トライ2おじさんの エッセイ!

エッセイ好きの皆さん、意見交換したいですね。お互いに研鑽しましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

庭の「カエル」

2016-12-28 20:36:52 | エッセイ
「パパー。ちょっと、ちょっとー」
家内が、『パパー』と呼ぶときは、碌なことがない。大体が、「あれやってないじゃないの」とか、「ちょっと来てよ。どうにかしてくれない」とかの文句や注文が多いのだが、今回は違った。
「小さいカエルがいるわよ。ほら、去年デッキの塗装が剥げたとこ塗りなおしたでしょ。そのとき、ペンキが飛んで背中に色を付けたカエルがいたじゃない。ペンキは付いてないけど、あのカエルじゃない。だけど、変な色してる」
「本当?どこどこ」
久しぶりにカエルを拝めると、勇んで朝のデッキに出た。
 家内の指さすところはバラの鉢の中だ。よく見ると、なにやら茶色のまだら模様のカエルで、横を向いてじっと動かない。近寄って、手の届きそうなところまで顔を近づけても、目も体も全く動かさない。しばらくそうしていると、ふと剣道での試合のような感覚にとらわれた。面金(メンガネ)の中の顔は見えないが、「静」の中で全神経が研ぎ澄まされてこちらに向かっている、といった感じだ。
そっと、鉢から顔をあげて離れ、
「カメラ取ってくる。見張っといてよ」
と言い残し、二階の書斎からカメラを携えて戻った。
「あれ、カエルは?」
「居なくなっちゃった?おかしいわね。そこら辺にいない?」
「居ないよ。何やってんだよ。見といてくれって言っといたじゃないか」
「そんなこと言ったって、こっちも忙しいのよ。早くバラの手入れを済まさなきゃならないし、洗濯物だってあるのよ」
いつものパターンだ。人の言うことをまともに受け取ってくれない。豹変したら、これ以上言ってもどうにもならない。
 それにしても、カエルを見るのは久しぶりだ。バラの柵を作った昨年まではけっこう見かけたことを覚えている。デッキの奥にある金寿木蓮(キンジュモクレン)の大きな緑の葉っぱに、よくかしこまっていた。今日見たカエルと大きさがほぼ一緒だったし、動きのなさも同じだ。ただ、きれいな緑色の葉っぱの上にのっていたからだろうか、その時はきれいな緑色をしていた。
 今日のカエルは、黒とグレーのまだら模様だ。黒の模様は、墨で描いた「人」の文字に似ていて何個かある。その間がグレーでまだら模様となっていた。鉢の土の上に鎮座していたからなのか、以前のカエルとは、色も模様も変わっていた。
 それからというもの、私は注意して庭を眺めるようになった。どこかに潜んでいないかと、バラの緑色した葉っぱや、鉢の中などにも、腰をかがめて丁寧に探した。
 これが朝の日課となった。一か月ほどの間に、大きさの違う4匹のカエルを見つけることができた。これらは、その時々で、さまざまな色模様をしていた。カエルってけっこう面白い生き物だなと思い、少し詳しく調べてみた。
正式名称は「ニホンアマガエル」。体長は4センチほどで、メスのほうが大きい。食性は、動いている小さな昆虫やクモ類を捕食する。エサが近づくまでじっとしていて、ここぞというときに飛びかかり、押さえつけて口を大きく開けて飲み込む。けっこう獰猛だ。
 色は、ふだん黄緑色だが、時と場所によっては灰色系に変わる。擬態だ。英語では「カモフラージュ」という。周りの環境や、温度・湿度・明るさなどによってホルモンを分泌し、皮膚の色素細胞を拡張・伸縮させて色を変える。知れば知るほど面白い生き物だと思う。
 状況によって変化するなんて、人間と似ているところがある。カエルが変わるのは「本能」によってだ。でも、人間は「心のありよう」で豹変する。
『爬虫類』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが家の五葉松 | トップ | 「知能」の進化 »

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。