美玲詩文堂

ようこそ♪こちらは不定期詩ブログです。
ゆっくり羽を休めていって下さい。
明日羽ばたく為に…。

夏休み前

2017-07-13 08:12:47 | Weblog
何も手につかない…

そのくせ
さして特別なことではないフリをして
こっそり
彼の背中見つめる
真夏の草のようにまっすぐな
光を照り返しそうなまぶしい背中

友達とふざける時も
私と他愛ないおしゃべりをする時も
学校ではどこかよそゆきの顔

でも
ふたりの時にしか見せない顔だってあるよね…

早く梅雨明けしないかな

そうしたら
色濃い青空に入道雲
学校とは違う喧騒に蝉の声

ふたりの夏休みはもうすぐ

でも
その数日が遠く感じられて
そうっと
彼のまぶしい背中見つめる
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽の歌 | トップ | 月光を浴びながら »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL