あっくんの絵日記

小さな絵描き あっくんと家族の絵日記

手術の日が誕生日

2017-05-16 18:01:52 | 乳がん闘病日記
いくら進行が遅く、おとなしいがんだとは言っても、見つかったからには手術を受けなければなりません。

それにしてもこのがんは、いつから私の中にあったんだろう。。
乳がん検診は、授乳中は受けられないけど、妊娠中は受けられるとか、全然知りませんでした。
最近は40歳くらいで出産する人も多いですから、好発年齢にかかってるじゃないですか!
もっと大々的に知らせるべきです!!!

これを言いたかった。笑


さてさて、手術をする前に受ける検査がたくさんあります。
まずは腫瘍の広がりをもっと詳しく見るため、MRIを撮ります。
がんがんごんごんうるさいやつね。
造影剤を注射して、うつぶせで絶対に動いてはいけません。
撮り直しはできない、一発撮りです。
なかなかたいへんな検査です。
頭が痛くなります。
でもこれの結果、全部摘出は免れ、温存手術が受けられることになりました

データを持って紹介先の総合病院に行きます。
たまたまかかったクリニックの先生がとても良い先生で、その先生が非常勤で行っている病院を紹介していただきました。
この先生なら信頼できると思えたのと、手術までの期間が短いとのお話だったので、おうちからはちょっと遠いけど、こちらに決めました。

はじめて行った日にもう手術の日程が決まり、なんと1週間後。はや!!

緊張していたせいもあり、「はい、その日でお願いします」と言ってしまったけど、後で夫に言われてはじめて気づく私

手術の日があっくんの誕生日だったー!!

おバカすぎます。
我ながら自己嫌悪、、、

でも実はここ数日、ほぼ一日中チクチクと胸が痛むようになり、できるだけ手術は早い方がいいと思っていたのです。

というわけであっくんにはほんとに申し訳ないけれど、誕生日の日に決行することになりました。笑。

ごめんね、あっくん。
入院前にお祝いしようね。


あっくんには、ある程度具体的に話しておかねばなりません。
曖昧なのは不安を招くし、もういろいろとわかる歳です。

なるべくあっくんに理解できるように言葉を選んで話しました。
「手術」という言葉が出るとハッとしていましたが、「小さな手術だから大丈夫」と言うと納得していました。
話が終わると「わかった」と言って、次の瞬間、カブトムシの話をはじめるあっくん。

もうちょっと心配してよ〜〜。

でもまぁあっくんの中で何かがスッと落ちたのでしょう。

ま、いっか。
手術がんばろーっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 授乳中の乳がん | トップ | 駅の救護室 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。