gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

キティちゃんとちびっこたち

2017-02-24 01:45:45 | 日記

ことり「今日はキティちゃんがおうちに遊びにくるのー。抽選でキティちゃんがおうちにくるってゆう企画に参加したらまさかの当たってわくわくなのー。」

なこ「いつもよりおめかししたわよ、そわそわするわね」

メイ「ぼくは迷彩柄のオーバーオールです」

なこ「みんな気合いが入ってるわねー」
メイ「当たり前じゃないですか、サンリオを発展した、仕事を選ばないで有名なあのキティちゃんがおうちにくるんですよ!失礼のないようにですよ!」
ことり「メイくん考えが硬いのーもっと楽しくキティちゃんと遊んでいきたいのー。あっポテオくん起こさなきゃ、まだ寝てるのー!」

ことり「ポテオくん起きてなの!もすぐキティちゃんが遊びにくるのー!」

ポテオ「ぼくまだねむいよー。もうそんな時間かあ、、。はっ!」
ことり「どうしたのー?」

ポテオ「わーん!ぼくおねしょしちゃったよ!」

ことり「びっくりなの!またおねしょしちゃったのー!?」

ポテオ「うえーん!キティちゃんがくるのにおねしょしちゃったー!」

なこ「泣いても仕方ないでしょ!布団干して服と下着着替えなさいよね!」

ポテオ「そ、そうだなっ、、」

メイ「ポテオくんまたおねしょですか、、」


しばらくして

ピンポーン

ガチャ


キティ「おじゃましまーす!みんな仲良くしてね、よろしくね!」

ことり「キティちゃんよろしくなのー、ことりなのー」
ポテオ「ぼくはポテオだよー!」
メイ「ぼくはメイです、りゅうちぇるに似てるからポテオくんはりゅうちぇるって呼ぶけどメイと呼んでください」
なこ「わたしはなこよ、よろしくね」

キティ「みんなおしゃれさんね!今日は皆んなで楽しく過ごしていきたいわ!」


なこ「キティちゃんおやつ食べる?フライドポテトでよかったらだけど」

キティ「食べたいわ!しかも我が社のフライドポテトを買ってるなんて嬉しいわ!」

ことり「キティちゃんの顔の形が可愛いポテトなのー」

なこ「オーブンであっためるわ、しばらくまってよ」



なこ「キティちゃんどうぞ。ドーナツも食べてね。りんごジュースでよかったかしら?」

キティ「りんごジュース大好きよ!全部わたしのメーカーを使ってるものがたくさんで嬉しいわ」

メイ「ぼくもポテオも男だけどキティちゃんはなぜか好きで癒されますね」


ことり「しかしポテオくんの座り方面白いのーあはははなの!」

ポテオ「椅子が足りないから仕方ないだろー、笑うなよー。あっキティちゃんに質問!キティちゃんはどーしてお仕事選ばないのかな?」

メイ「ポ、ポテオくんそんな質問キティちゃんに失礼ですよ!」

キティ「いいわよ、なんでも聞いてね!少しでもみんなの役に立ちたいからなのよ!わたしを通してみんな仲良くなってほしいの!」

ポテオ「キティちゃんすげーや!」

メイ「尊敬に値しますね、、」

なこ「じゃあわたしからも質問。キティちゃんはねこ?」

キティ「違うわ、ねこにみえるけど女の子よ。チャーミーキティって猫を飼ってるの。」

ことり「キティちゃんに質問なの!体重は?」

なこ「女の子にそれは失礼じゃない?」

キティ「気にしないわ、体重はりんご三個分よ。」

メイ「キティちゃんの好きな食べ物は?」

キティ「ママの焼いたアップルパイよ!大好き」

メイ「キティちゃんのこと色々知れてよかったです」


キティ「興味があるから聞いてくれてるものね、嬉しいわ。ごちそうさま!フライドポテトとドーナツおいしかった!」

なこ「単純なものしかないけどごめんね、でも気に入ってくれてよかったわ」

ことり「よかったの〜!」


ことり「後回ししそうだけど洗い物いまのうちにしとくのー」

ことり「洗剤つけて、ゴシゴシなのー」
キティ「ことりちゃんありがとう偉いね!」

なこ「二階で遊びましょ」
キティ「うん!」


♪〜〜♪♪

メイ「キティちゃんピアノ上手ですね!」
ポテオ「おもちゃのちゃちゃちゃ、ねこふんじゃったの演奏すげーや!」
なこ「さすがね」
ことり「うっとりなの!」

キティ「ふふ、、ありがとう喜んでもらえてよかった!ピアノはよく弾くわよ、あっ、、可愛いドレッサーね!」

キティ「星型で可愛いわ!もしかしてキキララちゃんのドレッサーかしら?」
なこ「そうよ、わたしキキララ好きなのよ」
キティ「キキララちゃんとはわたしお友達だから嬉しいわ!すこしメイクするわ」
ことり「ことりにもメイクおしえてなのー」
なこ「わたしも知りたいわ、キティちゃんメイク上手だもの」
キティ「ふふ、いいわよ」





キティ「ミシンがあるわ!みんなに可愛いハンカチ作ってあげる!」

ことり「わーい!」

かたかたかた

ポテオ「キティちゃんミシンも得意なんだスゲーなー」
なこ「なによ惚れたわけ?」
ポテオ「ち、違うよばか!」
なこ「なんですってー!!ばかってなによ!」
メイ「ああまた始まった、、」

キティ「はい完成!」

なこ「マイメロ可愛いわ!」
ことり「わたしのも可愛いの、ありがとうなの!」
キティ「女の子らしくラブリーピンクにしたのよ」

キティ「男の子向けに使いやすいキキララにしたわ!」
メイ「わあ、ありがとうございます器用ですね!」
ポテオ「ありがとうキティちゃん!!」


ことり「あとキティちゃんにこれ、わたしたちからプレゼントなの!」

キティ「わあ!シルバニアのおもちゃね!ありがとう嬉しいわ!」

なこ「それはよかったわ、たくさん遊んでね」

キティ「うん!たくさん遊ぶわ!」

ことり「そろそろおふろに入る時間なのー、キティちゃん一緒にはいろなのー」

キティ「一緒におふろいいわね、入る入る!」


ザバーン
ことり「きもちーのー。憧れのキティちゃんとおふろ入れて幸せなのーしかもキティちゃんとおふろ入るとりんごの香りがするの!」
キティ「わたしも幸せよ!みんな優しくていいこばかりね!わたしの体からりんごの汁が出てるからりんごの入浴剤みたいなものなのよ、普段からりんごを毎日100個は食べてるわよ!おふろ気持ちいいわ、でものぼせてきたわ、、」
ことり「わー!出ようなの!」




キティ「サッパリした〜、あっトイレいこっ」

シャアアアア
ぶりぶりぶりぶり!ぶりぶりぶりぶり!ボトボト。ボトボト。
ぶーっ!ぶーっ!
プー!
プリッ!
ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり!ぶりぶり!
プーーー!
ぶーっ!ぶーっ!
ブフォーーー!!ぶりぶりぶりぶり!
ボトボト
ポチャンポチャン


ジャー

キティ「いちごのフタのトイレ可愛い!でもおもいっきり臭くしちゃったわ、みんなに悪臭で迷惑かけたくないしりんごの香水たくさんふりまいとこ!シュー!シュー! いい香り!はー、すっきりした」

ザー

ポテオ「キティちゃん出たな、す、すごい音がして響いてきたしびっくりなんだが、、キティちゃんにあんな大きな音がでるなんて、、トイレしよっと、、くんくんくん。りんごの香りがするぞお。キティちゃん、うんこのにおいをごまかしたのかなあ。しかも便器にうんこが流れてなくて付着してるぞ見落としたなキティちゃん、、しかしうんこもキティの形とりんごの形でびっくりだ!」



ことり「今日はキティちゃんと過ごせて楽しかったの!よかったらお泊まりもしてなの!」

キティ「いいの?じゃあお言葉に甘えようかな」

なこ「ゆっくり休んでね」

メイ「キティちゃんと遊べてハンカチも作ってもらえて嬉しかったです」

ポテオ「月の形のゆりかごベッドだよー、キティちゃんにぴったり!」

キティ「可愛い月の形ね!わざわざ用意してくれてるなんて、、みんなありがとう!仲良くなれたしまたみんなに会いたくなるわ!」

ことり「またみんなでキティちゃんと遊ぶのー!」

なこ「そうね、また会えるわ、おやすみなさいキティちゃん」

メイ「キティちゃんおやすみなさい!また明日!」

ポテオ「キティちゃんおやつみ!」

キティ「ありがとう!またみんなに会える気がするわ、今日はゆっくり泊まっていくわね、みんなもおやすみなさい!」


おしまい。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リカちゃん ドールケーキ | トップ | とっとこチュー助 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。