ハギーのブログ

別冊「Pink Noiz World」
バンドネタ,PC/Macネタ,サイクリングネタを3本柱にボヤいています。

キーボードとマウスを入替えました

2016-11-05 | PC/Mac

普段、それほど長い時間キーボードを打つわけではないのですが、自分の好みのキータッチの物ってなかなか無いですよね。始め違和感があっても使っているうちに慣れてきたり、また使っているうちに好みが変わってきたりと気まぐれなものです。今回ポチったのはバッファローのキーボードとマウス、ワイヤレスのセットなのに2,000円でお釣りが来ます。

iBUFFALO BSKBW100SBK

値段の割になかなかいい感じです。浅めのストロークと少し強めの跳ね返りです。ただ省エネのためかCaps LockとNum LockのLEDが無いので打ってみないと分かりません。にもかかわらず本体には電源スイッチがありません。Windowsでは問題ないのですが、Macでスクロールボタンをゆっくり回すと反応しません。速めに回すとスクロールします。

ワイヤレスは電源スイッチのONOFFが面倒です。ほとんどと言っていいくらいスイッチを切るのを忘れるので、電池は充電タイプのEVOLTAにしました。数年前まではPC付属のUSBキーボードをずっと使ってきました。

Logicool K310 ウォッシャブル キーボード

Macのようなアイソレーション・キーボードが好みなので、デザインが気に入りこのロジクールしました。1年半くらい使っていますが、キートップが本体の上に乗っかっているような構造なので少し違和感があります。

Microsoft All-In-One Media キーボード

ノートパソコンのような感じでいいのですが、キーが小さいコンパクトタイプで、テンキーがないのは不便です。タッチパッドも2本指スクロール時少しでも強くパッドに触れると2本指タップと判断され、左クリックのコンテキストメニューが開いてしまい、気を使いながらのスクロールはとてもストレスです。 

キーボードあれやこれや

<キースイッチの種類>
メンブレン式
ラバードームの接点。一般的

パンタグラフ式
パンタグラフ構造を取り入れたもの。キーストロークが浅く、ノートPCに多い。

メカニカル式
スプリングを組み込んだスイッチが使われ、ゲーミングキーボードに使われている。スプリングの硬さやスイッチの形状により特性が違う。

茶軸:軽く素直な押し込み感と、底打ち前にカチリと軽やかなスイッチ感
黒軸:スイッチ感は無くストレートな押し込み感
白軸:茶軸を重くした感じで最近はほとんど見かけない
青軸:茶軸にカッチンと明確なスイッチ感を加えた感じ
赤軸:スイッチ感はなく黒軸を軽くしたもの

無線方式
・ブルートゥース…各社共通で複数のデバイス接続可
2.4GHz + USBレシーバー…通常、デバイスとレシーバーはセットで使用

アイソレーション・キーボード
隣接するキーとのあいだにスペースがあるので、複数のキーを同時に押してしまうといったタイプミスを軽減でき、スタイリッシュなイメージ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 携帯電話の声はニセモノ! | トップ | SONYキーボード SGPWKB1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PC/Mac」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。