All About  パルム通信

団塊世代の「チョイ悪親父」が通信員として、季節の流れの中での出来事と故郷の「新潟便り」を中心に掲載しています

六義園へ

2017年06月09日 | Weblog

旧古河庭園を後にして今来た道を戻り駒込駅を通り過ぎ六義園に向かう    約20分で正門に到着

六義園は川越藩主・柳沢𠮷保が築園した回遊式築山泉水の大名庭園で、その後、三菱の創始者・岩崎彌太郎の別荘から東京都に寄付されたという貴重な文化財です  京都にも岩崎彌太郎の弟の岩崎小弥多が数年をかけて造った流響院があり、東山別荘群のなかでも一際群を抜いて大きな別荘ですが、昔の財閥の趣味(?)は我々庶民には想像もつかない別世界なんですね



それはともかく、300円を払い六義園に入る   すぐ目に入るのが巨大なしだれ桜  今は葉桜だが春の満開時には観る人を圧倒する華やかさで、早朝から長蛇の列ができ、さらに桜の周りにはにわか写真家が陣取り我々素人はまともに見ることもできません

 

 でも今日はゆっくり鑑賞できましたが、回遊式庭園はこのようにゆとりを持って見たいものです

庭を時計回りに散策し滝見茶屋を過ぎ、入り口と反対側に吹上茶屋がありチョット休憩しお抹茶を頂く・・・東京のお抹茶も京都に負けていない  というよりお茶の良し悪しがあまり解らない  その時の気分が大いに影響するようだ
その後もゆっくりと池の周りを歩き六義園を後にしてランチタイムです 前回はデニーズに入ったが今日はパンと決めていました  駒込駅構内に焼きたてパンを出す店がありイートインできるのです 中でもできたてのカレーパンは最高でした  焼きたてパンとコーヒを頂く

のんびりと旧古河庭園と六義園を散策したが、中々充実した1日でした 東京にもこんな良いところがあるんですね  お勧めです


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧古河庭園 | トップ | 新潟便り 仏前結婚式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。