ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】マルタのやさしい刺繍…スイスで老人な「フットルース」みたいなもの?

2009-09-06 00:44:45 | 映画・DVD
すでに昨日の9月5日(土曜日)に観た「めちゃイケ」
サンミュージック所属の鳥居みゆきとカンニング竹山に対し岡村隆が…
「尿検査するぞ」
みたいな事言っていました…いいんですかねぇ
(笑ったけど
…再放送の時は多分無音ですねこの部分



さて、以下は溜まった映画鑑賞記録です。



「マルタのやさしい刺繍」
(監督:ベティナ・オベルリ、出演:シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー、ハイジ=マリア・グレスナー、2006年スイス/アメリカ)

TSUTAYAさんで「宮廷画家ゴヤは見た」「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~」と一緒にレンタル(前回の映画記事でも書きましたが、このあたりは曖昧
2009年8月2日(日曜日)の午前中に鑑賞しました。



ストーリー
スイスの小さな村トループに住む80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)。数ヶ月前に最愛の夫に先立たれ意気消沈の中毎日を過ごしていた彼女は、部屋を整理するうちに出てきた若い頃自分で制作したランジェリーを見て若い頃の夢を思い出す。その夢を改めて実現させようと友人らとともに村に自分でデザインしたものを売るランジェリー・ショップをオープンするマルタだったが、保守的な村の住民たちは、彼女の店に拒否反応を示す。
詳しくは…http://www.alcine-terran.com/maruta/





ピロEK的感想&点数
スイスでは「ダ・ヴィンチ・コード」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デットマンズ・チェスト」を抜いて動員数一位になった凄い作品との事。&いろいろなレンタルDVDに予告が入っていて少しだけ(ほんの少しだけ)気になっていた作品。
嫁さんがTSUTAYAでコレをチョイスしたからといって特に反対はしませんでした


保守的な村で、先進的(?)な事をやろうとする主人公ですが、
最初は上手く行かず、でも少しずつ理解が深まっていく…
という、
ザックリとカテゴリー分けするなら「フットルース」型映画(乱暴ですか
とはいえ、若者がロックを普及させるような内容では無くて、
少しセクシーな下着を売るのがハレンチか否かという内容(正直そんなにセクシーでも無い)。

登場人物は主に設定上は平均寿命を上回っている方々
ほのぼのした内容ではありますが、ある意味ハラハラ要素も含んだ作品
現に途中お一人の方は…。

ほのぼのした内容ではありますが、
主人公マルタの息子さん(牧師)が浮気してたりします。
…私が思うに、この映画の中でこの浮気が一番の事件です

で、お爺さんお婆さんの恋愛。
お爺さんお婆さんのインターネット。
お婆さんの運転免許取得(これもハラハラ)。
あとナニ党だか知りませんが党員云々、活動云々…にうつつをぬかし親の世話もしないバカ息子の登場で物語を少し引き締め
…等、盛り沢山

定年後で60歳なら…そこからまだまだ自分のやりたいこと出来るなぁ
なんて普通に思わせてくれる作品でした
ただそんなポジティブメッセージを感じさせてくれたとはいえ、面白いかといえば…微妙
まだまだこのような作品を堪能する年齢には至っていないようです私


なので点数は2点(5点満点中)
とにかく地味な作品ですね。スイスでは何故大ヒットに…って感じです。
こういうのがヒットする国民性なのかなぁ
…だとすれば品行方正で信頼できる感じも受けるけど面白みは無さそう…先日スペインには住みたくないという記事を書きましたが、別の意味でスイスにもあんまり住みたくはないなぁ



補足・蛇足
スイスの映画作品って観たの初めてかも知れません。
スイスって永世中立国で、いろいろな国際機関の本部とかが多くあって、銀行と自動車保険の国ですよね(後半はテキトー)。
地名も知ってるような場所が多くてよく聞く国だけど…実際はあんまり詳しく知らない国ですなぁ
…私の中のスイスの印象や雰囲気は、今のところこの映画が全てかもね



では、このあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ】スター・ウォーズ/ク... | トップ | ↓↓↓↓↓ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2009-09-07 22:04:43
確かにとても地味な作品でしたよね。
マルタの作る下着って全然いやらしくないし、むしろ清楚な方なのに、殿方の考えることといったらホントにもー!!
下着イコール嫌らしいって思い込みが強すぎです~。

こういう空気のよさそうなところに住んでみたいけれど、住民同士隠し事もできなさそうなところはちょっとパスかな。
低!! (sakurai)
2009-09-08 08:21:44
あははは。
こういうのに、高い点つけて、礼賛したら、ピロさんっぽくないかな。
いやーーー、よかったですよ。
男のあほさ加減が、いい塩梅にでてて。
やっぱ、あくまでも女性の映画すたからね。
スカッとしましたよ。
「フット・ルース」から、「フラッシュ・ダンス」を思い出しました。
ああいう単純なの、よくありましたね。

BM、恐縮です。?マークが効いてます。
私も貼らせていただきますが、事後承諾で。
Unknown (Ageha)
2009-12-02 01:30:50
ランジェリー一枚で
アルムの山を
ハイジが駆け回る国ですからね。(笑)
おばあちゃんが下着作ったってええやんと思うんですが、これがむっちゃ保守的。
かわいいって言う年ではないけどお茶目で
そのくせ信念曲げない、やるじゃんって思いましたよ。

この町の日常生活は
とても楽しそうには見えないけど
老女のちっちゃな反乱(笑)にほくそ笑んでしまうのは
それだけ年取ったからかな…。
★★コメントありがとうございます(1)★★ (ピロEK(ミチさんへ))
2009-12-29 16:17:17
★ミチさんへ★

…このコメントがミチさんのお目に触れているといいのですが(時間開けちゃったからなぁ)
いつもコメントありがとうございます

>確かにとても地味な作品でしたよね。

こういった地味なヨーロッパの作品が、輸入されて我々の目に触れやすい状況にあるのってめずらしいですよね(?)
まぁ私の場合、地味過ぎてイマイチだったわけですけど。

>下着イコール嫌らしいって思い込みが強すぎです~。

下着というのは本来イヤらしいものでも何でもない訳ですが、
イヤらしいと思っていたい部分も男性としてはある訳で…それをお婆さん連中が云々とやると“萎え”です。
あの村では下着では萌えない、イヤらしい事を妄想しない男子が増えたりして、キリスト教的なモラル上ではむしろプラスだったりして(?)

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(sakuraiさん、Agehaさんへ))
2009-12-29 16:18:05
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません

>こういうのに、高い点つけて、礼賛したら、ピロさんっぽくないかな。

逆にどういうのが私っぽいのか非常に気になりますが…
まぁ、この作品は私としては背伸びしちゃった感がありました。
娯楽より文芸に近い印象と申しますか、未だお子様なんでしょうねぇ私って

>私も貼らせていただきますが、事後承諾で。

今更ではありますが、相互リンクにしていただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします。

では、また来てくださいね。




★Agehaさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ハイジが駆け回る国ですからね。(笑)

ハイジといえば…低燃費少女のCMって面白いですなぁ(既にあんまり流れていない気もしますけど

>おばあちゃんが下着作ったってええやんと思うんですが、これがむっちゃ保守的。

スイスがどんな保守的なところなのかは知りませんが、下着を製造販売するのに破廉恥だなんて日本で言ってたら逆にキ○ガイ沙汰な気がしますね。
ある種の人には理想の国たる永世中立国ですが、あんまり住みたい国じゃ無いですねぇ…特にあの村。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
~『マルタのやさしい刺繍』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:スイス映画、ベティナ・オベルリ監督、シュテファニー・グラーザー主演。
『マルタのやさしい刺繍』 (2006)/スイス (NiceOne!!)
原題:DIEHERBSTZEITLOSEN/LATEBLOOMERS監督:ベティナ・オベルリ出演:シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー、ハイジ=マリア・グレスナー、モニカ・グプサー、ハンスペーター・ミュラー=ドロサート鑑賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこ....
マルタのやさしい刺繍 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『縫い残した未来が 輝きはじめる』  コチラの「マルタのやさしい刺繍」は、多くの公用語が存在し、映画がヒットしにくい国らしいスイスで、動員数No.1のヒットとなり、2007年アカデミー賞ではスイス代表になった、遅咲きの乙女たちが贈る最高にチャーミングなハー...
「マルタのやさしい刺繍」 (小さな街から)
最愛の夫を亡くしてから、生きる気力をすっかり失い、ぼんやりと毎日を過ごしていたマルタ(シュテファニー・グラーザー)。 そんな中、あるきっかけで久しぶりに友人と町に繰り出し、生地屋のきれいなレースを眺めているうちに、「パリでランジェリーショップを開く。」
マルタのやさしい刺繍 (シネマ大好き)
あまり観ることのないスイス映画。しかも珍しい老女のサクセスストーリー。これがとびきり素敵だった。 夫を亡くして気力がないまま、息子に店の処分をせかされるマルタ。村の合唱団旗の修繕を無理やり頼まれ、生地を買いに出かける用意をしていた時に、昔作った下着を...
「マルタのやさしい刺繍」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
スイスの山の中って、本当に自然が美しい!でも、やっぱり田舎って・・
『マルタのやさしい刺繍』(Theater) (私の研究日記(映画編))
監督 ベティナ・オベルリ 出演 シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー 、 ハイジ=マリア・グレスナー 、モニカ・グプサー 製作年 2006年 製作国 スイス 上映時間 89分  シネスイッチ銀座にて鑑賞(12月21日)  スイス・エメンタール地方の小さ...
マルタのやさしい刺繍 (いやいやえん)
可愛い。女性なら共感できちゃうかもです。 簡単に言うと80歳の乙女が昔の夢を追いかけるというものなんですが、これがまたおばあちゃんたちがキラキラしているのよ~。 男性も女性もですが、生きがいがあるって素敵ですね。若い頃はそれなりになんとかなるものですが...
マルタのやさしい刺繍■小さな反乱と友情 (映画と出会う・世界が変わる)
めったに見ることの出来ないスイス映画。手作り感のあふれる作品。リアルな人物設定、美しい風景など魅力にあふれている。80歳になった女性マルタが長年の夢であったランジェリーショップを開く物語。これは一人の女性が夢を実現する物語というだけではなく、その彼女の友...
マルタのやさしい刺繍 (夫婦でシネマ)
80歳のお婆ちゃんが夢を叶える映画です!
「マルタのやさしい刺繍」 (首都クロム)
 冒頭はとにかく照明が暗く、顔色も冴えず、食欲もない様子なので、マルタの友人たちでなくとも独り寂しげにしているマルタおばあちゃんが心配になってしまいます。ところが若かりし日の夢を思い出し、針と糸と綺麗な生地をチクチク・ミシンをがたがたやりだしたら、部屋...
「マルタのやさしい刺繍」 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
タイトルから想像していた内容とはちょっと違った内容の映画でした^^ 3つ☆
マルタのやさしい刺繍 (Diarydiary!)
《マルタのやさしい刺繍》 2006年 スイス映画 -原題 - DIE HERBS
マルタのやさしい刺繍 (Blossom)
マルタのやさしい刺繍 DIE HERBSTZEITLOSEN 監督 ベティナ・オベルリ 出演 シュテファニー・グラーザー ハイジ・マリア・グレスナー    ...
マルタのやさしい刺繍(DVD) (ひるめし。)
縫い残した未来が輝きはじめる
「マルタのやさしい刺繍」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  スイスの映画「マルタのやさし刺繍」を観てきました。夫の死から9ヶ月、生きる気力さえなくしかけていた80歳のマルタおばちゃんが、若い頃の夢だった“ランジェリー・ブティック”を開くということにチャレンジし、様々なトラブルを乗...
「マルタのやさしい刺繍」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Die Herbstzeitlosen」...aka「Late Bloomers」 2006 スイス マルタにシュテファニー・グラーザー。 リージにハイジ・マリア・グレスナー。 フリーダにアンネマリー・デューリンガー。 ハンニにモニカ・グブザー。 監督、原案にベティナ・オベルリ。 長年...
マルタのやさしい刺繍 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
マルタのやさしい刺繍 [DVD]手仕事の国スイスらしい丁寧な佳作である。小さな村に住む80歳のマルタは友人たちと助け合って若き日の夢であったランジェリーの店を開くが、保守的な村で反発を買う。これはおばあちゃんが起こす小さな革命の物語だ。老人を描く作品だが、牧師...
【マルタのやさしい刺繍】 (日々のつぶやき)
監督:ベティナ・オベルリ 出演:シュテファニー・グラーザ 「小さな村に住むマルタは夫に先立たれ生きる気力を失っていた。 牧師をしている息子や友人達が励ましてくれる中、ある日合唱団の旗の修繕を頼まれたことがきっかけでかつて夢見ていたランジェリーショップ
マルタのやさしい刺繍 (CASA GALARINA)
★★★★ 2006年/スイス 監督/ベティナ・オベルリ 「みんなマルタの夢にお付き合い」
映画 【マルタのやさしい刺繍】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「マルタのやさしい刺繍」 女性監督ベティナ・オベルリによるハートウォーミングなスイス映画。 おはなし:スイスの谷間の小さな村に住むマルタは夫に先立たれ塞ぎこんでいた。ある日、知人から得意の裁縫仕事を頼まれた事をきっかけに創作意欲がわいてくるが...
マルタのやさしい刺繍 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最愛の夫の死を乗り越え、再び夢に向かって挑戦していく老女の姿を通して、人間の勇気と希望を描きだしている。 物語:スイスの小さなトループ村に暮らす80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)。9か月前に最愛の夫に先立たれ生きる希望を失くし、悲しみから立...
マルタのやさしい刺繍 (迷宮映画館)
なかなか辛辣、そして、しっかりいい映画でした。
「マルタのやさしい刺繍」 DIE HERBSTZEITLOSEN (俺の明日はどっちだ)
夫に先立たれ意気消沈していたおばあちゃんが世間体を気にする保守的な村でランジェリーショップを開業させるというかつての夢を実現するべく友人の協力を得て奮闘する姿を描いたスイス映画。 話そのものは実は決して目新しいものではなく、その展開もほぼ予想通りに進ん...
マルタのやさしい刺繍 (2009 映画観てきましたっ!)
久しぶりに 映画観てきましたっ!
『マルタのやさしい刺繍』 2009-No5 (映画館で観ましょ♪)
元気なおばあちゃん4人組み。 ほのぼのと。 でも力強くて。 ちいさなちいさな村におばあちゃんがオープンさせた下着屋さん...
マルタのやさしい刺繍 (こんな映画見ました~)
『マルタのやさしい刺繍』---DIE HERBSTZEITLOSEN   LATE BLOOMERS---2006年(スイス)監督:ベティナ・オベルリ  出演:...
マルタのやさしい刺繍 (のほほん便り)
80歳の、マルタおばあちゃんの夢は、若い頃、学んだ技術と特技を活かし、自分でデザインして刺繍入りのランジェリー・ショップをオープンすること。 夫を亡くし傷心の毎日だったけれど、ある日。ふとした、きっかけ。目覚める往年の夢… ずっと営んでた雑貨屋をたたみ...