インプレッサ 第31、5号『The darkest place is under the candlestick』

2017-08-14 00:25:34 | 週刊スバルインプレッサを作る
あれから

何日間探し続けたんだろ?



そう……



『12号の冊子』



この物語は

意外な結末を迎えてしまった。



そう……



全ては『第31号ブログ』の

余談話を書いた時点で

気づけなかったのだが

思い返してみたら

そこもまた怪しい場所であり

『灯台もと暗し』だった。



そう……



あの『冊子』を置いてる場所

もうここしか考えられない。




僕は

『ディズニートレインをつくる』

『F-14トムキャットをつくる』

『サンダーバード2号をつくる』

『インプレッサをつくる』

の4作品をしています。



その4作品の冊子たちが

集うこの場所をもう一度

1から順に調べてみた。



そう……



『F-14トムキャットをつくる』の

冊子の中に『んん!?』……って

目を疑ってしまった。




こんなことってあるんだね!!!


他の週刊シリーズの冊子に

紛れ込んでいたなんて……


そう言えば

これを設置したのが

何ヵ月前の話なので

その時整理していた時



そう……


いつの間にか混ざってたんだね。



まぁ…… 結果見つかって良かった。


ご心配御掛けしました!!!



この『第12号』から

『応募券』を切り取って

completeしましたよ♪



これをやるのに

かなりの時間と能力を使ったわ(笑)


まぁ…… 送ったところで

明日明後日の到着ではないので

急がなくても良かったのだが

見つかるまでは焦りますよね!!



そう……


応募ハガキを颯爽とポストに

入れて気長に待つ事にしよう(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インプレッサ 第31号『当た... | トップ | インプレッサ 第32号『一暴... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みっくんです! (みっくん)
2017-08-14 21:47:03
pipipi101417さん!
ようやく12号見つかってよかったですね!
まさか冊子のだんの中にあるとは、整理整頓してないと分からないものですよね!
これならプレゼントもらえますね!

あ、前回貴方に言い忘れたことあって、
ボク実は「定期購読派」ではなく「本屋派」です…
この前僕が言った2~4号が無いって言うの、笑い事だと思いますがもう既にゴミに行ってしまったかも…
どうすればいいのか今でも引きずったまんま…

諦めるかバックナンバーで購入求めるかどちらかですよね…
みっくんさん (pipipi1014)
2017-08-15 05:24:51
そうだったのですね…… 定期講読と勘違いしてました。もし仮にバックナンバーをお買い求めでしたら『メルカリ』にて1~3号の三冊セットで1800円送料込みと出品されているのがあるのでそれを買って4号はバックナンバーにしてみては? 少しなりともお安く手に入ります。こちらは一応出品者には『全部の応募券は付いていますか?』と『にゃん』で質問しています。あとは値段交渉してみたり(1500円送料込みは可能でしょうか?みたいな感じ)してみてください。 あとはアシェットにぶっちゃけて(全部購読しているのですが1~4までの応募券が冊子に付いているものだと思って冊子以外捨ててしまって応募券が無いのですが……) 相談してみるか? ちなみに僕は4作品もやってるのに無くして探して恥を忍んでブログしちゃってますから笑わないですよ!! 参考にしてみてください。
みっくんさん (pipipi1014)
2017-08-15 05:27:27
ちなみに第4号はシャフト折れが多数あった号だと思いましたのでメルカリやフリマでは売っていないかめっちゃ高値で売ってるかだと思います。
みっくんさん (pipipi1014)
2017-08-15 05:44:44
いい忘れました。『メルカリ』で探すのであれば『インプレッサをつくる』で検索してくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。