし、最終問題に辿り着いたジャマールだったが、1日目の収録が終わったところで警察に連行されてしまう。そこで拷問を受けながら、そこまでの問題の答えを知る事になった人生を告白して行く。
2009年の第81回アカデミー賞、作品賞を含む8部門を受賞した映画。
詳しくは…http://slumdog.gaga.ne.jp/





ピロEK的感想&点数
これは面白かったです
もっと早く観ていればよかった。

題材で扱われている、イギリス映画なのにインド。スラム街の青年が主人公…といった、下手すれば堅そうな雰囲気な題材、更には(最近、どうも娯楽色が強くないものを受賞させがちな)アカデミー賞作品賞と言う事で、もうちょい小難しい映画を想像していたのですが、そんな事も無く、普通に娯楽作品と言う感じ。

出演者は、この頃は無名だったんだろう(?)けど、今では割と見るデーヴ・パテールとフリーダ・ピントー。
フリーダ・ピントーは、この後出てきた映画よりも、美人度が洗練されていない感じでしたが、デーヴ・パテールは「エアベンダー」よりの時よりもイモ臭くなくてチョイ男前。

話の内容は…例によって細かい事は忘れたけど、ミリオネアの各問題を人生の節々で経験していて知ってるという、良く考えたら実にご都合展開なんだけど面白い
あのインドのみのもんたは悪いヤツだね。まぁ日本のみのもんたが良い人かどうかは別として
インドでは賞金が持って行かれなかったら、司会者の懐に入ったりするのだろうか

ラストのインド映画みたいなダンスも楽しげで好感


そんな感じで点数は5点(5点満点中)でOKです。
この年のアカデミー賞が「ダーク・ナイト」で無くても、まぁ納得できるという一本でした。



補足・蛇足

【次回の映画観賞記録は三銃士の予定】
しかし、三銃士の残り一人の名前って…
この最後の問題は、それにしても簡単過ぎないかなぁ(それまでは結構な難問だったとおもうのだけど
スラム育ちの青年にとってはどうだか知らないけど、普通に最終問題と考えたらヌルいよなぁ。


【銀魂】
「銀魂」で、この映画のパロディでやっていた「マダオドッグ$マダオネア」
驚くほどオリジナルに忠実な作りだったのねアレ



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ノルウェイの森…コレす... | トップ | 【映画】三銃士/王妃の首飾りと... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-01-15 02:20:33
またまたTBさせていただきま〜す。

「まぁ日本のみのもんたが良い人かどうかは別として」って棘のあるお言葉が笑えました(笑
予防注射は (sakurai)
2013-01-16 08:45:43
なさってたんですね。
それはそれは!
今年は受験生が二人いるんで、あいつらはしましたが、母はせず。
ここ20年くらい罹ってない!という妙な自信です。
ヤバいかな。。。

ということでこの映画、もう終わっただろう・・と思っていたダニー・ボイルのまさかの秀作。
良く出来てたと思います。
インド風味もいいスパイスで、気持ちよかったです、と言うのを覚えてます。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2013-01-21 03:24:00
こんばんは〜♪
さっすがに良い出来でしたよね〜^^
個人的にはもちっと盛り上げて欲しい気もしましたが(^^ゞ
てか、それよりも「マダオドッグ$マダオネア」が猛烈に気になります!
早速動画サイトを掘らなくては^^

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(けんさん、sakuraiさん、Aki.さんへ))
2013-02-25 15:37:43
★けんさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>「まぁ日本のみのもんたが良い人かどうかは別として」って棘のあるお言葉が笑えました(笑

日本のみのもんたが、良い人かどうかは、私には分かりませんが、
日本のみのもんたを、私があんまり好きじゃないのは確実です…かね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願い致します。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>予防注射は
>なさってたんですね。

予防注射していました。
だからといって安心できるものでも無さそうです。数年前にもこんな事があったかな。
予防注射よりも、人の集まるところに行かないほうが予防には効果あるんじゃないですかね。

>ということでこの映画、もう終わっただろう・・と思っていたダニー・ボイルのまさかの秀作。
>良く出来てたと思います。
>インド風味もいいスパイスで、気持ちよかったです、と言うのを覚えてます。

コレ以前のダニー・ボイル作品って、実は何となく避けてきたので、きちんと観た事が無いように思います。
「ザ・ビーチ」は観たような気もするけど、覚えていませんし。
なんとなく、変わった映画作りをする印象とかあったのですが、コレは普通に娯楽作品としても楽しめる映画だったと思います。インドだけにスパイスも効いておりました。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願い致します。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>てか、それよりも「マダオドッグ$マダオネア」が猛烈に気になります!

観れましたか?
基本、長谷川さんが主人公のスラムドッグでしかありません。まぁ笑えますけど。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願い致します。
マダオドッグ$マダオネア (Aki.)
2013-02-26 11:45:12
最高でしたw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スラムドッグ$ミリオネア (本と映画、ときどき日常)
監督 ダニー・ボイル 出演 デーヴ・バテール     フリーダ・ビント すごい面白かったです。 さすがアカデミー賞作品賞をはじめ8部門を獲得、その他にも2008年度2009年度の各賞を総なめにしただけのことはあります。 いきなりのあの写真にサインして....
スラムドッグ$ミリオネア (Akira's VOICE)
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  
最後に彼が手にしたモノは・・・。『スラムドッグ$ミリオネア』 (水曜日のシネマ日記)
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演した一人の青年の物語です。
スラムドッグ$ミリオネア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多とな ...
スラムドッグ$ミリオネア (いやいやえん)
今更ながらの鑑賞です。運じゃなく、運命だった。スラム街で育ったジャマールの純愛ドラマでもありました。 過酷な人生の中に希望があった。有名番組「クイズ$ミリオネア」の問題と、ジャマールの人生がリンクして、その人生の中に答えがわかるヒントが隠されてた。...
スラムドッグ$ミリオネア (to Heart)
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル...
★『スラムドッグ$ミリオネア』☆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:イギリス映画、ダニー・ボイル監督、デーヴ・パテル主演。
「スラムドッグ$ミリオネア」 文句なしの構成力 (はらやんの映画徒然草)
やられた! この作品の完璧とも言えるほどの構成力に舌を巻きました。 さすがアカデ
スラムドッグ$ミリオネア (だらだら無気力ブログ)
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組...
スラムドッグ$ミリオネア (勝手に映画評)
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、イギリス発祥の『Who Wants to Be a Millionaire?』(日本でのタイトル「クイズ$ミリオネア」)と言うクイズ番組....
『スラムドッグ$ミリオネア』 (ラムの大通り)
(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせた...
スラムドッグ$ミリオネア (迷宮映画館)
がつがつしていた頃のダニー・ボイルを彷彿!力が入る。
[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...
mini review 09412「スラムドッグ$ミリオネア」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマ。インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボ...
スラムドッグ$ミリオネア (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  さすがアカデミー作品賞受賞は、伊達ではなかった。低予算でシンプルなストーリーなのだが、とにかく文句なく面白いのだ。 インドの国民的人気クイズ番組で全問解答し、巨額の賞金を手にしたスラム街出身の青年ジャマール。なぜ貧困の中でゴミのように育った...
スラムドッグ$ミリオネア☆★SLUMDOG MILLIONAIRE (銅版画制作の日々)
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディというこ...
スラムドッグ$ミリオネア (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ふむふむふむ、こーゆー映画でしたか。 まぁ、昨年度のアカデミー賞で作品賞・監督賞を含む8部門受賞は伊達じゃなかったですね。 簡単に言っちゃえば、巧いし上手いって感じでしょうか。 結構社会派な面...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Something Better)
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマール(デヴ・パテル)が、超人気番組の「クイズ$ミリオネア」に...
スラムドッグ$ミリオネア (Yuhiの読書日記+α)
インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風の持ち味を生かしながらつづっていくヒューマンドラマ。監督はダニー・ボイル、キャストはデヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント他。 ...