続・エヌ氏の私設法学部社会学科

無理、矛盾、不条理、不公平、牽強付会、我田引水、頽廃、犯罪、戦争。
世間とは斯くも住み難き処なりや?

巻6の6 日なたを君に献ずる事

2017-06-13 | 理屈物語:苗村丈伯
ご訪問ありがとうございます→にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ←ポチっと押してください

 唐土、宋の国に農夫がいた。家は貧しく、常に薄い衣を着て、辛うじて冬を越していた。
 が、ようやく春にもなり、田に行って仕事をしていたところ、日が背中に当たって暖かくなったので、農夫は喜んで、
「さてさて、太陽というのは重宝なものだ。こんなに人を暖かにするものは、またとあるまい」
と思って、綿布の暖かな衣服がある事さえ知らなかった。
 その農夫が妻に語るには、
「世の中に、日に当たるほど暖かなものはあるまい。それなのに世間の人は、こんなものがあることも知らずに、寒さを嫌うばかりだ。では、この重宝な暖かさを国の王へ申し上げて、ご恩賞に与ろうと思う」
と言って、大いに喜び勇んだ。
 まことに、井の中の蛙は大海を知らずという語は、これのことである。愚かな人は、自分が持っている限られた僅かな知恵だけが、世の中みなに通用すると思ってしまう間違いを犯すが、これは、天に橋を立てて登るような行為であり、慎むべきである。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巻6の5 斉の閔王の后、頸... | トップ | 継続は力なり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

理屈物語:苗村丈伯」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。