ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】幸せの1ページ…の記事&そういえば先々週、鳥栖に行きました

2009-05-24 23:59:17 | 映画・DVD

ひとつ前の記事で予告したとおり、本日2つめの記事です

まずは、ここで溜まりに溜まった近況報告(の一つね)

先々週2009年5月10日(日曜日)、またまた「鳥栖プレミアム・アウトレット」に行ってきました。私は既に季節を過ぎたパーカー(ティンバーランド)を購入。
息子は夏用のパーカーを、嫁も薄手のシャツを購入していました。
まぁ私やら息子やら嫁の買い物はどうでもいいわけで…今回の主目的は娘の誕生日プレゼント(この数日後が娘の誕生日でした)。プレゼントがアウトレット品というのもどうなのかとも思いますが、本人はそれでも満足なようです
娘へは洋服数着と、一応はコレがプレゼントという事になっているティンバーランドのブーツを購入しました。

今回の「鳥栖プレミアム・アウトレット」全体なんですけど、GW明けという事もあってか商品が少なめ、今回はあんまり良い商品ゲットは出来ませんでした。良いなぁと思うのがあってもサイズが無かったりね
…かといってGW中に行くのは…やっぱ渋滞嫌だしねぇ

行き帰りには1000円ETCを初体験したのですが、北九州から鳥栖ぐらいの距離で1500円程度の値引きになるんですよね。…こう考えると高速料金って元々高いですよね



ではここからは映画鑑賞記録です。



「幸せの1ページ」
(監督:マーク・レヴィン、出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー、2008年アメリカ)

TSUTAYAさんで「落下の王国」「ウォンテッド」「スカイ・クロラ」「愛の伝道師 ラブ・グル」と一緒にレンタル。2009年5月5日(火曜日、子供の日)に鑑賞しました。



ストーリー
ウェンディ・オルー原作の小説「秘密の島のニム」の映画化作品。
ベストセラー冒険小説「アレックス・ローバー」の原作者で小説の主人公と同じ名前の小説家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は小説の主人公の冒険家アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラー)とは対照的に外出恐怖症で潔癖症。新作の執筆に行き詰っていた彼女は冒険の舞台である火山の資料を求めたWeb上で南太平洋上の火山島に父娘だけで住む海洋生物学者ジャック・ルソー(ジェラルド・バトラー:二役)の記事を見つけ、彼に協力を求めるeメールを送るが、その先にはアレックス・ローバーの大ファンであり、そして怪我をした少女ニム(アビゲイル・ブレスリン)が居た。
詳しくは…http://shiawase1.jp/





ピロEK的感想&点数
一コ前の記事「ウォンテッド」と同じく、あんまり内容を憶えていないので記事に出来るかどうかが心配な1本です

色々なレンタルDVDに予告が入っていて、気になっていた作品。
こちらも(「ウォンテッド」と同じく)原作は未読ですので、どういうお話か詳細は知らなかったんですけどね、期待していたものとはチョビット違いました。
その性格ゆえもっともっと悪戦苦闘、ドタバタするジョディ・フォスターを期待していたのですが…そのあたりはチョイ薄め。…いえ悪戦苦闘はするんですけど途中から潔癖症とかあんまり関係なくなっていて…あの状況だったら普通の方でも同じようにドタバタしちゃうんじゃないですかね。

いざ、島についてみれば女の子の怪我の具合も手遅れって訳でも無さそうでしたし、基本がファンタジーなのも手伝って緊迫感に薄い感じで
結局お父さんも帰ってくるしねぇ…ほぼ自力(?)で

演技派の女優、俳優、子役を集めた割には…なんだか中途半端な感じも受ける映画で

で、あのオチ(?)って、なんか唐突というか強引じゃ無かったですか
父親と小説家の恋愛を匂わす必要があったのかどうかを疑問に思ったのは私だけでしょうか


点数は3点弱(5点満点中)。
島の生活なんかは楽しげなシーンも多々でしたが、全体的には私にとってイマイチ感有り
半分夢のような内容の子供向けの作品でしたので、同脚本のアニメだったりすればもっと楽しめたのかなぁ…エンディングのアニメは良かったしねぇ…なんて思った映画でありました。



補足・蛇足
動物が賢すぎるとか、嵐の晩に窓も閉められないのかとか、リゾート開発はあのぐらいで諦めちゃうものなのか、そもそも誰の(どこの)所有する島なんだよとか…そういう部分にツッコミ入れる気は無いんですけどね。

…一ヵ所だけ

火山ってあの後、何事も無かったの
噴火で一波乱を見れるかと思ってたのに…なんかすぐに収まっちゃって
…噴火の扱い自体がザツじゃないですかい
(リゾート客を遠ざけるだけならニムの作戦通りでもいいじゃん



…今日は本当にこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ウォンテッド…久しぶ... | トップ | 追悼(?)・栗本薫さん »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2009-05-25 08:54:29
私もなんだかイマイチな作品でした。
ジョディの潔癖症も最初だけだったし・・・。
将来アビゲイルちゃんが大女優になったときに子役時代を振り返るための作品なのかもしれません。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2009-06-01 13:37:17
こんにちは~♪
ほんと、実~~に中途半端な作品でしたねぇ~^^;
ワタクシはDVDジャケから滲み出まくっていたラブ&アドベンチャーを思いっきり期待していたので見事に裏切られ・・・
ジョディ、アビ、バトラーでこの出来って・・・
大味すぎてツッコむことも出来なかったです(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
この映画の (sakurai)
2009-06-01 16:14:25
言わんとするところは、重厚な出演料のものすごく高い役者さんたちの、ものすごく軽い演技の映画・・・。
そこが見所かと思います。
アニメで十分なような本を、この役者たちがやってるってとこでしょうが、もったいないですね。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさん、Aki.さん、sakuraiさんへ))
2009-06-21 22:31:03
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ジョディの潔癖症も最初だけだったし・・・。

この潔癖症、外出恐怖症の部分を上手く利用して笑えたり、色々解決したり…なんて展開を期待していたんですけどねぇ。
まぁ、この主人公の病が克服できたというだけのお話、しかもラストはなんだか中途半端に恋愛まで匂わせて…まぁ期待ハズレでした。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>大味すぎてツッコむことも出来なかったです(^^ゞ

原作には忠実だったりするのかもしれませんが(?)
この脚本はなんか弱いですよね。折角の豪華キャストが…やっぱり勿体無い感じでした。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>重厚な出演料のものすごく高い役者さんたちの、ものすごく軽い演技の映画・・・。
>そこが見所かと思います。

なんだか魅力の薄い無駄使いですね

>アニメで十分なような本を

アニメで十分というと語弊があるのかもしれませんが…
むしろアニメだったら楽しめたかも??なんて思う出来の作品だったです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
幸せの1ページ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生なんて、 たった1行で変えられる。 引きこもりの冒険作家に、 ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!』  コチラの「幸せの1ページ」は、オーストラリアの人気作家、ウェンディ・オルーのベストセラー小説「秘密の島のニム」をジ...
映画 【幸せの1ページ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幸せの1ページ」 ウェンディ・オアーの人気児童書の映画化。 おはなし:対人恐怖症の人気冒険小説家、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は何年も自宅に引きこもって暮らしていた。彼女はネットで、孤島で暮らす海洋生物学者(ジェラルド・バトラー)...
幸せの1ページ (映画鑑賞★日記・・・)
【NIM'S ISLAND】2008/09/06公開(09/06鑑賞)製作国:アメリカ監督:マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー人生なんて、たった1行で変えられる。ひきこもりの冒険作家にドアを開けさせ...
映画「幸せの1ページ」@スペースFS汐留 (masalaの辛口映画館)
幸せの1ページ 映画の話 アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、大人気の冒険小説家。しかし、引きこもりの彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。そんなある日、アレクサンドラは南の島の少女・ニム(アビゲイル・ブレスリン)から、物語のヒー....
「幸せの1ページ」さすがのジョディ・ジョスター (ノルウェー暮らし・イン・London)
ファミリー&子供向け映画である。 どちらかというと。 一見、『引きこもりの作家が、本当の冒険に繰り出す』というCMからも、ジョディ・フォスターが主役なのに、ちょっと地味で残念な映画のなのかと思ったら、それがどっこい。 昔読んだ『15少年漂流記』とかを思い起...
幸せの1ページ (心のままに映画の風景)
ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、極度の潔癖症と対人恐怖症で家から一歩も出られない引きこ...
幸せの1ページ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NIM'S ISLAND) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ウェンディ・オルー原作の児童文学を映像化したファミリー向けアドベンチャー映画。 海洋生物学者のジャック(ジェラルド・バトラー)と11歳になる娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)は、休火山...
幸せの1ページ (2009 映画観てきましたっ!)
公開初日に 早速観てきましたっ!
「幸せの1ページ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ジョディ・フォスターとジェラルド・バトラーのこういった役、珍しかったです・・
『幸せの1ページ』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
海洋生物学者の父ジャックと南海の孤島で暮らす11歳の少女ニムは、この島での暮らしが大好き。アシカやペリカン、トカゲ、カメたちが友だちだ。そんなニムのお楽しみは読書。特に冒険小説「アレックス・ローバー」のシリーズは大のお気に入りだ。 ある日ジャックは、研...
幸せの1ページ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
大好きなジェラルド・バトラーが出る映画なのに、「コチラでは上映されない~」と思っていたら、された♪ラッキー【story】勇気あるヒーロー”アレックス・ローバー”(ジェラルド・バトラー)を主人公にした冒険小説で人気の小説家アレクサンドラ(ジョディ・フォスター...
幸せの1ページ (悠雅的生活)
ニムの島へようこそ♪  
映画なんて、宣伝一つで変えられる●幸せの1ページ (Prism Viewpoints)
人生なんて、 たった1行で変えられる。   ―――   (公式キャッチコピー) 『Nim's Island』 幸せの1ページ - goo 映画 アレクサン...
「幸せの1ページ」 (cocowacoco)
映画 「幸せの1ページ」 NIM'S ISLAND を観ました       ジェニファー・フラケット / マーク・レヴィン監督・脚本 2008年 アメリカ ファンタジック・アドヴェンチャー? これは子供の方がうんと楽しめるんじゃないかな、楽しいファミリー映画なので夏休みに...
「幸せの1ページ」あの人の、新たな一面が…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 常に悪と闘う正義の味方的女優の代表、ジョディ・フォスター。そんな彼女史上初のコミカルな演技が見られる本作。「幸せの1ページ」(角川映画)。この秋、気軽に楽しめるファミリー・ムービー…って、こんなジャンルの映画に、あのジョディが??って、感じですわ。 ...
[映画『幸せの1ページ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆気軽に楽しめるコメディ作品だと思っていたら、それ以上に痛快なファンタジー・アドヴェンチャーだった。 「痛快」と言うよりは、爽快かな? 南の海の広さが、物語の冒頭で、架空の物語の「アラビアの冒険」から連想された『アラビアのロレンス』の雄大な砂漠を連想さ...
頑張るヒロインたち!『幸せの1ページ』 (水曜日のシネマ日記)
離島で海洋生物学者の父親とふたりで暮らしている少女と、外出恐怖症で潔癖症の人気女流作家の物語です。
幸せの1ページ (Diarydiary!)
《幸せの1ページ》 2008年 アケリカ映画 -原題 - NIM'S ISLAN
幸せの1ページ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 『300』(スリーハンドレッド)のレオニダスと同一人物とは到底思えない。良い意味で。
幸せの1ページ(2008年) (勝手に映画評)
作家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、”アレックス・ローバー”を主人公にした大人気冒険小説を書いているが、彼女には対人恐怖症で外出恐怖症、そして不潔恐怖症と言う秘密があった。そんな彼女が、煮詰まりつつある執筆中の小説のネタのために出し...
『幸せの1ページ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せの1ページ」□監督・脚本 ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン □原作 ウェンディ・オアー □脚本 ジョセフ・クォン□キャスト ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー、マイケル・カーマン、...
「幸せの1ページ」 (首都クロム)
 首を長くして公開を待っていた作品のひとつです。先月、偶然にも原作本を発見して読んでいましたので、例によって‘観光客に関するここがこう違っていた’とか‘椰子の実いかだのエピソードがない’とか、本を軸にした見方になってしまいましたが、とても素直で明るい作...
「幸せの1ページ」 (かいコ。の気ままに生活)
人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。「幸せの1ページ」公式サイト邦題とチラシから、勝手にハートフルラブコメみたいなのを想像してました。でも児童書の映画化って聞いてすごい納得です~とにかくアビゲイルちゃんかわいい!彼女は 幸せのレシピもよかったけど、....
幸せの1ページ/アビゲイル・ブレスリン (カノンな日々)
全盛期のメグ・ライアンを思い出させるような予告編のコミカルなジョディフォスターを目にして面白そうだなと楽しみにしてたんだけど、その一方、原題と邦題の違い過ぎる印象が気になるんですよね。 出演はその他に、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー ++...
幸せの1ページ (こんな映画見ました~)
『幸せの1ページ』 ---NIM'S ISLAND--- 2008年(アメリカ) 監督: マーク・レヴィン 、ジェニファー・フラケット 出演:アビゲイル・ブレスリン 、ジョディ・フォスター 、ジェラルド・バトラー ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・...
「幸せの1ページ」 (ハピネス道)
日本の予告編ではジョディ・フォスターの映画…という雰囲気でしたがオリジナルタイトルは「ニムズ・アイランド」これはアビゲイル・ブレスリンの映画であり少女向け冒険ファンタジーだと思います。ジョディ・フォスターは上手いのですがコメディセンスは…あんまり…。と...
「幸せの1ページ」 (てんびんthe LIFE)
「幸せの1ページ」新宿ピカデリーで鑑賞 原作は子供向けの冒険小説、なので主役はアビゲイルちゃん。 ジョディー・フォスターもジェラルド・バトラーも彼女の前にはあまり必要なし。 とにかく子供向けなので突っ込みどころは満載。 最初から最後まで「オイ!!」の...
256「幸せの1ページ」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
新たな冒険物語の始まり  ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバーは、小説の印象とは対照的に極度の潔癖症で引きこもり。家から一歩も出られない彼女はネット上でネタを探していて、偶然孤島に暮らす海洋生物学者のジャックのことを知り、早速メールを送る。...
幸せの1ページ (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
 気づけば初日に見に行ってしまった…。  もう少しシリアスな映画かと思ったら、全然違って、ハートウォーミングでコメディタッチの軽いノリの映画だった。動物好きな人にもオススメな元気の出る映画で、かなり気に行った。  13年間自分のアパートから出たこと...
幸せの1ページ (2008・アメリカ) (白ブタさん)
試写会に行ってきました{%笑いwebry%}
「幸せの1ページ」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/ジェニファー・フラケット  出演/ジョディ・フォスター      アビゲイル・ブレスリン      ジェラルド・バトラー  南の孤島に住む父と娘。ある日、父が海に出たまま戻らないのを心配した少女ニムは、冒険家アレックス・ロ...
★「幸せの1ページ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 レズをカミング・アウトしたジョディ・フォスターが主演っぽく宣伝してるけど、 実は実力派子役のアビゲイル・ブレスリンが主演の本作。
幸せの1ページ (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん、何か騙されたかなぁ~、色々と。 先ずは『幸せの1ページ』って・・・ よくある事なんですけどね~、タイトルと内容、かけ離れ過ぎでしたよ。 触れ込みも思いっきり冒険雑じりなラブストーリーって...
【幸せの1ページ】 (日々のつぶやき)
監督:ジェニファー・フラケット 出演:ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー 「人気作家アレクサンドラ・ローバーはサンフランシスコの自宅に引きこもりの潔癖症。全て電話で用を足して生活していたが、小説の主人公アレックス・ロ
幸せの1ページ (迷宮映画館)
原題は「Nim’s island」・・・。これの方が中身にはあってる。
幸せの1ページ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョディ・フォスターとアビゲイル・プレスリンがアクション・アドベンチャーで初共演。引きこもりの小説家アレクサンドラと、南の島で暮らす少女ニム。大切なものに囲まれた自分の世界に生きている二人を、アレクサンドラの書く冒険小説のヒーローが織りなすハッピー...
幸せの1ページ (まぁず、なにやってんだか)
「幸せの1ページ」は試写会が当たっていたのに、別の試写会と日程が重なってしまったので、泣く泣くお友達に観にいってもらった作品です。 ようやく観にいってきました。 この映画、チラシのイラストがとても美人な若い姉さんとアビゲイルちゃんだったのよ。この若い...
127●幸せの1ページ (レザボアCATs)
楽しく、気軽に見れて、勇気をもらえた作品。ジョディ・フォスターの体当たりのコメディエンヌぶりには、目を見張っちゃったな。
試写会「幸せの1ページ」 (流れ流れて八丈島)
六本木オリベホールへ、試写会「幸せの1ページ」を観に来ました。ジョディ・フォスター主演の最高にハッピーなハートフル・アドベンチャーだそうです。最近のジョディ・フォスター主演の映画に駄作は無いので、期待大ですね。ちなみに、宣伝コピーは「人生なんて、たった...
幸せの1ページ (シネマ大好き)
試写会で「幸せの1ページ」を観た。 海洋学者の父ジャック(ジェラルド・バトラー)と南の無人島で暮らす少女ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、アレックス・ローバーが活躍する小説の大ファン。豊かな自然と仲良しの動物に囲まれて幸せに暮らす彼女だったが、父が調...
幸せの1ページ (Memoirs_of_dai)
あくまで子供向けだと割り切って 【Story】 対人恐怖症の人気冒険小説家、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は何年も自宅に引きこも...
「幸せの1ページ」 (古今東西座)
別にファンって程ではないのだが、ジョディ・フォスターの出演作は結構な本数観ている。今回も特に観たいとは思っていなかったのだが、ポスターの彼女の笑顔につい惹かれて鑑賞することになった。普段はシリアスな感じが多いが、爽やかな笑顔は久しぶりのような気がしたし...
ニムの島~『幸せの1ページ』 (真紅のthinkingdays)
 NIM'S ISLAND  南太平洋の孤島で、海洋学者の父ジャック(ジェラルド・バトラー)と暮らす少女 ニム(アビゲイル・ブレスリン)。冒険...
『幸せの1ページ』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【NIM'S ISLAND】 2008年/角川映画/96分 【オフィシャルサイト】 監督:ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン 出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー
幸せの1ページ (いやいやえん)
ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー共演のハートフル・ファンタジーですね。 なんて素晴らしい生活だろうね、ニムの島。風変わりだが優秀な海洋生物学者の父との2人きりの生活で、ちゃんとした勉強はしていないけれど生きるための知...
『幸せの1ページ』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の...
幸せの1ページ【2008アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原作:ウェンディ・オアー原題:NIM'S ISLAND(2008年アメリカ)監督
幸せの1ページ (腹黒い白猫は見た!!)
ホラー映画特集も終わり、やっと通常に戻ります。2008年 303本目映画「幸せの1ページ」人生なんて、たった1行で変えられる。ストーリーベストセラー冒険作家のアレクサンドラ・ローバーには、ある秘密があった。それは、自分が書く勇気あるヒーロー、"アレックス・ロー....
「幸せの1ページ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Nim's Island」2008 USA 孤島に暮らす少女のハートフル・アドヴェンチャー。 主演の少女ニムに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」「幸せのレシピ/2007」のアビゲイル・プレスリン。 冒険小説家アレクサンドラ・ローバーに「フライト・プラン/2005」「イン...
幸せの1ページ (だらだら無気力ブログ)
人気児童文学「秘密の島のニム」を映画化。 人気ベストセラー作家と南の島で父親と2人で暮らす少女との出会いを コミカルに描く。引きこもりのベストセラー作家のアレクサンドラは何年も家から出ずに 暮している。ある日、小説のネタ探しにネット検索していると、孤島で ...
幸せの1ページ (りらの感想日記♪)
【幸せの1ページ】 ★★★ 試写会(21) 2008/08/25 ストーリー ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フ
★幸せの1ページ(2008)★ (CinemaCollection)
NIM'SISLAND人生なんて、たった1行で変えられる。ひきこもりの冒険作家にドアを開けさせたのは、南の島の少女からのSOSメールだった!上映時間96分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画)初公開年月2008/09/06ジャンルファミリー/アドベンチャー/コメディ【解説....
「幸せの1ページ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
肝心のページが落丁してるような。今回のA.ブレスリンは海洋生物学者の娘・ニム。健気な女の子という共通点はあるものの、これまでとはまた違った顔を見せている。特にちょっとだけ踊る場面があるのだが、体型といい踊り方といい、あの「リトルミスサンシャイン」と明らか...
幸せの1ページ(DVD) (ひるめし。)
人生なんて、たった1行で変えられる。
[Review] 幸せの1ページ (Diary of Cyber)
他人との関わり合いが怖くて、いつも一人で蹲っていた。でも、心のどこかで、変わりたいと願っていた。その思いを、自由に動かすことのできる小説の主人公に託していた。 でも、動くのは主人公であり、自分じゃない。でも、変わりたいってどうやって? 案外そのきっかけ...
『幸せの1ページ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
新宿の東京厚生年金会館であった『幸せの1ページ』の試写会に行ってきました。9/6から公開の作品です。 ******************* ウェンディー・オルーのベストセラー児童文学『秘密の島のニム』をオスカー女優ジョディ・フォスターと「リトル・ミス・サンシャイン」の...
「幸せの1ページ」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.9.5 明日より公開される「幸せの1ページ」の試写。 監督・脚本:ジェ...
幸せの1ページ (猫の毛玉 映画館)
『幸せの1ページ』 NIM'S ISLAND 2008年・アメリカ ウェンディー・オルーの『秘密の島のニム』を原作とする映画。 少女が主人公の冒険モノであ...
『幸せの一ページ』:プレミア試写会(2008.08.19) (hoppenの韓的な日々♪)
『幸せの一ページ』のプレミア試写会に行ってきました。 演技派の才女、ジョディ・フォスターがゲストに登場。 今回の来日は、2人のお子さんを連れてきていて、 これから、一緒にこの映画を見るとのことでした。 私も、娘と一緒に見ました。 無人島生活を体現できる...
『幸せの1ページ』 2008-No57 (映画館で観ましょ♪)
厳しい顔で、一人でも戦える強い女性ばかりを演じていたジョディ・フォスターが 引きこもり・対人恐怖症・潔癖症な冒険小説家になっていま...
幸せの1ページ (☆SunFlower☆)
『幸せの1ページ』の無料鑑賞券をゲットしたので観にいきましたアレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤...
映画『幸せの1ページ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
84.幸せの1ページ■原題:Nim'sIsland■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月4日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)...