ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた!

2010-08-15 18:43:58 | 映画・DVD
私のお盆休みの過ごし方。

13日(金曜日)…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビールを少し飲んだので)昼過ぎまでダウン
午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。
夜には帰省している学生時代の友人が東京ばななを持ってきてくれる。大したもてなしも出来ず申し訳ない感じ

14日(土曜日)…あんまり何をしたかという記憶も無く。
といっても起きたのはやっぱり昼過ぎだしなぁ
…娘とモンハンしました(娘は受験生なのに)。
…夕方から買い出しに行ったところ、ショッピングモールで(いきつけの)山口県の理容師さんに偶然会う。奥さんの実家に来ているところ、との事。
帰宅後は、レンタルしていた映画「2012」を鑑賞…まぁ満足。観賞記録は後日(約1ヶ月後を想定)。
お酒も飲んだ。

で、本日15日(日曜日)
朝起きてレンタルしていた映画「コララインとボタンの魔女」を鑑賞…こちらも満足…というか結構好き。こちらも観賞記録は後日(約1ヶ月後を想)。
…その後、溜まりに溜まっていた雑誌の処分を英断(?)
主に「電撃ホビーマガジン」と「ホビージャパン」を約10年分(他にも「アームズ・マガジン」やら「ガンダムA」やら…)。
一応、ブックオフに買い取り出来るかを電話確認したところ…余りに古いのはダメなんだって。なので後日市の古紙回収に出します。しかし豪い量でした。汗だくでの作業

休みは3日間しか無くて、同じ日程で休みの息子も帰省せず
そんな感じのお休みでした。

…え墓参りですか不信心な私は何年も行ってないなぁ…ほら、何年か前に「そこに〜わたしは〜いません〜」って歌が流行ったじゃないですか、あれに賛同派です



で、以下は1ヶ月前弱前の映画観賞記録です。



「インビクタス/負けざる者たち」
(監督:クリント・イーストウッド、出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、2009年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんから「レクイエム」と一緒に届いた作品。その頃は忙しく時間が無かったので数回に分けて鑑賞。2010年7月27日(火曜日)の午後に観終わりました。



ストーリー
実話をもとにした映画。
1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)だったが、新体制となった南アフリカの船出には多くの問題が山積していた。そんな中、同国で1995年に開催される事になったラグビーのワールドカップ人種間の和解と団結の象徴になると考えた大統領は、チームの主将フランソワ・ピナール(マット・デイモン)との接触を図る。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/





ピロEK的感想&点数
ハズレの無いクリント・イーストウッド監督の最新作…ってことで、やはり大きく期待しての鑑賞となったこの一本。

…だったのですが

これはテーマが難しいですね。正直(個人的には)イマイチ楽しめなかった感じです

ネルソン・マンデラの伝記として広く浅く見せる事を避けて、1995年のラグビーワールドカップに絞って脚本とした事は間違っていないと思います
…が、逆に背景にあるアパルトヘイト(と差別)とか、黒人大統領へのアレルギー(?)、そういった部分の描写は(台詞では出てくるものの)希薄にしか描かれていない気がして…ねぇ。そこから生み出されるであろうドラマってのは少なかったんじゃないかな…まぁ見慣れているアメリカが舞台の作品とは差別の環境が違うから、もしかするとこういった差別薄めな描写の方がリアルなのかも知れませんが。


あとは…ラグビーね。

途中まではラグビーってのが脚本上の材料の一つでしかなかったのに…後半はラグビー観戦に近いモノを味合わされるという作り。
…ラグビーってルール全然知らないんだよね(後ろにしかパス出来ないってぐらいは知っていますが)。
映像上で何が行われているのかなんて全然分かりません

…っていうよりも私はスポーツ観戦そのものが苦手
基本的に“待ち”のスタンスに徹する(?)スポーツ観戦ってのが性に合わないというか、仮に私がラグビー好きなら、それはラグビー選手としてプレイしようとする時だろう…と(伝わらないかも知れませんが)そんな感じなのです。


…更には政治家。

例えば「グラン・トリノ」でジジイの“掛け値無しな”生き方(?)と、その周囲での人間ドラマを描いたイーストウッドでしたが、この「インビクタス…」の主人公ネルソン・マンデラは政治家。如何に良い事言おうが所詮は政治家の発言というイメージが付きまとって、心に来ないというか。なので“人間ドラマ”の部分ではこっちに来づらい…ってのは私だけが思った事なんですかねぇ


試合開始時にはあっちに行けと白人から言われていた黒人の子供が、試合が終わる事にはその白人と一緒に喜んだり…と、ちょっとベタな演出だけど、部分部分では魅させられる部分も多く含んでいたし、それなりには微感動もさせられながら鑑賞出来たのですが…
全体を考えると私には少し退屈な作品だったという感じかな(※期待比)
まぁ私が忙しくて鑑賞が途中で途切れちゃった事とか、私の側にマイナス誘導要素が沢山あったって事ではあるんですけどね


ということで点数は…
それでも4点(5点満点中)…※当ブログ内最近の配点比



補足・蛇足
この何となく伝わらなかった南アフリカ事情…
「マンデラの名もなき看守」でも観たらもうちょっと伝わるのでしょうか
でもそいつはチョイと難しそうなので…
とりあえず「第9地区」でもチョイスしとくかな



では、このあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (97)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風が直撃しないことを強く希望 | トップ | 明日から東京出張 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それはいいチョイス (sakurai)
2010-08-18 20:47:56
だと思いますが、まず「遠い夜明け」から見ていただいて、次は「サラフィナ」でしょうかね。
んでもって、「ワールド・アパート」に行って、「輝く夜明けに向かって」の次に、「マンデラの名もなき看守」あたりに行っていただくと、アパルトヘイトがよーくわかると思います。
あたしは、友人に≪スポーツ観戦おたく≫と命名されてほどの人間なんで、まるでOKの映画でした。
とことんラグビー見せられましたね。

あ、「ココライン・・」じゃなくて、「コラライン・・」だったかと思います。
★★ココライン★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2010-08-18 22:54:22
★sakuraiさんへ★
ココラインってこっぱずかしい…修正させていただきます
ご指摘ありがとうございました

…でも、コピペでは記事を書いていない心を感じとって頂けていれば幸い

正式なお返事はまた後日書かせていただきますね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
いまいち盛り上がりませんでした (KGR)
2010-09-23 07:37:15
言いたいことはよくわかるんですが、なんかちょっと違うなあって感じでした。

大体、南アフリカは元々強いチームで、アパルトヘイトのために国際大会に出られなかった。
事実だからしょうがないんですが、決勝戦がペナルティキックだけで勝負が決まったのも何となく何となく。

またこれもしょうがないんですが、マンデラとフランソワが遠すぎ、実際の接点も少なくて、心の機微と言うか触れ合いがあまり感じられず、でした。
ハズレ無し? (メビウス)
2010-09-29 20:07:01
ピロEKさんこんばんわ♪こちらもTBが遅れて申し訳ありません・・。

やはり『イーストウッド作品にはハズレ無し』という自然に沸いて出て来たようなジンクスがあったせいかちょっと期待していた作品だったのですが、実際は自分もそれほどグッと来るものは無かった気がします。
マット・デイモンとモーガン・フリーマンの共演は面白い組み合わせでしたし、実話というのも大好物のジャンルですけど、個人的にグラン・トリノの方がもうちょっと訴えかけるものがあったんですよねぇ・・。

ラグビーの試合も少々ご都合的に見えちゃったので、そこもなんか引っ掛かるものがありましたね(汗
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2010-10-07 00:59:36
こんばんは〜♪
イーストウッド作品なので間違いないだろーと思ってたんですけどね〜。
ワタクシ的にもちと微妙でした^^;
せっかくものっ凄いドラマチックな話なんだからもっと感動作で作っても良かったんじゃないかと・・・
まぁ、まだまだ撮り続けるよーなので次に期待したいと思います^^

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(sakuraiさん、KGRさん、メビウスさん、Aki.さんへ))
2010-10-09 03:37:36
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
改めてコメントへの返事を書かせていただきます。

>まず「遠い夜明け」から見ていただいて、次は「サラフィナ」でしょうかね。
>んでもって、「ワールド・アパート」に行って、「輝く夜明けに向かって」の次に、「マンデラの名もなき看守」あたりに行っていただくと、アパルトヘイトがよーくわかると思います。

「第9地区」は先日見て、この「インビクタス/負けざる者たち」を観ていた知識と併せて、なんとなくアパルトヘイト事情が見えた感じもしましたかね。
「第9地区」だけを予備知識なしに見たらそのような感想にはならなかったかも知れません。オススメの作品群は…とりあえずTSUTAYA DISCASの予約リストに追加しておこうかな…と思います(でも新作をドンドン繰り上げちゃうからなぁ)。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>マンデラとフランソワが遠すぎ、実際の接点も少なくて、心の機微と言うか触れ合いがあまり感じられず、

史実とのからみもあって極端な演出は出来ないのでしょうが・・・確かに。
映画としては、そのあたりは期待しちゃう…というか娯楽映画だったらしかるべきですよね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★メビウスさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>やはり『イーストウッド作品にはハズレ無し』という自然に沸いて出て来たようなジンクスがあったせいか

期待が大きすぎて…という部分はやはりあるでしょうね。
敷居は高くなってるんだと思います。
私としては、ストーリーよりも、安定して上質なテンポや演出を見せる監督だという期待があるのに、途中苦手なスポーツ観戦をさせられた(個人的にはテンポをつかめない)という感覚だったかな。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ワタクシ的にもちと微妙でした^^;

イーストウッドとしては、いつの何かとは違うものを訴えようとした映画なのでしょう、多分。
でも私なんかが期待するのは、いつの何かなわけで…で微妙だという評価に。
Aki.さんと同じく、次に期待いたします。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

97 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インビクタス 負けざる者たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画...
「インビクタス/負けざる者たち」 (のほほん映画鑑賞)
アパルトヘイト後の南アフリカ。 大統領は国民を一つにしようと閃いた。 指導者、リーダー、上に立つ者がどうあるべきか、立場にある人に見て欲しい映画です。 スポーツって一体感を作り出す。 ラグビーワールドカップで優勝してくれって言う大統領も大統領だけど、本...
インビクタス/負けざる者たち(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...
インビクタス/負けざる者たち (Akira's VOICE)
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
インビクタス 負けざる者たち (迷宮映画館)
ボカ!!やったああ。
■映画『インビクタス/負けざる者たち』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に2010年度ベスト10映画の中には必ず入れると決めた感動の一作。 それどころ...
インビクタス/負けざる者たち (とりあえず、コメントです)
クリント・イーストウッド監督&モーガン・フリーマン主演の話題作です。 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったマンデラ大統領の困難に立ち向かう姿と ラグビーのワールドカップを通して一つになっていく国民の熱気を 迫力ある試合のシーンと共に描いていました。
インビクタス-負けざる者たち- (しぇんて的風来坊ブログ)
この映画に関しては世代や人を問うかもしれない 若い人でかつ一般常識がなければ知識としてすら知らないかもしれないし、一般常識として知っていてもその頃の事はしれほどリアルに覚えていなかったりしていたり、或いは年輩の人でも他国のことに無関心だったら、まず背景...
インビクタス (映画的・絵画的・音楽的)
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向...
インビクタス 負けざる者たち (yanajun)
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イースト...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメ... (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・ス...
胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』 (水曜日のシネマ日記)
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。
インビクタス/負けざる者たち (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。
インビクタス/負けざる者たち (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。...
試写会「インビクタス 負けざる者たち」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/1/22、中野サンプラザ。 開場10分ほど前に着く。 思いのほか入場待ちの人は少ない。 もちろん一部はすでにこの時点で会場内に入り、階段に並んでいて、 外で待っている人ですべてではないことは百も承知だが、 それにしても列の折り返しは少ない。 1階...
映画「インビクタス/負けざる者たち」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『インビクタス/負けざる者たち』を初日1回目で観て来た。観客は10名程で予想通りの入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。2.5点かな? ざっくりとストーリー 30年近く白人政権に投獄されていた黒人政治家ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の...
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
インビクタス/負けざる者たち (to Heart)
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッ...
インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトル...
インビクタス/負けざる者たち (映画道)
舞台は南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラは27年間の牢獄生活より解放され、初の黒人大統領となった。中枢部で働く白人たちは、マンデラの復讐が始まるのでは、と戦々恐々で荷物を纏めようとするが、そんな彼らにマンデラは過去は過去とし、赦しこそがこの国の未来の礎...
♯13 「インビクタス/負けざる者たち」 (ここはここ)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS         クリント・イーストウッド監督 2009年 アメリカ 憎しみからは何も生まれない。 赦す。 イーストウッド監督の独特の苦味をも消して、ストレートな讃歌。 ネルソン・マンデラ氏の掲げる理想の「虹の...
インビクタス/負けざる者達 【印象度:80】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
2009年アメリカ映画。 監督:クリント・イーストウッド。 劇場で見てきました。 非常にシンプルで、テーマが絞られていて、無駄のない、良質な映画です。 実話に基づいた作品なので、嘘くさい大げさな演出にならないよう 丁寧に作られている印象を持ちました。 ...
インビクタス 負けざる者たち (LOVE Cinemas 調布)
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデ...
インビクタス‐負けざる者たち‐ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月13日(土) 18:30〜 チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかス...
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
『インビクタス 負けざる者たち』 (こねたみっくす)
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でし...
『インビクタス/負けざる者たち』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。
「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな〜。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな〜!イーストウッド監督。  南アフリカ...
インビクタス / 負けざる者たち (Diarydiary! )
《インビクタス / 負けざる者たち》 2009年 アメリカ映画 − 原題 −IN
「インビクタス/負けざる者たち」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで...
インビクタス/負けざる者たち (キノ2)
 近来稀に見るすがすがしい映画でした。  衒いもなく、ひねりもなく、まっすぐ、まっすぐ、ひたすらまっすぐ。  70歳をはるかに越えて、こんなピュアな映画が撮れるなんて、イーストウッド監督の懐の深さには恐れ入ります。  驚くほどにシンプルでストレートな映...
[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...
「インビクタス/負けざる者たち」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Invictus」 2009 USA ネルソン・マンデラに「最高の人生の見つけ方/2007」「ウォンテッド/2008」「ダークナイト/2008」のモーガン・フリーマン。 フランソワ・ピナールに「グッド・シェパード/2006」「ディパーテッド/2006」「ボーン・アルティメイタム/2007...
インビクタス/負けざる者たち (ルナのシネマ缶)
差別や政治的な理由で 30年近く獄中生活を 強いられたのに、それを赦し、 お互いを理解するの道を 模索するネルソン・マンデラは ホントに素晴らしい方でした。 やはりイーストウッド監督作品は 感動物です! 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)は つい...
インビクタス/負けざる者たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で〜すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図...
インビクタス/負けざる者たち [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994...
インビクタス/負けざる者たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネルソ...
★「インビクタス/負けざる者たち」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。
インビクタス(INVICTUS) (シネマクマヤコン)
クリント・イーストウッド監督のネルソン・マンデラ元大統領が大統領に就任した頃のお
「インビクタス/負けざる者たち」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) まもなく80歳!になるクリント・イーストウッド監督による、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンが
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
【インビクタス 負けざる者たち】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 「1994年、ネルソン・マンデラは南アフリカ共和国初の黒人大統領に選ばれた。 しかし未だ強く残る人種差別を失くすため、ラグビー
インビクタス 負けざる者たち  INVICTUS (映画の話でコーヒーブレイク)
クリント・イーストウッドの新作、今回も「毎日1000円キャンペーン」中のワーナーシネマズ海老名で 見てきました。 しか〜し、日本語タイトル「負けざる者たち」って、かなり苦しいタイトルやなぁ〜。 調べてみたら「Invictus」とは1888年に発表されたウイリアム・ア...
インビクタス 負けざる者たち (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ/スコット・イーストウッド 【公開日...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観て...
『インビクタス 負けざる者たち』 (ラムの大通り)
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だっ...
言葉には強大な力がある 「インビクタス 負けざる者たち」 (キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜)
「クリント・イーストウッドはいつになったらピークを迎えるんだろう?」とちょっと空恐ろしくなったくらい素晴らしい作品でした。 最初は「それほどの感動大作ってわけでもないかな〜」などと不遜なことを思いながら観ていましたが、じわじわじわじわ感動が積み重なって...
10-56「インビクタス/負けざる者たち」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
我が魂の指揮官  1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデラがついに釈放される。そして1994年、初めて全国民が参加した総選挙が実施され、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任する。  しかしアパルトヘイト撤廃後も、...
インビクタス/負けざる者たち (試写会) (風に吹かれて)
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
インビクタス/負けざる者たち (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 傑作・秀作を連発し、今やすっかり名監督の仲間入りを果たしたクリント・イーストウッドの最新作で御座います。 ワタクシ的にもイーストウッド作品は常に満足度高めなので今回もかなり期待して観させて頂...
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 (ようこそMr.G)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」
インビクタス/負けざる者たち (花ごよみ)
監督、製作はクリント・イーストウッド 27年もの間、刑務所に、 収容されていたネルソン・マンデラ。 アパルトヘイト政策終結を掲げ、 後に南アフリカ初の、 黒人大統領になった人物。 南アフリカ共和国大統領、 ネルソン・マンデラを モーガン・フリーマンが演じて...
インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS (いい加減社長の映画日記)
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタ...
試写会「インビクタス/負けざる者たち」 (流れ流れて八丈島)
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出...
インビクタス 負けざる者たち (あーうぃ だにぇっと)
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出...
「インビクタス/負けざる者たち」ららぽーと... (Beinthedepthsofdespair)
たった一人でも、その人望で、時として、民衆を、国すら動かす、大きなうねりとなる。モーガン・フリーマン演じるマンデラ大統領に、違和感感じさせられない、そんな彼の熟練した演...
インビクタス 負けざる者たち (シネマ大好き)
試写会で、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス 負けざる者たち」を観た。 27年間の語彙中生活から解放され、南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。アパルトヘイトの傷跡が深く、格差や経済問題など、問題が山積す...
インビクタス/負けざる者たち☆独り言 (黒猫のうたた寝)
クリント・イーストウッドの作品は音楽が結構好きです。ということもあり、今回もはまり♪舞台は南アフリカ共和国。1994年マンデラが大統領になりアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をひとつにまとめるために、彼が注目したものは・・・1995年に開催されたフ...
インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS (勝手に映画評)
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...
インビクタス/負けざる者たち (2ちゃんねる映画ブログ)
イーストウッド監督30作目 『インビクタス 負けざる者たち』  http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1263039574/ 1 :名無シネマ@上映中:2010/01/09(土) 21:19:34 ID:B0Fe2hNO ■製作・監督/クリント・イーストウッド ■...
インビクタス/負けざる者たち (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】 「ここは、パイロットの私の全責任で遂行する!」
「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS (俺の明日はどっちだ)
・ ブラボー! イーストウッド翁! いやはや、本作で30作目を迎えるというそのとどまるところを知らない創作パワーも驚異的だけど、近年に至っては作り出される作品それぞれのクオリティの高さにもまた、ただただひれ伏すばかり。 アパルトヘイト...
インビクタス/負けざる者たち (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動ドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。キャスト...
インビクタス/負けざる者たち (Memoirs_of_dai)
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...
インビクタス/負けざる者たち (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
ジョン・カーリング原作のノンフィクションを映画化した作品。原作は未読です。 アパルトヘイト廃止後の南アフリカで、黒人にも選挙権が認められる中で投票が行われ、ネルソン・マンデラが選出され、初めての黒人大統領となります。黒人たちの間には白人への反発や復讐...
『インビクタス/負けざる者たち』 ('10初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。
映画『インビクタス/負けざる者たち』 (健康への長い道)
 クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン&マット・デイモン主演、本日より公開の『インビクタス/負けざる者たち』をTOHOシネマズ梅田で。  99席の小さなシアター4は、ほぼ満員です。 Story 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン...
2010-06『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-06『インビクタス/負けざる者たち』(更新:2010/02/06) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) モーガン・フリーマンとマット・デーモン出演で、クリント・イーストウッド監督作品です。 ...
インビクタス負けざる者たち (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
クリント・イーストウッド監督の最新作です。1995年に南アフリカでラグビーのワールドカップが開催されたときに起きた奇跡。実話をもとにした映画です。1990年、ネルソン・マンデラは2...
奇跡のゴール〜『インビクタス/負けざる者たち』 (真紅のthinkingdays)
 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって...
インビスタス-負けざる者たち- (犬・ときどき映画)
インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチ...
【インビクタス/負けざる者たち】 (+++ Candy Cinema +++)
【INVICTUS】【監督】 クリント・イーストウッド   【製作総指揮】 モーガン・フリーマン     【原作】 ジョン・カーリン  【脚本】 ア...
インビクタス/負けざる者たち (だめ男のだめ日記)
「インビクタス/負けざる者たち」監督クリント・イーストウッド出演*モーガン・フリーマン(ネルソン・マンデラ)*マット・デイモン(フランソワ・ピナール)*トニー・キゴロギ(−...
インビクタス/負けざる者たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
インビクタス / 負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘ...
インビクタス 負けざる者たち (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞インビクタス 負けざる者たち/INVICTUS 2009年/アメリカ/134分 監督: クリント・イーストウッド 出演: モーガン・フリー...
「インビクタス/負けざる者たち」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/クリント・イーストウッド  出演/モーガン・フリーマン     マット・デイモン  私が言うのも大変おこがましいのだけれど、クリント・イーストウッドは本当に映画を知っている人だと思う。「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」...
「インビクタス 負けざる者たち」:浜離宮前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
恩賜庭園?恩賜って何だ? 天皇から賜ったって言う意味よ。 サッカーの天皇杯みたいなもんか。 ちょっと違うと思うけどね。 サッカーとラグビーなら同じようなもんか。 {/hiyo_...
インビクタス/負けざる者たち (C note)
『チェンジリング』『グラントリノ』のような胸に深く突き刺さる痛みはなく、爽やかな
インビクタス 負けざる者たち (りらの感想日記♪)
【インビクタス 負けざる者たち】 ★★★★ 映画(8)ストーリー 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデ
「インビクタス/負けざる者たち」ちょっと辛口感想・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
27年間もの間自分を投獄させた南アの白人を許す心を持つマンデラ大統領は凄い!!と思ったのだけれど・・・映画自体は、特に驚くところや...
インヴィクタス〜負けざる者たち  Invictus (映画!That' s Entertainment)
●「インヴィクタス〜負けざる者たち  Invictus」 2009 アメリカ Warner Bros.Pictures,Spyglass Entertainment,Malpaso,134min. 監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・カーリン 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パト...
インビクタス 負けざる者たち(試写会) I... (まてぃの徒然映画+雑記)
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語...
INVICTUS(インビクタス負けざる者たち)(2009)(USA) (アメリカ 犬連れ 国際結婚)
INVICTUS(日本のタイトル:インビクタス 負けざる者たち)(2009)(USA) 監督:クリント・イーストウッド メイン・キャスト:モーガン...
インビクタス/負けざる者たち One World〜( \'∇^*)^☆Love〜♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ〜 ☆ 【 =4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「...
「インビクタス/負けざるものたち」に負けま... (再出発日記)
見終わった直後は、「いい映画だった。合格点である。しかし、いくつかは不満なところもある」という程度の作品であった。それだけでもマアすごいのであるが、クリント・イーストウ...
インビクタス 負けざる者たち (5125年映画の旅)
アパルトヘイトが廃止され、全ての人種が平等になった南アフリカ。しかし人々の心は未だに変わっておらず、人種差別は続いていた。27年間投獄された後に大統領となったネルソン・マンデラ。国民の心を一つにする事を目標とする彼が選んだのは、弱小ラグビーチームの...
インビクタス 負けざる者たち (そーれりぽーと)
もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げ...
「インビクタス/負けざる者たち」 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『インビクタス/負けざる者たち』に 行ってきました。 クリント
「インビクタス/負けざる者たち」の感想 (MOVIE レビュー)
2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イース...
「インビクタス 負けざる者たち」:浜離宮前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
恩賜庭園?恩賜って何だ? 天皇から賜ったって言う意味よ。 サッカーの天皇杯みたいなもんか。 ちょっと違うと思うけどね。 サッカーとラグビーなら同じようなもんか。 {/hiyo_...
映画『インビクタス 負けざる者たち』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督...
インビクタス/負けざる者たち (まぁず、なにやってんだか)
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモー...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...
インビクタス/負けざる者たち (oguoguの日々映画見っ放し!)
2010年3月上映 監督:クリント・イーストウッド 主演:マット・デイモン他  1つの願いが、本当に世界を変えた物語・・・・・いつの時代も、努力すれば奇跡は起ると信じる!...