pippiのおもちゃ箱

舞台大好き、落語大好き、映画大好き、小説大好き、猫大好き!なpippiのつれづれ日記です。

中川晃教 15th Anniversary Live  I Sing~Crystal~@東京国際フォーラムC2階3列センター

2016-09-18 22:52:30 | 観劇/コンサート

  

セットリスト
中川晃教 15th Anniversary Live I Sing ~Crystal~
2016.9.18(SUN)東京国際フォーラム ホールC

01. カンランセキ
02. 止まらない一秒
03. TO BE IS TO DO    
04. 善も悪もピースフル革命
05. We Will Let You Go
06. BRAND
07. マタドール
08. Catch Fire
09. Stay
10. LISTEN
11. KING&QUEEN
12. 焦らずに進めばいい
13. White Shiny Street
14. 春
15. フタツ、ヒトツ Futa-tu,-Hito-tu
16. I WILL GET YOUR KISS    
17. I Have Nothing
18. そして、僕は魚になる
19. JUST CALL MY NAME
20. WHAT ARE YOU AFRAID OF
21. 音楽が消えることないDANCE FLOOR
22. China Girl    
23. ユーアーザスーパースター
[ENCORE]    
24. Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)
25. Greatest Love of All
26. Miracle of Love

アッキーのコンサート!8月はオーケストラでしたが、今回はギター:鈴木英俊 ベース:渡辺等 ドラム:江口信夫 ピアノ・キーボード:大坪正というサポートメンバー
がバックです。開演前のアナウンスからもうアッキーのおちゃめっぷり全開18歳でこの世界に入って15年。33歳。でも、そのピュアな歌声はますます輝きを増して、まさにCrystal(本当は15年目の「クリスタル婚」にひっかけてると言ってました)「今日はここにいる全員を連れてっちゃいます!」と、のっけからノリノリだったアッキー。最初の1時間をノンストップで歌いまくる歌いまくる!最初はおとなしめだった客席も、その熱さにスタンディング!1階客席はライブハウス状態でした。もう、魂の歌声に圧倒されっぱなしでした。今回はミュージカルナンバーはなく最後の曲を迎えました。そしてアンコール。バンドのみなさんが戻ってきてもアッキーはなかなか現れず。???と思っていたら、突然1階中央にアッキー出現!「君の瞳に恋してる」は客席でお客さんに囲まれて歌っています!う・・・うらやましいぞ1階!そして、どうやら下手通路をぐるっと回って上手通路からステージに戻ろうとしたところに辰巳琢朗さん発見!そういえば娘さんと連名のお花も上がっていたので、きっとファンなんですね。隣りにいらした若いお嬢さんが娘さんかも。そういえばサントリーホールにも辰巳さんのお花あったな。辰巳さんに気付いたアッキーは嬉しそうに肩をポンとしていました。

「この曲があったから、僕はここにいます」と歌った I WILL GET YOUR KISS東日本大震災後、東北に想いを寄せた「春」モーツァルト!のオーディションで小池修一郎氏の心を掴んだホイットニー・ヒューストンの曲など、本当に心を揺さぶられるひとときでした。「僕の歌を聴いていると、今がいつなのか分からなくなるでしょ?僕もそうなんです」に、思わずうなずいてしまいました不思議で豊かで上質な空間幸せ

フランケンシュタインも楽しみです!ロックオペラモーツァルト!も再演熱望!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もん吉くんハロウィンバージョン | トップ | 神田松之丞独演会 其の五 @東... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (八女)
2016-09-20 21:17:26
アッキーのコンサートいいですね。
私も一度行ってみたい!
フランケン楽しみです‼
ロックオペラモーツァルト観てなかったので再演あると良いなぁ。。。
ぜひ! (pippi)
2016-09-20 23:06:43
「もうひとりじゃないよ 音楽が聞こえた
 もう悲しくないよね 彼女と出会えた」

「生きてくことは大変だけど
必ず希望がすぐみつかるはず
掴んだ手の温もりを忘れない」

などという素敵な言葉をあのアッキーの極上の歌声で聴かされた日には、私のようなやさぐれたおばちゃんでも、心が洗われてしまうのです。。。

ミュージカルももちろん素晴らしいですが、ライブには彼の「魂」のようなものを感じます。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。