思いつくまま

思いついたことを書いています。

J2名古屋グランパスは1年でJ1に上がることができるのか???

2017年02月21日 21時10分41秒 | サッカー
昨シーズン、名古屋グランパスはとうとうJ2落ちが決まってしまった。
今シーズンはJ2で戦うこととなったが、果たして1年でJ1に上がることができるのか?


J2降格が決まって、ボスコ監督が解任されて、昨シーズンまで活躍した非常に多くの主力選手が移籍・退団してしまった。
FW 永井⇒J1FCトキオ、ぎらぎら川又⇒J1ジュビロ磐田、松田リキ⇒J2アビスパ福岡、野田⇒J2湘南ベルマーレ、グスタボ⇒J2ロアッソ熊本
MF 小川佳ズミ⇒J1サガン鳥栖、イスンヒ&ハデソン⇒韓国、扇原⇒J1横浜Fマリノス、明神⇒J3長野パルセイロ、コヤマッツ⇒J2京都サンガ
DF トゥーリオ⇒J2京都サンガ、矢野キショー⇒J1アルビレックス新潟、竹内⇒J2大分トリニータ、安田⇒釜山、オーマン⇒スウェーデン
GK 西村⇒球団職員  ホペイロの松浦さんも契約満了


新しく風間監督をJ1川崎フロンターレから迎えた。
センターラインにはGK楢崎・MF田口矢田・FWシモビッチが残ったが、新戦力としてFWに昨年J1で歴代通算最多得点を大久保と争った佐藤寿と、元日本代表・W杯ブラジル戦1ゴールでグランパスのJ1初優勝に貢献した玉ちゃんが再加入したくらいで、あとは外国人も含めて未知数&いまいちな選手で戦うこととなった。

2月にテレビ朝日「やべっちFC」の「デジッチ」にズミやキショーやぎらぎらが出ているのを見たが、さすがにJ2は来なくて、あ~~~やっぱりJ2に落ちてしまったんだなぁ、つまらんなぁと思った。

何とか1年でJ1に復帰して欲しい

2月26日(日)H瑞穂 ファジアーノ岡山        
3月4日(土)H豊田 FC岐阜 名岐ダービーということでNHK名古屋が放送する・だぞーん







































11月19日(日)Aカマタマーレ讃岐

文字数が多くなりすぎたら その2へ
途中でやめるかも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊佐未森コンサートツアー2016“せせらぎ”《mimo moon trio》の名古屋BL cafeでの公演

2016年11月22日 20時58分41秒 | 遊佐未森
「Mimori Yusa Concert Tour 2016 "せせらぎ" ~ mimo moon trio ~」(遊佐未森・ヴォーカル、影山敏彦・ギター&吉野友加・ハープfrom tico moon)の名古屋BL cafeでの公演に行って来ました。

暗い中でメモったものを見て思い出しながら書きましたが、実際とは違うところがたくさんありますことをご容赦ください。
---------------------------------------------------------------------------------------
今池の名古屋BL cafeってどんなところかと思ったら、ボトムラインの所だった。当日ボトムラインでは葛城ユキさんのライブがあり、その隣がBL cafeで150人入れるライブスタジオだった。途中MCの部分では、隣の葛城ユキさんのボヘミアンな演奏が聞こえてきたりした。

全席自由席ということで早いもの勝ちかと思ったらチケットに書かれている整理番号順に入場ということで、自分は20番台だったが、1列10人座れるようにようになっており、何とか2列目に座ることができた。
ステージとの距離がものすごく近くて段差も無くて、こんなに近くでもう本当に目の前で遊佐未森さんを見るのは初めてだった。
当日券の発売もあったが、100人以上入ったのではないか。

500円のドリンク券を強制的に買わされていて、前の人がジントニックを頼んでいたので、自分も同じものを頼んでみた。空きっ腹でジントニックを飲んだら酔いが回り過ぎてしまいそうなくらいで、19時から開始だったので、始まる前に先に夕食を食べておいて大正解だった。

始まる前には吉野友加さんが1人でずっとハープの調整をしていた。
---------------------------------------------------------------------------------------
遊佐さんは上が赤い服、下は黒いズボンの上に透明に花柄の付いたスカート、黒いピカピカの靴だった。
髪の左側に飾りを付け、右手首にキラキラのブレスレット、左手人差し指にキラキラの指輪をしていた。
真ん中に未森さん、向かって右に影山さん、左に吉野さん、ギターとハープだけの伴奏だった。

スタンドマイクで5曲
 「風の庭」

 「天使のオルゴオル」

 「midsummer song」

MC 皆さんこんにちは。遊佐未森です。名古屋へようこそいらっしゃいました。デビューの頃(FM)三重で「ひなたボックス」をやっていたので、隔週で1人野放し状態で新幹線で名古屋まで来て、そこでエピックソニーの担当の人が待っていてくれて(津まで)行きました。(もちろん番組を毎週聴きました。)なので名古屋は(仙台・鎌倉に次いで)第3の故郷です。

 「街角」 
リコーダーを吹きながら歌ったが、出だしの音がちょっと不安定で未森さんも首をかしげていたが、そこからはバッチリだった。

 「地図をください」

tico moonの2人を紹介 
MC 3人でやるのは初めて、充実のツアーをしている。今日で4本目で半分。
影山さんのMC 今日は会場から手拍子があるが、tico moonの曲は6拍子の曲が多くて手拍子をもらえる曲が無い。「Arietta(アリエッタ)」というアルバムをリリースしてツアーをしている。お互いに俳句を読む昔の人みたい。未森さんに「ラズベリー」の詞を書いてもらった。
(遊佐さんから記念に写真を撮っておけば良かったと言われて)心のシャッターを押しました。

グランドピアノを弾きながら2曲
 「ラズベリー」 
tico moonのために遊佐未森さんが作詞した曲

 「ベルベット」
ピアノの鍵盤をものすごくドンドンドンドンと叩く演奏

スタンドマイクで7曲
 「Starlit Sky」

 「ベージュ」

 「クローバー」

MC 今回のアルバムは近藤研二さんとかあまちゃんバンドの大口俊輔さんとかいろいろなセッションを経て、自然な流れで生まれてきました。
スコットランドでカラムマルコムと歌入れをしミックスダウンしてきました。フィッシュのプライベートスタジオでナイトノイズのトゥーリナに来てもらって、日本でやる以上にゆったりと作り、カラムとも今までの中で一番充実したものになりました。

 「ほほえみとともに粉雪の舞う」
クリスマスが近いので

MC しゃべる猫・しおちゃんという黒猫の話
 
 「Theo」

 「まばたき」

MC ナイトノイズとの出会いがせせらぎとの出会いになりました。

 「ロカ」
パーカッションを振りながら
吉野さんのハープを弾きながらの「はっ」という掛け声が何となくカワイイ。

グランドピアノを弾きながら
 「東京タワー」
最後の曲という説明も何もなく3人が引っ込んでしまい、終了(他会場のセトリを知らなかったらあっけにとられたかも)

会場からは誰1人として「アンコール」という声も無く、アンコールを求める拍手

アンコール
衣装替えして、上はローズピンクのツアーTシャツ、下はスカートを脱いで黒いズボンに黒いピカピカの靴、耳にイヤリング

MC アンコールありがとうございます。
東京だけみたいなんですが、テレビ朝日2chで朝「じゅん散歩」、高田純次さんの番組の12月・1月のエンディングテーマに「風の庭」が流れます。また、10月からDate fm(エフエム仙台)で毎週月曜午後8時から「遊佐未森の銀河ラジオ」をやっています。私もラジコプレミアムで聴いています。(未森さんはそこそこWEBも使いこなしていて、TwitterやInstagramもやっているのがいいですね。月曜午後8時は西日本放送「あの頃ミュージック」とぶつかるので、私もラジコプレミアムでエリアフリー&タイムフリーで後から聞いています。)来週は仙台でコンサート(11月27日)があって、次の日はDate fmから生放送を行います。

スタンドマイクで
 「せせらぎ」
Tシャツ右下に付いている2つの電飾バッジが発光ダイオードでキラキラ光る。

MC どうもありがとうございました。早いですが良いお年をお迎えください。(スタッフがメモを足元に置きに来て、それを未森さんが拾い読み上げる。)来年また名古屋にやってまいります。4月1日(土)、いつもの名古屋市千種文化小劇場 (ちくさ座)で「cafe mimo」をやります。是非来てください。(もちろん行きます。)

        


参考 遊佐未森、約4年ぶりの新作を語る!

11月19日福岡の会場の画像だけど、まぁこんな感じだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 FIFAワールドカップロシア大会アジア最終予選、対サウジアラビア戦の結果

2016年11月15日 21時28分10秒 | サッカー
サッカーワールドカップロシア大会アジア最終予選 サウジアラビア戦の結果

H 2016年11月15日(火) 埼玉

日本 サウジアラビア 2対1

FWが大迫・元気・久保、MFが清武・ハセベ・J2蛍、DFが吉田マヤ・森重・長友・酒井宏、GKが西川だった。
シンガポールの審判団だった。

前半43分、清武のシュートが相手のハンドを誘いPK、これを清武が蹴ってゴーーール
後半から久保に代えてホンディを投入。
後半20分、清武に代えて香川を投入。
後半35分、長友の左からのクロスに香川がヒールでスルーして、元気がシュート、最終予選史上初の4試合連続のゴーーール
後半42分、酒井宏にイエロー。
後半44分、怒涛の攻撃を受け失点 
後半AT1分、相手がイエロー2枚で退場
後半AT2分、大迫に代えてザキオカを投入。

負ければロシア大会に赤信号が灯る絶対に負けられない試合で、ホンディ・ザキオカ・香川といったヨーロッパのチームで試合に出られない選手をハナホジッチは控えに回し、大迫・元気・久保の3TOPが勢いをつけた。サウジは昨年9月にファンマルバイク監督就任以降無敗で、特に後半残り15分で得点を重ねているチームなので、非常に不安だった。良かったのは大迫・最終予選史上初となる4試合連続得点の元気・清武・J2蛍だった。後半から起用されたホンディ―は2本のシュートを決められなかったし、香川もイマイチだった。左SBの長友は久しぶりだったがよくやっていた。右SBは誰か代わりはいないのかっていうレベルだった。
中東のチーム相手に中東以外の笛だったので安心できた。
とりあえずハナホジッチの首がつながったかも・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋グランパスはJ2に落ちるという3つのジンクスは破れず、初のJ2降格決定

2016年11月03日 16時00分00秒 | サッカー
サッカーで1992年Jリーグ発足・創設時から参戦する「オリジナル10」のクラブのうち、J2降格経験がないのは名古屋グランパス・横浜Fマリノス・鹿島アントラーズの クラブのみとなっている。

このうち、名古屋グランパスは今シーズンから小倉隆史監督が指揮を執るようになったが、セカンドステージ第2節を終わったところで、年間順位16位の降格圏内に突入した。
J1の18チーム中、下からチームが自動的にJ2に降格することになる。

考えたくはないが、グランパスの選手やサポーターがここでどうしても考えてしまうのが、つの不吉なジンクスである。
とうとう中日新聞(7月13日朝刊)に記事にされてしまった ので、ここでも紹介する。

:スロベニア代表ノヴァコヴィッチ選手が退団したチームは、翌年のシーズン終了後に必ずJ2に落ちている。
昨年のシーズン終了後に、ノヴァコヴィッチはグランパスを退団した。
世間ではノバコの呪いと言っているが、自分としては野箱お払い箱の悪夢

2014年・大宮アルディージャ
2015年・清水エスパルス

:西野朗監督が退任すると翌年のシーズン終了後にJ2に落ちる事態が続いている。
昨年のシーズン終了後に、西野朗監督はグランパス監督を退任した。その後、日本サッカー協会技術委員長に就任。
西野の呪い

2012年・ガンバ大阪
2012年・ヴィッセル神戸(シーズン途中から指揮を執り、シーズン途中で退任)

名古屋グランパスは、以前「前田の呪い」を蹴散らしてJ1にいるわけだが、今回はどうなるだろうか。
何とかこのジンクスを蹴散らして欲しい。 

頑張れ!名古屋グランパス

追伸:セカンドステージ
補強で獲得した扇原&ハデソンがケガでいきなりリダリダ離脱なり。J2で控えだったDFもミスから失点を繰り返す。
第4節:降格争いの相手となるチームだと思っていた鳥栖戦で、ハデソンがケガで担架でピッチ外へ出されたにもかかわらず、ベンチは選手交代用紙の準備を怠り、交代までに4分間も1人少ない状態で試合をし、その間に元・グラ豊田にシュートも打たれた。 チーム一丸で降格危機から抜け出さないといけないのに、こんな致命的なミスで、本当にやる気あるのか
第5節:ふがいない試合終了後、瑞穂のホームゴール裏にグラサポ居残り抗議
第6節:大昔勝てなかった頃にやったことのある赤い団子作戦(5バックというか9バックで守る)発動
7月31日(日)、NHKの「真田丸」(弱いチームがいかにうまく勝つか、勉強になるのだが)も見ないで、また豊田おいでん花火も見ないで、久米しゃっちょさんたちとグラサポ365人(当初100人のはずだった)でミーティング実施
議事録 (サポーターのグランパスを思う気持ちはすごく伝わって来るけど、久米しゃっちょさんの話は心に響かないんだよなぁ。)
8月1日(月)、ピクシー監督時代にコーチだったボスコ・ジュロヴスキー氏のアシスタントコーチ就任が決定
第7節:8月6日(土)原爆の日に被爆地・広島で開始2分で相手に勝利献上
第8節:猛暑なので、北欧からわざわざ引っ張って来た助っ人2人はベンチ入りさせず
 福岡、名古屋、湘南の3チームが抜け出した。

ここで新たな不吉なジンクスが沸きあがった。(8月20日付け中日スポーツ)
17戦連続未勝利なら過去の降格確率
21戦未勝利 2010年 湘南   18位降格 
20戦未勝利 2007年 横浜FC 18位降格 
19戦未勝利 2003年 仙台   15位降格 
18戦未勝利 2015年 山形   18位降格 
18戦未勝利 2008年 札幌   18位降格 
17戦未勝利 2010年 京都   17位降格 
17戦未勝利 1996年 京都   16位(入れ替え制度が無かったため残留)

第9節:負けて当然の負けで小倉監督も茫然自失
8月22日(月)、NHK名古屋放送局は「ほっとイブニング」の番組内で、番組キャスターの辻本瑠美奈さん がスタジオにいたにもかかわらず「GOGOグランパス」のコーナーを流さなかった。
8月22日(月)、迷走の上、小倉監督兼GMが休養、事実上の解任、ボスココーチが監督就任
8月23日(火)、久米しゃっちょさんの生ぬるいメッセージ
小倉監督としてはダメでもGMとしては残しても良かったのに、久米しゃっちょさんに兼任させるとは、やはり人件費を1人分せこく浮かしていただけなのか。
トヨタ自動車は、カネは出しても現場には口を出して欲しくない。
8月23日(火)、昨シーズンで退団したトゥーリオ の現役復帰が決定
そんなことができるなら、最初からやれよ
第10節:ボスコが監督として指揮を執ったが、1対0でリードしながらFCトキオのリオ五輪代表の中島・素晴らしい選手にATに同点弾を食らい引き分け。コヤマッツや矢田は中島選手を見習ってくれ!
セカンドステージ第10節を終わったところで、 戦連続未勝利のクラブワースト記録を樹立 

直接関係ないけど、9月3日(土)、天皇杯2回戦、長野県代表でJ3のAC長野パルセイロに0対1の敗戦。
名古屋市港サッカー場では天皇杯でJ3やJFL相手でも絶対に勝てないというジンクス
「港サッカー場の悪夢」が発動されてしまった。
3戦3敗 
2013年 天皇杯2回戦で長野県代表・JFL・AC長野パルセイロに0対2で敗戦
2015年 天皇杯2回戦で東京都代表・J3・FC町田ゼルビアに0対1で敗戦

第11節:トゥーリオが復帰、鬼門・新潟のビッグスワンで川又ギラギラヘディングシュートが決まり 1対0、19試合ぶりの勝利。
第12節:優勝を争うG大阪相手に、前節の勝ち試合には出ていない安田とイスンヒが致命的なミス、それに相手リオ五輪代表の見事なシュートが決まり3失点、終盤はトゥーリオをFWにするも敗戦
第13節、西村主審のわけのわからん笛に翻弄されながらも、6年ぶりに鬼門・仙台で2対1の勝利。  ズミを右ウイング、安田をベンチ外に置くボスコ監督の選手起用も見事だった。
第14節、瑞穂で残留争いまっただ中のアビスパ戦、永井が覚醒のプロ入り初となるハットトリック、セカンドステージ補強で獲得したハデソン&酒井のゴールで5対0の快勝、今シーズン初の連勝
いったん15位に浮上
アビスパ福岡のJ2降格が決定

日本代表戦2試合とルヴァンカップ決勝戦がありJリーグは3週間の中断 

10月21日(金)、グランパス後援会名誉会長の大村愛知県知事も一大事と名古屋駅前ナナちゃん人形の前でチラシ配りに初参加 
第15節、残留争いに加わってきたジュビロ戦、前半終了間際に相手ハンドPKで先制するも、後半開始早々にミスから一番注意しなければならないJに決められ、1対1の引き分け。 
入場者が3万人を超えた豊田スタジアムでは勝てないというジンクス 発動
再び降格圏の16位に転落
湘南ベルマーレのJ2降格が決定
第16節、リーグ戦で11連勝したこともあるヴィッセル相手に、飛車角抜きの若手の練習相手として何の意地も見せずに0対3の完敗。
Jリーグ発足当時、グランパスと共にお荷物と言われた浦和レッズのセカンドステージ優勝が決定

第16節終わって降格圏内の16位、残り1試合勝っても降格の可能性   
もう絶望的 、ボスコ&トゥーリオ効果も代表戦の中断で泡と消えた。
矢野キショーが足を痛めてリダリダ離脱なり。

J1で試合ができるのも残り1試合 とにかく大量得点で勝つしかない
 11月3日(木・祝)J2降格決定した湘南ベルマーレ戦 パロマ瑞穂スタジアム 午後1時30分~
  残留か降格が決まる試合が2010年11月20日の優勝決定戦と同じ相手とは・・・

最終戦は瑞穂に応援に行く。

最終戦を現地観戦
2万人入るパロマ瑞穂スタジアム、チケット完売、なのに入場者数18474人って、1500も空席がある。
会場には午前11時前には着いたが、たった1万8千しか入らなかったのに、3万人越えるスタジアムでもそんなことやっていないチケットごとの入場制限をしており1時間も並ばされた。 その間にグラのレプリカを着ている中学・高校生くらいのガキが何人か列に割り込みしていたが、注意されても結局隙間に入って最後は誰も注意せず。
試合前の練習、劣化したズミ・「No10」のシュート練習を5~6本見たが、どフリーで蹴っても枠に飛んだのはわずか1本、わざと外しているのか?これでどうやって本番でゴールが決められるのか。

1失点目、当然田口が山田に寄せに行くと思っていたら行かず、シュートを打たれてしまい楢崎も動けず失点。その後も田口は自陣で相手にボールをパスするミス。
2失点目、クロスを放り込まれ、中にDFがいたにもかかわらず触れずに失点。
後半5分にPKで1点取って、サポーターのボルテージも最高に上がって押せ押せになったが決められず。
逆に15分にトゥーリオが山田に振り切られ強烈なシュートが決まり、失点。
ブラジルの牧場で半年も試合から遠ざかっていた人が活躍できるほどJリーグも低レベルではなかったということか。
終了間際の永井のシュートはポスト直撃。
4分のATも過ぎ試合終了。

15位のアルビレックス新潟がサンフレッチェ広島に0対1で敗れたので、結果論だが赤い団子作戦で失点しなければ残れたのかも。

試合終了後にシーズン終了のセレモニー。久米しゃっちょさんの挨拶には大ブーイング、何をしゃべったかも聞き取れず。
ボスコ監督の日本語も交えた挨拶にはサポーターも拍手。
小倉出て来い!の罵声が飛ぶ。
黒いお通夜のような格好で場内1周。

7月末には辞任を求める声が多かったのに辞めずに末代まで不名誉な名前が残ってしまった久米しゃっちょさん、J2降格時に辞任を求める声が多くて辞任とか。
 

気持ちの整理もできず、何を書いたら良いのかわからない・・・・・・・・・・・・ 
ともかくジンクスは破れず、J2降格決定

「想いがチカラにならなかった。」

主力選手は引っこ抜かれるだろうし、J2から1年で這い上がれるなんてとても思えない。
ツイッターの「#名古屋サポにj2の楽しさを教える」というタグのつぶやきが身にしみる。
NHK「真田丸」で徳川家康も「1~2年で帰ってこられるなどとゆめゆめ思うでないぞ」って言ってたなぁ。

どうせ観客も減ることだから、名古屋市港サッカー場でも試合をして、まずは「港サッカー場の悪夢」のジンクスから解放されましょうか。ただあれは天皇杯でのJ3やJFL相手のジンクスだからやっぱりだめかも。

ツイッターのアカウント「grafun」さんが
西野監督の辞めた後、降格するけど、すぐ昇格できるジンクスを発見!
2001年柏解任→2005年降格→2006昇格
2011年G大阪退任→2012年降格→2013年昇格
2012年神戸解任→2012年降格→2013年昇格
2015年名古屋退任→2016降格→?




こんな記事に多くの方がアクセスいただき、どうもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 FIFAワールドカップロシア大会アジア最終予選、対オーストラリア戦の結果

2016年10月11日 19時52分59秒 | サッカー
サッカーワールドカップロシア大会アジア最終予選 オーストラリア戦の結果

A 2016年10月11日(火) メルボルン

日本 オーストラリア 1対1

FWがホンディ、元気、小林ゆー、MFが香川、ハセベ、蛍、DFが吉田マヤ・森重・槙野・酒井ゴートク、GKが西川だった。
バーレーンの審判団だった。

前半5分、ホンディのパスを受けた元気が左から抜け出しシュート、ゴーーール
後半6分、元気が相手を倒しPK、これを真ん中に決められ失点
後半36分、ケガで離脱の小林ゆーに代えて清武を投入。
後半38分、ホンディに代えて浅野を投入。
後半42分、槙野がハンドでイエロー。
後半45分、元気に代えて丸山を投入。

相手は以前のようなハイボールを放り込まずにつないで来てくれて、日本の守備は破綻せずに済んだ。前半はアウェイにしては非常に良い試合をした。後半から相手の球離れが早くなり押し込まれ、微妙なプレーながらも元気がPKを取られ失点した。しかしながら、ここまで3試合3得点の元気を誰が責められようか。GK西川はUAE戦に続いてPKを真ん中に決められた。倒れるのが早すぎるのではないか。小林ゆーの後半の決定機を相手GKに阻まれたのが惜しかった。香川は空気でCKも全く工夫が無かった。ハナホジッチの選手交代が遅いのにもイライラしたが、それも最後の10分に賭ける戦略だったのかもしれない。浅野は速いんだから、もう少し相手DFを見ながらオフサイドにかからないようにしてもらいたい。後半39分の左からの元気のクロスを決めて欲しかった。和製メッシも見てみたかった。
W杯予選で対オーストラリア戦には勝ったことが無かったので、アウェイで引き分けなら御の字の試合だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加