All About  パルム通信

団塊世代の「チョイ悪親父」が通信員として、季節の流れの中での出来事と故郷の「新潟便り」を中心に掲載しています

京都の極み ー 最終章

2016年10月15日 | Weblog

時間は11:45  二日目の京都も15:00発新幹線の時刻まで残すところ3時間余
いよいよ「京都の極み」も最終章を迎えました

 寄り道を終えて、次は本日のメインポイントの一つである松原通りの「鉄輪の井」に向かう 今回の京都巡りで一番の難所である  住所は解らず、地図にも載っていない  ただ一部の情報と感だけが頼りです
 BSで隠れた人気番組である「京都人 密かな 楽しみ」で、由あって縁を切る「」と縁を結ぶ「」があり、「鉄輪の井」はその前者でした
 なんせ、入口が1m程の幅しかなく、しかも、普通の家と家の間にそっと鎮座しているのです 唯一の頼りは松原通の郵便局・・・でも、松原通りということですぐに解り無事に到着できた  その点では慣れてくると京都の地番は解りやすい
縁が切れるといけないので丁寧にお参りしました





 さて、時間は12:30 予約した西木屋町通のお店に向かう
 5分程で到着してしまい、ただ待っているのも芸がないからと近くの「えびす神社」を参拝した  ここのお賽銭は変わっていて、鳥居の上にある恵比寿様の顔の下の金網に投げ入れるのです  4回目で成功した



 いよいよお待ちかねの昼食タイム
 松原橋を西木屋町通で10m程南に下った処にある「AWOBM
今、京都で女性に一番人気があるという「手織寿司」のお店である 室町店はいつも長い行列ができており、しかも昼の予約を取っていないのでここにしました 
食事は2,970円の一種類のみだが、皆さんこれを食べに来るわけだから問題は無いですね  大きなお盆(盛り皿)に綺麗に飾ったお鮨(?)が12個並び、海苔と酢飯が付き自分で巻いて食します 薬味としてワサビや味味噌・ニンニク等10種類ほどがあり、醤油はジェラード状になっていて醤油をつけるのではなく醤油を鮨に乗せて食べると言う感じです
 では、頂きます・・・その前に仲居さんから寿司ネタのレクチャー
このナスは何処の産で・・・これは京野菜の○○ですとか5分間の辛抱でした
 味はまあまあだが、京都観光に来た女性には受けそうです この日も客は女性ばかりで、私のほかにはまだ付き合いって間もないと思しきカップルの彼氏だけでした



 お腹も満たし、京都駅に戻りながら最後に向かったのは市比蕒(いちひめ)神社です
 ここの御祭神は全て女神様をお祀りしているところから女性の守り神とされ、この日も参拝者は殆どが女性でした しかも、結構な人気でご朱印を貰うには30分待ちというので朱印は次回に回すことにして奥へ進む
 そこは、今回「鉄輪の井」とペアで行きたかった、良縁を結ぶという「真名井の清水」です ここの水は落陽の七名水の一つに数えられ、若水(わかみず)を歴代天皇の産湯に用いられたという、現在も名水として茶会、花展・書展等に用いられています  また、絵馬を掛け、「天之真名井」のご神水を飲んで手を合わせると、心よりの願い事が一つだけ叶うと伝えられていことも女性に人気の理由でしょうか
 我が娘も一心に拝んでいました





i14:30 京都駅に到着  娘は30分の買物タイム 
以上で今回のスケジュールは全て消化し、新幹線でゆっくり休み無事帰宅しました

 チョット長かったですが 「京都の極み」 いかがだったでしょう
 今回のテーマは「」でした  
 松尾大社の「亀の井」  大原野神社の「瀬和井の清水」
 鉄輪社の「鉄輪の井」  市比蕒神社の「天之真名井」

 どの水もそれぞれに云われがあり、さすが京都は奥深くて面白いですね
 これだから京都の旅は止められません
 
 それでは、また「京都の極み」でお逢いしましょう



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都の極み ー 4 | トップ | 京都 - 番外編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。