5歳の愛猫のルル★肝臓ガン・リンパ腫の闘病記録

我が家の愛猫のルルさんの闘病記録がいつか誰かの役に立つ日を信じて記録していきます。

2016年10月15日ルルの闘病1日目

2016-10-15 15:39:13 | 愛猫ルルの闘病記
題名に1日目と書きましたが、これは病院に連れていき病気であることが確定した日から数える事にしました。


朝、ペースト状のフードを少しだけ食べる。

そのあとは、お気に入りの私のベッドの枕の上で寝ていたり、お気に入りの冬服をしまってある段ボールの中で寝て過ごす。





ママ(私)が大好きで、撫でてもらったり、抱っこしてもらうのが、非常に好きな子でした。
体調に異変が出てからも、回数は明らかに減りましたが、(以前はもっとガッツリアピールで何度も何度も寄ってくる子でした)撫でてと寄ってきたり、抱っこと寄って来ます。

なので、今日はまだ寄っては来ていませんが近くにいて撫でてあげると非常に小さい音でゴロゴロと言い、幸せそうな表情を浮かべてました。

夕方にまたご飯を与えるつもりですが、あまり食べがよくないので、明日に到着するように、

ロイヤルカナンの退院サポートの缶詰と、シリンジ、サプリメントを購入したので、明日から本格的な看病に入ろうと思っています。

ご飯が食べれなくなると、さらに体調は悪化します。食べなくなれば、病気で亡くなると言うより、食べなくなった体力低下や様々な理由で亡くなってしまいます。
延命措置ではなく、ほかの症状で苦しまないため、無駄な体力低下を防ぐために、フードを受け付けてくれる限り与えていこうと思います。

サプリメントは炎症を抑えるためです。腫れあがった腫瘍が腸を締め付け、便が出なくなってしまう事を防ぐために、改善するかはまだ使用していないので
分かりませんが、試してみようと思います。

あまりに水分を取らなければ、明日か、明後日に、点滴に行こうと考えています。
脱水による衰弱や、血流を多少よくし、だるさを少し軽減させ、腎臓への負担なども考えての緩和措置です。

これから弱っていく一方のルルを見るのは、精神的にかなりキツイと想像します。
というより、今年亡くなった2匹で経験済みなので、分かります。が、

これこそ目を背けずに、見守るのが飼い主としての務めと思っています。
そこまでを、しっかり考えて動物を飼っているのですから。

それでも、精神的に参る日も出てくるでしょう。
私も大切な家族をもう1匹亡くなりそうな状況に立たされているので。

私もルルと共にその日までの闘病に挑みます!

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5歳の愛猫に肝臓とリンパに腫... | トップ | 2016年10月16日・細胞検査結... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。