平凡な人生を送る男の日記

日々の生活の中の出来事を・・・不定期に

GWのおでかけ

2017年05月06日 | 旅行
 連休前半は洗車で時間を潰してしまいました。
と言うのも、一台当たり、最低5時間も掛けて洗車する為で、それを3台やれば、かなりの体力を
使い果たしました。その甲斐もあってか、かなりピカピカな状態にはなりました。
連休は、どこへ行っても混雑するので気が重いのですが、家族への奉仕のため、がんばります。
今年の行先は比較的近い場所で滋賀県を設定。隣の県ですので度々、訪れていますが・・
若い頃、比叡山ドライブウエイは通行した記憶は有りますが、その道沿いに有る延暦寺は拝観した
記憶が無いという妻の勧めで日帰り旅のメインは世界文化遺産「延暦寺」となったわけです。
私の心の中では(最近、神社・仏閣ばかりだな・・・)
行くからには必ず、キッチリ見てこないと次の機会は無いかも知れませんから早い時間に出発して
駐車場の確保を優先です。(駐車場の空きが無くて諦めた観光地も度々有りましたから)
朝4時の出発で高速道は利用せず国道のドライブです。比叡山の後に彦根城も寄れたら良いなとの
事で比叡山ドライブウエイ・奥比叡ドライブウエイの比叡山ドライブウエイの田ノ谷料金所を開門
時間の7時頃、通過予定で時折、道の駅でトイレ休憩を入れながら走りました。
予定通り7時頃、通過して朝の琵琶湖の景色を拝みました

延暦寺は東塔・西塔・横川地域の3つの地域に分かれており、今回はすべて巡拝する予定です。
拝観時間はHPで調べたら9時からということで東塔の第一駐車場で待機しました。
7時40分頃の駐車場の状態

ガラガラでした。(一時間おそく着いても良かったか?)
東塔・西塔を巡拝して峰道レストランで昼食を頂きました。お昼の時間帯は混むと読んでいましたが
11時半では、席に余裕がありました。料理のうまい・まずいは別として店員さんの愛想とか態度、
客の回転を高めるためか、何か気分が悪い。
さておき、最後に「おみくじ」発祥の地、横川地域へ行き、おみくじを求めたところ紙おみくじは
無いとの事。なんだそりゃ?
今回、禅体験とかは行いませんでしたが時間に余裕が有れば体験するのも良いですね。
境内が広くて3ケ所には車で移動しましたが急な坂や階段が多くて足腰から悲鳴が出ました。
これも修行だと思い我慢しましたが線香をあげてお参りするときに正座が出来ませんでした。
奥比叡ドライブウエイを抜けて琵琶湖大橋を通過して彦根城へ向かいましたが 渋滞渋滞渋滞
2時すぎには近辺の駐車場か臨時駐車場に到着する予定でしたが3時を過ぎても車を止めることが
出来ません。3時からキャラクターマスコットの「彦にゃん」が博物館に登場するとの情報を得ていましたが諦めました。臨時駐車場からシャトルバスが出るとの情報もありましたが、その駐車場への案内看板も見当たらず、大渋滞の中、城周辺をウロウロとして時間だけが過ぎて行き、`彦根城観光`
を諦めて、滋賀で有名なCLUB HARIEでお菓子を買って帰ろうと城の前のお店へ行きましたが、ここも駐車場が満車。警備員さんが「裏の駐車場に空きが出たので裏へ回って」との事で無事駐車。
お城のほん近くですから警備員さんに「お城を眺めて、お店で買い物して、すぐ戻りますから」と
駐車場利用をお願いして彦根城へ。(諦めたはずが気持ちが復活)

ドラマと築城410年祭りで、すごい人だ。天守閣は90分待ちだそうで並んでいる人は時間内に
見れるのだろうか?人の心配はさておき、疲れた体に鞭を打って坂や階段を上り、お城を眺めて
お菓子屋さんにすぐに戻りました。お城を眺めるだけで一人、千円なり。(無駄づかい 笑)
CLUB HARIEさんでアイスクリームを食べてバームクーヘンや諸々を買って帰路に付きました。
彦根ICまでと彦根ICから暫く、名神が渋滞しましたが無事、帰って来れました。
夜7時も過ぎてましたから夕食も外食しようと高速下りてから自宅までの通り道沿いの飲食店を
探しましたが、どこも一杯そうで自宅近くの鉄板焼きのお店で夕飯をいただき、私はキーを妻に
渡して至福の一杯、生ビールを頂き帰宅しました。(お会計は私持ち、今月のこずかいが・・)
今回は、かなり疲れた旅になりました。スマホの万歩計アプリは12000を超えていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ見頃の桜 | トップ | デントリペア »

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。