続・エヌ氏の私設法学部社会学科

無理、矛盾、不条理、不公平、牽強付会、我田引水、頽廃、犯罪、戦争。
世間とは斯くも住み難き処なりや?

巻6の1 荘子、魚の楽しみを知る事

2017-03-20 | 理屈物語:苗村丈伯
ご訪問ありがとうございます→にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ←ポチっと押してください

 唐土、荘子(前369?-前286?)、字は荘周という人が、友の恵子という者とともに遊んでいたところ、荘子が、魚が水上に出て泳ぐ事の豊かなるのを見て、
「これこそ、魚の楽しみだ」
と言って感嘆したので、恵子がこれを聞いて、
「君は、魚でもないくせに、どうして魚の楽しみが分かるんだい」
と言えば、荘子が答えて言うには、
「君もまた、私ではないくせに、どうして私が、魚の楽しみを知っているか知らないか、それが分かるんだい」
と言った。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巻5の12 伯夷、叔斉、兄... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。