ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ツリー・オブ・ライフ…前半5分で寝て安眠を楽しむ…みたいな映画なのかもな。

2012-09-30 18:18:37 | 映画・DVD
昨日、2012年9月29日(土曜日)は、アップルストアで新型のipod touchを予約
本当はもっと前に予約する筈だったのですが、刻印で悩み続けて昨日まで…悩んだ結果の刻印は名前と生年月日だけだったりもするんですけどね

本日、2012年9月30日(日曜日)は、ホテルアルモニーサンクのバイキングに行っただけの一日。
他のお客さん(ご年配のご婦人)で、やれ「スパゲッティーが全然無くなっている」だの「飲み物の氷が切れている」だの、食べ物がこびり付いたトングに対して「これじゃあ食べ物が取れない」だのと、クレームを散々言っている方がいらっしゃったのですが、あれで楽しい食事ができるんだろうかと疑問。
ホテル側からすればどうなんでしょうねぇ…ああいうの。(私のように)気に行かなければ二度と行かない…とか考える人よりも、良いお客なのかもしれませんけど



以下は映画観賞記録です。



「ツリー・オブ・ライフ」
(監督:テレンス・マリック、出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、2011年アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「ゴーストライター」と一緒に届いた一本。2012年3月26日(月曜日)の深夜から日付が変わって翌日(火曜日)AM1:00頃にかけて観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
若い頃に弟に死なれたジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、実業家として成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。1950年代の半ばテキサスの田舎町で生まれ育ったジャック。ジャックの父(ブラッド・ピット)は、力こそがすべてだと考える厳格な男であり、その家庭はジャックや兄弟達にとって心安らぐ場ではなかった。
(…とか、色々なサイトのあらすじ等を元に書いてみましたが、そういう筋だったものでは無かったよなぁコレ。)
詳しくは(公式ウェブサイト)http://www.twowaysthroughlife.com/ or http://www.foxsearchlight.com/thetreeoflife/





ピロEK的感想&点数
う〜む…
私にはちと高尚。ちっとも分からず、ちっとも伝わらず
私はもちろん(不当に厳しい部分もある)親もいるし、子供がいるが、人の子だからといって、人の親だからってこういうのが、すんなりと分かるわけではないようです

…というか、この親子・家族の事が伝えたいのであれば、回りくど過ぎる作りの映画。

…他の事が伝えたかったり、見せたかったりするのなら…ヤッパリ伝わっていません


映像が良く出来ているものだとは分かります。
どこまでが記録映像で、どこからがCGなのか分からない感じで、全体のトーンが整っていたと思います
美しい映像だったのですが…それゆえにα波でも誘発させられるのか…まぁ眠かったです

…精神世界()風、映像部分では…これまた基本良く分からないのだけど、特に恐竜のシーンは意味不明


映像や配役を観る限り、多額の予算が費やされていそうな映画
興行的に上手くいくと仮定しないと、それなりな予算はつぎ込め無いと思うのですが、上手くいったんでしょうか
どちらにせよ、お金払って映画観た人の多くが“ぽかーん”とさせられたか、安眠させられたか…。


点数は3点(4点満点中)
ストーリーはほぼ無いみたいなもので物語を楽しもうとすれば、恐らく観賞失敗に陥ります。
映像はキレイ。製作者の思い描く世界観を頑張って作っているのは、何となく伝わったので、真ん中点に留めました。
こういう映画だと割り切れれば腹が立つ事もないかもですが、楽しむのは難しい映画ですかね



補足・蛇足
特に有りません。



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ゴーストライター…島で... | トップ | もう10月。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宗教的背景 (KGR)
2012-09-30 21:42:48
ツリー・オブ・ライフがエデンの園にあった「知恵の樹」と対をなす「生命の樹」だったこととか、
「マイティ・ソー」でソーが世界の成り立ちについて説明していた図と「生命の樹」=「セフィロトの樹」とどういう関係にあるのかとか、
全く知りもしないので、何とも感じないというか響かないというか、
ともかく判る人だけ判ればよいという作り方には共感できませんでした。
もろ (sakurai)
2012-10-01 19:57:56
哲学者の大先生の作品ですからね。
テリ先生の映画てのは、もともと変なこだわりのわけわかんない作品ですから、これがロードショー系に掛けられてしまった時点で間違いかなあと。
アタシは何気に好きです。
今までの作品もなぜか波長が合います。
そういうもんなんでしょね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ツリー・オブ・ライフ (いやいやえん)
苦痛・難解というより睡魔との闘い。 父息子の葛藤と生命の繋がりを同一哲学視し、要するに難解すぎて意味が解らないといったような作品^;観る人を選ぶよ〜気をつけよう。 前半のドキュメンタリー映像(生命誕生から進化していく映像)でどうしようかと思ったので...
「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 (はらやんの映画徒然草)
テキサスのとある家族の生活を描きながら、人とは、生命とは、宇宙(世界)とは何か、
ツリー・オブ・ライフ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品でもあることから、随分と期待を....
*『ツリー・オブ・ライフ』* (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:アメリカ映画、テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン、フィオナ・ショウ、 ハンター・マクケラン出演。
ツリー・オブ・ライフ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・? 「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。 二世代...
試写会「ツリー・オブ・ライフ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/7/28、よみうりホール。     ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン * 頑固、亭主関白な親父(ブラッド・ピット)、 優しくて寛容な母親(ジェシカ・チャステイン)には、 3人の息子がいました。 二男は若くして(19歳で)死ん...
「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ロンドンで最後にできたフリーな1日。 貴重な1日をどう過ごそうか? 勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね〜 貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」 はてさて・・・
ツリー・オブ・ライフ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE TREE OF LIFE】2011/08/12公開 アメリカ 138分監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン 父さん、あの頃の僕はあなたが嫌い....
ツリー・オブ・ライフ (銀幕大帝α)
THE TREE OF LIFE/11年/米/138分/ドラマ/劇場公開 −監督− テレンス・マリック −製作− ブラッド・ピット −脚本− テレンス・マリック −出演− ◆ブラッド・ピット…オブライエン 過去出演作:『イングロリアス・バスターズ』 ◆ショーン・ペン…ジャック ...
ツリー・オブ・ライフ (心のままに映画の風景)
厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。 1950...
『ツリー・オブ・ライフ』 (・*・ etoile ・*・)
'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写状届いた時はガッツポーズだった(笑) *ネ...
映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。 評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。 すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗) オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引....
ツリー・オブ・ライフ (映画の話でコーヒーブレイク)
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。 カンヌ映画祭で賞を獲得した作品って・・・いま一つよくわからない難解なものが多くって。 本作はどうなんかなぁ?と思いつつ、鑑賞。 隣に座った母娘がうるさくって・・・劇場マナー映像からエンディングが流れるまで、 ....
ツリー・オブ・ライフ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年8月17日(水) 20:45〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:未確認 『ツリー・オブ・ライフ』公式サイト そもそも2時間20分くらいと長尺なのだが、体感時間は4時間くらいだ。 冒頭、物語の設定紹介的な話が終了すると、...
ツリー・オブ・ライフ (風に吹かれて)
地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ
ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本×ブラッド・ピット×ショーン・ペン ブラピは製作にも参加。 maru♪ちゃんのお誘いで試写に...
ツリー・オブ・ライフ (Akira's VOICE)
天地創造。生々流転。  
ツリー・オブ・ライフ (迷宮映画館)
テレンス・マリック節、全開!
「ツリー・オブ・ライフ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Tree of Life」 2011 USA オブライエンに「イングロリアス・バスターズ/2009」のブラッド・ピット。 ミセス・オブライエンにジェシカ・チャスティン。 ジャック(中年)に「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「ミルク/2008」のショーン・ペン。 祖母に「ブ...
ツリー・オブ・ライフ (rambling rose)
50年代テキサスに暮らすオブライエン一家。厳格な父と優しい母の元で育った3兄弟・・が、長男ジャックは次第に父親を疎ましく思う様になる。
『ツリー・オブ・ライフ』 (beatitude)
若い頃に弟に死なれたジャック(ショーン・ペン)は、仕事で成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。1950年代半ば、中央テキサスの田舎町で暮らしていた10代のジャック。夢のように美しい風景に包まれていながら、彼の生活は、強権的な父親(...
唯一無二の (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。 ブラット・ピット、ショーン・ペン カンヌ パルムドール受賞作 と 話題作ですが・・・ 何より テレンス・マリック監督の新作ということ まさに、監督色が強い 一筋縄ではいかない作品でした 正直 全...
ツリ―・オブ・ライフ(2011)■□THE TREE OF LIFE (銅版画制作の日々)
父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった… 8月16日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。 2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた、あのテレンス・マリック監督作品です。テレンス・マリック作品は「シン・レッド・ライン」だけ鑑賞していま...
ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ… (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。 【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い!  かつて父が望んだように仕事で成功を収めたジャック....
[映画『ツリー・オブ・ライフ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、きつかったなぁ。  最初の30分間くらい、延々と「宇宙/地球/生命創造」のイメージ画像が続く。  「物語」で進んでくれているわけじゃないので、退屈なことこの上ない。  でも、恐竜時代のトコでは、妙にCGに金をかけた恐竜描写がある^^  退屈だが、...
ツリー・オブ・ライフ (as soon as)
美しき河よモルダウの 青き水面は今もなお 流れに優しく陽はそそぎ さざなみはいつも歌うたい 岩にあたりしぶきあげて渦を巻く この旋律はなじみの深いもので 合唱曲として歌ったことがある しかし歌...
「ツリー・オブ・ライフ」 (てんびんthe LIFE)
「ツリー・オブ・ライフ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2011-059 騙されたとか騙されないとかそんなレベルではなく、好きか嫌いか? 又は受け入れられるかできないか。 そういった受け入れ方を左右される作品でした。 キリスト教という宗教色も強いですが、幸...
ツリー・オブ・ライフ (Diarydiary! )
《ツリー・オブ・ライフ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − THE TRE