ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像

2010-09-20 10:20:09 | 映画・DVD
三連休も最後の日になっちゃいました
あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど

まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から

2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は無く(強いて言えば郵便局に振り込みに行く用事があったかな)、小倉の街をブラブラ。
途中、小倉駅のアミュプラザでエレベーターに乗ると、次に停まった会で、会社の同僚の(若い)女性に遭遇。嫁さんと一緒の時に若い女性から声をかけられると必要無いのに私の中でドギマギが起こります
で、後は食事して、食料品の買い物をして…という感じ。


翌日(昨日)の2010年9月19日(日曜日)
まずは娘の学校の運動会。朝起きてお弁当づくりを手伝いで中学校に。
割と遠いのに駐車場が無いのは不便です。まずは荷物と嫁さんを運び、その後自分は比較的中学校に近い私の親の家まで車を運んで…てな感じで…不便です
これで子供に関する主だったイベントは終わりなんですよね…気合いの入った写真でも写そうと、カメラを持って行きましたが…あんまり上手いのは撮れませんでした

運動会は14時頃に(娘の出るプログラムが)終了…今度は帰って出勤の準備です

で、会社…眠かったなぁ(出勤途中何度かマイクロスリープが襲ってきてヤバかったです
しかも仕事はクライアント側のトラブルで遅れちゃって…お陰で仮眠取れたけど

そんなキツイ1日でした。…しかも日焼けで腕がヒリヒリしております



さて、以下は映画観賞記録です。



「2012」
(監督:ローランド・エメリッヒ、出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、2009年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんから「コララインとボタンの魔女」と一緒に届いた作品。2010年8月14日(土曜日)に鑑賞しました。ブルーレイで鑑賞。



ストーリー
2009年インドの科学者の研究から地球の内核が溶解し、数年後には大規模な地殻変動が起こり世界が滅びる事になると知る。その事実を知ったアメリカの科学者エイドリアン・ヘルムズリー(キウェテル・イジョフォー)は、大統領首席補佐官のカール・アンハイザー(オリヴァー・プラット)を通じ、ウィルソン大統領(ダニー・グローヴァー)に報告。大統領の呼びかけにより超国家規模のプロジェクトが開始される。数年後の2012年、売れないSF作家ジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は離婚した妻ケイト(アマンダ・ピート)の元に住む息子ノア(リアム・ジェームズ)と娘リリー(モーガン・リリー)を預かりキャンプに訪れたイエローストーン国立公園で政府の奇妙な動きを目撃、また世界の滅亡を唱えるラジオ放送を続ける奇人チャーリー・フロスト(ウディ・ハレルソン)とも出会う。他の数々の符牒からジャクソンも世界の滅亡を確信する。
詳しくは…http://bd-dvd.sonypictures.jp/2012/





ピロEK的感想&点数
まぁ面白かったですし、新しいTVとブルーレイの効果で劇場並みとは言わないまでもソコソコの迫力でのディザスター度合いを満喫。楽しめました
みょうちくりんな紀元前を描いたりせず、ヤッパリこういうのを作っていればいいんですよねローランド・エメリッヒって

ストーリーだの人間ドラマだのは…どっかで観たような…いえ、それらの記憶と比較しても正直ショボイものなんだけど…単純な脳の私からすれば「ノウイング」の難解なオチのストーリーよりも、世界が崩壊しても尚なまっちょろい感じさえある、こちらの馬鹿なストーリーの方が好みだしね。伏線も分かりやす過ぎる安心設計

テーマとか、メッセージですか特になにも伝わってきませんでしたよ。主人公たちの最後の笑顔を観る限り「家族と目に見えてる人達が助かったから良かったね」…すなわち“自分が大切”というテーマとでも受け取ればいいのかねぇ

この単純明快でメッセージ色の薄い(子供向けか)ストーリーが、ジョン・キューザックだのウディ・ハレルソンだの、個人的には演技派に思える俳優陣によって演じられているのだから実に贅沢でした(言い換えれば勿体無い)。


点数は…
う~ん…5点(5点満点中)…でいいや。
“う~ん”とか付けちゃわないと満点にしちゃうのが恥ずかしいのですが、楽しんだから仕方ない。もう一回見ても良いですよ

…最近、かなり甘めの配点ではあると自覚はしております


あと、書いておきたい事は…
あの奥さんの再婚相手な整形外科医…活躍したなぁ…あんなに活躍したのに
とか、

ジョン・キューザックって4ケタ数字がタイトルの映画を選んで出演してるの
とか、

キャンプ場にリムジンで行く事が世界滅亡と同じぐらい心配だった
とか、そんなところです。



補足・蛇足
…ストーリーについてな部分に付記。

まぁこれは流石に…と考えてカットしたんだろうけど。

未公開シーンだと客船に乗ってた科学者の父親とかも偶然助かってて…なんたるご都合主義で塗り固めようとしてたんですかねぇ

バカバカしいというか、愛すべきというか…あ、男性の私から愛されちゃったらエメリッヒが喜んじゃう可能性がありますね…クワバラクワバラ



では、とりあえずこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ビバリーヒルズ・チ... | トップ | 【映画】コララインとボタン... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yukarin)
2010-09-20 22:26:36
ごめんなさい~っ
間違ったTBを送ってしまいました。
削除お願いします^^;
★★了解です。★★ (ピロEK(yukarinさんへ))
2010-09-20 22:58:00
削除させていただきました。
でもお気になさらず。
だって、自分がどのぐらい同じ事しているかというと…皆さま何かスイマセン
どんだけ (sakurai)
2010-09-21 12:13:46
壊せるかの実験でもしたのではないかと思うくらいの壊し方でしたね。
キューザックの4けた数字の映画に、座布団1枚!
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2010-09-22 04:14:27
こんばんは~♪TB有難う御座いました♪
いや~、映像が凄かったですね!
でもって・・・
映像が凄かったですw
まぁ、色んな意味でエメリッヒらしい作品でしたね^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
TBありがとうございます (ノルウェーまだ~む)
2010-09-22 07:02:16
いつもTBでお世話になっております。
私もうかっりひとつTBし間違えいちゃいました。削除してくださいね。
お手数おかけします~
今後ともまたよろしくお願いいたします☆

ショボイ内容なのに、なんだか楽しめちゃうってわかります♪
映画は楽しめたらいいんですよね~
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(sakuraiさん、Aki.さんへ))
2010-09-22 12:29:59
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>どんだけ
>壊せるかの実験でもしたのではないかと思うくらいの壊し方でしたね。

壊れたものの描写数では世界一の映画かもしれませんね。
ゲームの「塊魂」ぐらいの勢い(?)でした。

>キューザックの4けた数字の映画に、座布団1枚!

そんなに上手かったですか
なんだか嬉しいやら恥ずかしいやら

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>いや~、映像が凄かったですね!
>でもって・・・
>映像が凄かったですw

確かに映像しか褒めるところ無いですが
芸術家の顔をせずに(?)映像だけが凄くて楽しめる作品なんて、意図・計算しての事だったら尊敬すべき監督なのかもしれません。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(3)★★ (ピロEK(ノルウェーまだ~むさんへ))
2010-09-22 12:33:15
★ノルウェーまだ~むさんへ★

コメントありがとうございます

>いつもTBでお世話になっております。

こちらこそお世話になっております。TBばかりで失礼してしまい恐縮です。
時間があるときにはコメントも残したいとは思っているのですがナカナカ

>私もうかっりひとつTBし間違えいちゃいました。削除してくださいね。

削除させていただきました。
上記yukarinさん宛にも書きましたが、私もよくやるし、基本そのまま断りも入れないタイプなので…そんな私相手にお気遣いなく。
わざわざありがとうございました。

>映画は楽しめたらいいんですよね~

仰るとおりだと思います。
やはりコレはコレで計算されつくした娯楽作品なのかも知れませんね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
私は記事のサブタイトルに一票 (KGR)
2010-11-14 11:02:29
相当練った人間ドラマでもあのこれでもかの大惨劇の前にはどうでもいいように思えますが、ラスト近くのヘタな人情劇というか、人類愛にあふれるシーンは冗談じゃないよってところですかね。

人情劇は家族愛だけにして、あんな外連味(けれんみ)でごまかさず、ディザスターに徹した方が良かったです。
こんばんは (ななんぼ@続蛇足帳~blogばん~」)
2010-11-14 22:23:23
TBありがとうございました。
どうしても私のblogとgooは相性が悪く、こちらかのTBがエラーになってしまうのでコメントのみ残させて頂きます。

なんかパニック映画なんですが大迫力の映像の割に群像劇の描写がアッサリだったので惨劇もアッサリで、そんなドキドキせずに安心して観られちゃったかもしれません(笑)

しかし、未公開シーンだと科学者の父親も偶然助かっているんですか!いや~、ここまでご都合主義を貫いたとなるとアッパレですねっ♪さすが、エメリッヒ監督と言うしかないです。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2011-03-08 17:17:32
個人的にはバカ映画も嫌いでは無いですが
せめて2時間以内には収めて欲しかったですね~
最近やたらと長い作品が多くて
なかなか平日の夜に映画が観れません(笑)
★★コメントありがとうございます(4)★★ (ピロEK(KGRさん、ななんぼさん、ONE OF THE BROKENさんへ))
2011-04-14 03:53:06
★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます。
こちらも反応が遅くなってしまいました申し訳ありません
…一体いつ頂いたコメントの返事なんだよという感じですよね。

で、私がコメントを放置している間に、どうもこういう映画のコメントがし辛い天災が起こってしまいましたね。

>ラスト近くのヘタな人情劇というか、人類愛にあふれるシーンは冗談じゃないよってところですかね。

映画としては上手くないと思えた部分でしたが、やっぱご時世的にコメントしづらいですね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ななんぼさんへ★

いつもコメントありがとうございます。
去年のコメントを今頃なんて、反応が遅くなってしまい申し訳ありません(実は一昨年のものも残ってたりする当ブログです)

>しかし、未公開シーンだと科学者の父親も偶然助かっているんですか!いや~、ここまでご都合主義を貫いたとなるとアッパレですねっ♪さすが、エメリッヒ監督と言うしかないです。

カットしちゃったんだから貫いてはいないのかも。
流石にご都合主義過ぎると思ったんではないですかねぇ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ONE OF THE BROKENさんへ★

いつもコメントありがとうございます。

>最近やたらと長い作品が多くて
>なかなか平日の夜に映画が観れません(笑)

空き時間があったとしても長すぎる映画は尿意との戦いとか、色々弊害があるものですよね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなのです...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
映画 2012 (フクロウと大理石)
 この映画を二言でいうと、豪華絢爛、一大スペクタクル。  2012年に地球が滅亡するというマヤの伝説。その兆候を数年前...
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
2012 (試写会) (風に吹かれて)
映像だけは とにかくすごい公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/2012 11月21日公開上映時間 2時間38分監督: ローランド・エメリッヒ売れない作家のジ
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ~~~~!...
2012 (迷宮映画館)
映像を堪能しましょう。
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[2012] ブログ村キーワード  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言~“2012年世界終末説”~を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリー...
2012 (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え~っと・・・ ぶっちゃけ、観てからかなり経ってしまってまして・・・ ま、いつものことなんですが・・・ っと、スケールの大きさに比例して、作品自体も大味になってしまうローランド・エメリッヒ監...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
『2012』 (Cinema + Sweets = ∞)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞~。 ******************** 『デイ...
2012 (とりあえず、コメントです)
ディザスター・ムービーが得意なローランド・エメリッヒ監督の最新作です。 マヤ文明に伝わる2012年終末説が現実となった近未来の世界。 めちゃくちゃに壊れていく地球を迫力の映像で描いていました~
映画「2012 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『2012 字幕版』を本日観て来た。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。 例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残るような、少量でも薄味の美味しい一品料理とは対極にある映画。 158分の...
映画「2012」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 マヤの暦が2012/12/21で区切り(と終末)を迎えることから、 その時に世界の終わりが来るという説に乗っかったストーリー。 ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョホー、 ウッディ・...
2012 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
期待したどおりの大迫力のスペクタクル映像を堪能した。色々な人物像が丁寧に描かれているので、VFXだけが売りの映画になっていない。ニュートリノ天文学という小柴教授の研究成果が登場するのも、うれしいことだ。是非映画館で見てほしい。
『2012』 災厄でも助かる条件 (映画のブログ)
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざっているが)、さらに2010年にも映画の公開が予定されているという...
劇場鑑賞「2012」 (日々“是”精進!)
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡...
2012 (映画道)
チェック:マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。 地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。 偶然にも地球の危機を知...
2012 (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  Good-bye my earth!(C)ダライアスバースト  2011年アナログ放送は見られなくなります。しかしデジタル放送も2012年見られなくなります。これ
マヤの予言 (美容師は見た…)
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ~。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開...
2012 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・ビリングスレ、モーガン・リリー、ジョージ・シーガル、...
2012 (キノ2)
 そろそろ公開も終わりかというこの時期になって、駆け込みで観て来ちゃいました。  やっぱ、なんか、どうにも気になって。  ミニシアター系の映画なら、後からDVDでゆっくり観るのもアリだけど、ローランド・エメリッヒ監督のディザースター・ムービーをDVDで観ても...
『2012』 (だらだら無気力ブログ)
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもな...
★2012(2009)★ (CinemaCollection)
20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャンルパ...
2012/ 2012 (我想一個人映画美的女人blog)
楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作...
【2012】 (日々のつぶやき)
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー    2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 「2012年、売れない作家のジャクソンはバイトでリムジンの運転手をしている。 離婚
2012 (2009) (肩ログ)
2012 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、ウディ・ハレルソン、ダニー・グローヴァー、他 公開前の予告でメインシーンの10分を流してましたね。 こんなに流した...
2012 (Diarydiary! )
《2012》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - 2012 2012年12月
2012 (メルブロ)
2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グローヴァー 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(試写会 168回目) 評価 7点(...
2012 (Peaceナ、ワタシ!)
- 2012年12月21日。世界の終わり。- 今年の2本目は 『2012』-。 公開は昨年の11月なので、随分と時間が経ってからの鑑賞になってしまったのですが~(うちの近所の映画館では今日が最終日でした) 気になっていた作品だったので、一昨日のレイトショーにフリーチケットで...
2012 (Thanksgiving Day)
映画「2012」を観てきました!! 駅でかなり大きく、ちょっと怖いポスターを見かけてから、ずっと気になってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた...
★「2012」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
映画「2012」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 シアター6にて鑑賞、客入りは7~8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が、自分達が座った席(スクリーンから3列目くらい)が気に入らないのか映画冒頭に大声...
♯54 「2012」 (ここはここ)
映画 「2012」 2012 (日本語吹替)を観ました       ローランド・エメリッヒ監督 2009年 アメリカ これから何が起きるのか! 久々にドキドキハラハラしました。 ちょっとイマイチなことも聞いていたので、期待しないで見たのがよか...
2012/ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
ハリウッドが得意とするところのSF超大作のディザスター・ムービー。監督は『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ。 ...
「2012」 (或る日の出来事)
世界の建築物がぶっ壊れたり、さまざまな特撮映像が見もの。 ドラマは、ご都合主義。(都合のよすぎる展開。)
2012 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ローランド・エメリッヒ監督の超大作を観てきました。2009年、惑星直列により太陽の活動が活発化。そのときに発せられた放射線により地球の核の活動も活発化し、地球は終焉の時を迎...
映画『2012』 (闘争と逃走の道程)
 2012年12月21日、世界は滅びる。マヤ文明の予言が現実となり、世界中を天変地異が襲う!ディザスターパニックの名手、ローランド・エメリッヒ監督が描く、世界の終末。凄いです。 2012 オリジナル・サウン...
2012 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
マヤ文明が予言した世界の終末がいま現実のものとなる!ディザスター映画の巨人が放つパニック・スペクタル。高度に発達しながらも謎の消滅を遂げた古代マヤ文明。そこで用いられ ...
「2012」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。ローランド・エメリッヒ監督作品ということで、ストーリーそのものに期待していなかったのが、返って功を奏した…...
映画 「2012」 (ようこそMr.G)
映画 「2012」
『2012』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:2012監督:ローランド・エメリッヒ脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グロ...
2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦 (ネット社会、その光と影を追うー )
古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言通り、地上
2012 (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は「2012」を観に、東京国際フォーラム ホールCへ出かけた。 「ゼロの焦点」を一緒にみた女性からクオカード500円1枚で試写状を譲ってもらった。 実は明日のJ.P.の招待状もあった。 が、開映が20時と遅過ぎて疲れるのでパス。 上映時間が2時間3...
2012 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「2012」監督:ローランド・エメリッヒ(『紀元前1万年』)出演:ジョン・キューザック(『エージェント・オブ・ウォー』『1408号室』)キウェテル・イジョフォー(『アメリカン ...
『2012』 (こねたみっくす)
これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載です ...
映画感想『2012』 こんな地球の壊し方... (レベル999のマニアな講義)
内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさ...
2012 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月20日(金) 20:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエメやんの新作。 大味監督エメやんらしい、科学的考証ゼロ、力技で最後までぶっ飛ばす作品...
『2012』 ('09初鑑賞171・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:35の回を鑑賞。
「2012」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「2012」USA/カナダ ジャクソンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」のジョン・キューザック。 科学者エイドリアンに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のキウ...
2012 (5125年映画の旅)
西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しよ ...
2012 (勝手に映画評)
マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。 いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。かなり期待はずれ。公開初週末に全米で6千5百万ドル、全世界で...
2012 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★[5/5] これぞハリウッドの真骨頂!これはブルーレイでの保存決定!
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
2012 (菫色映画)
2012 スタンダード版 [DVD]2009年 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック    キウェテル・イジョフォー    アマンダ・ピート    タンディ・ ...
2009-93『2012』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-93『2012』(更新:2009/11/23) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) マヤ文明の預言書には2012年12月21日以降書かれていない。 歴史的な事実を元に壮大なSFサスペンスが出来上が...
映画『2012』 (健康への長い道)
 どういうわけか、ディザスター(大災害)映画がわりに好きです。無論、本物の災害は歓迎しませんが・・・。単純に映像に興味があります。  『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督最新作『2012』を梅田ブルク7にて。 ...
2012☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2012年12月21日マヤ暦により地球の終わりまさに、そうなる予測が判明した2009年・・・その対策は世界の首脳たちを中心に秘密裏に事が運ばれていた。ジョン・キューザック主演でいいのかな?『2012』を試写会同行させていただいて鑑賞してきました。ちなみにジョン・キ...
2012 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
2012年12月21日 マヤ文明が予言した 「世界終末の日」 って。エンドロールで この映画はフィクションです って字幕出てたけど何か まだ先のことやし ホンマやったら...
2012 (いやいやえん)
ディザスター物では凄いからみておいたほうがいいよと言われて観て見ました。 もし自分たちがこんな状態になったらと考えると、パニックどころではないかもしれない。ツッコミどころは多々あれど、CGでつくられた地球滅亡へのあらゆる猛威は大迫力で凄いの一言。 しか...
2012 (mama)
2012 2009年:アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、タンディ・ニュートン、アマンダ・ピート、ジョージ・シーガル、ダニー・グローバー、ウディ・ ...
評論(映画) 2012 (プチパルレビュー・ワールドエンド)
製作: 2009年度作品/アメリカ映画 ジャンル: 災害パニック 5段階評価: 2・・・映像の迫力のみを楽しみましょう マヤ文明の予言を基にした災害映画です。 ストーリーを書こうとも思いましたが、まあよくある話しなので省略します。 それにしても災害映...
『2012』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
題名が題名なだけに早いとこ見ておかないと、と焦って鑑賞した一本。 物語は映画公開時の2009年にスタート。 世界に滅亡の時が迫っていることに気付いた科学者が警鐘を鳴らし、米大統領だけでなく世界各国の首脳も交え、大規模なプロジェクトがスタート。それは選ばれ...