ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー…の記事&お父さんお母さんありがとう^^

2009-01-23 22:21:40 | 映画・DVD

年末年始は実に調子良く更新していた当ブログですが、一度サボるとダメです
全然更新しなくなってしまいました

更新しない事に特に弊害は無いと思いますが

頂いたコメントへの返事を全く書いていないのはホントすいません



さて、そんな久しぶりの更新。
とりあえずは近況っぽいことから



少し前に母が沖縄に行った事を記事に書きましたが…
母親が出発する前日に、私の財布の中に辛うじて入っていた千円札5枚を餞別としてあげた私。少ない金額とはいえ親孝行なんじゃない私


…って、この時点では思ってたんだよね


で、父親を新年会に送った話も書きましたね。
その時に父親が…
「はい、車代」
といって1万円札を私に…そんなの受け取るつもりじゃなかったから断ったんだけど
「この前、母親に餞別を渡してただろ、いいから」
てな事で強く言うものだから受け取りました(この時点で何故か5千円得してます

で数日後、母親が私にお土産だと某有名ブランドの財布を…。
多分、コレ数万円します

しかも…

「財布っていうのはプレゼントするとき、中身も入れて渡すもの」
と言いながら3千円を入れてくれた母親

横で観ていた妹曰く。

「わらしべ長者かよ」

お父さん、お母さん、
40歳にもなって、結果的に親にたかった不甲斐ない私で御免なさい
でも、ありがとう



では、映画鑑賞記録です。



「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
(監督:マイク・ニコルズ、出演:トム・ハンクス 、ジュリア・ロバーツ 、フィリップ・シーモア・ホフマン、2007年アメリカ)

TSUTAYAさんで「ラスベガスをぶっつぶせ」「ザ・シーカー 光の六つのしるし」「スピード・レーサー」と一緒にレンタル。
2009年1月11日(日曜日)の昼ごろから鑑賞開始したのですが、途中「たかじん」が始まる時間に…「たかじん」を観た後、買い物に出かけたのでラスト部分だけは夜鑑賞致しました。



ストーリー
テキサス選出の実在の下院議員チャーリー・ウィルソンをモデルにした、ジョージ・クライルによるノンフィクション小説の映画化。
1980年代のアメリカ。酒と女が好きな下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)はソ連侵攻に苦しむアフガニスタンの人々に心を痛めていた。ある日テキサスの大富豪ジョアン(ジュリア・ロバーツ)から、アフガニスタン問題についてパキスタン大統領と会見するよう求められる。そこでアフガニスタンの実情を目の当たりにしたチャーリーは、アフガニスタンを救うため一肌脱ぐことを決意する。
詳しくは…http://www.charliewilsonswar.net/(※英語サイト)
もしくは…http://www.universalpictures.jp/sp/cww/





ピロEK的感想&点数
こいつはどういうテンションで鑑賞したら良い映画だったのか未だにわからないピロEKです

映画紹介サイトなんかでは“コメディ”の分類されてたりするし(予告もコメディだと思わせるモノでしたよね)…

…風刺作品なのか

…はたまた英雄譚なのか

どっちだったんですかねぇ

風刺風味の締めくくりをしてるから、風刺なんだろうけど…

この下院議員さんの働きでアフガンの人たちが(一時的には)助かったのは確かなのでしょうし…
自分の名前をタイトルに付けられるからには、この映画を認めてる訳ですよねぇチャーリー・ウィルソンさんも

それに、アフガンに配備されたスティンガーミサイルが、最初にソ連ヘリを撃ち落としたシーンでは“よしっ”とか思わされちゃうわけで
(でも、その後の戦果見せられるシーンでは…多少ショボ~ンな要素で、そうなるとやっぱり風刺か…と)


…う~ん


考えだすと結構難解な作品ですねぇ

答えを出すのは観客ってな感じなのでしょうか
(最後の方のセリフやメッセージを読む限り…こいつは風刺と英雄譚の両方なんだろうねぇ…それらをひっくるめた上での皮肉だったり自虐だったり…ってところかな


そんなことはさておき、

なかなか面白い作品でした

テーマに関わらず分かりやすく描かれているし、各キャラの思想、思惑なんかもハッキリ・クッキリ描写
当時の世界情勢についても、勉強してなくてもソコソコ理解できるぐらいには説明してくれてたんじゃないですかコレ

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツってなベテラン実力派俳優の功績もデカイでしょうねぇ。

こういう配役だと、なんだか古臭くもなっちゃう側面もありますが、人物像なんかを伝える力ってのは確実な訳で…、知らない俳優が演じてたら上記ポイント(キャラ設定等)が全然わからなかったかも知れませんね


まぁこういうタイプの作品は、あんまりいろいろな事を書くとボロが出るので
このあたりで点数をば…4点(5点満点中)ぐらいかな。
最近、そう良作でもないかも…なんて映画にも4点付けることが多い私ですが、こいつは5点から“そんなに好みの映画じゃなかったポイント”をマイナスして4点。映画の出来でいえば5点級かと思います。

こういったテーマをとっつきやすく描いた(と私は思ったです)、功績ってのは、実はデカイかもしれないですねぇ

この作品の本意を解説できる方には是非コメントを頂きたいところですが…
過激なのはご勘弁ください



補足・蛇足
チャーリー・ウィルソン議員の秘書役で出演していたエイミー・アダムス

「魔法にかけられて」のお姫様役だった彼女ですが…
彼女はお姫様役ってよりも、こっちの秘書役の方が…
「まぁこの女優さんだったら精々そんなもんだろう」って感じで適役かな

…でも、知的って感じの女優でもないから

あくまでもコメディタッチ作品限定で政治家秘書役の方が似合うってことで

…何で急に嫌いでもない女優の悪口(っぽいこと)言い始めたのかは自分でもよく分かりませんが
(多分、蛇足ネタが浮かんでこない事が原因



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ザ・シーカー 光の六... | トップ | 【映画】スピード・レーサー…... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2009-01-23 22:54:12
ピロEKさんのお父様、お母様、いい方たちですね~。
いくつになっても子供は子供なんですよね。
私も親には感謝しつつこの年になっても甘えてばかりです。
反省~(汗)

映画は・・・・・なんだかいまひとつ好みじゃなかったんですよね。
トム・ハンクスが結局はイイ人っていうのがいかにもありがち?
予告編 (sakurai)
2009-01-24 11:30:38
この映画の一番の問題点は、予告の見せ方だったなあと。
何ども何ども予告を見たのですが、高そうなジャグジーに、シャンパン片手に、美女といちゃついてるシーン。
美女とお酒が大好きなお気楽議員が世界を救った??みたいな感じだったんですよね。
そのつもりで見に行ったら、なんじゃこれは!!と言う感じでしたね。
こういう立場の人を描くよりは、「君のためなら千回でも」を作った方がよっぽど価値があると思いますです。

私も正月家に行って、子供たちと一緒にお年玉もらってきました・・・。いまだ親にお年玉をあげたことがありません。
ま、立派な葬式出してやるから・・・って、だめかな。
上手い! (kira)
2009-01-24 22:29:43
妹さんに座布団一枚~(笑)
わらしべ長者に思わず笑っちゃいました~
なんにせよ、ご両親を喜ばせることができたんですもの、OKですよ

4点とはまた気前がいいですね~
私はこれ、全くダメでしたから~。
どこかの作品賞回欄に「コメディタッチのヒューマンドラマ」とありましたが、
笑うに笑えない作りでした。
いくつになっても子供は子供。(笑) (Ageha)
2009-01-25 23:11:28
よかったじゃないですか。
何気にめちゃ得しちゃって。(笑)

プレゼントやその内容云々じゃなくって
たとえばですけど、
誕生日おめでとうって言うてくれることだったり
旅行楽しんどいでや、気いつけて行ってきや、
なんていうかそんなふうに
気にかけてくれてると思う瞬間があると
めちゃうれしいんですって。
そんなことだけでもええ子やと思うわけで。
・・現在親の立場になったらそう思います。マジで。

映画に戻しますが
良かれと思ってやったことが
思わぬ形で帰ってきてしまった・・・。
これはどうしようもない話で
そこまでは考えなかったわけで・・・
・・・う~ん、やっぱり自虐的な作品?
おもしろおかしくサクセスの部分を書いておきながら
ラストは反省文。
あまりに皮肉でしたね・・・。
★★コメントありがとうございます(1)★★ (ピロEK(ミチさん、sakuraiさん、kiraさん、Agehaさんへ))
2009-02-11 13:50:52
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>いくつになっても子供は子供なんですよね。

まぁそういうことなんでしょうねぇ。
私も親孝行したいのだけど、今は子供育てるので手一杯ですからどうしても先送りに。
元気で長生きして欲しいナァと思っております。

>映画は・・・・・なんだかいまひとつ好みじゃなかったんですよね。
>トム・ハンクスが結局はイイ人っていうのがいかにもありがち?

この映画、主人公が単純にイイヒト…って感じでも無かったですよね。
こいつが掻き乱したから今に繋がっている…CIA職員の中には予想してた人なんかもいたのかも…とか。
主張がイマイチ見えないところはズルイナァとも思いました。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>この映画の一番の問題点は、予告の見せ方だったなあと。

予告からだと、冗談みたいな事やってるうちに世界が平和に…
みたいに思っちゃいますもんねぇ。
私も、もっとコメディ色の強い作品かと思っておりました。

>いまだ親にお年玉をあげたことがありません。

親にお年玉って発想自体がありませんでした

>「君のためなら千回でも」

観たい映画リストには数えている作品。
良かったってことなのですかねぇ(?)楽しみにしておきます。

>ま、立派な葬式出してやるから・・・って、だめかな。

私の宗教観(というか無宗教観?)だと、やっぱ親孝行は生きているうちにやるものだと思いますよ。
死後のご先祖様を敬うのって、結局は自分のためでしかありません。悪く言えば「生きているうちに何も出来なかったことに対しての逃避」なんじゃないですかねぇ。…って答が真面目すぎます?

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★kiraさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>妹さんに座布団一枚~(笑)

妹は30代も後半になって…
こういう軽口を叩くから結婚できないのだと思います。多分。

>なんにせよ、ご両親を喜ばせることができたんですもの、OKですよ

そんなものなのでしょうか。
…今後少ない金額を渡しづらくなったので、今度はどうやって喜ばせたらいいのか分からない私です。

>4点とはまた気前がいいですね~

当ブログの点数は、結構テキトーなのですが、
4点は…あんまり良い評価とはいえないかもしれません。
概ね「よく出来ています。ちゃんと出来ています。でもそれだけ、あんまり好みじゃない」
もしくは「楽しんだ。大好き。でもツッコミどころは満載だし、アラも目立つよ」
のどちらかに4点がついています。こいつは前者ですかね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Agehaさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>気にかけてくれてると思う瞬間があると
>めちゃうれしいんですって。

まぁ私も子供からプレゼントもらったら、内容よりもその事自体の方が嬉しいと思いますが。
私は大厄迎えたイイオヤジなので恥ずかしい限りですわ

>・・・う~ん、やっぱり自虐的な作品?
>おもしろおかしくサクセスの部分を書いておきながら
>ラストは反省文。

映画の主張したいものをハッキリ見せてくれた方が面白かったと思うんですけどねぇ。
結局は八方美人と言うか、モゴモゴ言ってるだけの映画というか…そういう点は否めない映画でした。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話の映画化。 おはなし: 酒と女に目がない下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、ある日ソ連軍に侵攻されたアフガニス...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメデ...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく 愛するお気楽議員。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン (ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (迷宮映画館)
予告の印象とは全然違って、硬派な真面目な政治映画だった。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War (いい加減社長の映画日記)
ほんとは、昨日アップするつもりだったんですが^^; ポイントが使えたので、土曜日の10:45の回で、「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を選択。 ストーリーもキャストも、コメディタッチの感じも、好きな感じだったので。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」感想と、アフガニスタン (ポコアポコヤ 映画倉庫)
うむ~なかなか良かったのだけれども、共産主義国たるもの=悪だからやってよし!って、感じも無きにしもあらず・・だったかな・・(-_-)・・
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Sweet*Days**)
監督:マイク・ニコルズ  CAST:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン 他 酒が好きでいつも女をは...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (かいコ。の気ままに生活)
下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話。「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」公式サイト予告から 「お気楽議員が世界を変えちゃう?変えちゃおう!」くらいの かるーいノリの映画だと思って観にいったら・・印象だいぶ違いました。わりとシリ...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHARLIEWILSON'SWAR監督:マイク・ニコルズ出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス公式サイトはこちら。<Story>下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面で...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンというアカデミー賞俳優が揃った豪華共演の映画だけど―【story】酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (to Heart)
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story” 原題 CHARLIE WILSON'S WAR 製作年度 2007年 上映時間 101分 原作 ジョージ・クライル 脚本 アーロン・ソーキン 監督 マイク・ニコルズ 出演 トム・ハンクス/ジュリア・ロバーツ/フィ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ネタバレ映画館)
ソ連のアフガン侵攻を止めたのはランボーじゃなかったのか・・・
トム・ハンクスの「チャーリー ウイルソンズ ウォー」を観た! (とんとん・にっき)
たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト!下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支
映画を観た~チャーリー・ウィルソンズ・ウォー~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画鑑賞★日記・・・)
【CHARLIE WILSON'S WAR】2008/05/17公開(05/17鑑賞)製作国:アメリカ監督:マイク・ニコルズ製作:トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビーティ“たっ...
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を試写室で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」@東宝東和試写室 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/トム・ハンクス 映画の話 酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに....
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (マー坊君の映画ぶろぐ)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」監督:マイク・ニコルズ出演:トム・ハンクス(『ダ・ヴィンチ・コード』『ターミナル』)ジュリア・ロバーツ(『オーシャンズ12』『クローサー』)フィリップ・シーモア・ホフマン(『M:i:III』『カポーティ』)エイミー・アダムス....
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年5月17日 公開 ねぇ~ねぇ~、絶対勝てるケンカの方法を教えてあげるよ。 これって予告では明らかにコメディー風な持っていき方じゃなかったですかぁ。 チャーリー率いる美人秘書たちは"チャーリーズ・エンジェル&...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...
詰め込み型の実話映画。『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (水曜日のシネマ日記)
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させるまでを描いた実話ベースの物語です。
塞翁が馬~『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (真紅のthinkingdays)
 CHARLIE WILSON'S WAR  1980年代、東西冷戦の最中。ソビエトの侵攻により荒廃したアフガニスタンを 救うべく、一人のテキサス男が立ち上が...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (そーれりぽーと)
5.17「奇跡」が起きる! たったひとりで世界を変えた、本当にウソみたいな話。 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきました。 ★★★ またまた、的のハズれたコピーにムカムカしながらエンドロールを観ていた。 考えた人、頭おかしいんちゃうか。 ジュリア・ロ...
2008-34『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-34『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(更新:2008/05/25) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト! 実話だけどどことなく...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」□監督 マイク・ニコルズ □原作 ジョージ・クライル □脚本 アーロン・ソーキン □キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビ...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」人生万事、塞翁が馬… (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 芸達者な大物俳優がこれだけそろっていて、 (トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン) 脇を固める出演者も贅沢で (トム・ハンクスの秘書にエイミー・アダムス。「魔法にかけられて」のプリンセスとはまた違っ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
お、思ってたのとちょっと違うかな…{/face_ase2/}  実際の出来事を小説化した同名小説の映画化。  主演の下院議員チャーリー・ウィルソンにはトム・ハンクス。  テキサス州選出の下院議員・チャーリー・ウィルソンは州で6番目の富豪であるジョアン(ジュリア・ロ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007年) (勝手に映画評)
9.11の原点。実話です。映画館での予告編や、TVCMでは、お気楽な音楽と、コミカルなチャーリー・ウィルソンの日常が見られますが、それは一部しか描いていないことが(予告編なので一部なのは当然ですが)、本編を見て認識させられました。 あの時点で、アフガニスタン紛...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
【16 -7-】 知らなかった、TOHOシネマズって、会員は火曜日は1300円なんや{/eq_2/} ちゅうことは、おまけが要らなかったら前売り券さ買う必要ないんや。 前売りを買うと、ネットで座席予約できないから不便やし。 大阪のおっちゃん(←おっちゃんなのか!?)ビール片手...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (心のままに映画の風景)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、 美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。 ある日、テキサスの富豪で反...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (だめ男のだめ日記)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」監督マイク・ニコルズ出演*トム・ハンクス(チャーリー・ウィルソン)*ジュリア・ロバーツ(ジョアン・ヘリング)*フィリップ・シーモア・ホフマン(ガスト・アブラコトス)*エイミー・アダムス(ボニー・バック)*ネッド・ビーティ....
いずれわかる。~「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」~ (ペパーミントの魔術師)
映画を見る前から引っかかってた言葉。 このお話はやがて9・11へとつながっていく。 でも、80年代のアフガンの現状を見て 何とかしたいと思った彼の気持ちは本当だったと思うし 実際ソ連がアフガンから撤退したことで アメリカへ迫りくる恐怖もなくなった。 後に...
★「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは試写会もあるけど、その前に「109シネマズ川崎」でまず1本。 予告編では、随分楽しそうなお気楽議員のトム・ハンクスが印象的。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ウソみたいな本当の話!? (銅版画制作の日々)
    たったひとりで、世界を変えた本当なの?   パ~イ♪パ~イ♪ミスター・アメリカンパイ♪、懐かしいメロディにのせて始まるよ!   6月17日、MOVX京都にて鑑賞。予告編を見る限り、コメディかと思った。だが主題となるのは戦争だった。主人公...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [DVD]なんとも薄気味の悪い映画だ。米ソ対立の80年代に、米国が全力でアフガンを支持し、大量の武器を供給したビックリ極秘プロジェクトの実話。善意の米国人が奇跡を起こすが、この展開は現在の米国と中東の関係を考えればとんでもない...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Memoirs_of_dai)
予告とのギャップが大きすぎる 【Story】 酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Charlie Wilson's War) (Mooovingな日々)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン、そして反逆のCIAエージェントのガスト・アヴラコトス、美しいヒューストンの名士ジョアン・ヘリングの3人によるアメリカ史上最も成功した秘密工作の実話。 時は1980年代、”グッド・タイム・チャーリー”ことチャー...
チャーリー千回 (Akira's VOICE)
「君のためなら千回でも」 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 CHARLIE WILSON'S WAR (俺の明日はどっちだ)
「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」的にソ連のアフガン侵入に対するアメリカの裏からの介入という歴史的な事実を皮肉(?)な変遷として描いた作品なのだけど、今ひとつ製作者側の立ち位置が不明で、何とも中途半端な印象大。 自分たちがベトナムで行...
[Review] チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Diary of Cyber)
テキサス出身の下院議員。熱心な信徒の大富豪。盗聴技術に才長けるCIAエージェント。 共通点は、頭の回転が速く行動力に優れ、問題に対し真っ直ぐに取り組んでいること。そして何より、性格に問題があること。「完璧な人間なんてこの世にはいない」の正に代表格とも言え...
チャーリーウィルソンズウォー (シネマ日記)
最後の一行のセリフのために2時間がある、というのは映画としてはワタクシはOKだと思う。この作品がそれだ。あの最後の一行のセリフがなければ、マイクニコルズともあろう人がこんな作品をどうして作ったのかと思っちゃう。あれがなかったら、全編アメリカバンザイで「い...
【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (日々のつぶやき)
  『たった一人で世界を変えた、本当にウソみたいな話』 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス、フィリップ・シーモア・ホフマン 「テキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンはお酒が大好きな...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(映画館) (ひるめし。)
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 63点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ウンコして流さない奴って何なの? 公式サイト ジョージ・クライルのノンフィクション小説を原作に、トム・ハンクス主演、『卒業』で有名なマイク・ニコルズ監督により映画化。 近々最新作が公開される『ランボー』シリーズ三作目『怒りのアフガン』と同じく、1979...
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (<花>の本と映画の感想)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー    映画館にて鑑賞 監督 マイク・ニコルズ 出演 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ フィリップ・シーモア・ホフマン 2007年 酒と女が大好きな下院議員チャーリー・...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』('08初鑑賞67・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価 3) 5月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。
【映画紹介】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画かぶれでいきまっしょい!)
ラブコメのキング&クイーンによる社会派映画! 旧ソ連とアフガニスタンの戦争において 極秘でアメリカがアフガニスタンを支援することに なったイキサツを描いたお話。 映画のタイトルのチャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス) はテキサス州の下院議員。 女好き...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (映像と音は言葉にできないけれど)
なるほどマイク・ニコルズっぽい映画です。ガストやドクのようにものを食べながらコミュニケーションをする場面や酒と女性達の場面は実に人間の本性をセンスある表現で演出していましたね。
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【CHARLIE WILSON'S WAR】 2007年/東宝東和/101分 【オフィシャルサイト】 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス
★チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007)★ (CinemaCollection)
CHARLIEWILSON'SWARたったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。“BasedOnTheTrueStory”上映時間101分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/05/17ジャンルコメディ/ドラマ【解説】米ソ冷戦終結の真の立役者とも評されるテキサス選出の下院議員...
映画 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
この映画は実話を基に作られた映画だそうです。 判りにくい戦争の歴史がどうなって現在に至っているのか理解出来たと思う。 久しぶりにスク...
映画 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Death & Live)
このBlogで、もう何度も言ってますが、 フィリップ=シーモア・ホフマンのファンでして、 トム・ハンクスには興味無かったのですが、 とりあえず観ちゃうワケです。 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』  2007年 原題 : CHARLIE WILSON'S WAR 監督 : M...
133「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
酒と美女と武器と  テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは?チャーリーズ・エンジェル?と呼ばれる美人秘書軍団を引き連れ、朝の10時からウィスキーを飲むという、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。それでも、根は優しく持ち前の大らかな人柄で、周囲の...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (悠雅的生活)
「 いずれ わかるさ」   
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Rabiovsky計画)
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』公式サイト 原作:ジョージ・クライル 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス 、ジュリア・ロバーツ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 2007年/アメリカ/101分 おはなし Yahoo!映画...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 @日劇 (映画な日々。読書な日々。)
酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 懐かしの特撮マン (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
当時のアフガン情勢に目をつけてたの俺! って後出しじゃんけんの映画ちゃうん? と思ったけど、“9・11”の元凶かも知れんわ俺(トホホ)って映画でしたが、 実はあの『スター・ウォーズ』のデス・スターのドッグファイトを手がけたリチャード・エドランドによる特撮シー...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 2008-No30 (映画館で観ましょ♪)
↓この人がチャラチャラと楽しそうにしている予告を観たから もっと楽しい映画かと思ったら・・・違った。 で、 ワタシはこの映...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(2007) (【徒然なるままに・・・】)
酒と女に目がないお気楽議員が、ふとした切っ掛けからCIAを巻き込み、アフガニスタンを援助。遂にはソビエト連邦の侵攻を食い止めた、というウソのようなホントの話の映画化作品。 トム・ハンクスが主演とプロデュース、他にジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (レンタルだけど映画好き)
たったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story” 2007年 アメリカ  日本公開日2008/05/17  レンタル開始日2008/10/24 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 監督 マイク・ニコルズ 出演 トム・ハンクス/ジュリア・ロバ...