ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます!

2014-01-04 17:09:17 | 映画・DVD
皆様、新年あけましておめでとうございます
当ブログ、今年(もなんとか)始動できました
本年も宜しくお願いいたします

さて、まずは近況から…

2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で、笑ってはいけない…やら、紅白を観ながらダラダラ…という感じ。

2014年1月1日(水曜日・元旦は、映画「共食い」の撮影現場だった神社に初詣に行って、私の親の家に挨拶に行って、リバーウォーク北九州に買い物に行った…ぐらいかな。福袋はゲットならず

2014年1月2日(木曜日)は、小倉井筒屋の初売りに行くも、私は駐車場に並んでいたぐらいで楽しい事も無く…。その後、嫁さんのお姉さんの家で食事会。そんなぐらいの一日。

昨日、2014年1月3日(金曜日)は、関東に戻る息子を小倉駅まで送ったんだけど…この日が例のJR有楽町駅の火災で、新幹線のダイヤが大きく乱れてしまった日。息子は新大阪手前で長時間の足止めを食らったらしく、小倉から小田原まで8時間強ぐらいかかったらしいです。何もこんな日にこういう感じにならないでも良いのにねぇ


ということで、以下はとうとう1年遅れになった映画観賞記録です



「トータル・リコール」
(監督:レン・ワイズマン、出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、2012年アメリカ合衆国/カナダ)

TSUTAYA DISCASさんから「プロメテウス」と一緒に届いた一本。2013年1月13日(日曜日)の午後に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
フィリップ・K・ディックのSF小説「追憶売ります」の映画化で、同じく「追憶売ります」を原作とする1990年の映画、ポール・バーホーベン版「トータル・リコール」のリ・イマジネーション(とかいうらしい)作品。
21世紀末、世界規模の戦争の影響で地上の大半は居住不可能となり、富裕層はヨーロッパを中心としたUFBに、貧困層はオーストラリアを中心としたコロニーに住んでいた。コロニーの住人はフォールと呼ばれる地球を貫いたエレベーターを利用しUFBに通勤し働いていた。コロニーで暮すダグラス・クエイド(コリン・ファレル)は、貧しいながら妻ローリー(ケイト・ベッキンセイル)と幸せに暮らしていたが、いつの頃からか見知らぬ女性の登場する夢を見るようになる。ある日、リコール社が提供する夢体験に興味を持ったダグラスは、リコール社へ向かう。
詳しくは…http://bd-dvd.sonypictures.jp/totalrecall/





ピロEK的感想&点数
一年前の観賞なので、勿論細かい事は憶えておりません
30年昔の私なら喜んで飛び付いたサイバーパンクな設定の映画を、現代の発達した手法で作りなおした一本で、企画自体は面白いと思いと思ったので期待していた映画

設定は(短編小説としてならいざ知らず、映画としては)幼稚で穴の多そうなもののまま

前の(シュワルツェネガー版)映画は、シュワ色が強過ぎるし、メンタマ飛び出したり、でっかいオバサンの顔が割れたり、と何故か(安っぽくなっちゃうような)コミカルな作りで、日曜洋画劇場で頻繁に放送されていたのも安っぽさを強化する印象となてしまった映画で…
要は安っぽいんだけど、シッカリ作られてい過ぎる「ブレード・ランナー」なんかとは(※良い意味でも悪い意味でも)一線を画す個性豊かな映画でした。まぁ、そんな安っぽさゆえに、お話の幼稚さにシックリ来てた気もするんですけど、今回の(コリン・ファレル版)は何となく無理してる感がありますかね。

バカバカしくて、そこが個性のシュワルツェネガー版どおりにも作るわけにもいかず…

「ブレード・ランナー」のような良い雰囲気の近未来SFに迫れたとも言えず…(目指したのは、どちらかというと「ブレード・ランナー」なんでしょうねぇ…おそらく)。

新しく追加・変更した設定(舞台は環境が激変した地球のみ…等)も、そんなに面白い訳では無く…といった感じ。
…あんな設定&世界観の掘り下げ程度だったら、別に舞台が火星のままで良いじゃんとか思ったりもして。火星に移住してる設定はリアリティが無くて、世界中が汚染されてて、イギリスからオーストラリアまで地球のコアを通る交通手段がある設定は、比較的リアルに見えたり、今風だとでも言いたいんですかねぇ

コリン・ファレルは、まぁ普通
もちろん、シュワルツェネガーのような(主に悪い意味の)個性が出せる筈も無く、いくら頑張ってもこじんまりした「トータル・リコール」の主人公になっちゃうのは否めず(前例が目立ち過ぎてるだけで、これで正解なんだろうけどね)。

ケイト・ベッキンセイルは、シャロン・ストーンと同じ役をレベルアップさせた雰囲気で良かったと思います。強くて綺麗な悪役としては上出来。
主人公に(私が)感情移入する場合…
シャロン・ストーンとレイチェル・ティコティンを比較して、シャロン・ストーンの方が良かったよ~…と、未練が残っちゃいそうですが(※勿論、当時のシャロン・ストーンならばですよ)…
ケイト・ベッキンセイルとジェシカ・ビールだったら、まぁどっちでも良い、事態を把握さえできれば、ケイト・ベッキンセイルなら思いっきりブッ飛ばすことにも躊躇が少ないかな…という感じで、良い配役です

ジェシカ・ビールは…まぁコレまた(旧作の女優さんと同じく)どうでもいい配役。美女度は旧作より多少はレベルアップはしてるのかな
ここに恋愛対象としてもっと完璧な女優が何故配役されないのか、旧作も本作もこの部分が弱い気がするのですが、どうでしょう


映像的には、途中で無重力になるエレベーターやら、行き先が良く分からない三次元エレベーターやら、近未来ロンドンやら、クローントルーパーみたいなロボットやら…さほど目新しくは無いけど、概ね私の好みで構成されてて高評価です(あんま憶えてないけど)。


と、褒めてるのか貶しているのか分からない感想になってしまいましたが、まぁ全体像としては認めたい作品ではあります
点数は4点強(5点満点中)といったところです。



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】デンジャラス・ラン…... | トップ | 2014年明けましておめでとう... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今頃ですが、、、 (kira)
2014-01-18 21:27:34
明けましておめでとうございます!

そして、先ほどは拙ブログを読者登録して下さって、恐縮です
私の方でも登録済ませました!
これは便利な機能です。相手の更新状態が、自分の編集画面、に直ぐに反映されるのですからね

さて、この作品、私は結構楽しんだクチです♪
美女に関しては、う~~ん、やっぱり男性と女性ではポイントが違うのかもね(笑)

ということで、今年もよろしくデス!
タイムスリップ (iina)
2014-05-11 11:54:21
ずいぶんと古いブログ記事に、トラックバックがありました。
しかも、正月の記事でしたから、いまさらでもありません。
ならば、GWの話題でした。 ↓
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/e338e700ad588fd69b743e0721e325e3

もし、記憶が買えたら、六法全書や世界の論文を総て記憶してみたいiina~。

夫ばか (sakurai)
2014-05-15 08:33:16
という言葉があるかは知りませんが、まさにそれで、うちの奥さんすごいでしょ!的な作品ですから、偏りますよね。
この監督さんは、そこを脱すれば、もっと面白い映画が撮れると思いますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
劇場鑑賞「トータル・リコール」 (日々“是”精進! ver.F)
陰謀を、阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:945円(税込、送料込) トータル・リコ...
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
『トータル・リコール(2D字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキー...
トータル・リコール(2012) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10) 息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
トータル・リコール (Akira's VOICE)
鬼嫁がサイコーすぎる。  
トータル・リコール  ★★★ (パピとママ映画のblog)
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化した『トータル・リコール』。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督版は、当時人気絶頂だったアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、大ヒットを記録した。そん....
トータル・リコール(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
略奪愛が招いたアヘン戦争? 公式サイト。原題:Total Recall。フィリップ・K・ディック原作、レン・ワイズマン監督、コリン・ファレル、ジェシカ・ビール、ケイト・ベッキンセール、ビ ...
トータル・リコール (ダイターンクラッシュ!!)
2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前にビデオを入手したほど大好きなオリジナルは、 1...
トータル・リコール (銀幕大帝α)
TOTAL RECALL 2012年 アメリカ 118分 SF/アクション PG12 劇場公開(2012/08/10) 監督:レン・ワイズマン 製作総指揮:レン・ワイズマン 原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』 出演: コリン・ファレル ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール...
『トータル・リコール』をユナイテッド・シネマ豊洲11で観て、リメイクも難しいねふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★SFとして緻密であるべきかSFとして奔放であるべきか】    ツイッターで評価が分かれた作品。 なるほど、評価が分かれるのも分からなくはない。 シュワ ...
トータル・リコール (そーれりぽーと)
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。 ★★★ シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞっ...
『トータル・リコール』(コリン・ファレル版) (ラムの大通り)
(原題:Total Recall) ----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。 観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。 「うん。 予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、 おまけにナレーションの雰囲気までそっくり(な気がする)...
映画「トータル・リコール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/8/11、ユナイテッドシネマ豊洲。 当日は東京湾大華火祭のため、午後から駐車場、および周辺道路の 規制があるということだった。 最も大きい10番スクリーンでの上映。 ついこの間は「ダークナイト・ライジング」をやっていたはずだが、 そちらは2番目に....
トータル・リコール (風に吹かれて)
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作
トータル・リコール(2012) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
『トータル・リコール(2012)』('12初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
トータル・リコール (こんな映画見ました~)
『トータル・リコール』---TOTAL RECALL---2012年(アメリカ)監督: レン・ワイズマン出演: コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル 、ジェシカ・ビール ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で1990年に映画化され大ヒッ....
トータル・リコール(2012年度) (シェイクで乾杯!)
強烈な印象を残したオリジナル版の映像を忘れられない私にとって、本作はちょっと残念な作品となってしまった。
トータル・リコール・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本当の自分は何者か? ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で、1990年に大ヒットしたSFアクション「トータル・リコール」のリメイク。 元々はフィリップ・K・ディックの小説、「追憶売ります」の映画化だが、今回は原作ではなくヴァ...
トータル・リコール (迷宮映画館)
え、ベッキンセールの映画だったのねえ~。
トータル・リコール (ケントのたそがれ劇場)
★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているのは、当時まだ絶頂を極めていた赤絨毯の大劇場『新宿プ
[映画『トータル・リコール(2012)』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、 いざ見てみると、かなり、オリジナルへの愛が詰まった作品作りをしていて、なおかつ、新し...