‘olu‘olu

楽しもう☆

Luanda到着♪

2016-05-26 18:51:28 | 南アフリカ
どうも☆
無事にドバイ経由で、アンゴラの首都であるルアンダに無事到着しましたー(*^^*)

空港ではちゃんとネームプレートを持ったかたが
ピックアップしてくれて
私の他同じ便で今日からルアンダ入りする日本人技術者のかたがいて、
とても安心しました( ´・∀・` )

今回のお仕事はMarubeniさんのお仕事で
とても壮大なプロジェクトの一環なんです。:;((•﹏•๑)));:
アンゴラという国はちょっと前まで
内戦をしていた国だったみたいで
国のバックアップでリハビリとして?
国内初の繊維工場を作られて
今回のプロジェクトには
いろんな日本のメーカーさん
ミシンメーカーさんや、裁断機のメーカーさん、技術者の方たちがいっせいに教えに
アンゴラに来ております。
私もそんなとても名誉あるお仕事を
以前勤めていたユカアンドアルファ社から
オファー頂きまして、
アパレルCADトレーニングの
インストラクターとして参加させて頂いております(๑و•̀Δ•́)و

実は、けっこう、いつになく、
緊張しております。笑

そして、到着して、そうそう、
企業の大きさのチカラを
感じます(*^^*)

たしかに。
車で外の街中の感じを見る限り
外は、歩いちゃ行けない感じがしました(^-^;
危険というか、治安が悪そうというか。
パッと見ですけどね。

ドバイからのルアンダ行きの便で
たまたま日系のキャビンアテンダントさんがいて、
日本のかたですか?って声かけられて、
お仕事ですか?
政府のお仕事か何かですか?
って聞かれたので、
ええ、まぁそうですね。って答えたんだけど(^-^;
危険ですよね。って。
私たちキャビンアテンダントも
ルアンダに入る時は
危険手当というのがついて普段より
お給料がいいんですよ。
なので、本当に気を付けてくださいね。
と言われました:;((•﹏•๑)));:

たしかに。
そんな感じだなーと思いましたが

そこは、さすが大企業ですね。
社宅の土地内は、
日本人の方がたくさんいるというのもあり
あ、日本ですね笑
って感じ。
今日はその社宅で泊まらせて頂きます♪

沢山お部屋があって
ちゃんと各部屋にシャワーもついてるし
鍵もついてるし
何も問題はないです(*´∀`*)

社宅内で夜ご飯を頂きましたが
普通に美味しい日本食でした♥
ちゃんと日本人の主婦のかたに
作ってもらってるんですって。

なので、
外に出ない限りとても安全だと思います♪

そして、明日は
早速工場のある所へ
朝移動します( *ˊᵕˋ)ノ

移動時間は、車で3時間半位ですって(^-^;

とにかく、
皆様に迷惑をかけないように
ちゃんと教えられますように(><)

頑張りますー!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐るべし。黄熱病ワクチン

2016-03-28 22:42:59 | 南アフリカ
南アフリカの「アンゴラ共和国」へ行く準備として

まず、黄熱病ワクチンが必要とのこと。

しかもこの黄熱病ワクチン打った後4週間は他の予防注射を打てないとの事で

他のワクチンもその他、数種類打たないといけないので日数数えたら、3月中には打っておかないといけないとのことで

打ってきました。

けっこう痛かったです

打った直後すぐに帰らず、30分はその場で安静にしてください。との事で30分ほど待ってから会社に戻りました。

人にもよるらしいが、打った直後から2週間くらいのあいだに、熱が出たり、筋肉痛みたいのが出たりするらしい。

と説明は聞いていました。

でも、2週間経っても、わたしは全然その反応はなかったので、

やっぱり私って強いっ♪ うふっ。くらい思ってました。

2週間過ぎて何日かしてかしら、なんだか、打ったほうの腕が急に筋肉痛というか

ひねった時の痛さというか、今まで感じたことのない痛みが時々でて、

本気でわたし、40歳になったからか、40肩になっちゃったのかしら??

って真剣に悩んで自分でいろいろ「四十肩を治す方法」とか検索してマッサージとかしてました。

それで、前々から予約していた歯医者へ行き

奥歯の長年ずっと放置してしまっていた、大きな虫歯を治療するために、神経をぬいてもらったのかな?

本当はワクチン打った日に、歯医者へ行こうと思っていたわたし笑

さすがにそれは体力的にやばいだろう。ということで、歯医者のほうを2週間ずらしてもらった。

黄熱病ワクチンを打ってくれた先生にも確認したんですよね。「まぁ1週間くらい立てば、歯医者行ってもいいんじゃない?」

って言ってたと思う!!!(だけど、神経抜くとまではわたしも聞かなかったんだけど。。)

で、

とにかく、この歯医者行って、神経抜いてから(これが土曜日の朝の出来事)

歯が痛いのと、

なんか、腰も痛くて、肩も痛くて

(ちょうど、仕事で火曜日から土曜日まで毎日ドレスの裾仮縫いをしてたからその体制が良くなかったのかなーと思っていた。)

次の日の日曜は、用事があってお出かけしてしてて、歯はあいかわらず痛かったけど何ともなくて。

月曜日、朝がもうあれ?なんかつらい。ちょっと起きるのがつらかったけど、
たしか休日だったけど、やることがあって、頑張って起きて、いろいろ用事を済ませて
あまりにも辛かったから、風邪薬と、うがいといろいろした。

火曜日、朝完全に動けなくて、病院へGO インフルではなかったみたいで、ただの風邪と診断される。
(この時黄熱病ワクチンのことと、歯の神経抜いたことを言えば良かったと思っている。。)
とりあえず、病院の薬を飲んで、午前中だけ休ませてもらって午後から仕事再開。

基本的に、わたしは病院の薬は1回飲めば、いつも風邪は治っていたし、とにかく、食べて寝ればすぐ治るタイプだったんですけど。

仕事も週末にSALEを控えていたため、休むこともできないし。

幸い病院でもらった薬が効いて、飲んでいる間は、体が動いた♪

今思えば、それが良くなかったのかもしれない。。

とにかく、昼間は薬が効いてどうにか動けるんだけど、薬が切れた頃の夜とか、朝方とか

になると、辛すぎて、ぜーぜー言って、

体温測ってみたら、わたしの人生で最高値「38.8度」出ました。

というか、わたしの人生で、38度超えってめったにナイ、というか、初ですよ!! びっくりして

体温計持って、「ちょっとおかーーさん!!見てみて!!」って呼んじゃったもん笑


そんな38度超えが、ほぼ、たぶん、毎日夜に出てました。

病院からもらった薬も4日分しかもらえてなかったから、なくなっちゃって。
(人生でこれも、初めて。ちゃんとなくなるまで飲むというのが笑)

さすがに、1週間こんな状態がつづくと

わたしこのまま死ぬの? なんて思ったりしました笑

でも、こんな風邪で、長引いてたまるものか!

と思い、この菌をどうにか外に出さないとっ!

って思って、「そうだ。サウナへ行こう♪」

と、38度のあるわたしを、絶対そんなサウナなんて行ったら絶対ダメ!!って言う親を説得して

一かバチかの賭けのような感じで、サウナに行った。

もうろうとして、ほんとに倒れるかと思った。

サウナ出たあとも、辛くて、わたし、やっぱ、行かない方がよかったのかな?とも思った。

帰ってすぐ寝て、

次の日はスッキリかしら♪と思ったらそうでもない笑 どんだけ出るんだろうってくらいの鼻水だして、痰出して笑

日曜だったんだけど仕事だったので、昼間はとにかく、

市販の風邪薬を飲みながら頑張って、夜はご飯も食べれず、とにかく眠くて眠くてすぐに寝ました。

そして、今日でちょうど発熱してから1週間ですが、ようやく、熱も平熱になって

だいぶ、元気になってきました。

というか、この1週間ほんと辛かった。。。。

こんなことって初めて。

まわりは、もう、年なんだよ。

って言いますが笑


いやいやいや、これ、

絶対、「黄熱病ワクチン+歯の神経抜いちゃった」 でしょ?原因

なんか、後から調べたら

黄熱病ワクチン1ヶ月後は、抜歯とか歯の神経抜くとかも、やっちゃいけない。っぽいんだよね。

知らなかったよーー。

ほんと、これからワクチン打つ人

気を付けてください!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森は海の恋人

2016-03-12 00:24:29 | Lino的つぶやき
前回のBlogでは、トップブランドは営利主義だ、みたいな事を書きましたが
それは、数年前の話であって、
最近思うのは、世の中の流れが変わってきたというか、世の中の意識が変わってきたなと感じます。

アメリカでは、リーマンショック以降、
日本では3.11 「東日本大震災」以降、

自然に対する意識だったり、環境問題に対する意識だったりがとても重要視されてきて
そういった取り組み(=ソーシャルグッド)を積極的に活動しているブランドや企業が多くなってきたなと思います。

その中の一つで、素晴らしいなと思う、物語を紹介したいと思います。

ルイ・ヴィトンと「森は海の恋人」

「森は海の恋人」とは、宮城県気仙沼市の牡蠣養殖産業の保護のための運動を行っているNPO法人で
震災発生からまだ日も浅い三月のある日、ルイ・ヴィトン社から支援の申し出が届いたそうです。

なぜ、あのルイ・ヴィトンが、牡蠣養殖の支援をするのでしょうか?

牡蠣養殖の要となる海は、豊かな森があってこそ資源豊かな状態が保たれます。
「森は海の恋人」運動とは気仙沼湾に注ぐ河川上流にある山への植樹を行うことで、
恋人のような関係にある森と海をつなぐ活動だそうです。

一方、ルイ・ヴィトンは、もともと荷造り用木箱製造職人として活動しており、
その技術の優秀さから職人として一流の評価を受け、その技術を生かしてトランク専門のブランドを作りあげました。
ルイ・ヴィトンのブランドのルーツには木材と、それを支える森林を大切にする思いがありました。

「気仙沼の牡蠣もルイ・ヴィトンのトランクも、ものづくりのルールは豊かな森にある。」
ルイ・ヴィトンの「森は海の恋人」運動の支援には、このような物語が背景にありました。

また、それだけではなく、
50年前フランスのブルターニュ地方の牡蠣が病気による破壊的被害にあった際、
宮城県の種牡蠣が送られ、現地の牡蠣産業を救ったという経緯もありました。
「フランスから日本への恩返し」という物語もあったのです。

すばらしいな、と思いました。詳しくはこちら→「ルイ・ヴィトンが見据える地球の未来・みんなの未来」



このような、ソーシャルグッドな活動は
素晴らしいことであるし、
企業やブランドはそうであって欲しいと願います。

そして、そんなブランドを目指したい。と、思う今日この頃でした!

改めて、この災害により亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振り返り・気づきなど

2016-03-03 22:47:33 | Lino的つぶやき
どうも。こんはんは。

今、ある起業塾の会員になったばかりのわたしですが、

そのなかで、あるワークがありまして。

小さい頃好きだった事とか、初めて就職した頃の展望は何だったか。

とか、昔の事を振り返って考えるんです。

ほとんど忘れてるんですよね笑

でも、そのワークを通して、わたし思い出しました。

幼少期の頃とかは置いといて笑

まず。なぜNY(アメリカ)へ行きたいって思ったこと。

そして、なぜ、日本に帰ってこようと思ったこと。


そもそも、なぜ、10年前、NYへ行くことになったか。

30代になって、スキルを持ちたいと思ったこと。
そして、いつか、ハリウッド女優のドレスを作りたいって思ったこと。(まだ叶ってない笑)
そのために英語を学ぶ為にアメリカへ行こうと思ったんです。
そう思ったとき、たまたま、その時働いていた会社がNYだったら仕事があるぞ!
ということで、本当に幸運に恵まれてNYへ仕事として行かせてもらったんです。
2006年から2010年末まで。
右も左も全く分からない状態から、現地にいる沢山のパタンナーさん、デザイナーさんを
通じて、NYコレクションの現場の仕事もさせてもらい
いろんな事を勉強させて頂きました。
今でもとても感謝でいっぱいです。

どうして、日本へ帰ってこようと思ったのか。
直接的な原因は兄の突然死だったんですけどね。
なんというか、
言葉ではなかなか説明できないニュアンスを感じたというか、
しかも、わたしはNYファッション世界のほんの一部しか、(氷山の一角しか)
見てませんので、何とも言えないですが
それでも、何か違う。と感じたんです。。。

例えば、
誰でも知っているような超有名ブランドのCEOは、皆「Jewish」で
アパレル系でないにしても、
だいたい有名な大きな会社のCEOは、「Jewish」の人が多く
噂によるとその結束は素晴らしいもので
(911は、前もってそのかたたちだけはその情報を知っていたという噂もあります。)
(わたしは、NYにいた数年の間でそのかたたちの印象は大きく変わりました。)
いい人もいるのかもしれませんが、、、
基本的に、営利主義というのでしょうか。
冷酷だなと思う場面を聞いたり、しました。

「ショー」という数秒のために、
贅沢にお金をかけて、いろんな人達の苦労が積み重なって、最高のものを作り上げていく。
それは、わたしにとっても夢でもありました。
こんな仕事ができるなんて、と思っていました。
ただ、きらびやかな世界の、裏方の人達のとんでもない努力や苦労もたくさん見てきました。
それが直前で、鶴の一声で、全く違う方向になったり、
ひっくり返されたりもしょっちゅう、ありました。
それが、デザイナーなんだよ。って言えば、たしかにそうなんですが。
なんとうか、簡単にいいますけど。
もうすこし、現場の立場にもなってごらんなさいよ、って思う事もいっぱいありました笑
そんな事は、NYファッション業界じゃなくしても
どこのデザイナーさんも、同じかもしれません。

ただ、当時のNYファッション業界の縫製工場はというと、大半が中国人系、次に韓国人系、そしてヒスパニック系に分かれていました。
正直いって、不法労働者のかたが多かったと思います。
わたしは、中国人と韓国人が経営する縫製工場と一緒に働いていたので、とても彼らと仲良くさせてもらっていました。
1番仲良くさせてもらっていた韓国人の女の子がとてもやり手だったし、とても優秀だったので
わたしがお世話になった工場は、NYの中でも高級なほうだったので、そんな事はあんまりなかったですが。
不法労働者のかたの賃金は安かったりするので、本当に安い縫製工場さんとかは、
あまりにも過酷な労働させられているのでは、と垣間見たりしました。。

なんというか、NYという場所は
とんでもなく、贅沢に、きらびやかで華やかなに一瞬にして沢山のお金を使う世界の人達と
とんでもなく、低賃金労働で、毎日徹夜で働きまくっている人達と
その両極端を見る事ができて、時々わたしは苦しみました。

数年前から問題となっている「ファストファッションの光と影」がそうですよね。
安い洋服の裏に、どれだけの人が、安い賃金で身を削ってまで働いているのかと思うと、
(実際、カンボジアで縫製工場を持っているオーナーのかたから聞いたりもしました。)
わたしが目指しているファッションの世界は、何か違うと思ったんです。


わたしは、

ただ、純粋に、人が幸せに感じられる服を作りたいと思ったんです。

「LINO」という自分のブランドを作ろうと思ったのも

ただ、癒しとというか、笑顔になれる服を作りたいなと思ったんです。

わたしの母親が20年前、フラドレスをはじめたとき、
作ったブランド名は、Fancy Dress 「M Dress」といいます。

よく納品するドレスに「魔法をねかけるの♪」ってよく母は言います。

ステージにたったとき、魔法をかけたみたいに、ステキに輝やいて、

着てくれた人の魅力を最大限に引きだして、Happyになれるドレス

という思いが込められています。

よく、うちのドレスはね、「夢と希望がつまっているの。」と言います。

そんな魔法をかけたドレス作りと、

わたしの実現したい、ファッションへの思いが一緒だったというか。

母の思いは

わたしの思いも一緒だった

ということでしょうか。

そんなドレス作りをしながら、

「LINO」のリラックスウェアも今年は、新作作ろうかなと思ってます♪

すごい長い文章になってしまいましたが、

改めて、「思い」や「信念」を

書くのもいいかな、と思いました♪

そんな気づきをさせてくれて、

ありがとうございました!!

頑張りますーーー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語でアパレル用語♪

2016-02-16 23:41:07 | Dress Tips
こないだ、久しぶりに、

マイケル・デラクルーズ先生が、うちにいらして頂きまして

ドレスのオーダーをしてくれました♡ Mahaoです!!

マイケル先生は毎度、とてもドレスにはこだわりがあって、

マイケル先生がどんなドレスを求めているのか、そして表現したいのか、

を理解したうえでの、

英語での打ち合わせが大変です。

もう完全に忘れてしまっている英語ですけど、

なんとか。通じて良かったです。

アパレル用語って、英語を話せる人でもなかなかその単語を知らない人多いと思います。

今日は、よく打ち合わせとかで出てきそうな

アパレル単語をまとめてみましたーーー

生地に関して

表生地=Self(NYの現場ではそう使ってたけど、マニアックすぎて、ハワイの先生達も逆に知らなくて言わないかもしれないです。)ですので、表生地に使われる生地名称を直接言い表したほうがいいかもですね。

ポリコットン=Poly/Cotton だいたい柄生地が多いのでただ単にPrintって呼ぶ場合が多いかも。
ちなみに、無地生地は=Solid

サテン=Satin/シャンタン=Shantung
光沢あり側をShiining、光沢なし側はその反対なので、No Shiining とかで通じます。

裏地=Lining
ちなみに見返しはFacingといいます。

ベロア=Velour /ベルベット=Velvet
よくベロアとベルベットを間違えるかたがいます。見た目たしかに似てますがお値段が全然違いますのでご注意ください
ベルベットのほうが高級生地で、縫製するのにとても技術が必要です。ベロアのほうが保管方法も楽ですし、とても扱いやすいです。

レース=Lace
ちなみにレースの端によくある、波波?してる部分スカラと言います。=scallop lace,もしくはlace edgeとかでも通じそう。

オーガンジー=Organdie/ジョーセットもしくはシフォン=georgette, chiffon
これも、よく間違われます。透ける生地で張りのある生地はオーガンジー。
透ける生地で、てれんとして柔らかくてドレープがキレイに出るのは、ジョーゼットもしくはシフォンです。
(シフォン生地=柔らかく・透け感の強い・極薄の・平織り生地
ジョーゼット生地=シボ縮緬ジワがあり・透け感のある生地
シフォンジョーゼット=柔らかいジョーゼット生地であることをアピールする呼称だそうです。)


パーツなど
だいたい、アパレル用語は英語から来てるので
そのまま英語でOKなんですが、
ときどき、全く違う呼び方の単語もあります。例えば。。。

フリル=Ruffle

けまわし(アパレル独特のいいかたなので一般の人もあまり知らないかもしれないです。
スカートとかの裾まわりの量こととかをいいます。)
=Sweep(NYではそう呼んでました。ハワイの人はもしかしたら使わないかも。。。)
Hem around とか、hem volume とかのほうが理解してもらえるかも。。

ファスナー=Zipper
ちなみにコンシールファスナーはinvisible zipper

その他
仮縫い=Fitting

縫い代=Sean Allowance

お直し=alteration(NYでは一般的にはそう呼んでたけど。)fixという言葉も使ってたような。。
リフォームは、alteration、もしくはremakeは通じるかな?

オーダーメイド=Custom made

今のところ思いつく言葉はこんなところぐらいです。

アパレル用語英語はもっと、いっぱいありますが(たとえば縫い代の始末のこととか。)インチの言い方も独特だし。3/8とかね。

今回はこんなところぐらいに、しておきます。

ではおやすみなさいです。



By SHONAN RIASU Mitsue
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南アフリカへ

2016-02-15 23:28:06 | 南アフリカ
ところで、

今度、南アフリカへ行く事になりました笑

なんというか、ちょっとアルバイトというか(汗)

これからわたしがやりたい事への、資金稼ぎというか

1週間で、私としては嬉しい額を頂けるというので♡

このお話を聞いたとき、即答で、「はい♪行きたいです!!」と応えてしまいました

どんなバイト??

って思いますよね笑


もともと、わたし、ユカアンドアルファというアパレルCAD会社に、長年CADインストラクターとして働いていました。

そのCADインストのアルバイトなんです☆

英語でCAD操作を教える仕事なんですけどね、NYでやってた仕事だし。

(英語かなり、忘れてきちゃってるんですけど汗)

おもしろそうだし。

ちゃんと日本の商社さんがやってらっしゃる縫製工場だから(多分安全だろうし。)

そんな訳で、軽くOKしてしまいましたー


南アフリカでも、「アンゴラ共和国」という国みたいで、

まずビザをとらないといけない。

で、そのまえに、まず。「黄熱病」という予防接種を受けないといけない。
(ちなみに、これを打ったら1ヶ月はその他の予防注射は打てないらしい。)

で、その他、エボラ出血熱やら、A型肝炎/B型肝炎 やら、狂犬病 やら 腸チフス

なんやら、かんやら、いっぱいあって。

一体わたしは、渡航前に何本打てばいいのかしら?? ってぐらい

いろいろあって、よく分かりません。

しかも頂いた資料を読むと

とにかく、蚊に刺されないように注意が必要みたいで。 

わたしはその辺に売ってる虫よけテキなものを塗ればいーのかな?と思ってたら

一応おすすめのクリームが、米軍とかにも使われている強力なもので

よく読んだら、そのクリームは、「国内での通信販売・譲渡・未受診者との共有は禁じられています。」って
都内にある、「THE KING CLINIC」(完全予約制)に行かないとだめみたいで。
その説明書には恐ろしいことばが。。
「化繊・シャツのプリント・塗料・プラスチックを溶かすことがあります。時計なども接触しないように。」
なんて書いてあるんですけどどんだけ強いクリームなんですか。
そんな恐ろしいモノを塗らないとだめですか?

しかもね。

「ちなみに、自由行動は注意してくださいねー。世界で一番地雷とか不発弾がいっぱいある所ですからねーー!」
ですって

「え?今何ていーました??」聞いた耳を疑っちゃいましたもん笑

資料だけ読むかぎり。

わたしどんだけ、命張って!?おそろしいところへ行くの!?

って思いましたよ笑

明日ちゃんと、詳しい説明を受けますが

ちゃんと、安全な所だ。という説明と、

まー、予防注射はね何本か打たないとダメみたいだけど、

きっとそんな怖いところではない。ということを

行ったことがある人のほんとの話を聞きたいです。

あと、もし、アンゴラへ行った事のあるひとーー

何か情報を教えて下さい笑

では♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blog復活☆

2016-02-15 00:09:17 | Lino的つぶやき

えーーーーっっと。

1年以上ぶりの更新かな? になります。笑


このわたしのプライベートな日記Blogがまだ、生きてる事にオドロキです笑
(ログインしてみたら、こんなに長い間更新してないにもかかわらず、見に来てくれている人がいたことに
おどろきと、感謝です!!)


そんな訳で。

仕事用のBlogは、とりあえず。置いといて(そっちもずっと更新してないんです涙)

こっちのプライベート用日記Blogを復活させよーかな。と思ってます。

何を書いていくか。

そーだねぇ。

今年のわたしがやりたいコト、学びたいコト、いろいろあって、

そうゆうこととか。目標とか。

そんなこと書いていこーかなぁ。

こっちは、ラフに。自分のノート的な感じでいこっかなー。と思ってます♪


今年わたしがやりたいこと。

「起業」だったんですけど笑

いろいろまずは勉強しなくちゃいけないことがありすぎて。

会社を作るには、お金もかかるし、いろいろで、今すぐどーの。って話じゃないな、ということが

今年入ってからセミナー行ったり、自分で調べたりで、そう思いました。

だから今年はその準備というかね、勉強の年でいこう!と決めて。

ある起業塾みたいのに入って

今日が初めての勉強会でした。

やっぱり、起業したいかた達が集まる会なので、すごく刺激にはなりました!!

そうゆう、コンサルとか、起業セミナーとかやってる人っていっぱいいるじゃないですか。

それで、その人は本当に信用して大丈夫?とか、両親や周りの人に言われると

そ。そうなのかな。って途中すごく心がぶれましたけど(^^;)

今日お話を聞いてみて

この先生の考えかたというか、ハートフルな感じが、いいなというか。

やっぱりわたしの勘は間違ってなかったと思いました。

もともと、ドリームゲートっていう、起業する人達の応援サイトみたいのがあって、
そこにたくさん起業セミナーの案内があるんですけど、
その中から、その講師のかたを選んだのは、ほんとうにただの直感です。笑

でも、わたし直感って大事だと思うんですよねー

今日その先生が言っていた言葉

「自分のやりたい事を絶対にあきらめない事、

 明日死んでもいいと思える気持ちで毎日をやりきる、こと。」

↑「生死一如」という仏法的なコトバで、

昔、母親から教えられた言葉です

うちの母親は、わたしはいつもその精神で仕事してるのよ。

って、十年くらいまえ、言ってたなぁ。。。

ってことを、思い出しました。


うーーん。何気にうちの母は尊敬することがいっぱいあります。


最近読んだ本でとても為になった本があります。

あたえる人があたえられる
クリエーター情報なし
海と月社



これ。物語的に分かりやすく書いてあってものすごく、なるほどなーーー。ってとても勉強になりました。

この考え方の典型的なのが、うちの母親だな。と思いました。

なんというか、商売精神というよりも、とにかく、人が喜んでもらえること。
今目の前にいる人=お客様を喜ばせるために出来る事をせいいっぱいやり遂げること。

びっくりしたことが。
以前あるお客様のドレス最終納品の時に(たしか本番2日前だったか直前くらい)
たしか、サイズはOKなんだけど、ブラウスの素材とスカートの素材の相性なのかなんなのか
分からないけれど、ウエスト部分が滑ってしまうということで
よく紳士服のパンツとかに使われるアイロンで貼るタイプのスリップ止めが売ってるので
それをつけたらどうですか。というような、
普通だったら、そんなアドバイスで終わるところが、

「じゃぁわたしが今探して買ってきてあげる!」
と言って母はよく知らない場所で(うちは鎌倉なんですけど、そこは都内でした。)
まずすぐ近くに紳士服がどこにあるかを調べて(わたしがiPhoneで調べたんですけど)
そこへ行って、スカートも持って行って、店舗でスリップ止めをつけてもらって
それでまたお客様が練習している場所へスカートを持って帰って
「どうですか??大丈夫でしょ??本番は頑張ってね!!!」
って笑顔でそのお客様の背中を押し、(そのスリップ止めの料金はもちろん請求なんかしてません。)
ただ、本番直線にとっても緊張している彼女を
少しでも緊張を和らいで、頑張ってもらいたかった。という母のその気持ちだけで
そこまでやったこと。
ちなみに、そんなお客さまは、本番である、某コンペで優勝しました!!

最初わたしは、そこまでサービスする必要はないんじゃ?
と思ってました。(><)

だけれど、この本を読む限り、
そうゆう「心」がとっても大事なんだな。
と改めて思いました。

わたしは、なかなか母のようには出来ませんが^^;)
お客様が喜んでもらえるようなサービスや
心遣いを大切に
していきたいな。と思います!!

では、また〜♪

おやすみなさいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エナジーチャージ☆

2014-11-18 00:15:51 | Lino的つぶやき
お久しぶりです☆

ほんとにここ1ヶ月忙しくて特にこの1週間が凄まじかったですが(笑)

ようやく、ちょっと。一段落しました。

久しぶりの休日は

海みながら、何も考えずに、ぽけーーーーーとして、

ごろん。と寝転がって、昼寝してみたり。笑

波の音を聞きながらの昼寝って、めっちゃ気持ちいーーんです☆(←あ。1人です、もちろん♪)

昨日は風が気持ちよくて

あんなぼけーーーーと出来たのは、ほんとに久しぶり。



こうゆう時間も大切です。

エナジーチャージできたかな?


精一杯頑張って、作り上げたドレス達を

クライアント様達が喜んでくださる。

ってこんな嬉しいことはない。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

クライアント様はもちろん、

うちのスタッフ全員です。

縫子様もみんなお疲れさまでした☆


わたしだけの力だけでは絶対に乗り越えられない。

みんなの力のおかげで、

一つのお仕事を、終えて

そしてまた次がやってくる。

よし、また頑張ります!!

急に寒くなってきてますので、

皆様も風邪引かないようにしてくださいね♪♪






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙活。

2014-10-01 23:46:25 | Lino的つぶやき
最近の日本語は何でも活つけて、

ハヤリコトバになっているが。

そんな言葉の一つ。「涙活」

涙を出して、元気を取り戻す。

まさに、今日が、なんだか、なんで何がこんなに悲しいのか、

久しぶりに泣きました。

けっこう泣いたら。

だいぶ、スッキリしました☆

たまってた、疲れが出たのか。

次にいくための、涙なのか。

よく分かりません。

そして、今日は、わたしの「マイ新月」でもあります。

「マイ新月」って?

最近知ったコトバなんですけど、

自分が生まれた時の月の状態(新月から何日目)というのを調べて、

それが7日目とかだったら、

毎月の新月から7日目という日が、「マイ新月」となるので、

毎度「マイ新月」というのは変動するみたい。

とにかく、いつもの新月とくらべて、「マイ新月」というのはちょっと特別なんだって。

このタイミングで、

この涙は、、、、浄化だったのなかぁー

はっきりいって、泣いてる場合じゃないのよねっ。

明日からまたしっかり頑張らないとーーー

新月といえば、

「リセット」です

気持ちを入れ替えて、

しばらくは、仕事モードで。

頑張りマス!!


Just like there's always time for pain, there's always time for healing.
Life is for loving, sharing, learning, smiling, caring, laughing, hugging, helping, crying, healing, forgiving, and even more loving.

おやすみなさい。

Hope you have a beautiful day from tomorrow!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lets, 恋愛☆

2014-09-30 00:39:49 | Weblog
どーも。こんばんわんデス☆

最近アフリエイターになったLINOですが、

いろんな商品があって、おもしろい☆

例えばコレ。恋愛酵素サプリなんて聞いた事ナイ笑 なにそれ~?

って見てみたら。

ようは、恋愛してると、女はキレイになったり自然と痩せる。ってよく聞くでしょ?

どうやらアメリカで研究された恋愛成分と呼ばれているモノが入ってるらしぃ笑
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




おもしろいっ笑

でも。たしかに、LINOは

普段はよく食べる子なんですが笑

好きなメンズの前では、不思議と小食になるし笑

そのスィッチというか、恋愛モードは、よく。まわりからは、分かりやすい。

と言われます笑

ちなみに、わたしは、恋愛をしていないと生きていけないタイプです笑

というより、「恋愛」は、生活の活力だと思ってマス☆

そんなLINOですが、今年の春から始めた本気の婚活ですが、

なかなか時間がかかりそうです。

そして、前から思ってたコトなんですが

世のメンズに一言、言いたい。

ノーは、はっきり言ってほしぃー。

オンナは、思ってるほど傷つかないよ。

優しい男と思わせたいのか、

思わせぶりな態度でフェードアウトのほうが

むしろ、もやもやと、傷つきます。

はっきりしてもらったほうが次に行けるんだから。

テキな今日この頃です。


そんな訳で。

次いきましょー。

みなさまもLets, 恋愛

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加