Carnet de Voyages

楽しかったのに、旅から帰ってくるとどこに行って何を見たのか忘れてしまう・・・
ということで、旅日記を書いてみましょう♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エディション・コウジ シモムラ

2007-12-27 | 食:東京グルメ
栗栖けいさんが、

「2007年最高のレストラン」

「東京のフレンチを語る上では欠かせないお店」

とまで推すエディション・コウジ シモムラ

美食家の友人達との忘年会で行って参りました。

オフィスビルの1Fにある落ち着いた佇まいのモダンなレストランです。

この日はワインもすべて込み込みでお任せ20,000円でお願いしました。

まずAll Aboutで栗栖さんも紹介している、パルミジャーノ・レッジャーノのクロッカンテとハンバーガーの前菜。

事前に写真で見ていたけれど、やっぱりかわいい。

前菜にいただいたのは豚肉とフォアグラのバロティーヌ
一人、豚肉が苦手なメンバーには牡蠣が。

うーむ、、、
牡蠣のほうが美味しそうだったわ・・・

続いてセップ茸のスープ仕立て、ホタテ入り
こまずお皿にセップ茸とホタテのソテーが入ってきて、そこにウェイターがスープを注いでいってくれました。

香りの素晴らしいこと!!

あーん美味しそう~

スープをひとくち・・・

 

あれ?

この香りでこのお味??

・・・


まあいいや。

気を取り直して3品目。

こちらの看板メニュー。

カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーのクーリとレモンのコンフィチュール

栗栖さんがきれいな写真を掲載してくださっているので、そちらをご覧下さい。

これは本当にお魚が美味しかったです~。
カダイフのさくさく感もあり、白身魚のふわっとしつつもしっかりとした食べ応え。

しかーし!
レモンのフレーバーが少~し人工的なのが残念でした。

お肉料理はシャラン産鴨のロースト
こちらは皮がカリっと、しかしお肉はあくまでも柔らかくジューシー。
最高の焼加減でございました。

デザートも2種類。

到底食べ切れません。

既に胃袋が風船状態。
もともとデザートの苦手な私には、味わっている余裕などありません。

ホワイトチョコレートのジェラートが美味しかったのと、ココアのパウダー状のアイスが面白い食感でした。
カカオウォーターは、「あー、カカオの味ね」という感じで特に感動はなし。別に水として出てこなくてもよいのではないかしら。

正直な感想は、新鮮な素材を美味しく調理しているのに、ソースがあと一歩です。

お任せでお願いしたワインも、皆首をかしげていたので、もう少しがんばって~!! 

つまりシェフは確かに素晴らしいのですが、支えるスタッフ陣がいまいちなんでしょうか。
一番残念だったのはサービスの人たちです。

今回、メンバーのひとりが仕事の状態で来られるかどうか微妙だったのです。そこでレストランに相談したところ

「年末で予約待ちの方も沢山いらっしゃいますので、はっきりしていただかないと困ります」

というのです。
それはそうよね、迷惑をかけては申し訳ないわよね、というので、その方は辞退されました。

ところが実際に行ってみると隣のテーブルは最初から最後まで空いているではないですか。

予約待ちが沢山?

しかも当日、迷ってお店に電話をしたメンバーは、説明がさっぱりわからず余計に迷ってしまったそうです。
この辺、しっかりして欲しいものです。

2007年の食べ収めでした

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都内某ホテルで特別ランチ | トップ | Jean-Paul Hevin »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
くちこみブログ集(タウン): エディション・コウジ シモムラ(フレンチ) by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「エディション・コウジ シモムラ(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。