美玲詩文堂

ようこそ♪こちらは不定期詩ブログです。
ゆっくり羽を休めていって下さい。
明日羽ばたく為に…。

月光を浴びながら

2017-07-17 23:06:58 | Weblog
このどうしようもない
胸の疼きを洗い流したくて
明け放した窓から差し込む月光を浴びる

きらきら さらさらと
音なき音が
私の周りの空気を揺らす

きらきら さらさらと
潤いに満ちた光が
私の髪へ 頬へ 体へ
水滴のように落ちてゆく

今夜限りの永遠を浴びる

幼子のように
背中を丸めて
奥底に宿った痛みが
流れ去っていくのを感じる

まるで誰かと手をつないでいるように
深い呼吸と共に訪れた睡魔に身をまかす
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休み前 | トップ | 少女 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL